[PR]

日別キーワード

第64位  クエン酸 - 2018年10月10日


関連するイメージは見つかりませんでした



クエン酸
クエン酸(クエンさん、citric acid)は、示性式 C(OH)(CH2COOH)2COOH で、柑橘類などに含まれる有機化合物で、ヒドロキシ酸のひとつである。 漢字では「枸櫞酸」と記される。枸櫞とは漢名でマルブシュカン(シトロン)を指す。レモンをはじめ柑橘類に多く含まれていることからこの名がついた。柑橘類の酸味の原因はクエン酸の味に因るものが多い。また、梅干しにも多量に含まれている。 性質 化学式C6H8O7、分子量は192.125。CAS登録番号は[77-92-9](無水物)、[5949-29-1](一水和物)。カルボキシル基を3個有する弱酸で、爽やかな酸味を持つことから食品添加物として多用される。IUPAC名は2-hydroxypropane-1,2,3-tricarboxylic acid 水溶液は弱酸性(pKa = 2.87)を呈する。常温で無色あるいは白色の固体であり、無水物と一水和物の結晶がある。両者とも揮発性は無く無臭である。一水和物は加熱すると100 °Cで融解し、130 °Cに保つと融点153 °Cの無水物となる。 (Wikipedia:クエン酸)

クエン酸回路
クエン酸回路(クエンさんかいろ)とは好気的代謝に関する最も重要な生化学反応回路であり、酸素呼吸を行う生物全般に見られる。1937年にドイツの化学者ハンス・クレブスが発見した(この功績により1953年にノーベル生理学・医学賞を受賞)。解糖や脂肪酸のβ酸化によって生成するアセチルCoAがこの回路に組み込まれ、酸化されることによって、ATPや電子伝達系で用いられるNADHなどが生じ、効率の良いエネルギー生産を可能にしている。またアミノ酸などの生合成に係る物質を生産するという役割もある。 クエン酸回路の呼称は高等学校の生物学でよく適用されているが、大学以降ではTCA回路、TCAサイクル (tricarboxylic acid cycle) と呼ばれる場合が多い。一般的には「クエン酸回路」の名称がよく浸透している。その他に、トリカルボン酸回路、クレブス回路 (Krebs cycle) などと呼ばれる場合もある。 反応系 クエン酸回路はアセチルCoAが反応系に組み込まれることで始まる。 それに先立って、解糖系で生成したピルビン酸は以下の式でアセチルCoAとなる。 (Wikipedia:クエン酸回路)

クエン酸シルデナフィル
シルデナフィル (sildenafil) は、勃起不全 (ED) 、および肺動脈性肺高血圧症の治療薬である。ED先発薬としてはファイザーのバイアグラ (Viagra) という名称(商標)が、肺動脈性高血圧症の治療薬としてはレバチオ(Revatio)という名称が用いられている他、先発薬の特許切れにより、各製薬会社から後発医薬品も存在する。投与はいずれもクエン酸塩の形態で経口にて行われる。 夢の勃起不全治療薬「バイアグラ」として、1990年代末から2000年代にかけて、世界的なセンセーションを巻き起こし、副作用による死者、違法な販売、偽物が出回るなど社会問題にもなった。日本では、2014年(平成26年)5月に、バイアグラとしての成分特許が切れたことから、それ以降は合法的な後発医薬品(ジェネリック)が発売・流通されている。ただし国内での入手には、医師の処方箋が必要な『処方箋医薬品』である。 開発史 もともとシルデナフィルは1990年代前半、狭心症の治療薬として研究・開発が始まった。 (Wikipedia:クエン酸シルデナフィル)

クエン酸リチウム
『リチウム塩』より : クエン酸リチウム(クエンさんリチウム、英: Lithium citrate)はリチウムのクエン酸塩で、化学式はLi3C6H5O7と表される。気分安定薬として、精神科治療において躁状態や双極性障害に使用される。医学的側面についてはリチウム塩に詳しい。 1920年代から1950年代に成分変更されるまで、炭酸飲料のセブンアップに添加されていた。 脚注 ==。 (Wikipedia:クエン酸リチウム)

クエン酸フェンタニル
『フェンタニル』より : フェンタニル (Fentanyl) とは、主に麻酔や鎮痛、疼痛緩和の目的で利用される合成オピオイドである。1996年のWHO方式がん疼痛治療法の3段階中の3段階目で用いられる強オピオイドである。 麻薬及び向精神薬取締法における麻薬である。狭義の麻薬である。 剤型 フェンタニルの注射剤は麻酔、鎮痛に使われ、パッチ剤は癌性疼痛に使われる。特に経口モルヒネが使えない患者に有用である。パッチ剤は商品名デュロテップMTパッチ、フェントステープがある。 薬理 フェンタニルの効果はモルヒネの100–200倍と言われ、モルヒネをはじめとするその他のオピオイド性鎮痛薬と同様、循環器系にあまり影響はないが、呼吸抑制は強く、臨床使用量でも多くの場合、呼吸補助を必要とする。大量投与でない限り、意識レベルには影響しない。使用後に嘔気(はきけ)を訴えることがある。 排泄半減期は3.6時間と長いが急速に脂肪組織などへ移行するため、血漿中からは投与後60分以内に98%が消失する。 (Wikipedia:クエン酸フェンタニル)

クエン酸サイクル
『』より : (Wikipedia:クエン酸サイクル)


クエン酸 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

クエン酸 - アマゾン検索


「クエン酸」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す