[PR]

日別キーワード

第22位  四日市 - 2018年10月10日


関連するイメージは見つかりませんでした



四日市
『四日市市』より : 四日市(よっかいち) 四日の日に催される市場 日本の地名(多くが上記に由来) 四日市市 - 三重県の地方自治体 四日市 (田子町) - 青森県田子町四日市 四日市 (能代市) - 秋田県能代市四日市 四日市 (梁川町) - 福島県梁川町四日市 四日市 (村上市) - 新潟県村上市四日市 四日市 (高岡市) - 富山県高岡市四日市 四日市 (白山市) - 石川県白山市四日市 四日市 (犬山市) - 愛知県犬山市四日市 四日市 (米子市) - 鳥取県米子市四日市 四日市 (宇佐市) - 大分県宇佐市四日市 関連項目 八日市 八日市場 十日市。 (Wikipedia:四日市)

四日市市
四日市市(よっかいちし)は、三重県北部に位置する県北部の中心都市で、国から特例市と保健所政令市の指定を受けている。 三重県の県庁所在地津市を上回る、三重県下最大の人口を擁し、都市雇用圏は東海地方で名古屋市、浜松市、静岡市、岐阜市に次ぐ規模を有している。 四日市市は、中京工業地帯の代表的な工業都市である。近鉄名古屋線などが通ることから名古屋市への通勤・通学者がおり、日系ブラジル人が多く居住をする笹川団地(四郷地区)は市内南部にあり、名古屋のベッドタウン化している郊外の団地は昭和の大合併で編入された地域で、三重団地(三重地区)、桜台(桜地区)、三滝台(川島地区)、あかつき台(八郷地区)など、市内西部に位置する地域が多い。一方、三重県北勢地域の中心都市である為三重郡の各町、桑名市、鈴鹿市、亀山市など近隣の市町から当市へ通勤・通学する者も多く、昼夜間人口比率は100%を超えている。 2000年(平成12年)11月1日の制度運用開始とともに特例市に指定されている。2005年(平成17年)2月7日に隣接する三重郡楠町を平成の大合併による市町村合併で編入したことで人口が30万人を超えたため中核市移行を目指しているが、大矢知地区の産業廃棄物問題が解決しないため移行の目途が立っていない。 (Wikipedia:四日市市)

四日市駅
四日市駅(よっかいちえき)は、三重県四日市市本町にある、東海旅客鉄道(JR東海)・日本貨物鉄道(JR貨物)関西本線の駅である。 本項では伊勢電気鉄道(後の近鉄名古屋線)がかつて設置していた四日市駅についても記述する。 市名を冠する駅であるが、四日市市の代表駅の地位は当駅から2kmほど西側の近鉄四日市駅に譲り、利用者数も近鉄四日市駅と比べると8分の1程にしか満たない。市街地、繁華街も近鉄四日市駅を中心に形成され、当駅は工場群が立地する臨海部に位置している。 駅東方の四日市港まで日本貨物鉄道管轄の側線(通称:四日市港線)2.5kmが伸びている。途中の千歳運河には国の重要文化財であり、現役唯一の可動鉄道橋の末広橋梁がある。また、当駅より塩浜駅までは、関西本線貨物支線が伸びている。 当駅には関西本線の列車のほか、河原田駅を起点とする伊勢鉄道伊勢線の列車も乗り入れる。伊勢鉄道では駅番号を導入しており、起点の河原田駅を「3」としているため、当駅は事実上駅番号「1」である。 かつて、伊勢電気鉄道線(のち近鉄名古屋線)が国鉄駅に隣接して四日市駅を設置して接続駅としたが、1956年(昭和31年)の善光寺カーブを始めとする急曲線の解消、短絡を目的とした経路変更により廃止し、西側の諏訪駅近傍に近鉄四日市駅を建設した。 (Wikipedia:四日市駅)

四日市鉄道
『近鉄湯の山線』より : 湯の山線(ゆのやません)は、三重県四日市市の近鉄四日市駅から三重県三重郡菰野町の湯の山温泉駅までを結ぶ近畿日本鉄道(近鉄)の鉄道路線。 鈴鹿山脈の麓にある湯の山温泉や御在所山への観光路線であるが、かつての宿場など比較的住宅の密集した地域を結んでおり、また沿線には近鉄グループや三交グループによって開発された大規模団地や県立の高校が集まっているため、地域住民の通勤・通学などの生活路線としての役割も担う。 ローカル線の加算運賃が適用されている。湯の山線ではスルッとKANSAIカードおよびJスルーカードは利用できないが、2007年4月1日よりPiTaPaおよびICOCAの利用が可能となり(2013年3月23日にはTOICA、manacaなどとの全国相互利用サービスを開始)、各駅に簡易改札機を設置して対応していた。 (Wikipedia:四日市鉄道)

