[PR]

日別キーワード

第63位  うるま市 - 2018年10月09日


関連するイメージは見つかりませんでした



うるま市
うるま市(うるまし)は、日本の沖縄県に属し、沖縄本島中部に所在する市である。具志川市、石川市、中頭郡勝連町・与那城町の2市2町が2005年(平成17年)4月1日に新設合併して発足した。 那覇市、沖縄市に次いで沖縄県で3番目に人口が多い都市である。 地理 主要な地形 沖縄本島中部の東海岸(太平洋側)に位置し、唯一、金武湾と中城湾に面する地方自治体である。勝連半島と8つの島を有し、伊計島・宮城島・平安座島・浜比嘉島・藪地島の5島は海中道路や架橋によって結ばれているため、勝連半島からの通行が可能である。特に、勝連半島と平安座島を結ぶ全長4.7kmの海中道路はドライブコースとして人気のスポットになっている。 島嶼 伊計島 宮城島 平安座島 浜比嘉島 藪地島 浮原島 南浮原島 津堅島 気候 隣接する自治体 沖縄市 国頭郡:金武町、恩納村 市名の由来 市名は「サンゴの島」を意味する古い沖縄方言(ウチナーグチ)に由来する(ウル=サンゴ、マ=島)。 (Wikipedia:うるま市)

うるま市有償バス
うるま市有償バス(うるましゆうしょうバス)は沖縄県うるま市与那城屋慶名(旧与那城町中心地)と路線バスが通らない島嶼部(平安座島・浜比嘉島・宮城島・伊計島)とを結ぶバス(廃止代替バス#80条バス 80条バス)である。
うるま市合併前は平安座島へは平安座総合開発、宮城島・伊計島へは桃原運輸産業、そして1997年に沖縄県道238号浜比嘉平安座線 浜比嘉大橋開通した浜比嘉島へは勝連町営浜比嘉バスがそれぞれ運行していた。特に浜比嘉島方面の車両はマイクロバスではなく、普通のワゴン乗用車が使用されていた(タクシー ジャンボタクシーと同じ)。
2005年の合併でこれまで3方面3社で行っていた島嶼部へのバス事業を一本化し、市が平安座総合開発に委託して行うことになった。2006年10月までは勝連庁舎前(旧勝連町役場)から運行していたが、11月から勝連庁舎前~JA与那城支店(屋慶名農協)前の区間(この区間は既存の路線バスが通っている)が廃止され、現在のルートとなった。
(Wikipedia:うるま市有償バス)


うるま市 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

うるま市 - アマゾン検索


「うるま市」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す