[PR]

日別キーワード

第1位  築地市場 - 2018年10月10日


関連するイメージは見つかりませんでした



築地市場
築地市場(つきじいちば、つきじしじょう)は、東京都中央区築地にある公設の卸売市場。東京都内に11か所ある東京都中央卸売市場のひとつだが、その規模は日本・世界最大(広さでは大田市場のほうが広いが、取引金額は大田市場より大きい)であり、代表的な卸売市場である。この項では外郭に存在する築地場外市場商店街(通称:場外、場外市場、築地場外、築地場外市場)についても記述する。なお、ニュース番組等で、しばしば築地市場の場所を指して「つきじしじょう」と呼ぶことがあるが、場所を指す場合は「しじょう」ではなく「いちば」である。 築地六丁目にある駐車場の一部を除き、築地市場の所在地は「東京都中央区築地五丁目2番1号」。 築地市場は、面積約23ヘクタール。この中で、7の卸売業者と約1000(うち水産約820)の仲卸業者によってせりが行われる。2005年の取扱数量は、全品目合計で約916,866トン(一日当たり水産物2,167トン、青果1,170トン)、金額にして約5657億円(一日当たり水産物1,768百万円、青果320百万円)になる。 (Wikipedia:築地市場)

築地市場駅
築地市場駅(つきじしじょうえき)は、東京都中央区築地五丁目にある、東京都交通局(都営地下鉄)大江戸線の駅。駅名併称は「朝日新聞社前」。駅番号はE 18。 2000年(平成12年)12月12日 - 都営地下鉄大江戸線全線開通時に開業。 2011年(平成23年)9月24日 - ホームドアが稼働開始。 駅構造 島式ホーム1面2線の地下駅。 のりば 利用状況 2014年度の1日平均乗降人員は27,365人(乗車人員 13,504人、降車人員 13,861人)である。 開業当初の乗車人員の見込みは、10,000人であった。 開業以来の1日平均乗降・乗車人員推移は下表のとおり。 駅周辺 駅名に示す通り築地市場に隣接しており、駅構内でも魚介類特有の匂いを感じる事がある。また、当駅開業後は築地市場を訪れる観光客が増えているが、特に歳末の時期には相当込み合う事がある。 築地駅(東京メトロ日比谷線) - 公式の乗換駅ではないが、至近にある。 (Wikipedia:築地市場駅)


築地市場 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第2位  日経平均株価 - 2018年10月12日


関連するイメージは見つかりませんでした



日経平均株価
日経平均株価(にっけいへいきんかぶか、英: Nikkei Stock Average)は、日本の株式市場の代表的な株価指標の一つ。単に日経平均や日経225(にっけいにひゃくにじゅうご、にっけいにーにーご)とも呼ばれる。英語圏の報道機関ではNikkei 225と表記される場合もある。1960年4月の株価の基準値を1000とした。 ダウ式平均株価であり、東京証券取引所第一部に上場する約1700銘柄の株式のうち225銘柄を対象にしている。日本経済新聞社が知的財産権を保有、銘柄を制定、15秒毎(2010年以降)に算出し公表する。 日本の株価指標としては東証株価指数 (TOPIX) と並んで普及している。最も知名度の高い株式指標であるため、純粋に民間が作成している経済指標でありながら、日本国政府の経済統計としても使われている。 日経平均株価は、東証第一部上場銘柄のうち取引が活発で流動性の高い225銘柄を選定し、ダウ平均株価の株価平均型方式を基にした計算方法で修正平均を算出する。 (Wikipedia:日経平均株価)

