[PR]

日別キーワード

第1位  カップ - 2018年10月11日


関連するイメージは見つかりませんでした



カップ
カップ カップ 葛布 - 葛の繊維の布。 cup 杯 食器の一種。杯、コップを参照。 コーヒーカップ、ティーカップ、マグカップ、カップ麺など。 計量カップ 優勝者に贈られる杯状の記念品(トロフィー)。優勝杯。 また、それをかけた試合のこと(例:中央競馬のNHKマイルカップやサッカーのカップ戦など) カップ (タロット) - タロットの小アルカナにおける四大スートの一種。「チャリス」とも。 その他 ゴルフでボールを入れる穴のこと。ホール(hole)とも言う。 ブラジャーの乳房を覆う部分のこと。 また、その大きさで表される乳房(バスト)の大きさのこと。(例:Cカップ) 和集合を表す数学の記号(∪) Kapp ドイツ語圏の姓。 ヴォルフガング・カップ - ドイツの政治家。カップ一揆の首謀者。 アルトゥール・カップ - エストニアの作曲家。 エウゲン・カップ - エストニアの作曲家。アルトゥールの子。 ヴィレム・カップ - エストニアの作曲家。 (Wikipedia:カップ)

カップリング曲
『レコード』より : A面/B面(エーめん/ビーめん、A side/B side)とは、アナログレコードや両面1層方式DVDなど、両面ディスクでのそれぞれの面、またその収録楽曲を表す言葉である。 そこから転じて、CDのような片面ディスクでも、2曲収録のシングル盤の収録曲のそれぞれをA面/B面と呼ぶことがあるが、タイトル曲/カップリング曲(title track / coupling track)と呼ぶことも多い。以下では、A面曲/B面曲とタイトル曲/カップリング曲を同義語として扱う。 プロモーション上の目的で、1曲目がA面、2曲目がB面とはならない例外もある。 歴史と用語 アナログレコードでは、その両面に音楽などを記録することができる。この表面、裏面のことを通常それぞれA面、B面(ポリドールのレコードは1976年までD面、S面。ワーナー・パイオニアのレコード盤面には SIDE 1、SIDE 2 と印刷)と呼んでいた。 アナログレコードのシングル盤は、片面約5分のEPレコードの両面に1曲ずつ、計2曲収録されるのが普通だったため、それぞれの曲もA面(曲)/B面(曲)と呼んだ。 (Wikipedia:カップリング曲)

カップヌードル
カップヌードル (英語: Cup Noodle) とは、日清食品が1971年(昭和46年)9月18日から発売しているカップ麺の名称。親会社である日清食品ホールディングスの登録商標。 世界初のカップ麺とされるロングセラー商品で、味とサイズが異なる各種製品が販売されているがカップに熱湯を注いで3分で食べられるタイプであり、扁平の細麺と粉末スープとフリーズドライ化された具材が入っている。 味別の販売数ランキング(2006年時点)は、第1位「オリジナル(しょうゆ)」、第2位「シーフード」、第3位「カレー」となっており、「オリジナル(しょうゆ)」は発売以来順位に変化がなく不動の首位を継続している。 2011年時点で世界80カ国で発売され、発売以降の累計販売数は310億食を突破した。日本国内の累積販売数は2011年7月に200億食を超えた。 表記は、原則として日本国内向けは「CUP NOODLE」で、日本国外では「CUP NOODLES」。ただし、日本国内でも「CUP NOODLES」表記で販売される商品も一部存在する(2014年4月発売のトムヤムクンヌードルなど)。 (Wikipedia:カップヌードル)

