[PR]

日別キーワード

第72位  ハドロン - 2018年10月10日


関連するイメージは見つかりませんでした



ハドロン
ハドロン (英: hadron) は、素粒子標準模型において強い相互作用で結びついた複合粒子のグループである。 強粒子とも訳されるが、現代では素粒子物理学者がこの和名で呼ぶことはほとんどない。 この名称は、ギリシャ語の「強い」の意のἁδρόςに由来し、1962年にレフ・オクンによって付けられた。 性質 強い相互作用の基本理論である量子色力学 (QCD) では、ハドロンはクォーク(と反クォーク)とグルーオンによって構成される。 クォーク模型に従って、ハドロンの性質は主に価クォークによって決定される。例えば、陽子は2つのアップクォーク(電荷 + 2/3)および一つのダウンクォーク(電荷 − 1/3)によって構成される。これらを足し合わせると陽子の電荷 +1 が算出される。クォークは色荷(カラー)も持つが、クォークの閉じ込めという現象のためハドロン全体としては色荷が0となる必要がある。すなわち、ハドロンは"無色"または"白"となる。最も簡単にこれを実現するには、3つそれぞれが色の異なるクォークを合成するか、あるカラーのクォークと対応する反カラーの反クォークを合成すればよい。 (Wikipedia:ハドロン)


ハドロン - 関連ブログ

データが取得できませんでした

ハドロン - アマゾン検索


「ハドロン」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す