日経平均株価先物
『日経225先物取引』より : 日経225先物取引(にっけい225さきものとりひき、Nikkei 225 Futures)とは、日経平均株価を原資産とする株価指数先物取引であり、大阪取引所等に上場されている。TOPIX先物取引、日経225オプション取引と並んで、日本を代表する株価指数を原資産とするデリバティブ取引である。日経平均先物取引(にっけいへいきんさきものとりひき)、もしくは単に日経225先物、日経平均先物ともいう。 あらかじめ定められた期日(満期日)に特定の資産(原資産。ここでは日経平均株価)を、あらかじめ決められた価格で売買する契約。 原資産が日経平均株価(株価指数)という実体のないものであるため、決済はすべて差金決済となる。 先物の「買い方」(=取引を買いで開始した人)は、満期日の原資産(厳密には「SQ値」、後述)が約定(やくじょう)価格を上回れば利益を得、下回れば損失となる。「売り方」(=取引を売りで開始した人)は、逆に、満期日の原資産が約定価格を下回れば利益を得、上回れば損失となる。 (Wikipedia:日経平均株価先物)


日経平均株価 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第3位  Google+ - 2018年10月12日


関連するイメージは見つかりませんでした




Google+ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第4位  セミ - 2018年10月12日




セミ
セミ(蟬・蝉)は、カメムシ目(半翅目)・頸吻亜目・セミ上科(Cicadoidea)に分類される昆虫の総称。「鳴く昆虫」の一つとして知られる。 熱帯や亜熱帯の森林地帯に分布の中心を持つが、亜寒帯の森林、あるいは草原に分布するものもいる。約3,000種が知られ、テイオウゼミのような翅端までが130mmくらいの巨大なものから、イワサキクサゼミのように20mm程度のものまでいる。 成虫の体は前後に細長い筒型で、頑丈な脚、長い口吻、発達した翅などが特徴である。一方、触角は短い毛髪状であまり目立たない。翅は前翅が大きく、休息する際は体の上面に屋根状にたたむ。前翅後縁と後翅前縁は鉤状に湾曲していて、飛翔する際はこの鉤状部で前後の翅を連結して羽ばたく。一般に飛翔能力は高く、羽音を立てながらかなりの速度で飛ぶ。 オス成虫の腹腔内には音を出す発音筋と発音膜、音を大きくする共鳴室、腹弁などの発音器官が発達し、鳴いてメスを呼ぶ。発音筋は秒間2万回振動して発音を実現するとされる。また、外敵に捕獲されたときにも鳴く。気管の拡大によって生じた共鳴室は腹部の大きな空間を占め、鳴き声の大きな中型種であるヒグラシやヒメハルゼミなどでは腹部の断面を見るとほとんど空洞に見えるほどである。 (Wikipedia:セミ)

セミノール戦争
セミノール戦争(セミノールせんそう(”Seminole Wars”)、フロリダ戦争(フロリダせんそう)としても知られる)とは、セミノールと総称される様々なインディアンとアメリカ合衆国とのフロリダにおける三次の戦争(紛争)である。第一次セミノール戦争は1817年-1818年、第二次セミノール戦争は1835年-1842年、第三次セミノール戦争は1855年-1858年であった。しばしば単にセミノール戦争(”the Seminole War”)と呼ばれる第二次セミノール戦争は、アメリカ独立戦争からベトナム戦争の間でアメリカ合衆国が関わった戦争では最も長く続いた戦争だった。インディアンたちはこれを、「インディアンのベトナム戦争」と呼んでいる。
インディアンにはヨーロッパ人がもたらした疫病に対する抵抗力がほとんどなく、またスペイン軍がフロリダ北部でインディアンの反乱を弾圧したことで、この地域にヨーロッパ人が渡来するとフロリダ・インディアンの人口は減少した。またカロライナ植民地 カロライナの州兵とそのインディアン同盟がフロリダ半島全域で幾度も攻撃を仕掛け、18世紀初頭までには残るインディアンのほとんどを殺害したか、捕虜にした。1763年にスペインがフロリダをイギリスに割譲するさい、スペイン軍は、わずかに生き残ったフロリダ・インディアンをキューバに送ったMilanich。
(Wikipedia:セミノール戦争)