四日市西郵便局
名称=四日市西郵便局
正式名称=四日市西郵便局
愛称=
前身=東富田郵便取扱所富田郵便局、四日市北郵便局
局番号=22383
設置者=郵便局 (企業) 郵便局株式会社
郵便=四日市西支店(統括支店)
貯金=代理店
取扱店番号=
保険=代理店
所在地郵便番号=512-8799
所在地=三重県四日市市智積町6227
特記事項=ゆうゆう窓口は24時間営業ATMホリデーサービス実施
四日市西郵便局(よっかいちにしゆうびんきょく)は、三重県四日市市にある郵便局。郵政民営化 民営化前の分類では集配郵便局 集配普通郵便局であった。
住所:〒512-8799 三重県四日市市智積町6227
郵便事業四日市西支店 - 郵便番号の上2桁が51の地域(熊野市の一部・桑名郡木曽岬町を除く三重県)を受け持つ統括支店である。
(Wikipedia:四日市西郵便局)

四日市大学
四日市大学(よっかいちだいがく、英語: Yokkaichi University)は、三重県四日市市萱生町1200番地に本部を置く日本の私立大学である。1988年に設置された。 学校法人暁学園と四日市市の公私協力によって設立された。2007年には四日市市が設立する四日市看護医療大学が敷地内に開学した(運営は暁学園が行う)。 四日市市が大学設立などに協力した関係で、入学式などには四日市市長が出席する。 入学式・卒業式は環境情報学部が設立された1997年(平成9年)より四日市都ホテルで行われることが多い。 大学設立には上記に述べた四日市市の他、四日市青年会議所も設立に関わった。この事から、就職受け入れ先の企業には四日市市内・周辺の企業が多い。 沿革 1988年(昭和63年) - 開学と共に経済学部(経済学科・経営学科)が設置される。初代学長に城島國弘が就任をする。 1997年(平成 9年) - 環境情報学部が(環境情報学科)設置される。 1999年(平成11年) - 2代目学長に宗村南男理事長が兼任。 (Wikipedia:四日市大学)

四日市港
四日市港(よっかいちこう)は、三重県四日市市にある港湾である。港湾管理者は三重県、四日市市が設立する特別地方公共団体(一部事務組合)の四日市港管理組合。貨物取扱量は日本国内13位(2002年度)。
港湾法上の特定重要港湾、港則法上の特定港に指定されている。
2004年7月、名古屋港と共に伊勢湾におけるスーパー中枢港湾に指定された。
伊勢湾北西部に位置する。四日市コンビナートが隣接するなど工業港としての性格が強いが、中部国際空港、名古屋港ガーデン埠頭(土日祝のみ)への旅客船も運航されており、三重県から中部国際空港への重要なアクセスとなっている。
総取扱貨物量(2004年)
内国貿易:2074万t
国際貿易:4156万t
総取扱貨物量(2004年)
(Wikipedia:四日市港)

四日市市営霞ヶ浦第一野球場
スタジアム名称 四日市市霞ヶ浦第一球場
愛称 Yokkaichi Kasumigaura Baseball Stadium
所在地 三重県四日市市大字羽津甲5169(霞ヶ浦緑地公園内)
開場 1985年4月
所有者 四日市市
管理・運用者 四日市市体育協会・四日市市シルバー人材センターグループ(指定管理者)
グラウンド
内野:クレー舗装、外野:芝 天然芝
照明 照明塔 - 6基最大照度:内野975Lx     外野520Lx 
設計者
使用チーム、大会 全国高等学校野球選手権三重大会ほか
収容能力 10,181人
規模 グラウンド面積:12354.9m²両翼 - 91.5 m 中堅 - 116 m
フェンスの高さ
四日市市霞ヶ浦第一野球場(よっかいちし・かすみがうら・だいいちやきゅうじょう)は、三重県四日市市の霞ヶ浦緑地公園内にある野球場。施設は四日市市が所有し、四日市市体育協会・四日市市シルバー人材センターグループが指定管理者として運営管理を行っている。
(Wikipedia:四日市市営霞ヶ浦第一野球場)

