[PR]

日別キーワード

第1位  スマートフォン - 2018年10月04日


関連するイメージは見つかりませんでした



スマートフォン
スマートフォン(英: Smartphone)は、携帯電話機の一形態を指す用語である。明確な定義はないが、多機能携帯電話であることが要件とされる場合が多い。タブレットと同様に「スマートデバイス」の一種とされる。日本では「スマホ」とも称されている。スマートフォン以前に普及していた多機能携帯電話のことはフィーチャー・フォンを参照。 オペレーティングシステム シェアはiOSとAndroidの2強となっており、日本ではiOSが過半数であるが、それ以外の国ではAndroidが圧倒的となっている。 Android - Android社を買収したGoogleが開発しているOS。LinuxカーネルやWebKit、Dalvikと呼ぶ独自の仮想マシンなどで構成される。 Cyanogen OS - Android派生OS。一部のスマートフォンに搭載されている。Androidのオープンソース部分を基にしているため、非オープンソースなアプリは搭載されていない。 Maru OS - Android及びDebian派生OS。 iOS(当初は OS X iPhone、その後 iPhone OS、現在 iOS) - アップルが開発した自社ハードウェア専用のOS。 (Wikipedia:スマートフォン)


スマートフォン - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第2位  教育ニ関スル勅語 - 2018年10月06日


関連するイメージは見つかりませんでした



教育ニ関スル勅語
教育ニ関スル勅語(きょういくにかんするちょくご)は、明治天皇が山縣有朋内閣総理大臣と芳川顕正文部大臣に対し、教育に関して与えた勅語。以後の大日本帝国において、政府の教育方針を示す文書となった。一般的に教育勅語(きょういくちょくご)という。1890年(明治23年)10月30日に発布され、1948年(昭和23年)6月19日に国会の各議院による決議により廃止された。 本文 (原文は「―顕彰スルニ足ラン」までと日付と署名捺印のみが分けられ全てつながっている) 「教育ニ関スル勅語」(教育勅語)は、1890年(明治23年)10月30日、宮中において、明治天皇が山縣有朋内閣総理大臣と芳川顕正文部大臣に対して与えた勅語である。翌日付の官報などで公表された。その趣旨は、明治維新以後の大日本帝国で、修身・道徳教育の根本規範と捉えられた。また、外地(植民地)で施行された朝鮮教育令(明治44年勅令第229号)、台湾教育令(大正8年勅令第1号)では、教育全般の規範ともされた。 (Wikipedia:教育ニ関スル勅語)


教育ニ関スル勅語 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第3位  ノーベル化学賞 - 2018年10月06日


関連するイメージは見つかりませんでした



ノーベル化学賞
ノーベル化学賞(ノーベルかがくしょう)はノーベル賞の一部門。アルフレッド・ノーベルの遺言によって創設された6部門のうちの一つ。化学の分野において重要な発見あるいは改良を成し遂げた人物に授与される。 歴代受賞者 1900年代 1910年代 1920年代 1930年代 1940年代 1950年代 1960年代 1970年代 1980年代 1990年代 2000年代 2010年代 脚注 関連項目 ウルフ賞化学部門 プリーストリー賞 ルイザ・グロス・ホロウィッツ賞 外部リンク ノーベル化学賞(公式) 受賞者の一覧(公式)。 (Wikipedia:ノーベル化学賞)


ノーベル化学賞 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第4位  接触 - 2018年10月06日


関連するイメージは見つかりませんでした



接触感染
『伝染病』より : 感染経路(かんせんけいろ、英: route of infection)は、感染を生じた個体や環境中に存在する病原体が、未感染の個体に到達して新たに感染を起こす経路をいう。病原体によっては複数の感染経路を介して感染を生じる場合もある。伝染病をはじめとした集団感染や院内感染の予防など感染管理上は病原体を突き止め感染源を割り出すことも重要だが、何よりも感染経路を絶たなければ終息は図れない。 主要な感染経路 以下に感染経路における感染症の例が挙げられているが、感染経路が複数ある場合があり1対1の関係ではないことに注意が必要である。 接触感染(直接感染) 皮膚や粘膜の接触、または医療従事者の手や聴診器などの器具、その他手すりなど患者周囲の物体表面を介しての間接的な接触で病原体が付着し、その結果感染が成立するもの。 伝染性膿痂疹など皮膚疾患や流行性角結膜炎など眼科疾患が代表的。 疥癬をはじめ、精液を介した性感染症(梅毒、風疹、トキソプラズマ症、サイトメガロウイルス感染症、ヘルペスウイルス感染症、B型肝炎、AIDSなど)の多くも含まれる。 (Wikipedia:接触感染)

