[PR]

日別キーワード

第79位  オナガ - 2018年10月09日


関連するイメージは見つかりませんでした



オナガ
オナガ(尾長、学名:Cyanopica cyana)はスズメ目カラス科に分類される鳥類の一種である。 分布 ユーラシア大陸の東西両端の2つの離れた地域に分かれて分布する留鳥である。 分布の一方はロシア東部、中国東部、日本など東アジアで、もう一方はイベリア半島の一部である。いずれの地域においても局所的、飛び地状に生息域が存在する。 近年の遺伝子分析によれば、2つの地域個体群は種レベルで区別されることを示した。またイベリア半島内では化石も発見されており、両個体群の分化が数万年昔にまでさかのぼることがわかっており、イベリア半島の個体群は別種 Cyanopica cooki となる可能性が示唆されている。この事実が明らかになるまで、本種の特異な隔離分布は長らく謎とされており、15世紀の南蛮交易船が日本からイベリア半島へ持ち帰ったという珍説まであった。 なお、日本では分布を狭めており、1970年代までは本州全土および九州の一部で観察されたが、1980年代以降西日本で繁殖は確認されておらず、留鳥として姿を見ることはなくなった。 (Wikipedia:オナガ)

オナガザメ
オナガザメ(尾長鮫、英: Thresher shark)は、ネズミザメ目オナガザメ科に属するサメの総称。オナガザメ科はオナガザメ属 Alopias 1属のみを含み、ニタリ・ハチワレ・マオナガの3種で構成される。全世界の熱帯から温帯、また亜寒帯海域まで広く分布する。全長の半分を占める長い尾鰭により、他のサメと見間違えることはない。大型になり、最大全長は3m〜7mを超えるものまである。繁殖様式はいずれも胎生で、ネズミザメ目に共通して見られる卵食型である。主に外洋を回遊し、非常に活動的である。内温性を備え、体温を海水温よりも高く保つ。人に対しては攻撃的でない。むしろ海中では警戒心が強く近寄ることさえ難しい。マグロ延縄などで混獲され、肉や鰭、脊椎骨、皮、肝油が利用される。 分布 インド洋から太平洋、及び大西洋・地中海といった熱帯・亜熱帯・温帯の広い海域に生息し、主に外洋の表層を泳ぐが、沿岸のサンゴ礁周辺に出現することもある。 (Wikipedia:オナガザメ)

オナガザル亜科
オナガザル亜科(Cercopithecinae)は旧世界猿のヒヒ、マカク、ベルベットモンキーなど71種を含む亜科である。オナガザル亜科のサルの殆どがアフリカのサブサハラ地域に分布するが、マカク属は極東アジアから北部アフリカを経てジブラルタルにまで及ぶ。 様々な種が生息する異なった地形に適応する。樹上性の種では細くて華奢で尾は長いのに対し、地上性の種はがっしりとしており尾は短いか完全になくなっている。全ての種はよく発達した親指を持つ。一部の種では尻だこがあり、繁殖期に色が変わることがある。 これらのサルは昼行性かつ社会的集団の中で生活する。冷涼な山地から雨林、サバンナ、岩場、果ては(ニホンザルのように)雪山にまで様々な地形に生息する。 殆どの種は雑食性で、餌は果物、葉、種、芽、キノコから昆虫や蜘蛛、さらには小さな脊椎動物にまで及ぶ。 妊娠期間はおよそ6-7ヶ月。離乳は3-12ヶ月で、完全に成熟するまで3-5年かかる。寿命は一部の種で長くて50年、野生のベルベットモンキーの平均寿命は10年になる。 (Wikipedia:オナガザル亜科)

オナガザル科
オナガザル科 (Cercopithecidae) は生物の分類で、サル目(霊長目)に属する1科である。アジア南部およびアフリカ(旧世界)に分布しており、旧世界ザルとも呼ばれる。日本語のサルのイメージに近いサルである。「尾長猿(おながざる)」の名のとおり、長い尾をもつことが特徴であるが、バーバリーマカクやニホンザルのように、二次的に尻尾を失ったものもある。また、広鼻下目に属するサル(新世界ザル)のように、5番目の手足として尾で体重を支えることなどはできない。日本国内に生息するニホンザルは下北半島を北限としているが、これはヒトを除いた全世界の霊長類の中で、最も高緯度に生息している例である。 オナガザル科には、いくつかの興味深い解剖学的特徴をそなえたサルがいる。コロブスの親指は小さな痕跡程度に退化したり、種によっては完全に消失してしまっている。オスのマンドリルの顔は赤と青で彩られ、さらに陰茎は赤色で、陰嚢は紫色をしている。テングザルは長く、舌のような形をした鼻をもっている。 狭鼻下目であるヒト上科とオナガザル上科が分岐したのは、2800万年から2400万年前頃であると推定されている。 (Wikipedia:オナガザル科)