セミクロスシート
『鉄道車両の座席』より : 鉄道車両の座席(てつどうしゃりょうのざせき)では、鉄道車両における座席のうち、椅子を使用したものの配置や形態について扱う。 客車(広義の旅客用鉄道車両)には通常座席が備わっている。客車は座席が主に椅子からなる座席車と寝台を座席として用いる寝台車に大別されるが、寝台車についてはその形態や配置について別に扱う。ただし、座席車のうち個室車の座席についてはコンパートメント席で扱い、ここではその区分がない開放式と称される座席について述べる。 腰掛の主要な構造 乗客が着座する座面と、背中を押し付ける背もたれの部分にモケットという布が張られていることが多い。中には革を張っているものや、座面・背もたれに木・FRPなどを使用している例もある。 伝統的に腰掛の下部には車両ドアの開閉機構や暖房用のヒーターなどが設置されるため箱状に覆われているものが多いが、車両によっては覆われていないものもある。日本では1990年代以降に製造された車両で軽量化、清掃容易性、レッグスペース拡大など利点の多い「カンチレバーシート」ともいわれる椅子下の脚をなくした片持ち式支持構造とする例が見られる。 (Wikipedia:セミクロスシート)

セミ上科
『セミ』より : セミ(蟬・蝉)は、カメムシ目(半翅目)・頸吻亜目・セミ上科(Cicadoidea)に分類される昆虫の総称。「鳴く昆虫」の一つとして知られる。 熱帯や亜熱帯の森林地帯に分布の中心を持つが、亜寒帯の森林、あるいは草原に分布するものもいる。約3,000種が知られ、テイオウゼミのような翅端までが130mmくらいの巨大なものから、イワサキクサゼミのように20mm程度のものまでいる。 成虫の体は前後に細長い筒型で、頑丈な脚、長い口吻、発達した翅などが特徴である。一方、触角は短い毛髪状であまり目立たない。翅は前翅が大きく、休息する際は体の上面に屋根状にたたむ。前翅後縁と後翅前縁は鉤状に湾曲していて、飛翔する際はこの鉤状部で前後の翅を連結して羽ばたく。一般に飛翔能力は高く、羽音を立てながらかなりの速度で飛ぶ。 オス成虫の腹腔内には音を出す発音筋と発音膜、音を大きくする共鳴室、腹弁などの発音器官が発達し、鳴いてメスを呼ぶ。発音筋は秒間2万回振動して発音を実現するとされる。また、外敵に捕獲されたときにも鳴く。気管の拡大によって生じた共鳴室は腹部の大きな空間を占め、鳴き声の大きな中型種であるヒグラシやヒメハルゼミなどでは腹部の断面を見るとほとんど空洞に見えるほどである。 (Wikipedia:セミ上科)

セミ科
『セミ』より : セミ(蟬・蝉)は、カメムシ目(半翅目)・頸吻亜目・セミ上科(Cicadoidea)に分類される昆虫の総称。「鳴く昆虫」の一つとして知られる。 熱帯や亜熱帯の森林地帯に分布の中心を持つが、亜寒帯の森林、あるいは草原に分布するものもいる。約3,000種が知られ、テイオウゼミのような翅端までが130mmくらいの巨大なものから、イワサキクサゼミのように20mm程度のものまでいる。 成虫の体は前後に細長い筒型で、頑丈な脚、長い口吻、発達した翅などが特徴である。一方、触角は短い毛髪状であまり目立たない。翅は前翅が大きく、休息する際は体の上面に屋根状にたたむ。前翅後縁と後翅前縁は鉤状に湾曲していて、飛翔する際はこの鉤状部で前後の翅を連結して羽ばたく。一般に飛翔能力は高く、羽音を立てながらかなりの速度で飛ぶ。 オス成虫の腹腔内には音を出す発音筋と発音膜、音を大きくする共鳴室、腹弁などの発音器官が発達し、鳴いてメスを呼ぶ。発音筋は秒間2万回振動して発音を実現するとされる。また、外敵に捕獲されたときにも鳴く。気管の拡大によって生じた共鳴室は腹部の大きな空間を占め、鳴き声の大きな中型種であるヒグラシやヒメハルゼミなどでは腹部の断面を見るとほとんど空洞に見えるほどである。 (Wikipedia:セミ科)