カップルテストバッジ
『ドラえもんの道具 (かた-かほ)』より : ドラえもんのひみつ道具 (かた-かほ) では、藤子・F・不二雄の漫画『ドラえもん』、『大長編ドラえもん』(VOL.1〜17)、藤子・F・不二雄のその他の著作に登場するひみつ道具のうち、読みが「かた」で始まるものから「かほ」で始まるものまでを列挙する。 片づけラッカー 片づけラッカー(かたづけラッカー)は、「かたづけラッカー」(てんとう虫コミックス17巻に収録)などに登場する。 スプレー缶状の道具。このラッカーを物体にかけると、その物体は目には見えなくなってしまう。成分は非フロン系ガス、光屈折プラズマ、透明粘着微粒子。吹きつけられた物には光屈折プラズマと透明粘着微粒子が付着し、光を物体から反らせて屈折させる事により物体が見えなくなる。見えなくなった物は、専用の虫眼鏡を使うと見ることができる。急な来客の時など、散らかった部屋を見かけだけ綺麗にするのが本来の目的。人間に対しても使用可能で、姿を消すために用いることが多いが、ラッカーの量が足りないと服だけが消えて、見た目が裸の状態になってしまう。 (Wikipedia:カップルテストバッジ)

カップル喫茶
カップル喫茶とは、男女同伴の条件で入店できる喫茶店(カフェないしクラブを含む)。 ここでは、風俗産業におけるカップル喫茶(略語でC喫茶。かつては同伴喫茶やアベック喫茶、連れ込み喫茶とも言われた)を説明する。 起源 1950年代後半、ジャズ喫茶や名曲喫茶が流行し、同伴席を設け同伴喫茶の原型となった。この時代の同伴喫茶は若者向けの軽音楽やクラシックなどを流し、同伴席は薄暗い店内で背の高いソファーが列車のように同じ方向を向いており個室風に利用できるスペースとなっていた。中学〜高校、大学生などがおとなしく抱き合うなどの利用が多かった。 1963年頃当時の住宅事情や家庭環境も背景にあり、未成年の若年層が安価で利用できる同伴喫茶や深夜喫茶がピークを迎え、都内だけで2000軒以上存在し青少年犯罪(飲酒、喫煙、不純異性交遊、睡眠薬遊びなどの薬物乱用)の温床として問題となっていて、補導も26万人に上った。 (Wikipedia:カップル喫茶)

カップ麺
カップ麺(カップめん)とは、乾燥麺や生タイプ麺等の即席麺類のうち、食器として使用できる容器(コップ状の耐熱耐水容器等)に入れ、かやく(具材)を添付したものである。日本で生まれ、世界各地にも消費が広がっている。 規約上の正式名は「即席カップめん」である。内容物がインスタントラーメンのものをカップラーメン、蕎麦、うどんのものをカップそば、カップうどん、焼きそば風のものをカップ焼きそば(インスタント焼きそば)とも言う。 調理は熱湯を注ぐだけで完了する(生麺を使用する製品については湯切りが必要とされるものもある)。この製品のカップは調理器具であると同時に食器(陳列時にはパッケージとしての役割も果たしている)でもある。また、電子レンジで加熱調理を行うタイプも多い。 日清食品が1971年9月18日に発売した「カップヌードル」が最初の製品(事前に行われた試験販売を除く)である。今では主食としても食べられているが、当初は間食としての普及を視野に入れて開発されており、欧米に即席ラーメンのセールスに行った際、ラーメン用のどんぶりが無かったため、紙コップにチキンラーメンを割り入れて湯を注ぎフォークで試食する姿からの発想だったとされている。 (Wikipedia:カップ麺)

カップラーメン
『カップ麺』より : カップ麺(カップめん)とは、乾燥麺や生タイプ麺等の即席麺類のうち、食器として使用できる容器(コップ状の耐熱耐水容器等)に入れ、かやく(具材)を添付したものである。日本で生まれ、世界各地にも消費が広がっている。 規約上の正式名は「即席カップめん」である。内容物がインスタントラーメンのものをカップラーメン、蕎麦、うどんのものをカップそば、カップうどん、焼きそば風のものをカップ焼きそば(インスタント焼きそば)とも言う。 調理は熱湯を注ぐだけで完了する(生麺を使用する製品については湯切りが必要とされるものもある)。この製品のカップは調理器具であると同時に食器(陳列時にはパッケージとしての役割も果たしている)でもある。また、電子レンジで加熱調理を行うタイプも多い。 日清食品が1971年9月18日に発売した「カップヌードル」が最初の製品(事前に行われた試験販売を除く)である。今では主食としても食べられているが、当初は間食としての普及を視野に入れて開発されており、欧米に即席ラーメンのセールスに行った際、ラーメン用のどんぶりが無かったため、紙コップにチキンラーメンを割り入れて湯を注ぎフォークで試食する姿からの発想だったとされている。 (Wikipedia:カップラーメン)

