[PR]

日別キーワード

第9位  ルネサンス - 2018年10月11日


関連するイメージは見つかりませんでした



ルネサンス
ルネサンス(仏: Renaissance)は「再生」「復活」を意味するフランス語であり、一義的には、古典古代(ギリシア、ローマ)の文化を復興しようとする文化運動であり、14世紀にイタリアで始まり、やがて西欧各国に広まった(文化運動としてのルネサンス)。また、これらの時代(14世紀 - 16世紀)を指すこともある(時代区分としてのルネサンス)。 日本では長らく文芸復興と訳されており、ルネサンスの時代を「復興期」と呼ぶこともあったが、(文芸のみでなく広義に使われるため)現在では余り使われない。ルネッサンスとも表記されるが、現在の歴史学、美術史等ではルネサンスという表記が一般的である。 「ルネサンス」という語 ルネサンス Renaissance という語は「再生」(re- 再び + naissance 誕生)を意味するフランス語で、19世紀のフランスの歴史家ミシュレが『フランス史』第7巻(1855年)に‘Renaissance’という標題を付け、初めて学問的に使用した。 (Wikipedia:ルネサンス)

ルネサンス建築
ルネサンス建築(Renaissance Architecture)は、一義的にイタリアのフィレンツェで1420年代に始まり、17世紀初頭まで続いた建築様式を指す。古典古代を理想とするルネサンスの建築における表現といえる。 人体比例と音楽調和を宇宙の基本原理とし、ローマ建築の構成を古典主義建築として理論づけた。ルネサンス建築にはじまる古典主義建築の系譜は、後のバロック建築・新古典主義建築を通じて継承され、西欧建築の主流であったが、19世紀の歴史主義において相対化し、やがて解体した。 ルネサンス建築は、本質的な意味では15-16世紀のイタリアの一部の都市にのみ成立したといえるが、フランス、イギリス、ドイツなど、西欧諸国の建築活動にも影響を与えた。当初これらの国々では、主にルネサンス建築の表層的な意匠が導入されたため、各国独自の嗜好が表れており、それぞれ特徴を持った建築になっている。 以下ではイタリアのルネサンス建築を記述する。他の国々については、北方ルネサンス建築を参照。また、19世紀に起こったルネサンスのリヴァイヴァル(ネオ・ルネサンス)については、歴史主義建築、ネオルネッサンス建築を参照。 (Wikipedia:ルネサンス建築)

ルネサンス (音楽)
『ルネサンス音楽』より : ルネサンス音楽とは、ヨーロッパにおいて、15世紀から16世紀のルネサンス期に作られた音楽の総称である。中世西洋音楽とバロック音楽の中間に位置し、その中心をなすのは、ポリフォニーによる声楽、とくに、宗教曲である。中世・ルネサンス音楽をまとめて、初期音楽 early musicということがある。
ルネサンスとは「再生」を意味する言葉で、古代ギリシャ・ローマの復興を目指した14世紀から16世紀頃の(主にイタリアの)文化運動(絵画、彫刻、建築、文学)に適用される概念である(ルネサンスの項目を参照)。同時代の北方のブルゴーニュ等にも新しい芸術・文化の動きが生まれつつあった。これらは「古代の復興」という意識とは直接の関係を持たないが、「ルネサンス期」の芸術と呼ばれる。
(Wikipedia:ルネサンス (音楽))

ルネサンス音楽
ルネサンス音楽は、ヨーロッパにおいて、15世紀から16世紀のルネサンス期に作られた音楽の総称である。中世西洋音楽とバロック音楽の中間に位置し、その中心をなすのは、ポリフォニーによる声楽、とくに、宗教曲である。中世・ルネサンス音楽をまとめて、初期音楽 early musicということがある。 音楽における「ルネサンス」の概念 ルネサンスとは「再生」を意味する言葉で、古代ギリシャ・ローマの復興を目指した14世紀から16世紀頃の(主にイタリアの)文化運動(絵画、彫刻、建築、文学)に適用される概念である(ルネサンスの項目を参照)。一方で同時代の北方のブルゴーニュ等にも新しい芸術・文化の動きが生まれつつあり、これらは「古代の復興」という意識とは直接の関係を持たないが、「ルネサンス期」の芸術と呼ばれる。 音楽に関しては、古代ギリシア・ローマ時代の音楽を復興しようという動きはイタリアを中心として常にあったが、理論を中心とする議論にとどまっており、実際の音楽の復元という観点ではそれほどの発展はなかった。 (Wikipedia:ルネサンス音楽)

ルネサンス音楽の作曲家