セミヤドリガ
セミヤドリガ(蝉寄生蛾)Epipomponia nawai(Dyar, 1904)は、チョウ目・セミヤドリガ科に分類されるガの一種。名のとおり幼虫がセミに外部寄生する特異なガである。セミヤドリガ科のガは世界から40種程度が知られているが、そのほとんどはウンカ科やハゴロモ科などに寄生しており、本種のようにセミに寄生する例は世界的にも珍しい。 発見と記載 1898年(明治31年)、「昆虫翁」として知られる民間の昆虫研究家、名和靖(なわ やすし)は岐阜県養老山でヒグラシに付いた奇妙な幼虫を発見し、養子の名和梅吉がこれを飼育したところ、繭から黒っぽい地味な蛾を羽化させることができた。この蛾はすでに1892年(明治25年)に岐阜県金華山で採集していたが、無論それがセミに寄生する種類であることは飼育で初めて判明したのであった。そして1903年(明治36年)、名和昆虫研究所発行の雑誌『昆虫世界』に「セミノヤドリガ」という名前で、美しい彩色図版とともに掲載した。 (Wikipedia:セミヤドリガ)

セミラーミデ
『セミラーミデ』(Semiramide)は、ロッシーニがヴォルテールの悲劇「セミラミス」を基に、1823年に作曲したオペラ・セリアで、ロッシーニのイタリア時代最後の作品。同年2月3日、ヴェネツィアのフェニーチェ劇場で初演された。台本はガエターノ・ロッシによる。 おなじくセミラミスを題材にし、題名もセミラーミデでヘンデルが1733年に作曲した作品もある。台本はピエトロ・メタスタジオにより、ヨーハン・アドルフ・ハッセ作曲の有名なメロディーをいくつか利用してレオナルド・ヴィンチが1729年に発表したセミラミデとのパスティッチョ(共同作曲作品)としてのものであるが、レチタティーヴォはすべてヘンデルの筆による。こちらの作品では、エジプト王女セラスミスが男装し、自分の息子のニーノの名でアッシリアの王位につくという設定である。 この項目ではロッシーニ作曲のセミラーミデについて説明する。 作曲の経緯 ナポリ時代に「オテロ」、「湖上の美人」、「アルミーダ」、及び「マホメット2世」等のオペラ・セリアを書き上げ、その後、1822年に初めてウィーンを滞在したときにベートーヴェンの交響曲第3番「英雄」を聴くなどし、ベートーヴェン本人にも面会した。 (Wikipedia:セミラーミデ)

セミノール
今日、セミノールは彼ら自身の土地で主権を握り、経済はタバコ、観光、カジノを基盤にしている。また、「セミノール」という、フロリダ州立大学の体育チーム(ニックネーム)もある。
16世紀のスペインの征服の後、フロリダのインディアンは疾病によって激減し、1763年にフロリダがイギリスの支配下になると、数少ない生存者はスペイン人によってキューバに連れて行かれたと言われている。
18世紀、ロウワー・クリーク族 クリーク・ネーションの人々は、優勢であったアッパー・クリークから逃れるためにフロリダへ移住し始め、残り少ないインディアンと合流した。そこには当時ヤマシー戦争の後に到着していたユチ(w:Yuchi)、ヤマシー(w:Yamasee)、その他の部族のような避難民もいた。クリーク語(w:Creek language)の単語のsimano-liから借用したスペイン語の"cimarrón"("野蛮な"、または"逃亡"を意味する)を適用し、彼らは「セミノール」と呼ばれるようになった。セミノールは、ジョージアから来たロウワー・クリーク族が大部分で、ミカズキ語(w:Mikasuki language)を話すマスコギ語族、逃亡したアフリカ系アメリカ人奴隷、それからより少ない程度でコーカソイド 白人のヨーロッパ人と他の部族のインディアンで成り立った、異人種からなる部族だった。統合されたセミノールは、クリーク語とミカズキ語(現在のヒチティ(w:Hitchiti)語に似ている)の二つのアメリカ・インディアン諸語 言語を話し、これらはチョクトーやチカソーも含むマスコギ語族の中の、二つの異なる言語であった。現代のフロリダ州ミカズキ・インディアン部族(w:Miccosukee、口頭の発音では「ミカズキ」)が、今日の彼らの分離したアイデンティティを保持しているのは、主にこの言語によるものである。
(Wikipedia:セミノール)