カップめん
『カップ麺』より : カップ麺(カップめん)とは、乾燥麺や生タイプ麺等の即席麺類のうち、食器として使用できる容器(コップ状の耐熱耐水容器等)に入れ、かやく(具材)を添付したものである。日本で生まれ、世界各地にも消費が広がっている。 規約上の正式名は「即席カップめん」である。内容物がインスタントラーメンのものをカップラーメン、蕎麦、うどんのものをカップそば、カップうどん、焼きそば風のものをカップ焼きそば(インスタント焼きそば)とも言う。 調理は熱湯を注ぐだけで完了する(生麺を使用する製品については湯切りが必要とされるものもある)。この製品のカップは調理器具であると同時に食器(陳列時にはパッケージとしての役割も果たしている)でもある。また、電子レンジで加熱調理を行うタイプも多い。 日清食品が1971年9月18日に発売した「カップヌードル」が最初の製品(事前に行われた試験販売を除く)である。今では主食としても食べられているが、当初は間食としての普及を視野に入れて開発されており、欧米に即席ラーメンのセールスに行った際、ラーメン用のどんぶりが無かったため、紙コップにチキンラーメンを割り入れて湯を注ぎフォークで試食する姿からの発想だったとされている。 (Wikipedia:カップめん)

カップそば
『カップ麺』より : カップ麺(カップめん)とは、乾燥麺や生タイプ麺等の即席麺類のうち、食器として使用できる容器(コップ状の耐熱耐水容器等)に入れ、かやく(具材)を添付したものである。日本で生まれ、世界各地にも消費が広がっている。 規約上の正式名は「即席カップめん」である。内容物がインスタントラーメンのものをカップラーメン、蕎麦、うどんのものをカップそば、カップうどん、焼きそば風のものをカップ焼きそば(インスタント焼きそば)とも言う。 調理は熱湯を注ぐだけで完了する(生麺を使用する製品については湯切りが必要とされるものもある)。この製品のカップは調理器具であると同時に食器(陳列時にはパッケージとしての役割も果たしている)でもある。また、電子レンジで加熱調理を行うタイプも多い。 日清食品が1971年9月18日に発売した「カップヌードル」が最初の製品(事前に行われた試験販売を除く)である。今では主食としても食べられているが、当初は間食としての普及を視野に入れて開発されており、欧米に即席ラーメンのセールスに行った際、ラーメン用のどんぶりが無かったため、紙コップにチキンラーメンを割り入れて湯を注ぎフォークで試食する姿からの発想だったとされている。 (Wikipedia:カップそば)

カップうどん
『カップ麺』より : カップ麺(カップめん)とは、乾燥麺や生タイプ麺等の即席麺類のうち、食器として使用できる容器(コップ状の耐熱耐水容器等)に入れ、かやく(具材)を添付したものである。日本で生まれ、世界各地にも消費が広がっている。 規約上の正式名は「即席カップめん」である。内容物がインスタントラーメンのものをカップラーメン、蕎麦、うどんのものをカップそば、カップうどん、焼きそば風のものをカップ焼きそば(インスタント焼きそば)とも言う。 調理は熱湯を注ぐだけで完了する(生麺を使用する製品については湯切りが必要とされるものもある)。この製品のカップは調理器具であると同時に食器(陳列時にはパッケージとしての役割も果たしている)でもある。また、電子レンジで加熱調理を行うタイプも多い。 日清食品が1971年9月18日に発売した「カップヌードル」が最初の製品(事前に行われた試験販売を除く)である。今では主食としても食べられているが、当初は間食としての普及を視野に入れて開発されており、欧米に即席ラーメンのセールスに行った際、ラーメン用のどんぶりが無かったため、紙コップにチキンラーメンを割り入れて湯を注ぎフォークで試食する姿からの発想だったとされている。 (Wikipedia:カップうどん)

