[PR]

日別キーワード

第77位  OPA - 2018年10月09日


関連するイメージは見つかりませんでした



OPA
株式会社OPA(オーパ)は、同名のファッションビルを運営するイオングループの企業である(キャナルシティ・オーパのみ株式会社キャナルシティ・オーパが運営)。 ダイエーの子会社・株式会社ダイエー・アゴラが山陽新幹線新神戸駅前の神戸市中央区北野町に1988年9月に開店したオリエンタルパークアベニューが、OPAのルーツである。チェーン店群としての現在のOPAが誕生したのちに、オリエンタルパークアベニューも新神戸OPAに転換されたが、2002年に閉店し新神戸オリエンタルアベニューとなった。現在の新神戸オリエンタルアベニューはOPAとは無関係である。 1995年には、同じダイエーの子会社となっていた株式会社十字屋と合併し同社の運営になった。1999年9月の聖蹟桜ヶ丘オーパ開店まで13店舗をオープンした。 2006年3月1日に、十字屋よりOPA等の事業を株式会社OPAへ分社化し、営業を継承した。この時点で十字屋はダイエーの完全子会社であったことから、ダイエーが株式を100%間接保有している状態であったが、2007年1月16日にダイエーが十字屋を吸収合併したことにより、OPAは、ダイエーの直接の完全子会社となった。 (Wikipedia:OPA)

OPAC
OPAC(オパック、オーパック、Online Public Access Catalog)とは利用者に供されるオンライン蔵書目録のことである。インターネットからアクセス・利用できるOPACを特にウェブOPAC、インターネットOPACなどと呼ぶ。なお、利用者への利用に供さないオンラインの目録はただのオンライン目録 (Online Catalog) とし、OPACとは呼ばないこともあるが、現代のオンライン目録のほとんどが利用者の操作を前提としているため、特に区別されることはなく、本稿においても区別はしない。 図書館において蔵書目録の作成は必須の作業であり、かつては「図書目録カード」と呼ばれる書誌情報・所在情報を記載した紙のカードを書名順、著者名順、分類順に並べカードボックスに収めていた。この目録カードによる書誌情報・所在情報を機械が読み取れる形 (機械可読目録、MARC、MAchine Readable Catalog) に変形、蓄積し、蓄積されたデータを検索するための検索プログラムやメインコンピュータとの通信ネットワークを備えたものが、OPACである。 (Wikipedia:OPAC)


OPA - 関連ブログ

データが取得できませんでした

OPA - アマゾン検索


「OPA」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す