『ルネサンス音楽の作曲家一覧』より : ルネサンス音楽の作曲家一覧 は、生誕1400年~1600年頃であるクラシック音楽の作曲家の一覧で、国別、生年の順、生年が同じなら没年の順である。 他の時期のクラシック音楽の作曲家については、クラシック音楽の作曲家一覧から参照されたい。 関連項目 中世西洋音楽の作曲家一覧 バロック音楽の作曲家一覧 クラシック音楽の作曲家一覧 フランドル 初期フランドル楽派(ブルゴーニュ楽派) ギヨーム・デュファイ (Guillaume Dufay, 1397年 - 1474年) ジル・バンショワ (Gilles de Binchois, 1400年頃 - 1460年) ヨハネス・レジス (Johannes Regis, 1425年頃 - 1496年頃) ヨハネス・オケゲム (Johannes Ockeghem, 1430年 - 1495年) アントワーヌ・ビュノワ (Antoine Busnoys, 1430年頃 - 1492年) フランドル楽派 ヨハネス・マルティーニ (Johannes Martini, 1440年頃 - 1497年/1498年) エーヌ・ヴァン・ギゼゲム (Hayne van Ghizeghem, 1445年頃 - 1472年以降?) アレクサンダー・アグリコラ (Alexander Agricola, 1445年/1446年 - 1506年) ガスパル・ファン・ヴェールベケ (Gaspar van Weerbeke, 1445年頃 - 1516年以降) ジョスカン・デ・プレ (Josquin Des Pres, 1450年 - 1521年) ハインリヒ・イザーク (Heinrich Isaac, 1450年頃 - 1517年) ヤーコプ・オブレヒト (Jacob Obrecht, 1453年頃 - 1505年) ジャック・バルビロー (Jacobus Barbireau, 1455年 - 1491年) アントワーヌ・ブリュメル (Antoine Brumel, 1460年頃 - 1515年以降?) ピエール・ド=ラ=リュー (Pierre de La Rue, 1460年頃 - 1518年) ジャン・リシャフォール (Jean Richafort, 1480年頃 - 1547年頃) トーマス・クレキヨン (Thomas Crecquillon, 1490年頃 - 1557年?) アドリアン・ヴィラールト (Adrian Willaert, 1490年頃 - 1562年) ニコラ・ゴンベール (Nicolas Gombert, 1495年頃 - 1560年頃) ティールマン・スザート(Tylman Susato,1500年頃 - 1562年頃) クレメンス・ノン・パパ (Clemens non Papa (Jacques Clément), 1510年頃 - 1555年頃) チプリアーノ・デ・ローレ (Cypriano de Rore, 1515年頃 - 1565年) フィリップ・デ・モンテ (Philippe de Monte, 1521年 - 1603年) ヤコブス・ファート (Jacobus Vaet, 1529年頃 - 1567年) オルランド・ディ・ラッソ (Orlando di Lasso, 1532年 - 1594年) ジャケス・デ・ヴェルト (Giaches de Wert, 1535年 - 1596年) ヤコブ・ルニャール (Jakob Regnart, 1540年代前半 - 1599年) ジョヴァンニ・デ・マック (Giovanni de Macque / Jean de Macque, 1549年前後 - 1614年) シモン・ロエ (Simon Lohet / Simon Loxhay, 1550年以前 - 1611年) ヤン・ピーテルスゾーン・スウェーリンク (Jan Pieterszoon Sweelinck, 1562年 - 1621年) フランス王国 ロイゼ・コンペール (Loyset Compère, 1445年 - 1518年) フィリップ・ヴェルドロ (Philippe Verdelot, 1475年 - 1552年以前) クレマン・ジャヌカン (Clément Janequin, 1485年頃 - 1558年) ピエール・サンドラン (Pierre Sandrin, 1490年頃 - 1561年以降) ニノ・ル・プチ (Ninot le Petit, 16世紀初頭に活躍) ルイ・ブルジョワ (Loys Bourgeois, 1510年頃? - 1559年(1559年以降?)) ピエール・ド・マンシクール (Pierre de Manchicourt, 1510年頃 - 1564年) ジャック・アルカデルト (Jacques Arcadelt, 1505年? - 1568年) クロード・グディメル (Claude Goudimel, 1510年頃 - 1572年) ピエール・セルトン (Pierre Certon, 1510年頃 - 1572年) クロード・ルジュヌ (Claude Le Jeune, 1530年 - 1600年) アントワーヌ・ド・ベルトラン (Anthoine de Bertrand, 1535年 - おそらく1581年) ジャック・モデュイ (Jacques Mauduit, 1557年 - 1627年) イングランド王国 リオネル・パワー (Leonel Power, 14世紀後半 - 1445年) ジョン・ダンスタブル (John Danstable, 1380年 - 1453年) ウォルター・フライ (Walter Frye, 15世紀に活動) ウィリアム・コーニッシュ (William Cornysh, 1465年 - 1523年) ジョン・タヴァーナー (John Taverner, 1490年頃 - 1545年) クリストファー・タイ (Christopher Tye, 1505年頃 - 1572年頃) トマス・タリス (Thomas Tallis, 1505年頃 - 1585年) ジョン・シェパード (John Sheppard, 1515年頃 - 1559年/1560年) ロバート・ホワイト (Robert White, 1538年頃 - 1574年) アルフォンソ・フェッラボスコ1世 (Alfonso Ferrabosco the elder, 1543年 - 1588年) ウィリアム・バード (William Byrd, 1543年 - 1623年) アンソニー・ホルボーン (Anthony Holborne, 1545年 - 1602年) トマス・モーリー (Thomas Morley, 1557年 - 1603年) ウィリアム・ブレイド(Willam Brade, 1560年 - 1630年) ジャイルズ・ファーナビー (Giles Farnaby, 1560年 - 1640年) ジョン・ダウランド (John Dowland, 1562年 - 1626年) ジョン・ブル (John Bull, 1562年 - 1628年) フランシス・ピルキントン (Francis Pilkington, 1565年頃 - 1638年) トマス・キャンピオン (Thomas Campion, 1567年 - 1620年) トバイアス・ヒューム (Tobias Hume, 1569年頃 - 1645年) ジョン・コプラリオ (John Coperario, 1570年頃 - 1626年) トマス・ルポ (Thomas Lupo, 1571年 - 1627年) トマス・トムキンズ (Thomas Tomkins, 1572年 - 1656年) ジョン・ウィルビー (John Wilbye, 1574年 - 1638年) アルフォンソ・フェッラボスコ2世 (Alfonso Ferrabosco the younger, 1575年ごろ - 1628年) トマス・ウィールクス (Thomas Weelkes, 1576年 - 1623年) トマス・レイヴンズクロフト (Thomas Ravenscroft, 1582年頃 - 1635年) オーランド・ギボンズ (Orlando Gibbons, 1583年 - 1625年) イベリア半島 フアン・デル・エンシーナ (Juan del Encina, 1469年頃 - 1533年) フランシスコ・デ・ペニャローサ (Francisco de Peñalosa, 1470年頃 - 1528年) ルイス・デ・ナルバエス (Luis de Narváez, 1500年頃 - 1555年/60年) ルイス・デ・ミラン (Luis de Milán, 1500年頃 - 1561年以降?) バルトロメー・デ・エスコベド (Bartolomé de Escobedo, 1500年頃 - 1563年) クリストバル・デ・モラーレス (Cristóbal de Morales, 1500年頃 - 1553年) アントニオ・デ・カベソン (Antonio de Cabezón, 1510年 - 1566年) アロンソ・ムダーラ (Alonso Mudarra, 1510年 - 1580年) ディエゴ・オルティス (Diego Ortiz, 1525年 - 1570年) フランシスコ・ゲレーロ (Francisco Guerrero, 1528年 - 1599年) エルナンド・フランコ (Hernando Franco, 1532年 - 1585年) トマス・ルイス・デ・ビクトリア (Tomas Luis de Victoria, 1548年 - 1611年) アロンソ・ロボ (Alonso Lobo, 1555年頃 - 1617年) ドゥアルテ・ローボ (Duarte Lôbo, 1565年頃 - 1647年) マヌエル・カルドーゾ (Manuel Cardoso, 1566年 - 1650年) イタリア マルチェット・カーラ (Marchetto Cara, 1470年頃 - 1525年頃) バルトロメオ・トロンボンチーノ (Bartolomeo Tromboncino, 1470年頃 - 1535年以降) フィリッポ・デ・ルラーノ (Filippo de Lurano, 1475年頃 - 1520年以降) コスタンツォ・フェスタ (Costanzo Festa, 1480年代後半 - 1545年) フランチェスコ・ダ・ミラノ (Francesco Canova da Milano, 1497年 - 1543年) フィリッポ・アッツァイオロ (Filippo Azzaiolo, 16世紀後半に活動) アンドレーア・ガブリエーリ (Andrea Gabrieli, 1510年 - 1586年) ジョヴァンニ・アニムッチャ (Giovanni Animuccia, 1520年頃 - 1571年) ヴィンチェンツォ・ガリレイ (Vincenzo Galilei, 1520年 - 1591年) ジョヴァンニ・ダ・パレストリーナ (Giovanni Pierluigi da Palestrina, 1525年 - 1594年) コスタンツォ・ポルタ (Costanzo Porta, 1528年/1529年 - 1601年) クラウディオ・メールロ (Claudio Merulo, 1533年 - 1604年) アレッサンドロ・ストリッジョ (Alessandro Striggio, 1540年頃 - 1592年) ジョゼッフォ・グアーミ (Gioseffo Guami, 1540年頃 - 1611年) ジョヴァンニ・マリア・ナニーノ (Giovanni Maria Nanino, 1543年/1544年 - 1607年) ルッツァスコ・ルッツァスキ (Luzzasco Luzzaschi, 1545年頃 - 1607年) ジュリオ・カッチーニ (Giulio Caccini, 1545年 - 1618年) マルカントニオ・インジェニェーリ (Marc Antonio Ingegneri, 1547年 - 1592年) エミリオ・デ・カヴァリエーリ (Emilio de' Cavalieri, 1550年頃 - 1602年) オラツィオ・ヴェッキ (Orazio Vecchi, 1550年(受洗) - 1605年) ルカ・マレンツィオ (Luca Marenzio, 1553年? - 1599年) ポンポニオ・ネンナ (Pomponio Nenna, 1556年 - 1613年以前) ジョヴァンニ・ガストルディ (Giovanni Giacomo Gastoldi, 1556年 - 1622年) ジョヴァンニ・ガブリエーリ (Giovanni Gabgieli, 1557年 - 1612年) カルロ・ジェズアルド (Carlo Gesualdo, 1560年 - 1613年) フェリーチェ・アネーリオ (Felice Anerio, 1560年 - 1614年) ジョヴァンニ・バッサーノ (Giovanni Bassano, 1560年頃 - 1617年) ジョヴァンニ・フランチェスコ・アネーリオ (Giovanni Francesco Anerio, 1567年頃 - 1630年) クラウディオ・モンテヴェルディ (Claudio Monteverdi, 1567年 - 1643年) ジョヴァンニ・パオロ・チーマ (Giovanni Paolo Cima, 1570年頃 - 1630年頃) アドリアーノ・バンキエリ (Adriano Banchieri, 1568年 - 1634年) イグナツィオ・ドナーティ(Ignazio Donati, 1570年頃 - 1638年) ジョヴァンニ・ピッキ (Giovanni Picchi, 1571年/1572年 - 1643年) ジョヴァンニ・プリウーリ (Giovanni Priuli, 1575年頃 - 1629年) ピエトロ・ラッピ (Pietro Lappi, 1575年頃 - 1630年) アレッサンドロ・グランディ (Alessandro Grandi, 1586年頃 - 1630年) グレゴリオ・アレグリ (Gregorio Allegri, 1582年 - 1652年) ジョヴァンニ・バッティスタ・フォンタナ (Giovanni Battista Fontana, 16世紀後半 - 1630年) ドイツ・オーストリア コンラート・パウマン (Conrad Paumann, 1404年 - 1473年) ハインリヒ・フィンク (Heinrich Finck, 1444年頃 - 1519年頃) パウル・ホーフハイマー (Paul Hofhaimer, 1459年 - 1537年) アルノルト・シュリック (Arnolt Schlick, 1460年頃 - 1521年以降) ルートヴィヒ・ゼンフル (Ludwig Senfl, 1486年 - 1542年) ヤコブス・ガルス (Jacobus Gallus, 1550年 - 1591年) レオンハルト・レヒナー (Leonhard Lechner, 1553年頃 - 1606年) ハンス・レーオ・ハスラー (Hans Leo Hassler, 1562年 - 1612年) クリシュトフ・ハラント (Kryštof Harant z Polžic a Bezdružic, 1564年 - 1621年) クリストフ・デマンティウス (Christoph Demantius, 1567年 - 1643年) ミヒャエル・プレトリウス (Michael Praetorius, 1571年 - 1621年) エラスムス・ヴィトマン (Erasmus Widmann, 1572年 - 1634年) メルキオル・フランク (Melchior Franck, 1579年頃~1639年) 理論家 ヨハネス・ティンクトーリス (Johannes Tinctoris, 1435年頃 - 1511年) フランキヌス・ガッフリウス (Franchinus Gaffurius, 1451年 - 1522年) ピエトロ・アーロン (Pietro Aaron, 1480年頃 - 1550年頃) ハインリヒ・グラレアヌス (Heinrich Glareanus, 1488年 - 1563年) ニコラ・ヴィチェンティーノ (Nicola Vicentino, 1511年 - 1575年または1576年) ジョゼッフォ・ツァルリーノ (Gioseffo Zarlino, 1517年 - 1590年) ジョヴァンニ・マリア・アルトゥージ (Giovanni Maria Artusi, 1540年頃 - 1613年) マラン・メルセンヌ (Marin Mersenne, 1588年 - 1648年)。 (Wikipedia:ルネサンス音楽の作曲家)

ルネサンス音楽の作曲家一覧
ルネサンス音楽の作曲家一覧 は、生誕1400年~1600年頃であるクラシック音楽の作曲家の一覧で、国別、生年の順、生年が同じなら没年の順である。 他の時期のクラシック音楽の作曲家については、クラシック音楽の作曲家一覧から参照されたい。 関連項目 中世西洋音楽の作曲家一覧 バロック音楽の作曲家一覧 クラシック音楽の作曲家一覧 フランドル 初期フランドル楽派(ブルゴーニュ楽派) ギヨーム・デュファイ (Guillaume Dufay, 1397年 - 1474年) ジル・バンショワ (Gilles de Binchois, 1400年頃 - 1460年) ヨハネス・レジス (Johannes Regis, 1425年頃 - 1496年頃) ヨハネス・オケゲム (Johannes Ockeghem, 1430年 - 1495年) アントワーヌ・ビュノワ (Antoine Busnoys, 1430年頃 - 1492年) フランドル楽派 ヨハネス・マルティーニ (Johannes Martini, 1440年頃 - 1497年/1498年) エーヌ・ヴァン・ギゼゲム (Hayne van Ghizeghem, 1445年頃 - 1472年以降?) アレクサンダー・アグリコラ (Alexander Agricola, 1445年/1446年 - 1506年) ガスパル・ファン・ヴェールベケ (Gaspar van Weerbeke, 1445年頃 - 1516年以降) ジョスカン・デ・プレ (Josquin Des Pres, 1450年 - 1521年) ハインリヒ・イザーク (Heinrich Isaac, 1450年頃 - 1517年) ヤーコプ・オブレヒト (Jacob Obrecht, 1453年頃 - 1505年) ジャック・バルビロー (Jacobus Barbireau, 1455年 - 1491年) アントワーヌ・ブリュメル (Antoine Brumel, 1460年頃 - 1515年以降?) ピエール・ド=ラ=リュー (Pierre de La Rue, 1460年頃 - 1518年) ジャン・リシャフォール (Jean Richafort, 1480年頃 - 1547年頃) トーマス・クレキヨン (Thomas Crecquillon, 1490年頃 - 1557年?) アドリアン・ヴィラールト (Adrian Willaert, 1490年頃 - 1562年) ニコラ・ゴンベール (Nicolas Gombert, 1495年頃 - 1560年頃) ティールマン・スザート(Tylman Susato,1500年頃 - 1562年頃) クレメンス・ノン・パパ (Clemens non Papa (Jacques Clément), 1510年頃 - 1555年頃) チプリアーノ・デ・ローレ (Cypriano de Rore, 1515年頃 - 1565年) フィリップ・デ・モンテ (Philippe de Monte, 1521年 - 1603年) ヤコブス・ファート (Jacobus Vaet, 1529年頃 - 1567年) オルランド・ディ・ラッソ (Orlando di Lasso, 1532年 - 1594年) ジャケス・デ・ヴェルト (Giaches de Wert, 1535年 - 1596年) ヤコブ・ルニャール (Jakob Regnart, 1540年代前半 - 1599年) ジョヴァンニ・デ・マック (Giovanni de Macque / Jean de Macque, 1549年前後 - 1614年) シモン・ロエ (Simon Lohet / Simon Loxhay, 1550年以前 - 1611年) ヤン・ピーテルスゾーン・スウェーリンク (Jan Pieterszoon Sweelinck, 1562年 - 1621年) フランス王国 ロイゼ・コンペール (Loyset Compère, 1445年 - 1518年) フィリップ・ヴェルドロ (Philippe Verdelot, 1475年 - 1552年以前) クレマン・ジャヌカン (Clément Janequin, 1485年頃 - 1558年) ピエール・サンドラン (Pierre Sandrin, 1490年頃 - 1561年以降) ニノ・ル・プチ (Ninot le Petit, 16世紀初頭に活躍) ルイ・ブルジョワ (Loys Bourgeois, 1510年頃? - 1559年(1559年以降?)) ピエール・ド・マンシクール (Pierre de Manchicourt, 1510年頃 - 1564年) ジャック・アルカデルト (Jacques Arcadelt, 1505年? - 1568年) クロード・グディメル (Claude Goudimel, 1510年頃 - 1572年) ピエール・セルトン (Pierre Certon, 1510年頃 - 1572年) クロード・ルジュヌ (Claude Le Jeune, 1530年 - 1600年) アントワーヌ・ド・ベルトラン (Anthoine de Bertrand, 1535年 - おそらく1581年) ジャック・モデュイ (Jacques Mauduit, 1557年 - 1627年) イングランド王国 リオネル・パワー (Leonel Power, 14世紀後半 - 1445年) ジョン・ダンスタブル (John Danstable, 1380年 - 1453年) ウォルター・フライ (Walter Frye, 15世紀に活動) ウィリアム・コーニッシュ (William Cornysh, 1465年 - 1523年) ジョン・タヴァーナー (John Taverner, 1490年頃 - 1545年) クリストファー・タイ (Christopher Tye, 1505年頃 - 1572年頃) トマス・タリス (Thomas Tallis, 1505年頃 - 1585年) ジョン・シェパード (John Sheppard, 1515年頃 - 1559年/1560年) ロバート・ホワイト (Robert White, 1538年頃 - 1574年) アルフォンソ・フェッラボスコ1世 (Alfonso Ferrabosco the elder, 1543年 - 1588年) ウィリアム・バード (William Byrd, 1543年 - 1623年) アンソニー・ホルボーン (Anthony Holborne, 1545年 - 1602年) トマス・モーリー (Thomas Morley, 1557年 - 1603年) ウィリアム・ブレイド(Willam Brade, 1560年 - 1630年) ジャイルズ・ファーナビー (Giles Farnaby, 1560年 - 1640年) ジョン・ダウランド (John Dowland, 1562年 - 1626年) ジョン・ブル (John Bull, 1562年 - 1628年) フランシス・ピルキントン (Francis Pilkington, 1565年頃 - 1638年) トマス・キャンピオン (Thomas Campion, 1567年 - 1620年) トバイアス・ヒューム (Tobias Hume, 1569年頃 - 