カップル板
『カテゴリ雑談 (2ちゃんねるカテゴリ)』より : カテゴリ雑談(カテゴリざつだん)は、匿名掲示板2ちゃんねるのカテゴリの1つである。 1999年5月30日 - 無職・だめ板が新設される。 1999年6月14日 - しりとり板(当時はしりとり、575板)が新設される。 1999年11月21日 - カップル板が新設される。 1999年12月6日 - 女性板が新設される。 1999年12月12日 - 独身女性限定板が新設される。 1999年12月18日 - 既婚女性板が新設される。 2000年1月4日 - 独身男性板が新設される。 2000年2月3日 - おたく板が新設される。 2000年2月6日 - 年代別板が新設される。 2000年2月25日 - のほほんダメ板が新設される。 2000年5月28日 - しりとり、575板から五七五・短歌板が分割される。 2000年8月8日 - アウトロー板が新設される。 2001年3月23日 - ヒッキー板が新設される。 2001年3月30日 - リーマン板が新設される。 2001年4月13日 - 大学生活板が新設される。 2003年6月2日 - メンヘルサロン板が新設される。 (Wikipedia:カップル板)

カップ戦
カップ戦(カップせん)とは、スポーツ競技の大会のうち、リーグ戦と比較して開催期間が短い、もしくは大会に要する試合数が比較的少ない大会のこと。大会形式は、はじめから終わりまで、すべての試合をノックアウト方式(勝ち抜き)で行う方式や、数チームを1組とし、その中のチーム同士による総当りのグループステージと、グループステージを勝ち抜いたチームによるノックアウトステージを組み合わせた方式を採用する場合が多い。また、スポーツなどの主要な国際大会では、セントラル方式でなおかつカップ戦の形式をとることが多い。 ただし、「カップ戦」と言う言い方は日本語特有のものである。詳細についてはリーグ戦冒頭を参照。 カップ戦の実情 ここでは、サッカー競技を例にして記述する。 各国国内におけるカップ戦 国内におけるカップ戦としては大きく分けて、その国のトップリーグのチームのみに参加を限定するリーグカップと、参加資格を限定しない(オープンにした)オープンカップの2つに分けられる。 (Wikipedia:カップ戦)

カップリングパーティー
カップリングパーティーとは、結婚または交際を希望する男女が一堂に会してカップル成立を目指すパーティーである。テレビ番組「ねるとん紅鯨団」を原型として全国に広まったことから、ねるとんパーティー、婚活パーティー、お見合いパーティー、恋活パーティーとも呼ばれる。1992年頃からニッチな産業として全国の主要都市で定着している。参加者は全国で年間80 - 100万人(リピート客含む)以上と考えられる。 パーティーの形式 限られた時間のパーティーで、参加者を満足させ、カップルを成立させるには、以下のような課題に応える必要がある。 限られた時間で効率的に多数の異性と会話する 気に入った異性とは時間をかけて会話する 自分に好意を持っていない相手に時間をかけてしまうことを防ぐ 話し下手な参加者が「壁の花」になることを防ぐ 参加者に恥をかかせない初期のカップリングパーティーは「ねるとん紅鯨団」の形式を踏襲していたが、以上の課題に応えるためにパーティの改良が進み、現在では次のような形式が定着している。 (Wikipedia:カップリングパーティー)