セミオートマチックトランスミッション
セミオートマチックトランスミッション(英: Semi-automatic transmission 以下、セミAT)とは、自動車のトランスミッションの1種で、変速操作が手動でクラッチ操作のみを自動化したものである。運転席にクラッチペダルがなく、アクセルとブレーキの2つのペダルだけでありながら、手動で変速操作をしなければならないため2ペダルMTとも呼ばれる。 発進時などにクラッチ操作が必要ないトランスミッションはオートマチックトランスミッションに分類され、日本の道路交通法でもオートマチック限定免許(AT限定免許)で運転できることが規定されている。このなかで、ギア選択までも自動化したフルオートマチックトランスミッション(以下、フルAT)と区別して、運転者がギヤ選択操作をしなければならないものがセミATと呼ばれる。 フォード・モデルTの2段変速機 1908年から製造されたフォードの大衆車「モデルT」(いわゆる「T型フォード」)は、ペダル操作による2段の遊星歯車式変速機を搭載していた。 (Wikipedia:セミオートマチックトランスミッション)

セミヌード
セミヌード(Semi nude)はヌード写真・映像のうち、肌の露出が比較的小さいもののことで、女性の場合乳首を隠しているヌードを主に指す。「セミ」は半分といった意味を表す英語の接頭語であり、全裸(オールヌード)に対しての半裸とでも訳されよう。男性の場合、セミヌードという表現はあまりしない。 定義 セミヌードという言葉は話者の主観に頼る部分もあり、厳密な定義が難しい場合もある。 理屈からいえば水着姿や下着姿も裸に近いことになるが、通常はセミヌードとは言わない。セミヌードという言葉が示す意味は、ほとんどの場合「乳首を見せないヌード」ということである。また、薄い布や濡れたシャツをまとい乳首が透けている場合や、尻部を丸出しにした場合もセミヌードと言われることがある。 通常、女性のヌードで、陰毛を見せている場合はヘアヌード、乳首を見せている場合はオール(フル)ヌード、乳首を隠している場合をセミヌードという使い分けをすることが多い。 (Wikipedia:セミヌード)

セミヌード写真
『セミヌード』より : セミヌード(Semi nude)はヌード写真・映像のうち、肌の露出が比較的小さいもののことで、女性の場合乳首を隠しているヌードを主に指す。「セミ」は半分といった意味を表す英語の接頭語であり、全裸(オールヌード)に対しての半裸とでも訳されよう。男性の場合、セミヌードという表現はあまりしない。 定義 セミヌードという言葉は話者の主観に頼る部分もあり、厳密な定義が難しい場合もある。 理屈からいえば水着姿や下着姿も裸に近いことになるが、通常はセミヌードとは言わない。セミヌードという言葉が示す意味は、ほとんどの場合「乳首を見せないヌード」ということである。また、薄い布や濡れたシャツをまとい乳首が透けている場合や、尻部を丸出しにした場合もセミヌードと言われることがある。 通常、女性のヌードで、陰毛を見せている場合はヘアヌード、乳首を見せている場合はオール(フル)ヌード、乳首を隠している場合をセミヌードという使い分けをすることが多い。 (Wikipedia:セミヌード写真)