オナガザル上科
『オナガザル科』より : オナガザル科 (Cercopithecidae) は生物の分類で、サル目(霊長目)に属する1科である。アジア南部およびアフリカ(旧世界)に分布しており、旧世界ザルとも呼ばれる。日本語のサルのイメージに近いサルである。「尾長猿(おながざる)」の名のとおり、長い尾をもつことが特徴であるが、バーバリーマカクやニホンザルのように、二次的に尻尾を失ったものもある。また、広鼻下目に属するサル(新世界ザル)のように、5番目の手足として尾で体重を支えることなどはできない。日本国内に生息するニホンザルは下北半島を北限としているが、これはヒトを除いた全世界の霊長類の中で、最も高緯度に生息している例である。 オナガザル科には、いくつかの興味深い解剖学的特徴をそなえたサルがいる。コロブスの親指は小さな痕跡程度に退化したり、種によっては完全に消失してしまっている。オスのマンドリルの顔は赤と青で彩られ、さらに陰茎は赤色で、陰嚢は紫色をしている。テングザルは長く、舌のような形をした鼻をもっている。 狭鼻下目であるヒト上科とオナガザル上科が分岐したのは、2800万年から2400万年前頃であると推定されている。 (Wikipedia:オナガザル上科)

オナガガモ
オナガガモ(尾長鴨、学名:Anas acuta) は、カモ目カモ科カモ亜科マガモ属に分類される鳥類の一種である。北半球に広く分布する大型のカモで、名前通りオスの尾羽が長いのが特徴である。 分布 ユーラシア大陸の北部と北アメリカ北部の寒帯から亜寒帯にかけての地域で繁殖し、冬季はユーラシアおよび北アメリカの温帯から熱帯地域やアフリカ北部に渡り越冬する。カモ類の中ではマガモ、コガモ、ハシビロガモに並んで分布域が広い。アジア極東部で繁殖するものは、同じ個体が年によって日本などのアジア地域や北アメリカと異なった地域で越冬することが、足環を使った標識調査で確認されている。 日本では全国に冬鳥として多数渡来する。 形態 全長はオス61-75cm、メス51-57 cm。翼開長は80-95 cm。マガモよりもわずかに大きい。他のカモより比較的首と尾羽が長くスマートな体型をしている。オスの方が大きいのは、もともとオスの方が大きいのに加え、尾羽の中央2枚が10 cmほども細長く伸びることによる。 (Wikipedia:オナガガモ)

オナガミズナギドリ
省略 鳥綱
名称 オナガミズナギドリ
status LC
種 オナガミズナギドリ ”P. pacificus”
学名 ”Puffinus pacificus” (w:Johann_Friedrich_Gmelin Gmelin, 1789年 1789)
和名 オナガミズナギドリ
英名 w:Wedge-tailed_Shearwater Wedge-tailed shearwater
オナガミズナギドリ(尾長水薙鳥、”Puffinus pacificus”) は、動物 動物界脊索動物 脊索動物門鳥類 鳥綱ミズナギドリ目ミズナギドリ科に分類される鳥類。
インド洋、太平洋
日本には繁殖のため主に淡色型の個体が小笠原諸島、硫黄列島に飛来する。
全長38-46cm。翼開張97-105cm。体重0.3kg。尾羽は長く楔形。上面は暗褐色の羽毛で被われ、羽毛の外縁(羽縁)が淡褐色(淡色型)の個体もいて波状の斑紋が入っているように見える。。下面は淡色型は白く、暗色型は暗褐色の羽毛で被われる。淡色型は翼下面の色彩も白いが、外縁は黒い。暗色型は翼下面の色彩も暗褐色。
(Wikipedia:オナガミズナギドリ)

オナガムシクイ族 (Sibley)
オナガムシクイ族 Sylviini
は、鳥類の分類名のひとつ。
スズメ目 (Sibley) スズメ目>
スズメ亜目 (Sibley) スズメ亜目>
スズメ小目 (Sibley) スズメ小目>
ウグイス上科 (Sibley) ウグイス上科>
ウグイス科 (Sibley) ウグイス科>
ダルマエナガ亜科 (Sibley) ダルマエナガ亜科>
オナガムシクイ族 (Sibley) オナガムシクイ族
”Sylvia buryi”, w:Yemen Warbler, アラビアカラムシクイ
”Sylvia lugens”, w:Brown Warbler, チャイロカラムシクイ
”Sylvia boehmi”, w:Banded Warbler, ムナオビカラムシクイ
”Sylvia layardi”, w:Layard”s Warbler, ムナフカラムシクイ
”Sylvia subcaeruleum”, w:Rufous-vented Warbler, ケープカラムシクイ
”Sylvia atricapilla”, w:Blackcap, ズグロムシクイ
(Wikipedia:オナガムシクイ族 (Sibley))

