[PR]

日別キーワード

第62位  オープンソース - 2018年10月10日


関連するイメージは見つかりませんでした



オープンソース
オープンソース (open source) とは、言葉通りにはソースコードを公開することと理解できる。Open Source Initiative は,「オープンソース」と名乗るための要件を定義している(後述)。 History of the OSIによれば、1998年2月3日に、パロアルトにおいて、Netscapeブラウザのソースコードをどのような形で公開していくかという戦略会議の中でつけられた新たな用語であると説明している。またオープンソースに関する本 "Open Sources: Voices from the Open Source Revolution" にも、マーケット向けのプロモーション用語として使う新しい言葉“オープンソース”を作り出したとある。 定義 Open Source Initiative (OSI) は、オープンソース・ライセンスの要件として、以下のような定義 "The Open Source Definition(OSD)" を掲げている。 (Wikipedia:オープンソース)

オープンソース・ソフトウェア
『オープンソース』より : オープンソースソフトウェア(英: Open-source software, 略称: OSS)とは、ソースコードが利用可能で、著作権保持者がどんな目的のためでもソフトウェアを、学習、変更、そして配布するための権利を提供するというライセンスに基づいたソフトウェアである。オープンソースソフトウェアは何れも共同で開発されている。オープンソースソフトウェアは最も著名なオープンソース開発の例であり、しばし(技術的に定義される)消費者生成メディアや(法的に定義される)オープンコンテント運動と比較される。 (2008年からの)Standish Groupの報告によると、オープンソースソフトウェアモデルの採用は消費者にとって1年につき約60ドルの節約になることが示されている。 定義 Open Source Initiativeの定義は、標準や「デファクト」の定義として広く認知されている。エリックS.レイモンドとブルース・ペレンズは1998年2月に組織を設立した。問題からの証拠の約20年、既にインターネットで提供されているクローズドとオープン開発の歴史を持ちながら、OSI{Open Source Initiative}は営利的なビジネスに「オープンソース」問題を提供している。 (Wikipedia:オープンソース・ソフトウェア)

オープンソースソフトウェア
『オープンソース』より : オープンソースソフトウェア(英: Open-source software, 略称: OSS)とは、ソースコードが利用可能で、著作権保持者がどんな目的のためでもソフトウェアを、学習、変更、そして配布するための権利を提供するというライセンスに基づいたソフトウェアである。オープンソースソフトウェアは何れも共同で開発されている。オープンソースソフトウェアは最も著名なオープンソース開発の例であり、しばし(技術的に定義される)消費者生成メディアや(法的に定義される)オープンコンテント運動と比較される。 (2008年からの)Standish Groupの報告によると、オープンソースソフトウェアモデルの採用は消費者にとって1年につき約60ドルの節約になることが示されている。 定義 Open Source Initiativeの定義は、標準や「デファクト」の定義として広く認知されている。エリックS.レイモンドとブルース・ペレンズは1998年2月に組織を設立した。問題からの証拠の約20年、既にインターネットで提供されているクローズドとオープン開発の歴史を持ちながら、OSI{Open Source Initiative}は営利的なビジネスに「オープンソース」問題を提供している。 (Wikipedia:オープンソースソフトウェア)

オープンソースソフトウェア活用基盤整備事業
オープンソースソフトウェア活用基盤整備事業(-かつようきばんせいびじぎょう)とは、情報処理推進機構 IPAが2003年度から実施している支援事業の一つであり、オープンソースソフトウェア活用のすそ野を広げるための基盤整備を目的としたもの。支援を受けて開発されたソフトウェアもオープンソースソフトウェアであることがポイントの一つになっている。現在は、IPA内に設置されたオープンソースソフトウェア・センター(OSSC)が中心となり、事業を行っている。
オープンソース
情報処理推進機構
(Wikipedia:オープンソースソフトウェア活用基盤整備事業)

オープンソース・インテリジェンス
オープン・ソース・インテリジェンス(英: open-source intelligence)は諜報活動の分野のひとつで、他のHUMINT(ヒューミント)やSIGINT(シギント)と呼ばれる分野が主として「秘密の情報をなんとかして得る」ことを旨とするのに対し、公然に公開される情報を情報源とすることが特徴である。OSINT(オシント)と略す。 「合法的に入手できる資料」を「合法的に調べ突き合わせる」手法で、情報源は政府の公式発表(プレスリリース)、マスメディアによる報道、インターネット、書籍、電話帳、科学誌その他を含む。具体的には、対象国の方針を割り出すために、対象国の新聞社交欄、ニュースの断片、人事の異動発令などを丹念に集積し、分析するといった手法である。 細かいデータを少しずつ集めて分析するだけでも、相当な精度の情報が得られることがある。媒体入手・分析は、駐在国大使館で行なわれることが多い。ラジオ放送は自国領内で受信する。 日本での事例 内閣情報調査室 公安調査庁 ラヂオプレス 警備局 情報本部 陸上自衛隊小平学校 中央情報隊かつて存在した機関 東亜研究所 イギリスでの事例 BBCモニタリング 参考文献 福好昌治著「日本人が主力のOSINT部隊がキャンプ座間にあった! 米太平洋陸軍:知られざる「情報部隊」の全貌」(『ワールド・インテリジェンス』5、2007年) 外部リンク 【FACTA】2007年10月号「ネット空間に「アルカイダ追捕使」」 【Wired】2008年02月19日付ニュースを「インテリジェンス」に変えるツール 関連項目 諜報活動 情報機関 ラヂオプレス メディアモニタリング。 (Wikipedia:オープンソース・インテリジェンス)

オープンソース・イニシアティブ
『Open Source Initiative』より : Open Source Initiative(オープンソース・イニシアティブ)は、オープンソースソフトウェアを促進することを目的とする組織である。 1998年2月にブルース・ペレンズとエリック・レイモンドにより設立される。その当時、ネットスケープコミュニケーションズが利幅の減少とマイクロソフトのInternet Explorerとの競争により、旗艦製品であったNetscape Communicatorのソースコードをフリーソフトウェアとして公開したことが背景にある。 レイモンドは設立当時から2005年2月まで組織の代表であった。ラス・ネルソンが代表職を引き継いだが、争論を経て1か月で辞職することになり、その後マイケル・ティーマンが暫定的に代表となった。 また、「オープンソース・イニシアティブ」というフレーズはOW2 Consortiumにより、オープンソースのプロジェクトから市場を意識した努力を区別するのにも使われている。 (Wikipedia:オープンソース・イニシアティブ)


オープンソース - 関連ブログ

データが取得できませんでした

オープンソース - アマゾン検索


「オープンソース」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す