1645年) ジョン・コプラリオ (John Coperario, 1570年頃 - 1626年) トマス・ルポ (Thomas Lupo, 1571年 - 1627年) トマス・トムキンズ (Thomas Tomkins, 1572年 - 1656年) ジョン・ウィルビー (John Wilbye, 1574年 - 1638年) アルフォンソ・フェッラボスコ2世 (Alfonso Ferrabosco the younger, 1575年ごろ - 1628年) トマス・ウィールクス (Thomas Weelkes, 1576年 - 1623年) トマス・レイヴンズクロフト (Thomas Ravenscroft, 1582年頃 - 1635年) オーランド・ギボンズ (Orlando Gibbons, 1583年 - 1625年) イベリア半島 フアン・デル・エンシーナ (Juan del Encina, 1469年頃 - 1533年) フランシスコ・デ・ペニャローサ (Francisco de Peñalosa, 1470年頃 - 1528年) ルイス・デ・ナルバエス (Luis de Narváez, 1500年頃 - 1555年/60年) ルイス・デ・ミラン (Luis de Milán, 1500年頃 - 1561年以降?) バルトロメー・デ・エスコベド (Bartolomé de Escobedo, 1500年頃 - 1563年) クリストバル・デ・モラーレス (Cristóbal de Morales, 1500年頃 - 1553年) アントニオ・デ・カベソン (Antonio de Cabezón, 1510年 - 1566年) アロンソ・ムダーラ (Alonso Mudarra, 1510年 - 1580年) ディエゴ・オルティス (Diego Ortiz, 1525年 - 1570年) フランシスコ・ゲレーロ (Francisco Guerrero, 1528年 - 1599年) エルナンド・フランコ (Hernando Franco, 1532年 - 1585年) トマス・ルイス・デ・ビクトリア (Tomas Luis de Victoria, 1548年 - 1611年) アロンソ・ロボ (Alonso Lobo, 1555年頃 - 1617年) ドゥアルテ・ローボ (Duarte Lôbo, 1565年頃 - 1647年) マヌエル・カルドーゾ (Manuel Cardoso, 1566年 - 1650年) イタリア マルチェット・カーラ (Marchetto Cara, 1470年頃 - 1525年頃) バルトロメオ・トロンボンチーノ (Bartolomeo Tromboncino, 1470年頃 - 1535年以降) フィリッポ・デ・ルラーノ (Filippo de Lurano, 1475年頃 - 1520年以降) コスタンツォ・フェスタ (Costanzo Festa, 1480年代後半 - 1545年) フランチェスコ・ダ・ミラノ (Francesco Canova da Milano, 1497年 - 1543年) フィリッポ・アッツァイオロ (Filippo Azzaiolo, 16世紀後半に活動) アンドレーア・ガブリエーリ (Andrea Gabrieli, 1510年 - 1586年) ジョヴァンニ・アニムッチャ (Giovanni Animuccia, 1520年頃 - 1571年) ヴィンチェンツォ・ガリレイ (Vincenzo Galilei, 1520年 - 1591年) ジョヴァンニ・ダ・パレストリーナ (Giovanni Pierluigi da Palestrina, 1525年 - 1594年) コスタンツォ・ポルタ (Costanzo Porta, 1528年/1529年 - 1601年) クラウディオ・メールロ (Claudio Merulo, 1533年 - 1604年) アレッサンドロ・ストリッジョ (Alessandro Striggio, 1540年頃 - 1592年) ジョゼッフォ・グアーミ (Gioseffo Guami, 1540年頃 - 1611年) ジョヴァンニ・マリア・ナニーノ (Giovanni Maria Nanino, 1543年/1544年 - 1607年) ルッツァスコ・ルッツァスキ (Luzzasco Luzzaschi, 1545年頃 - 1607年) ジュリオ・カッチーニ (Giulio Caccini, 1545年 - 1618年) マルカントニオ・インジェニェーリ (Marc Antonio Ingegneri, 1547年 - 1592年) エミリオ・デ・カヴァリエーリ (Emilio de' Cavalieri, 