[PR]

日別キーワード

第1位  築地市場 - 2018年10月07日


関連するイメージは見つかりませんでした



築地市場
築地市場(つきじいちば、つきじしじょう)は、東京都中央区築地にある公設の卸売市場。東京都内に11か所ある東京都中央卸売市場のひとつだが、その規模は日本・世界最大(広さでは大田市場のほうが広いが、取引金額は大田市場より大きい)であり、代表的な卸売市場である。この項では外郭に存在する築地場外市場商店街(通称:場外、場外市場、築地場外、築地場外市場)についても記述する。なお、ニュース番組等で、しばしば築地市場の場所を指して「つきじしじょう」と呼ぶことがあるが、場所を指す場合は「しじょう」ではなく「いちば」である。 築地六丁目にある駐車場の一部を除き、築地市場の所在地は「東京都中央区築地五丁目2番1号」。 築地市場は、面積約23ヘクタール。この中で、7の卸売業者と約1000(うち水産約820)の仲卸業者によってせりが行われる。2005年の取扱数量は、全品目合計で約916,866トン(一日当たり水産物2,167トン、青果1,170トン)、金額にして約5657億円(一日当たり水産物1,768百万円、青果320百万円)になる。 (Wikipedia:築地市場)

築地市場駅
築地市場駅(つきじしじょうえき)は、東京都中央区築地五丁目にある、東京都交通局(都営地下鉄)大江戸線の駅。駅名併称は「朝日新聞社前」。駅番号はE 18。 2000年(平成12年)12月12日 - 都営地下鉄大江戸線全線開通時に開業。 2011年(平成23年)9月24日 - ホームドアが稼働開始。 駅構造 島式ホーム1面2線の地下駅。 のりば 利用状況 2014年度の1日平均乗降人員は27,365人(乗車人員 13,504人、降車人員 13,861人)である。 開業当初の乗車人員の見込みは、10,000人であった。 開業以来の1日平均乗降・乗車人員推移は下表のとおり。 駅周辺 駅名に示す通り築地市場に隣接しており、駅構内でも魚介類特有の匂いを感じる事がある。また、当駅開業後は築地市場を訪れる観光客が増えているが、特に歳末の時期には相当込み合う事がある。 築地駅(東京メトロ日比谷線) - 公式の乗換駅ではないが、至近にある。 (Wikipedia:築地市場駅)


築地市場 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第2位  フェーン現象 - 2018年10月09日


関連するイメージは見つかりませんでした



フェーン現象
フェーン現象(フェーンげんしょう、英語: foehn phenomena)とは、山の斜面にあたったのちに山を越え、暖かくて乾いた下降気流となった風によってその付近の気温が上がる現象のこと。 フェーン現象という名前は、フェーン(ドイツ語: Föhn)というアルプス山中で吹く局地風が由来であり、この局地風はアルプスを越えて吹く乾いた暖かい風のことである。現在は一般用語として使われており、本来のフェーンのほかに、北米のロッキー山脈を越えて吹く風チヌークなど、世界各地の同様の風もフェーンと呼ばれる。なお、漢字による当て字は岡田武松が考案した風炎である。 簡単にいうと、空気中に含まれる水蒸気が凝縮する際に熱を放出させる凝縮熱がある。そのため山の斜面を上昇すると空気は冷やされるが、湿った空気は温度が下がりにくい。一方、山で乾燥した空気は、下降に従って温度が上がるが、山を昇るときよりも温度の変動幅が大きい。このため元の気温よりも高くなる。 分類 フェーン現象には二つの種類がある。すなわち、熱力学的な断熱変化によって起こるフェーン現象と力学的に起こるフェーン現象である。 (Wikipedia:フェーン現象)


フェーン現象 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第3位  温帯低気圧 - 2018年10月09日


関連するイメージは見つかりませんでした



温帯低気圧
温帯低気圧(おんたいていきあつ、英語:extratropical cyclone、mid-latitude cyclone)は相対的に軽い暖気が上方へ、重い寒気が下方へと移動する際に解放される位置エネルギーによって発達する低気圧のことである。 赤道からの暖気と両極からの寒気が温帯気候の地域で接触し、この種の低気圧は主に温帯で発生するためこの名がある。英語ではextratropical cyclone(熱帯外低気圧)やmid-latitude cyclone(中緯度低気圧)という呼び方がされる。地球の熱収支的に見ると、熱の供給が過剰な赤道地方から熱の放散が過剰な極地方への熱の運搬を担っている存在である。 温帯低気圧は北半球では通常その中心の南東側に温暖前線を、南西側に寒冷前線を伴う。発達した低気圧では、寒冷前線と温暖前線が中心付近から結合し、中心もしくはその近くから閉塞前線を伴い、その先から温暖前線と寒冷前線の2つに分かれるという形態をとることもある。 (Wikipedia:温帯低気圧)


温帯低気圧 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第4位  DeNA - 2018年10月09日


関連するイメージは見つかりませんでした



DeNA
『ディー・エヌ・エー』より : 株式会社ディー・エヌ・エー(英語: DeNA Co., Ltd.)は、インターネットにおけるオークションならびにショッピングサイト、およびモバイル向けポータルサイトの企画・運営等を行う日本の企業である。 沿革 1999年 3月 - 東京都世田谷区に有限会社ディー・エヌ・エーを設立。創業者は南場智子。 8月 - 東京都渋谷区に移転。株式会社に組織変更。 11月 - ビッダーズ (インターネットオークション) のサービス開始。 2001年2月 - おいくら(リサイクル総合情報サイト)のサービスを開始。 2004年3月 - 株式会社インデックスと提携し、モバオク(携帯電話専用オークションサイト)のサービスを開始。 2005年 2月 - 東京証券取引所マザーズに上場。 4月25日 - 株式会社モバオクにモバオク及びauオークションの名称で営業しているオークション事業を継承させる新設分割を同日開催の取締役会で決議。 2006年 2月 - 子会社として、株式会社モバコレを設立。携帯電話専用ゲームサイト「モバゲータウン」(現・モバゲー)を開始。 (Wikipedia:DeNA)


DeNA - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第5位  厚真町 - 2018年10月09日


関連するイメージは見つかりませんでした



厚真町
厚真町(あつまちょう)は北海道南部、胆振総合振興局管内勇払郡にある町。 地理 胆振総合振興局管内東部にある。夕張山地から太平洋へと南流する厚真川の流域をほぼそのまま町域としており、南北に長い。中心市街地である本町は厚真川中流付近にある。鉄道や国道は太平洋沿いの浜厚真地区を通過する。浜厚真地区の海岸はサーフィンに適しており、訪れるサーファーの人数は北海道内でも屈指の多さとなっている。 山 : 佐主岳(618.6m)、姨失山(252.4m) 河川 : 厚真川(上流に厚真ダムがある)、ウクル川、日高幌内川、知決辺川、軽舞川 湖沼 : 厚真ダム貯水池、厚真川下流周辺に小さな沼が点在する 気候 1月の平均気温は-7.3度、8月の平均気温は20.2度、年平均気温は6.5度、最低気温極値は-27.5度(1996年1月24日)、最高気温極値は34.1度(2007年8月15日) 隣接している自治体 胆振総合振興局 : 苫小牧市、安平町、むかわ町 空知総合振興局 : 夕張市、由仁町 町内からは細石刃核も発掘されており、この地区での人々の生活は旧石器時代から確認され早かったようだ。 (Wikipedia:厚真町)


厚真町 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す