[PR]

日別キーワード

第83位  安田顕 - 2018年10月10日


関連するイメージは見つかりませんでした



安田顕
安田 顕(やすだ けん、1973年12月8日 - )は、日本の俳優、タレント。愛称は、ヤスケン。北海道室蘭市出身。CREATIVE OFFICE CUE(業務提携先はアミューズ)所属。 演劇ユニットTEAM NACS所属(サブリーダー)。2002年からは室蘭ふるさと親善大使。 兄は作曲家でラジオディレクターの安田史生。室蘭栄高校卒業後に北海学園大学に入学(経営学部卒業)。当初はジャズ研究会に入ったが、雰囲気が自分には合わずグリークラブ、ESSと転々とした後、学園祭の模擬店で楽しそうにしていた演劇研究会に入る。 その時に2学年先輩の森崎博之と出会う。演劇研究会の活動と並行して森崎の紹介 で鈴井貴之主宰の劇団OOPARTSに加わり、1998年の完全消滅まで所属する。 タレントデビュー後 1993年には、鈴井の経営する芸能プロダクション・CREATIVE OFFICE CUEに加入し、タレント活動を始める。 (Wikipedia:安田顕)

安田顕元
安田 顕元(やすだ あきもと)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。越後国上杉氏の家臣。越後国刈羽郡安田城主。 生涯 永禄年間ごろに父・景元の跡を継ぐ。同じ上杉家臣の安田長秀をはじめとする大見安田氏とは別氏族である、毛利安田氏(安田長秀#大見安田氏を参照)出身。 上杉謙信に仕え、川中島の戦いなどで功績を挙げ、信濃国の飯山城を任された。また、「顕」の字は謙信より拝領したものである。 天正6年(1578年)の上杉謙信死後、越後国内での後継者争いである御館の乱が勃発すると、顕元は誓紙を出して上杉景勝側に味方し、五十公野治長(後の新発田重家)や堀江宗親等の、当初は上杉景虎側についていた国人衆を調略して、景勝側に引き入れ、景勝の勝利に大いに貢献した。ところが乱の終結後の論功行賞において、恩賞のほとんどが景勝子飼いの上田衆に与えられることとなり、新発田ら国人衆はこれに猛反発する。 顕元は重家と景勝との仲裁に乗り出して両者の説得を試みたが上手くいかず、両者の板ばさみとなった。結局、顕元は責任を感じて、面目を保つために自害した。 刈羽安田氏の家督は顕元の弟、能元が継いだ。 (Wikipedia:安田顕元)


安田顕 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

安田顕 - アマゾン検索


「安田顕」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す