[PR]

日別キーワード

第84位  コンプライアンス - 2018年10月09日


関連するイメージは見つかりませんでした



コンプライアンス
コンプライアンス (英語: compliance) 遵守、従順 企業コンプライアンス - 企業の法令遵守 服薬コンプライアンス - 患者が薬を薬剤規定どおりに飲むこと 規格に適合すること 機械的コンプライアンス - 物体の変形しやすさを示す物理量。バネ定数の逆数で単位はm/N。 弾性コンプライアンス - 物体の変形しやすさを示す物理量。弾性率の逆数で単位はm2/N。 コンプライアンス 服従の心理 - 2012年のアメリカ合衆国の映画。 (Wikipedia:コンプライアンス)

コンプライアンス違反
『コンプライアンス』より : 企業コンプライアンス(きぎょうコンプライアンス、英語: regulatory compliance)とは、コーポレートガバナンスの基本原理の一つで、企業が法律や内規などのごく基本的なルールに従って活動する事、またはそうした概念を指す。ビジネスコンプライアンスという場合もある。「コンプライアンス」は「企業が法律に従うこと」に限られない「遵守」「応諾」「従順」などを意味する語だが、以下では主にこの語を使う。なおRegulatory complianceは直訳すると「規制追従」という意味になる。 今日ではCSR(corporate social responsibility の略。企業の社会的責任履行)と共に非常に重視されている概念、仕組みである。 2000年代から、法令違反による信頼の失墜や、それを原因として法律の厳罰化や規制の強化が事業の存続に大きな影響を与えた事例が繰り返されているため、特に企業活動における法令違反を防ぐという観点からよく使われるようになった。 (Wikipedia:コンプライアンス違反)

コンプライアンス 服従の心理
『コンプライアンス 服従の心理』(Compliance)は、クレイグ・ゾベル監督・脚本、アン・ダウド、ドリーマ・ウォーカー、パット・ヒーリー出演による2012年のアメリカ合衆国のスリラー映画である。2004年に起こったストリップサーチいたずら電話詐欺を基にした物語である。ダウドは本作の演技によりナショナル・ボード・オブ・レビュー賞助演女優賞を受賞した。 ストーリー ファストフード店でマネージャーをしている中年女性サンドラは、ある日、警察官を自称するダニエルズからの電話を受ける。ダニエルズはサンドラの店の従業員が金を盗んだと述べる。サンドラはダニエルズの証言からベッキーが容疑者であると考え、呼び出した。ベッキーは盗んではいないと主張すると、ダニエルズは彼女を身体検査するように要求する。そして、サンドラはマネージャーとして、従業員を管理する責任があると思い、ダニエルズの言うとおりに身体検査を実行していくのであった。 キャスト ※括弧内は日本語吹替 サンドラ - アン・ダウド(滝沢ロコ) ベッキー - ドリーマ・ウォーカー(渡邉佳美) ダニエルズ - パット・ヒーリー(板取政明) ヴァン - ビル・キャンプ(河合みのる) ケヴィン - フィリップ・エッティンガー ニールス - ジェームズ・マキャフリー マーティ - アシュリー・アトキンソン(臼井貴子) 公開 2012年1月にサンダンス映画祭でプレミア上映された。 (Wikipedia:コンプライアンス 服従の心理)


コンプライアンス - 関連ブログ

データが取得できませんでした

コンプライアンス - アマゾン検索


「コンプライアンス」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す