セミイルカ属
セミイルカ属(背美海豚属、Lissodelphis)は、クジラ目ハクジラ亜目マイルカ科に属する属の一つ。セミイルカ属のイルカは、体色は白と黒で、背びれがないという特徴があり、クジラ目の中で最も識別が容易な種類の一つである。セミイルカ属はセミイルカ(背美海豚、L. borealis)とシロハラセミイルカ(白腹背美海豚、L. peronii)の2種で構成される。セミイルカは1848年にPealeにより、シロハラセミイルカは1804年にde La Cépèdeにより、それぞれ新種として報告された。古くから知られているにもかかわらず、詳しいことはあまりわかっていない。 分類 セミイルカ属 Lissodelphis セミイルカ Northern Right Whale Dolphin, Lissodelphis borealis シロハラセミイルカ Southern Right Whale Dolphin, Lissodelphis peronii 形態 セミイルカとシロハラセミイルカは共に身体は細長く、小さな尖った胸びれと、小さな尾びれを持つ。 (Wikipedia:セミイルカ属)

セミイルカ
『セミイルカ属』より : セミイルカ属(背美海豚属、Lissodelphis)は、クジラ目ハクジラ亜目マイルカ科に属する属の一つ。セミイルカ属のイルカは、体色は白と黒で、背びれがないという特徴があり、クジラ目の中で最も識別が容易な種類の一つである。セミイルカ属はセミイルカ(背美海豚、L. borealis)とシロハラセミイルカ(白腹背美海豚、L. peronii)の2種で構成される。セミイルカは1848年にPealeにより、シロハラセミイルカは1804年にde La Cépèdeにより、それぞれ新種として報告された。古くから知られているにもかかわらず、詳しいことはあまりわかっていない。 分類 セミイルカ属 Lissodelphis セミイルカ Northern Right Whale Dolphin, Lissodelphis borealis シロハラセミイルカ Southern Right Whale Dolphin, Lissodelphis peronii 形態 セミイルカとシロハラセミイルカは共に身体は細長く、小さな尖った胸びれと、小さな尾びれを持つ。 (Wikipedia:セミイルカ)

セミョーン・チモシェンコ
1895年、ベッサラビア県アッケルマン郡フルマンカ村(現オデッサ州キリヤ地区フルマニウカ村)の貧農の家庭に生まれる。1914年、ロシア帝国軍に召集され、機関銃手として第一次世界大戦に従軍。
1917年、第1黒海赤衛隊に入隊し、ラーヴル・コルニーロフ コルニーロフ軍の撃滅に参加。1918年、黒海赤衛隊に基づき創設されたセミョーン・ブジョーンヌイの第1騎兵軍 第1騎兵親衛連隊において、小隊長、中隊長としてクリミア半島 クリミア及びクバーニ クバンで戦い、間もなく連隊長となった。同年11月、第2独立騎兵旅団長。1919年、第6騎兵師団長として、ヴォロネジ、カストールノエ カストルナヤ、ロストフ・ナ・ドヌ、エゴルルイクスカヤ、ジトームィル ジトーミル、ブロディの戦いに参加。
(Wikipedia:セミョーン・チモシェンコ)