接触皮膚炎
接触皮膚炎(せっしょくひふえん)は、急性皮膚疾患の一つ。日常語でいうかぶれ。
: 原因物質の接触によって皮膚の炎症を誘発する。原因物質の毒性の強さによって、症状の強さが決まる。アレルギーは無関係なので、誰でも起こりうる。
: 原因物質に触れると、皮膚の炎症細胞が感作される。次に、またその原因物質に接触することによって、皮膚の炎症細胞が活発に働き湿疹を誘発する。原因物質の毒性の強さと症状の強さは相関しない。アレルギーのある人のみ生じる。
掻痒を伴う発疹が、原因物質の接触した部分に出現する。
発疹の特徴として、最も典型的な湿疹の経過をたどる皮膚炎である。水疱・紅斑・丘疹など。
接触皮膚炎症候群という病態がある。原因物質の接触した以外の部分にも湿疹が広がることで、掻いて広がる場合をいう。さらにこれが全身に広がることがあり、自家感作性皮膚炎と呼ばれる。
(Wikipedia:接触皮膚炎)

接触改質
接触改質(せっしょくかいしつ、英語:catalytic reforming)とは、石油精製において原油を蒸留することで得られたガソリン留分のオクタン価を触媒反応によって高める過程のこと。単にリホーミング、リフォーミング (reforming) とも呼ばれている。 原油を蒸留することで得られた重質ナフサ留分は、オクタン価の低いパラフィン、シクロアルカンが主成分であり、オクタン価が40-50程度とガソリン燃料としてはあまり優れていない。これを水素化脱硫処理して接触改質触媒の触媒毒となるナフサ中の硫黄、窒素、金属などの不純物を除去した上で接触改質装置に供給する。 接触改質触媒は、固体酸の一種である焼成ゼオライトを担体とした白金やレニウムの貴金属触媒に塩素を添加したものが主流である。接触改質反応は水素存在下において 500 ℃ 程度で行われる。反応機構は以下のように考えられている。 貴金属によって直鎖アルカンが脱水素されアルケンに変化する。 生成したアルケンに触媒からプロトンが供与されることでカルボカチオンが生成する。 (Wikipedia:接触改質)

接触分解
接触分解(せっしょくぶんかい、catalytic cracking)とは、一般的には触媒の作用によって生ずる分解化学反応のことである。クラッキングとも呼ばれる。ここでは石油精製においてを重油留分を触媒の作用によって分解し、低沸点の炭化水素に変換するプロセスについて述べる。粉末状の固体触媒を流動層状態で使用することから流動接触分解、FCC(Fluid Catalytic Cracking)とも呼ばれている。 原油の蒸留によって得られる各留分の収率は原油の組成によって決まり、需要の比率とは必ずしも一致しない。とりわけ重油の過剰とガソリンの不足が問題となりがちであるので、重油を原料としてガソリンを50%前後の収率で得られる接触分解装置は石油精製工場において重要な位置を占める。 使用される触媒は粒径数十µm程度のゼオライト系固体触媒である。触媒は流動層状態で装置内を循環するので、反応活性に加えて良好な流動性や耐摩耗性が求められる。 歴史と特許 シューホフのクラッキングやバートンのクラッキング、バートン・ハンフレーズ(Hamphreys)のクラッキングやダブス(Dubbs)のクラッキングなどいくつかの熱分解の方法が開発されている。 (Wikipedia:接触分解)

接触器
接触器(せっしょくき)は、電動機などの電力機器の起動・停止のために、電力回路を開閉する電力機器である。 接触器の仕様 定格電圧 定格電流 定格開閉電流定格投入電流 定格短時間耐電流電気的寿命 機械的寿命 絶縁階級定格制御電圧 定格制御電流操作方法 接触器の種類 電磁接触器(Electromagnetic Contactor) 固体接触器(Solid-State Contactor) 関連項目 電気保安操作 開閉器 電気車の速度制御 主制御器:単位スイッチを単位接触器と呼ぶことがある。 (Wikipedia:接触器)

接触酸化
『』より : (Wikipedia:接触酸化)


接触 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第5位  知名度 - 2018年10月06日


関連するイメージは見つかりませんでした



知名度
知名度(ちめいど)とは、ある社会におけるその人物・事柄の認知度。様々な分野で用いられる。 テレビ・新聞・雑誌などマスメディアによる報道で知られることが多く、反応の仕方は賛意から反意、両方混じった問題視など変化に富む。年齢、職業、地域などによって知名度や反応に差があるのもよくあることである。たとえば、日本経団連会長と男性アイドル歌手の知名度の比較では、中高年の男性会社員では前者が、女子小中学生では後者が大きく勝るであろう。 商業における知名度 商業、すなわちビジネスに於いて知名度は特に欠かせない要素の一つであり、知名度の上昇がブランドに対する信頼、販売実績に直結する。それゆえ、各メーカー及び小売販売店は商品の知名度を上昇させるため盛んにテレビCMや折込チラシなどの広告、宣伝を打つ。化粧品、トイレタリー用品など品種によっては商品原価の大半を広告、宣伝費に計上するものもある(例として資生堂の洗髪料、TSUBAKIは初期広告費として約50億円を計上した)。 (Wikipedia:知名度)


知名度 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す