カップリング反応
カップリング反応(英: coupling reaction)とは、2つの化学物質を選択的に結合させる反応のこと。特に、それぞれの物質が比較的大きな構造(ユニット)を持っているときに用いられることが多い。天然物の全合成などで多用される。 結合する2つのユニットの構造が等しい場合はホモカップリング、異なる場合はクロスカップリング(またはヘテロカップリング)と言う。一般式としては以下のように表される: ホモカップリング: R-X + R-X → R-R クロスカップリング: R-X + R'-Y → R-R'カップリング反応として様々な方法が開発されている。近年は特に触媒量の遷移金属化合物の存在下で、有機金属化合物あるいは不飽和炭化水素化合物が有機ハロゲン化合物と縮合するカップリング反応がいろいろ知られてきており、天然物合成などで多用されるようになった。 2010年のノーベル化学賞はこのカップリング反応のうち、ヘック反応・根岸カップリング・鈴木・宮浦カップリングの合成方法を確立した3者に授与された。 (Wikipedia:カップリング反応)

カップウィナーズ・カップ
『UEFAカップウィナーズカップ』より : カップウィナーズカップ(Cup Winners' Cup)とは、カップ戦の優勝チームが参加する、スポーツの国際大会である。 サッカー - 1990年代後半から2000年代前半、多くの大会が、別の大会と統合されて終了する UEFAカップウィナーズカップ - 1961年から1999年まで行われていた、ヨーロッパのクラブチームによる大会 アジアカップウィナーズカップ - 1991年から2002年まで行われていた、アジアのクラブチームによる大会 アフリカンカップウィナーズカップ - 1975年から2003年まで行われていた、アフリカのクラブチームによる大会 CONCACAFカップウィナーズカップ - 1991年から1998年まで行われていた、北米、中米、カリブ海のクラブチームによる大会 アラブ・カップウィナーズカップ - 1990年から2002年まで行われていた、アラブのクラブチームによる大会 LENカップウィナーズカップ - 1974年から2003年まで行われていた、ヨーロッパのクラブチームによる水球大会 サポルタ・カップ - 1967年から2002年まで行われていた、ヨーロッパのクラブチームによるバスケットボール大会。 (Wikipedia:カップウィナーズ・カップ)

カップ焼きそば
カップ焼きそば(カップ焼そば、カップやきそば)とは、日本発祥で、カップ麺のうち焼きそばを模したものを指す。袋麺タイプも含めた「インスタント焼きそば」の1ジャンルである。 通常のカップ麺と同じく、熱湯を用意するだけで調理可能である。カップ麺の特性上、袋麺タイプの「インスタント焼きそば」と違って「焼く」調理過程がなく、厳密には焼きそばではなく「焼きそば風」のカップ麺である。21世紀初頭では袋麺タイプのものよりも広く浸透し、定着している。 需要として、季節的には春から夏にかけて売上が伸びる傾向となっている。 スープを伴う通常のカップ麺とは調理方法が違い、湯をそそいで所定の時間(3分程度)が経過した後、蓋に設けられている湯切り口を開けてそこから湯を捨て、その後にソースまたは調味料を掛け、かき混ぜて調理終了となる(詳細は後述)。 商品の性質上、湯切りをしても完全に水分を除けないことが多く、麺に水っぽさを感じて敬遠してしまう消費者もいる。麺に残る水分を逆に生かすために、カップ焼きそば添付のソースには粉末タイプのソースや高濃縮で味の濃い液体ソースを採用し、また焼いた食感を出すために油分を多く含有させている。 (Wikipedia:カップ焼きそば)

カップリング (同人)
カップリング(カプ、CPとも略称される)とは、同人創作活動においてキャラクター同士の恋愛関係を表す語である。女性同性愛(百合)、男性同性愛(やおい・ボーイズラブ)創作をはじめ、異性愛でも広く用いられる。 表記方法 恋愛の対象となる二人のキャラクターを「キャラクターA×キャラクターB」などと表記する。しばしば間の「×」は省略される。×の前に記されるキャラクターを攻めと呼び、能動的な立場で性行為では男性側を指す。×の後のキャラクターを受けと呼び、受動的な立場で性行為では女性側を指す。前述した例を元にするとキャラクターAは攻め、キャラクターBは受けとなる。 近年では従来の概念である「攻める=能動的=男役、受ける=受動的=女役」を逆にする天邪鬼思考の腐女子も現れ、「襲われ攻め(受動的な男役)」「襲い受け(能動的な女役)」などの表現が増えており、同じカップリングでも嗜好の違いによる対立なども問題になっている。 (Wikipedia:カップリング (同人))

