[PR]

日別キーワード

第30位  二酸化炭素 - 2018年10月09日


関連するイメージは見つかりませんでした



二酸化炭素
二酸化炭素(にさんかたんそ、英: carbon dioxide)は、化学式が CO2 と表される無機化合物である。最近では、化学式から「シーオーツー」と呼ばれる事も多い。 地球上で最も代表的な炭素の酸化物であり、炭素単体や有機化合物の燃焼によって容易に生じる。気体は炭酸ガス、固体はドライアイス、液体は液体二酸化炭素、水溶液は炭酸・炭酸水と呼ばれる。 多方面の産業で幅広く使われる(後述)。日本では高圧ガス保安法容器保安規則第十条により、二酸化炭素(液化炭酸ガス)の容器(ボンベ)の色は緑色と定められている。 性質 常温常圧では無色無臭の気体。常圧では液体にならず、-79 °C で昇華して固体(ドライアイス)となる。水に比較的よく溶け、水溶液(炭酸)は弱酸性を示す。このためアルカリ金属およびアルカリ土類金属の水酸化物の水溶液および固体は二酸化炭素を吸収して、炭酸塩または炭酸水素塩を生ずる。高圧で二酸化炭素の飽和水溶液を冷却すると八水和物 CO2·8H2O を生ずる。 アルカリ金属など反応性の強い物質を除いて助燃性はない。 (Wikipedia:二酸化炭素)

二酸化炭素固定
『炭素固定』より : 炭素固定(たんそこてい、英: carbon fixation)とは、植物や一部の微生物が空気中から取り込んだ二酸化炭素を炭素化合物として留めておく機能のこと。この機能を利用して、大気中の二酸化炭素を削減することが考えられている。同化反応のひとつ。別名、炭酸固定、CO2固定、炭素同化、炭酸同化など。 炭素固定を伴う代謝系 炭素固定を伴う代謝系は、大まかに分けて以下のように分けられる。 光合成(カルビン - ベンソン回路) 細菌型光合成 メタン発酵(炭酸塩呼吸) 炭酸暗固定 還元的クエン酸回路 C4経路 CAM経路 光合成 光合成は植物やシアノバクテリアの持つ代謝系であり、光エネルギーを利用して水の光分解を行い酸素を発生し、その過程で発生するATPとNADPHを利用して、二酸化炭素をグルコースなど有機化合物に固定する。 (Wikipedia:二酸化炭素固定)

二酸化炭素飢餓
二酸化炭素飢餓(にさんかたんそきが)とは、植物を施設栽培する時に、施設中の二酸化炭素が減少し、植物の成長が停滞する現象のことを指す。冬場の早朝に起こりやすいが、巨大な施設でトマトなどの高設栽培を行なうと夏場の施設内部でも起こりうる。 これの防止には二酸化炭素を施用する、換気により二酸化炭素をとり入れるなどの方法があるが、後者は冬場は難しく、冬に二酸化炭素飢餓が発生しやすくなる原因となっている。 二酸化炭素施肥 二酸化炭素飢餓の回避あるいは植物の生長の促進のために用いられる手段の1つに、二酸化炭素を施用することがある。これは、主にプロパンガスの燃焼や、液化二酸化炭素の気化によって得られた二酸化炭素を施設内に放出することで行われる。しかしながら、プロパンガスを燃焼させることは温室効果ガスを発生させることでもあり、環境への影響は少ないとはいえ、環境保護の立場からは批判されるうる。 単純な予防策としてはコンポストや何らかの生物などの二酸化炭素発生源を設置することである。 関連項目 ビニールハウス 窒素飢餓。 (Wikipedia:二酸化炭素飢餓)


二酸化炭素 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

二酸化炭素 - アマゾン検索


「二酸化炭素」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す