[PR]

日別キーワード

第98位  ハンムラビ法典 - 2018年10月09日


関連するイメージは見つかりませんでした



ハンムラビ法典
ハンムラビ法典(ハンムラビほうてん、Code of Hammurabi)は、紀元前1792年から1750年にバビロニアを統治したハンムラビ(ハムラビ)王が発布した法典。アッカド語が使用され、楔形文字で記されている。 ハンムラビ法典は完全なかたちで残る世界で2番目に古い法典である(現存する世界最古の法典はウル・ナンム法典およびエシュヌンナ法典、リピト・イシュタル法典)。 ハンムラビ法典はあとになって石柱に書き写され、バビロンのマルドゥク神殿に置かれた。以後の楔形文字の基本となった。 1901年、高さ2.25mの閃緑岩石棒に刻まれたものがイランのスサで発見された。紀元前12世紀にバビロンから奪われたものである。現在はパリのルーヴル美術館が所蔵し、レプリカをや岡山市北区の岡山市立オリエント美術館、東京池袋の古代オリエント博物館、三鷹市の中近東文化センター、東広島市の広島大学文学部(広島大学総合博物館文学研究科サテライト館)等でみることができる。 (Wikipedia:ハンムラビ法典)


ハンムラビ法典 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

ハンムラビ法典 - アマゾン検索


「ハンムラビ法典」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す