オナガイヌワシ
オナガイヌワシ(尾長犬鷲、学名:Aquila audax)は、タカ目タカ科イヌワシ属に分類される鳥類の一種。 生息地 オーストラリア、ニューギニア島南部 亜種 Aquila audax audax: 基亜種。オーストラリア大陸、ニューギニア島南部に生息。 Aquila audax fleayi(Tasmanian Wedge-tailed Eagle):タスマニア島亜種。オーストラリアおよびタスマニア州政府により、絶滅危惧種に指定されている。 形態 オーストラリア最大の猛禽類であり、体長81-110cm、体重2.0-5.5kg、翼開長190-280cm。雌雄同色で、濃褐色。オスよりもメスの方が大きい。尾羽はくさび形(菱形)をしている。 Aquila audax fleayi:タスマニア亜種は、体長が100-110cm、翼開長が190-230cm、体重が3.5-5.5kg。 生態 ソアリングをしながら動物の死骸、ノウサギ、ワラビー、カンガルー、ディンゴなどの獲物を探し、急降下して捕らえる。 (Wikipedia:オナガイヌワシ)

オナガヒロハシ
オナガヒロハシ(学名:Psarisomus dalhousiae)は、スズメ目ヒロハシ科に分類される鳥類。 本種1種でオナガヒロハシ属を形成する。 形態 全長約25cm、体重50~60g 生息地 ヒマラヤ、東南アジア、インドネシア 亜種 生態 Sibley分類体系上の位置 ==。 (Wikipedia:オナガヒロハシ)

オナガクロムクドリモドキ
オナガクロムクドリモドキ(学名Quiscalus mexicanus)とは、スズメ目ムクドリモドキ科に分類される鳥。 生息地 アメリカ大陸 亜種 生態 Sibley分類体系上の位置 スズメ目 Passeriformes 鳴禽亜目 Passeri スズメ小目 Passerida スズメ上科 Passeroidea アトリ科 Fringillidae ホオジロ亜科 Emberizinae ムクドリモドキ族 Icterini。 (Wikipedia:オナガクロムクドリモドキ)

オナガドリ
オナガドリ(尾長鳥、尾長鶏)とはニワトリの品種の一つである。長尾鶏(ちょうびけい)、長尾鳥(鶏)(ながおどり)とも呼ばれる。オスの尾羽が極端に長くなるのが特徴で、そのためオナガドリと呼ばれる。高知県原産で、日本の特別天然記念物に指定されている。 オナガドリの始まりは、江戸時代に土佐藩主の山内家が参勤交代の際に使う飛鳥という槍飾りに用いる長い鶏の尾を農民から集めたことにある。明暦(1655年~1657年)ごろの土佐国大篠村(現在の高知県南国市大篠)で、武市利右衛門がオナガドリの原種白藤種を作り出した。伝説では地鶏とキジや山鳥と交配して作ったとされているが、正確な記録は残されていない。 1923年(大正12年)に国の天然記念物に指定されたが、太平洋戦争が始まり、その数は9羽まで激減。1952年(昭和27年)には、国の特別天然記念物に指定された。 ニワトリは通常一年に一度羽が生え換わるが、オスのオナガドリは尾羽が生え換わらないため、尾が非常に長くなる。 (Wikipedia:オナガドリ)

オナガフクロウ
オナガフクロウ(尾長梟、学名:Surnia ulula)は,フクロウ目フクロウ科の鳥類の一種。 生息地 400px 生態 Sibley分類体系上の位置 ==。 (Wikipedia:オナガフクロウ)

オナガミツスイ亜科 (Sibley)
オナガミツスイ亜科 Promeropinaeは、鳥類の分類名のひとつ。
スズメ目 (Sibley) スズメ目>
スズメ亜目 (Sibley) スズメ亜目>
スズメ小目 (Sibley) スズメ小目>
スズメ上科 (Sibley) スズメ上科>
タイヨウチョウ科 (Sibley) タイヨウチョウ科>
オナガミツスイ亜科 (Sibley) オナガミツスイ亜科
”Promerops gurneyi”, w:Gurney”s Sugarbird, ヒガシオナガミツスイ
”Promerops cafer”, w:Cape Sugarbird, オナガミツスイ
スズメ目Sibley分類
(Wikipedia:オナガミツスイ亜科 (Sibley))

オナガー
オナガー、オナジャー (onager) オナガー (投石機) - 攻城兵器の一種。 動物界脊索動物門哺乳綱奇蹄目ウマ科ウマ属に分類されるアジアノロバの亜種。 (Wikipedia:オナガー)

オナガミツスイ科
『』より : (Wikipedia:オナガミツスイ科)


オナガ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

オナガ - アマゾン検索


「オナガ」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す