セミナリヨ
セミナリヨ(ポルトガル語:seminário)は、歴史用語で、イエズス会によって日本に設置され、1580年 - 1614年の間に存在したイエズス会司祭・修道士育成のための初等教育機関(小神学校)のこと。 歴史的経緯 1579年、イエズス会の巡察師アレッサンドロ・ヴァリニャーノ神父は、日本における布教の状況を視察すべく来日した。当時、日本における布教の責任者であったフランシスコ・カブラル神父は、日本人に対する偏見が強く、日本人司祭・修道士の育成を全く行っていなかった。その状況に驚いたヴァリニャーノは、すぐさまこれを改善するよう命令した。ヴァリニャーノは、日本人の司祭・修道士を育成することが日本布教の成功の鍵を握るとみていた。 こうして作られた教育機関がセミナリヨ(初等教育)とコレジオ(高等教育)、およびノビチアート(イエズス会員養成)であった。 セミナリヨを設置するための場所選びが始まった。京都に建てることも考えたが、京都では仏教僧などの反対者も多く安全性が危ぶまれた。そこで織田信長の元を訪れ、新都市安土(現・滋賀県近江八幡市安土町)に土地を願った。 (Wikipedia:セミナリヨ)

セミナリオ
『セミナリヨ』より : セミナリヨ(ポルトガル語:seminário)は、歴史用語で、イエズス会によって日本に設置され、1580年 - 1614年の間に存在したイエズス会司祭・修道士育成のための初等教育機関(小神学校)のこと。 歴史的経緯 1579年、イエズス会の巡察師アレッサンドロ・ヴァリニャーノ神父は、日本における布教の状況を視察すべく来日した。当時、日本における布教の責任者であったフランシスコ・カブラル神父は、日本人に対する偏見が強く、日本人司祭・修道士の育成を全く行っていなかった。その状況に驚いたヴァリニャーノは、すぐさまこれを改善するよう命令した。ヴァリニャーノは、日本人の司祭・修道士を育成することが日本布教の成功の鍵を握るとみていた。 こうして作られた教育機関がセミナリヨ(初等教育)とコレジオ(高等教育)、およびノビチアート(イエズス会員養成)であった。 セミナリヨを設置するための場所選びが始まった。京都に建てることも考えたが、京都では仏教僧などの反対者も多く安全性が危ぶまれた。そこで織田信長の元を訪れ、新都市安土(現・滋賀県近江八幡市安土町)に土地を願った。 (Wikipedia:セミナリオ)

セミクジラ科
『ヒゲクジラ亜目』より : ヒゲクジラ亜目は、鯨偶蹄目に属する分類群で、現生のクジラ類を2分する大グループの一つ。リンネ式の分類では亜目の階級が与えられているが、20世紀末にクジラ類が偶蹄目から分岐した系統であることが明らかになったため、ヒゲクジラ類・ハクジラ類の位置づけは今後変更される可能性が高い。 形態 現生のクジラ類は、ヒゲクジラ亜目とハクジラ亜目に大きく分かれる。ヒゲクジラ類は歯をもたないが、上顎から生えた「ひげ板」または「鯨鬚」(くじらひげ)と呼ばれる器官を使ってオキアミやコペポーダ等のプランクトンや小魚等の小さなエサを大量に濾しとり、食料とする。主にプランクトンなど浮遊性の生物を捕食するが、イワシ等の小魚(基本的にその海域に多い群集性魚類)の他にイカなども捕獲された個体の胃から確認されている。これらの魚などはほとんど無傷であり、髭板はあくまで濾過するための器官であることは明らかである。ヒゲクジラの食性は種や生息域によっても異なり、髭板の形状もまた食性によってそれぞれ異なる。コククジラのみ、底生生物を捕食することで知られる。(濾過摂食を参照) 鯨髭以外のハクジラ類との差異としては、外観上ではハクジラ以上に頭部が大型化し首が短縮している。 (Wikipedia:セミクジラ科)

