[PR]

日別キーワード

第29位  流動性 - 2018年10月10日


関連するイメージは見つかりませんでした



流動性
流動性(りゅうどうせい)は、一般にモノが流れ動く容易さを表す概念。ここで言うモノとは物質に限らず観念的なものも含む。 流動性 (経済学):資産交換の容易さを表す性質。貨幣と同義でもある。 流体の流れ易さ。一般に粘度の逆数として数値化される。 流動性 (合成樹脂):溶融時の合成樹脂の性質のひとつ。 (Wikipedia:流動性)

流動性選好説
流動性選好説(りゅうどうせいせんこうせつ、英: Liquidity preference theory)とは、利子は貨幣の流動性を犠牲にすることの対価であるために、貨幣需要量(投機的需要)は利子率の減少関数であるという経済学における仮説である。ジョン・メイナード・ケインズによって、主著『雇用・利子および貨幣の一般理論』で提唱された。 原理 ケインズ経済学では貨幣需要として、取引需要(kPY = マーシャルのk × 名目GDP )に加えて投機的需要(または資産需要)を考える。 このうち取引需要は国民所得の増加関数である。すなわち国民所得が増加すると貨幣需要も増大する。 これに対して投機的需要は、利子率の減少関数である。これは利子率が下落(債券価格が上昇)するほど投機的需要が増大することを意味している。 所得を消費せず節約して貯蓄しても、現金のままで保有していれば利子はつかない。それでも現金で保有することがあるのは、現金が債券よりも高い流動性を持つからである(流動性選好)。しかし他方では、その現金を手放して貸し付けること(債券の購入)によって利子を得ることができる。 (Wikipedia:流動性選好説)

流動性 (経済学)
例えば、貨幣と商品を交換するのは容易だが、トマトを他の商品と直に交換しようとすると、破損や腐敗などのリスクや運搬のコスト、交換相手を探す手間などが余計にかかってしまう。このような資産と資産を交換する行動において、資本#近代経済学における資本 資本が損失する度合いを指して、損失の少ないものを「流動性が高い」、多いものを「流動性が低い」と定義している。これらは、資産の価値がどの程度確実性を保持しているか、資産がどの程度の規模の市場を形成しているかに依存する。
貨幣に代表される金融資産は流動性が極めて高いため、経済学において流動性とは通貨(一般にはM2+CD)を指す。ここから、資産によって現金化するために要する手間や時間に生じる差を流動性打歩(りゅうどうせいうちぶ)と言う。 証券化は不動産などの流動性をある程度高める手法の一つである。
(Wikipedia:流動性 (経済学))

流動性の罠
流動性の罠(りゅうどうせいのわな、英: Liquidity trap)とは、金融緩和により利子率が一定水準以下に低下した場合、投機的動機に基づく貨幣需要が無限大となり、通常の金融政策が効力を失うこと。 景気後退に際して、金融緩和を行うと利子率が低下することで民間投資や消費が増加する。しかし、投資の利子率弾力性が低下すると金融緩和の効果が低下する。そのときに利子率を下げ続け、一定水準以下になると、流動性の罠が発生する。 利子率(名目金利)は0以下にならないため、この時点ではすでに通常の金利政策は限界に達している。金利が著しく低いため、債券の代わりに貨幣で保有することのコストがゼロとなり、投機的動機に基づく貨幣需要が貨幣供給に応じて無限に増大する。 解説 流動性の罠とは、ケインズ経済学を解釈した経済学者のジョン・ヒックスが発案したものであり、金利水準が異常に低いときは、貨幣と債券がほぼ完全代替となってしまうため、いくら金融緩和を行っても、景気刺激策にならないという状況を指す。 (Wikipedia:流動性の罠)


流動性 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

流動性 - アマゾン検索


「流動性」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す