四日市ボウル
四日市ボウル(よっかいちボウル)は、1997年から毎年12月に四日市ドームにて、東海学生アメリカンフットボール連盟に所属する全てのチームが学校別に2チームのオールスターチームを結成し、それぞれ、中四国学生アメリカンフットボール連盟のオールスターチームと、北陸学生アメリカンフットボール連盟の2チームと対戦するボウルゲームである。 四日市ボウルの開催時期は12月の第3土曜日(甲子園ボウルの前日にあたる)に四日市ドームで開催される。東海連盟に所属するチームは順位により、学校別に2チームに振り分けられる。東海連盟の合同チームの愛称は東海連盟の1位、2位チームの愛称がそのまま採用される。また、北陸学生連盟のオールスターにはブラックバッツという愛称が、中四国連盟のオールスターチームにはファイティングオクトパスという愛称が採用されている。出場資格は4年生のみのバーシティーボウルとは違い、1年生でも出場資格がある 2005年の結果 2005年12月17日四日市ドームにて 第一試合 東海学生クルセイダース対中四国学生ファイティングオクトパス 試合開始時刻 11時30分 試合終了時刻 14時05分 最優秀選手 南山大学4年RB 大野 信二 最優秀オフェンス賞 南山大学4年QB 菅本 祐 最優秀ディフェンス賞 山口大学3年 DB 新村 高志  敢闘選手賞 愛媛大学3年 QB 山内 佑太  第二試合 東海学生パンサーズ対北陸学生ブラックバッツ 試合開始時刻 14時45分 試合終了時刻 17時15分 最優秀選手賞 名城大学RB4年 竹内 翔  最優秀オフェンス賞 中京大学RB4年 鈴木 巨起  最優秀ディフェンス賞 富山大学LB2年 沓澤 慧 敢闘選手 金沢工業大学DB3年 乾 聡史 脚注 関連項目 アメリカンフットボール。 (Wikipedia:四日市ボウル)

四日市ぜんそく
四日市ぜんそく(よっかいちぜんそく)は、三重県四日市市(塩浜地区を中心とする四日市市南部地域・四日市市中部地域)と、南側に隣接する三重郡楠町(現:四日市市)で、高度経済成長期の1960年(昭和35年)から1972年(昭和47年)にかけて政治問題化した四日市コンビナートから発生した大気汚染による集団喘息障害である。四大公害病の一つ。漢字では、四日市喘息と表記する。水質汚染を含めた環境問題としては、四日市公害と呼ばれている。四日市公害が発生した当時は別名では塩浜ぜんそく(四日市市内で使用された名称)の名称や、大気汚染が原因で発生した健康影響事件として四日市のぜんそく事件(国会内で使用された名称)の名称で呼ばれていた。 1960年代に入り、四日市コンビナート(第1コンビナートの工場群)に隣接する四日市市南部の塩浜地区で急激に喘息患者が急増して、鈴鹿川沿いの漁村で漁民の多い磯津地区は特に重症患者が多くて「塩浜ゼンソク」や「四日市ゼンソク」と呼ばれた。 (Wikipedia:四日市ぜんそく)

四日市喘息
『四日市ぜんそく』より : 四日市ぜんそく(よっかいちぜんそく)は、三重県四日市市(塩浜地区を中心とする四日市市南部地域・四日市市中部地域)と、南側に隣接する三重郡楠町(現:四日市市)で、高度経済成長期の1960年(昭和35年)から1972年(昭和47年)にかけて政治問題化した四日市コンビナートから発生した大気汚染による集団喘息障害である。四大公害病の一つ。漢字では、四日市喘息と表記する。水質汚染を含めた環境問題としては、四日市公害と呼ばれている。四日市公害が発生した当時は別名では塩浜ぜんそく(四日市市内で使用された名称)の名称や、大気汚染が原因で発生した健康影響事件として四日市のぜんそく事件(国会内で使用された名称)の名称で呼ばれていた。 1960年代に入り、四日市コンビナート(第1コンビナートの工場群)に隣接する四日市市南部の塩浜地区で急激に喘息患者が急増して、鈴鹿川沿いの漁村で漁民の多い磯津地区は特に重症患者が多くて「塩浜ゼンソク」や「四日市ゼンソク」と呼ばれた。 (Wikipedia:四日市喘息)

四日市喘息訴訟
『四日市ぜんそく』より : 四日市ぜんそく(よっかいちぜんそく)は、三重県四日市市(塩浜地区を中心とする四日市市南部地域・四日市市中部地域)と、南側に隣接する三重郡楠町(現:四日市市)で、高度経済成長期の1960年(昭和35年)から1972年(昭和47年)にかけて政治問題化した四日市コンビナートから発生した大気汚染による集団喘息障害である。四大公害病の一つ。漢字では、四日市喘息と表記する。水質汚染を含めた環境問題としては、四日市公害と呼ばれている。四日市公害が発生した当時は別名では塩浜ぜんそく(四日市市内で使用された名称)の名称や、大気汚染が原因で発生した健康影響事件として四日市のぜんそく事件(国会内で使用された名称)の名称で呼ばれていた。 1960年代に入り、四日市コンビナート(第1コンビナートの工場群)に隣接する四日市市南部の塩浜地区で急激に喘息患者が急増して、鈴鹿川沿いの漁村で漁民の多い磯津地区は特に重症患者が多くて「塩浜ゼンソク」や「四日市ゼンソク」と呼ばれた。 (Wikipedia:四日市喘息訴訟)

