[PR]

日別キーワード

第53位  さんぴん茶 - 2018年10月10日


関連するイメージは見つかりませんでした



さんぴん茶
『ジャスミン茶』より : ジャスミン茶(ジャスミンちゃ、英語: jasmine tea)、中国語では茉莉花茶(モーリーホアチャー、拼音: mòlìhuāchá)」または香片茶(シャンピェンチャー、拼音: xiāngpiànchá)とは、中国茶のひとつ。 いわゆる六大茶とは別の花茶(フワチャー、拼音: huāchá)に分類され、ジャスミン茶はその代表的なものといえる。花茶を含めて中国茶を七大茶と分類する場合もある。フレーバーティーの一種。 茶葉にモクセイ科ソケイ属のマツリカ(茉莉花、アラビアジャスミン)の花の香りを吸着させたもので、もっとも有名な花茶である。強い花の香りを持つが茶の味を妨げることはない。一般的には緑茶が用いられるが高級品には上質な白茶や烏龍茶が用いられる。 もともとは品質の落ちた茶葉を無駄にせず美味しく飲む為にマツリカの花の香りを吸着させて飲んだのが始まりと言われており、中国でもよく飲まれるお茶のひとつとして挙げられる。 (Wikipedia:さんぴん茶)


さんぴん茶 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

さんぴん茶 - アマゾン検索


「さんぴん茶」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す