セミトレーラ
セミトレーラー(Semi-trailer)は、トラクタのカプラに連結し、主に貨物を載せて走行する荷台車である。 日本では最も一般的なトレーラーであり、あらゆる用途(牽引自動車#用途・積荷による分類参照)に使われる。縦列駐車や後退が可能。現在の日本では、路線バスの一部に見られる、切り離しを前提としない永久連結構造の車両(連接バス)については、牽引車両ではなく、単一車に分類されている。 トラクタを切り離すことができるため、フェリー航送ではトレーラーのみを積み込むことで、運賃と運転手の人件費を抑えることができる。 トラクタが連結されて運転されることを前提とした構造になっており、トラクタ単体には積載スペースがなく、トレーラー単体には前輪がないため、非連結時にはどちらも運搬車としての役割を果たさない(車載車などで一部、トラクタに積載できる車輌も有るが、連結時にのみ積載が許されている)。 (Wikipedia:セミトレーラ)

セミトレーラー
『セミトレーラ』より : セミトレーラー(Semi-trailer)は、トラクタのカプラに連結し、主に貨物を載せて走行する荷台車である。 日本では最も一般的なトレーラーであり、あらゆる用途(牽引自動車#用途・積荷による分類参照)に使われる。縦列駐車や後退が可能。現在の日本では、路線バスの一部に見られる、切り離しを前提としない永久連結構造の車両(連接バス)については、牽引車両ではなく、単一車に分類されている。 トラクタを切り離すことができるため、フェリー航送ではトレーラーのみを積み込むことで、運賃と運転手の人件費を抑えることができる。 トラクタが連結されて運転されることを前提とした構造になっており、トラクタ単体には積載スペースがなく、トレーラー単体には前輪がないため、非連結時にはどちらも運搬車としての役割を果たさない(車載車などで一部、トラクタに積載できる車輌も有るが、連結時にのみ積載が許されている)。 (Wikipedia:セミトレーラー)

セミリジッドケーブル
『同軸ケーブル』より : 同軸ケーブル(どうじくケーブル、Coaxial cable)とは、不平衡な電気信号を伝送するための被覆電線の一種であり、1880年に伝送線路の表皮効果に関する研究を行っていたイギリスの物理学者であるオリヴァー・ヘヴィサイドによって発明された。 テレビ受像機や無線機とアンテナとをつなぐ給電線用、計測機器の信号や音声信号、映像信号の伝送用、旧規格のLAN(MAP、10BASE2や10BASE5)など構内回線網の接続用、高周波信号の伝送を中心とした機器内部の配線用などと幅広く用いられている。 外部への電磁波の漏れが少ないこと、ある程度の柔軟性があることなどが特徴である。直流からミリ波まで幅広い周波数範囲の伝送ができる。 また直流を伝送可能なこと、電磁波の漏れが少ないことを利用して、ベースバンドパルスの伝送を行うこともできる。 同軸ケーブルのコネクタには、使用する周波数帯やインピーダンス特性により、BNC型・N型・M型・F型などいくつかのタイプがある(コネクタ#同軸コネクタを参照)。 (Wikipedia:セミリジッドケーブル)


セミ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第5位  日本経済団体連合会 - 2018年10月12日


関連するイメージは見つかりませんでした



日本経済団体連合会
一般社団法人日本経済団体連合会(にっぽんけいざいだんたいれんごうかい、英語: Japan Business Federation)とは、日本の東証第一部上場企業を中心に構成される団体。日本商工会議所、経済同友会と並ぶ「経済三団体」の一つである。以前は経済産業省所管の社団法人であったが、公益法人制度改革に伴い一般社団法人へ移行した。経団連会長は「財界総理」とも呼ばれる。特定の政党との癒着がアメリカの経済学者たちにより指摘されている。 組織概要 2002年5月28日、経済団体連合会(以下「経団連」。1946年8月16日発足)が日本経営者団体連盟(以下「日経連」。1948年4月12日発足)を統合して、発足した総合経済団体。 「企業の価値創造力強化、日本と世界の経済の発展の促進」を目的としている。経営者の意見の取りまとめ、政治・行政・労働組合・市民などとの対話、会員企業への憲章遵守の働きかけ、各国政府・経済団体や国際機関との対話をしている。 (Wikipedia:日本経済団体連合会)


日本経済団体連合会 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す