四日市大学短期大学部
四日市大学短期大学部(よっかいちだいがくたんきだいがくぶ、英語: Yokkaichi University Junior College)は、三重県四日市市萱生町城山238に本部を置いていた日本の私立大学である。1950年に設置された。学生募集は2000年度まで。2001年度より四日市大学は学部を新設し、それにともない短期大学は学生募集を停止し、2002年7月30日廃止。 大学全体 四日市大学短期大学部は学校法人暁学園により運営されていた日本の私立短期大学。1950年(昭和25年)に暁学園短期大学として設置された。当初は家政科のみの単科短大だったが、順次学科が増設され最終的には3学科まで発展した。修業年限は幼児教育学科Ⅱ部で夜間部3年制、それ以外は昼間部2年制となっていた。 建学の精神(校訓・理念・学是) 四日市大学短期大学部の学是は「人間たれ」となっている。これは、人間教育の始めから終わりまでを貫くものであり「愛は最高なり」に通じるものであると初代学長であった五嶋孝吉が唱えたものとなっている。 (Wikipedia:四日市大学短期大学部)

四日市ジャスコ誤認逮捕死亡事件
四日市ジャスコ誤認逮捕死亡事件(よっかいちジャスコごにんたいほしぼうじけん)は、2004年(平成16年)2月17日に三重県四日市市で発生した誤認逮捕および誤認逮捕された男性が死亡した事件。2011年(平成23年)2月17日午前0時に窃盗未遂事件としては公訴時効が成立し、未解決事件となった。 事件内容 四日市市のジャスコ四日市尾平店(現:イオン四日市尾平店)にあるATMコーナーで、子ども連れの若い女に泥棒扱いされた無実の68歳の男性が、店員や買い物客ら3人に取り押さえられ、居合わせた四日市南警察署の警察官の拘束後に死亡した。 男性の死因は「高度のストレスによる高血圧性心不全と不整脈」と発表されたが、この「ストレス」は逮捕・制圧の際の精神的・肉体的苦痛によるものと推測される。 店員や買い物客が男性を制圧している隙に女は逃走しており、三重県警察は虚偽告訴罪の被疑者として捜査を続け翌年2005年には現場の監視カメラに映っている画像を公開した。 (Wikipedia:四日市ジャスコ誤認逮捕死亡事件)

四日市東インターチェンジ
四日市東インターチェンジ(よっかいちひがしインターチェンジ)は、三重県四日市市にある、東名阪自動車道のインターチェンジである。 道路 東名阪自動車道(30番) 接続する道路 三重県道64号上海老茂福線(通称:富田山城道路) 料金所 ブース数:6  入口 ブース数:2 ETC専用:1 ETC・一般:1 出口 ブース数:4 ETC専用:1  ETC・一般:1 一般:2 周辺 四日市大学 東芝 四日市工場 四日市港 霞ヶ浦地区(四日市第3コンビナート) 三岐鉄道三岐線 暁学園前駅 ヤマト運輸 三重主管支店(その他の物流ターミナルも立地) 垂坂公園・羽津山緑地 伊坂ダム 山村ダム 隣 東名阪自動車道 (29-1) 四日市JCT - (30) 四日市東IC - 御在所SA - (31) 四日市IC 関連項目 日本のインターチェンジ一覧 中日本高速道路 外部リンク 中日本高速道路株式会社 三重県四日市市ホームページ。 (Wikipedia:四日市東インターチェンジ)

四日市インターチェンジ (三重県)
四日市インターチェンジ(よっかいちインターチェンジ)は、三重県四日市市にある、東名阪自動車道のインターチェンジである。 道路 東名阪自動車道(31番) 接続する道路 国道477号 料金所 ブース数:6  入口 ブース数:2 ETC専用:1 一般:1 出口 ブース数:4 ETC専用:1  ETC・一般:1 一般:2 周辺 湯の山温泉 御在所岳・御在所ロープウエイ ヤマト運輸 三重主管支店 四日市西郵便局 西勝寺と智積養水(名水百選):山門前に流れる用水路に鯉が泳ぐくらい水がきれいだと言う 三重県立四日市西高等学校 近畿日本鉄道(近鉄)湯の山線 桜駅 隣 東名阪自動車道 (30) 四日市東IC - 御在所SA - (31) 四日市IC - (32) 鈴鹿IC 関連項目 日本のインターチェンジ一覧 中日本高速道路 外部リンク 中日本高速道路株式会社 三重県四日市市ホームページ。 (Wikipedia:四日市インターチェンジ (三重県))

