[PR]

日別キーワード

第88位  咽頭がん - 2018年10月10日


関連するイメージは見つかりませんでした



咽頭がん
喉頭癌(こうとうがん)とは、喉頭に発生する悪性腫瘍の総称。発症部位によって、声門上、声門、声門下の3つに分類される。発症頻度は、声門、声門上、声門下の順で低くなる。 疫学 リスクファクター喫煙が最も大きなリスクファクターである。またアルコール多飲者も高リスクである。罹患率男性の割合が多い。 病理 扁平上皮癌が多い。 喉頭癌前駆病変の組織学的分類 補足 2005年に、スウェーデンのマルメ大学で行われた研究は、ヒトパピローマウイルス(HPV)に感染した人間との、予防手段を用いないオーラルセックスは口腔癌のリスクを高めると示唆した。この研究によると、癌患者の36%がHPVに感染していたのに対し、健康な対照群では1%しか感染していなかった。 症状 嗄声(しゃがれ声) 喉頭違和感(のどの違和感) 嚥下困難(食べ物が飲み込みにくい) 通過障害(食べ物がのどにつっかえる) 喀血(咳をすると痰に血が混じる) 呼吸困難など 治療 手術 旧来より、根本的治療として喉頭摘出術+頚部リンパ節郭清が行われる。 (Wikipedia:咽頭がん)


咽頭がん - 関連ブログ

データが取得できませんでした

咽頭がん - アマゾン検索


「咽頭がん」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す