カップヌードル欧風チーズカレー
カップヌードル欧風チーズカレーは、日清食品の商品「カップヌードル」の種類。
2002年から発売されていたが、2006年9月にリニューアル新発売。パッケージも新しいデザインに変えられた。
具材には、チェダーチーズ、モッツァレッラ モッツァレラチーズを使用。麺には、ゴーダチーズ、スープにはエメンタールチーズと、4種類のチーズを使用し、濃厚な口あたりを生み出している。また、その感覚と、デミグラスをベースにしたカレースープのなめらかさが絶妙な味を生み出している。
具には、豚肉・ニンジン・マッシュルームを使用し、いかにも欧風という味を作っている。
コマーシャルメッセージ コマーシャルには、「チーズ星人」というキャラクターを使用し、2006年9月には、「セイジンビートボックス篇」を放送。
(Wikipedia:カップヌードル欧風チーズカレー)

カップル文化
カップル文化(-ぶんか)は、男性と女性によるカップルでの行動を優先する欧米の文化。
日本では恋人同士のデートの機会を除くと、同性同士の行動が基本となることが多い。また子どもがいれば、カップルというより子どもを中心とした家族単位での行動が多くなる。
北米やヨーロッパでは、女性は常にステディな関係にある男性のエスコートを受けるべきものという観念があり、女性同士での外での行動があまり歓迎されない。そのため女性が外出するときは、パートナーを伴っていることが多く、プライベートな生活も(家族というより)カップル単位が基本となる。また男性は女性に比べれば、単独での行動は許容されているものの、パーティーはカップル単位での参加が原則であることが多く、守るべき女性を伴うことで、優しさと強さをアピールする。
(Wikipedia:カップル文化)

カップヌードルロブスターソースシーフード
カップヌードルロブスターソースシーフードは、日清食品の商品「カップヌードル」の種類。
2006年9月より、期間限定発売。カップヌードルシーフード シーフードヌードルのスープをベースに、ロブスターの風味と味噌のコクを加え、更にトマトやハーブ、ホワイトペッパーで、味わい深く洋風スープに仕上げてある。
具には、彩り鮮やかなシーフード具材(タコ・カニ他)がふんだんに使用されている。
エネルギー 470kcal
蛋白質 11.8g
脂質 19.6g
炭水化物 61.8g
ナトリウム 2.5g
ビタミンB1 3.16mg
ビタミンB2 0.27mg
カルシウム 115mg
(1食102g当たり)
BIG(期間限定発売)
インスタントラーメン かつふぬうとるふすたあそおすしいふうと
日清食品 かつふぬうとるろふすたあそおすしいふうと
(Wikipedia:カップヌードルロブスターソースシーフード)

カップケーキ
カップケーキ(英:cupcake、イギリス英語:fairy cake、アイルランド英語:buno、オーストラリア英語:fairy cakeまたはpatty cake)は薄い紙やアルミ箔のカップに生地を流し込んで焼いた、一人分の大きさほどの小さなケーキである。これより大きいサイズのものと同様に、アイシングやキャンディーなどを用いたケーキデコレーションで飾られることもある。 カップケーキに関する初めての記述は、アメリア・シモンズによって執筆された American Cookery という本において「小さなカップで焼かれたケーキ "a cake to be baked in small cups"」のレシピが記載された1796年まで遡る。また、カップケーキ(cup cake)という言葉の記載が初めて確認できる書物は、1828年に出版された エリザ・レスリーによる Seventy-five Receipts for Pastry, Cakes, and Sweetmeatsというレシピ本であるとされる。 (Wikipedia:カップケーキ)


カップ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

カップ - アマゾン検索


「カップ」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す