[PR]

日別キーワード

第1位  築地市場 - 2018年10月10日


関連するイメージは見つかりませんでした



築地市場
築地市場(つきじいちば、つきじしじょう)は、東京都中央区築地にある公設の卸売市場。東京都内に11か所ある東京都中央卸売市場のひとつだが、その規模は日本・世界最大(広さでは大田市場のほうが広いが、取引金額は大田市場より大きい)であり、代表的な卸売市場である。この項では外郭に存在する築地場外市場商店街(通称:場外、場外市場、築地場外、築地場外市場)についても記述する。なお、ニュース番組等で、しばしば築地市場の場所を指して「つきじしじょう」と呼ぶことがあるが、場所を指す場合は「しじょう」ではなく「いちば」である。 築地六丁目にある駐車場の一部を除き、築地市場の所在地は「東京都中央区築地五丁目2番1号」。 築地市場は、面積約23ヘクタール。この中で、7の卸売業者と約1000(うち水産約820)の仲卸業者によってせりが行われる。2005年の取扱数量は、全品目合計で約916,866トン(一日当たり水産物2,167トン、青果1,170トン)、金額にして約5657億円(一日当たり水産物1,768百万円、青果320百万円)になる。 (Wikipedia:築地市場)

築地市場駅
築地市場駅(つきじしじょうえき)は、東京都中央区築地五丁目にある、東京都交通局(都営地下鉄)大江戸線の駅。駅名併称は「朝日新聞社前」。駅番号はE 18。 2000年(平成12年)12月12日 - 都営地下鉄大江戸線全線開通時に開業。 2011年(平成23年)9月24日 - ホームドアが稼働開始。 駅構造 島式ホーム1面2線の地下駅。 のりば 利用状況 2014年度の1日平均乗降人員は27,365人(乗車人員 13,504人、降車人員 13,861人)である。 開業当初の乗車人員の見込みは、10,000人であった。 開業以来の1日平均乗降・乗車人員推移は下表のとおり。 駅周辺 駅名に示す通り築地市場に隣接しており、駅構内でも魚介類特有の匂いを感じる事がある。また、当駅開業後は築地市場を訪れる観光客が増えているが、特に歳末の時期には相当込み合う事がある。 築地駅(東京メトロ日比谷線) - 公式の乗換駅ではないが、至近にある。 (Wikipedia:築地市場駅)


築地市場 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

築地市場 - アマゾン検索


「築地市場」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す