四日市浜園旅客ターミナル
四日市浜園旅客ターミナル(よっかいちはまぞのりょかくターミナル)は、三重県四日市市浜園にあった高速旅客船ターミナルである。 2006年4月1日、中部国際空港(セントレア)への航路の運航を開始した。 ターミナルには高潮対策も施され、災害時には緊急物資輸送や市民の交通機関、四日市市の防災基地としても利用される予定であったが、2011年4月、所有者である四日市市において取り壊しの予算が成立したのち、ターミナルおよび桟橋など付帯施設のすべてが取り壊された。 沿革 2006年4月1日 : 旅客ターミナルが開業。セラヴィ観光汽船により、中部国際空港への航路が開設される。 2006年9月2日 : セラヴィ観光汽船により、名古屋港ガーデン埠頭への航路が開設される。 2008年4月 : 経営破綻したセラヴィ観光汽船から、YALが中部国際空港航路の事業を承継する。 2008年7月4日 : YAL社長(当時)が贈賄で逮捕されたことに伴い、四日市市からの燃料費補助が凍結される。 (Wikipedia:四日市浜園旅客ターミナル)

四日市南警察署
四日市南警察署(よっかいちみなみけいさつしょ)は、三重県警察が管轄する警察署の一つである。 所在地 三重県四日市市新正5丁目5-5 管轄区域 四日市市中部・南部(中部地区・橋北地区・常盤地区・塩浜地区・日永地区・内部地区・河原田地区・四郷地区・神前地区・川島地区・小山田地区・楠地区(旧三重郡楠町)) 沿革 1948年(昭和23年)3月:警察法施行により、三重県警察部の四日市警察署を廃止し、国家地方警察三重地区警察署と自治体警察の四日市市警察四日市警察署が発足。 1954年(昭和29年)7月:三重地区警察署と四日市市警察を廃止、三重県警察の四日市警察署が発足。 1966年(昭和41年)4月:三重県警察の機構改革で四日市南警察署と改称される 2005年(平成17年)2月7日:三重郡楠町が四日市市に編入されたため、管轄区域市町村数が、1市1町から、1市のみになった。 (Wikipedia:四日市南警察署)

四日市競輪場
四日市競輪場(よっかいちけいりんじょう)は三重県四日市市にある競輪場。施設所有および主催は四日市市。競技実施はJKA競輪競技実施事業本部中日本地区本部。電話投票の競輪場コードは48#。実況は立野純が担当している。 当初は近隣一帯を開発した霞ヶ浦土地株式会社が1929年に霞ヶ浦競馬場を開設していたが、1952年に競輪場として改装し開設したことから、当初からの場名は霞ヶ浦競輪場(かすみがうらけいりんじょう)となっており、「四日市競輪」は開催自体の通称として用いられていたが、その後1976年より四日市市が施設を所有するようになったこともあり、1994年4月から正式な場名となった。過去には2003年にふるさとダービー、2008年、2012年にサマーナイトフェスティバルが開催されている。今後は2018年2月9日から12日まで全日本選抜競輪が開催されることになり、四日市で初めてGI競走の開催が決定した。 記念競輪(GIII)として『泗水杯争奪戦』が開催されており、かつては毎年4月に開催されていたが、ここ数年は毎年開催時期が移動している。 (Wikipedia:四日市競輪場)

四日市インターチェンジ (大分県)
インターチェンジ名=四日市インターチェンジ
道路名=宇佐別府道路・宇佐道路
番号=9-1
標識=四日市
起点=山下交差点
距離=x
通行台数=x台/日
郵便番号=879-0471
住所=大分県宇佐市四日市
四日市インターチェンジ(よっかいちインターチェンジ)は、大分県宇佐市四日市にある宇佐道路のインターチェンジである。
1993年3月x日:開通。
大分県道44号宇佐本耶馬溪線
宇佐道路は無料である為、料金所は無し。
出口:四日市
番号:(9-1)
宇佐市 宇佐市役所
宇佐神宮
大乗院
(Wikipedia:四日市インターチェンジ (大分県))


四日市 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

四日市 - アマゾン検索


「四日市」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す