1550年頃 - 1602年) オラツィオ・ヴェッキ (Orazio Vecchi, 1550年(受洗) - 1605年) ルカ・マレンツィオ (Luca Marenzio, 1553年? - 1599年) ポンポニオ・ネンナ (Pomponio Nenna, 1556年 - 1613年以前) ジョヴァンニ・ガストルディ (Giovanni Giacomo Gastoldi, 1556年 - 1622年) ジョヴァンニ・ガブリエーリ (Giovanni Gabgieli, 1557年 - 1612年) カルロ・ジェズアルド (Carlo Gesualdo, 1560年 - 1613年) フェリーチェ・アネーリオ (Felice Anerio, 1560年 - 1614年) ジョヴァンニ・バッサーノ (Giovanni Bassano, 1560年頃 - 1617年) ジョヴァンニ・フランチェスコ・アネーリオ (Giovanni Francesco Anerio, 1567年頃 - 1630年) クラウディオ・モンテヴェルディ (Claudio Monteverdi, 1567年 - 1643年) ジョヴァンニ・パオロ・チーマ (Giovanni Paolo Cima, 1570年頃 - 1630年頃) アドリアーノ・バンキエリ (Adriano Banchieri, 1568年 - 1634年) イグナツィオ・ドナーティ(Ignazio Donati, 1570年頃 - 1638年) ジョヴァンニ・ピッキ (Giovanni Picchi, 1571年/1572年 - 1643年) ジョヴァンニ・プリウーリ (Giovanni Priuli, 1575年頃 - 1629年) ピエトロ・ラッピ (Pietro Lappi, 1575年頃 - 1630年) アレッサンドロ・グランディ (Alessandro Grandi, 1586年頃 - 1630年) グレゴリオ・アレグリ (Gregorio Allegri, 1582年 - 1652年) ジョヴァンニ・バッティスタ・フォンタナ (Giovanni Battista Fontana, 16世紀後半 - 1630年) ドイツ・オーストリア コンラート・パウマン (Conrad Paumann, 1404年 - 1473年) ハインリヒ・フィンク (Heinrich Finck, 1444年頃 - 1519年頃) パウル・ホーフハイマー (Paul Hofhaimer, 1459年 - 1537年) アルノルト・シュリック (Arnolt Schlick, 1460年頃 - 1521年以降) ルートヴィヒ・ゼンフル (Ludwig Senfl, 1486年 - 1542年) ヤコブス・ガルス (Jacobus Gallus, 1550年 - 1591年) レオンハルト・レヒナー (Leonhard Lechner, 1553年頃 - 1606年) ハンス・レーオ・ハスラー (Hans Leo Hassler, 1562年 - 1612年) クリシュトフ・ハラント (Kryštof Harant z Polžic a Bezdružic, 1564年 - 1621年) クリストフ・デマンティウス (Christoph Demantius, 1567年 - 1643年) ミヒャエル・プレトリウス (Michael Praetorius, 1571年 - 1621年) エラスムス・ヴィトマン (Erasmus Widmann, 1572年 - 1634年) メルキオル・フランク (Melchior Franck, 1579年頃~1639年) 理論家 ヨハネス・ティンクトーリス (Johannes Tinctoris, 1435年頃 - 1511年) フランキヌス・ガッフリウス (Franchinus Gaffurius, 1451年 - 1522年) ピエトロ・アーロン (Pietro Aaron, 1480年頃 - 1550年頃) ハインリヒ・グラレアヌス (Heinrich Glareanus, 1488年 - 1563年) ニコラ・ヴィチェンティーノ (Nicola Vicentino, 1511年 - 1575年または1576年) ジョゼッフォ・ツァルリーノ (Gioseffo Zarlino, 1517年 - 1590年) ジョヴァンニ・マリア・アルトゥージ (Giovanni Maria Artusi, 1540年頃 - 1613年) マラン・メルセンヌ (Marin Mersenne, 1588年 - 1648年)。 (Wikipedia:ルネサンス音楽の作曲家一覧)

ルネサンス熊本フットボールクラブ
益城ルネサンス熊本フットボールクラブ(ましきルネサンスくまもとフットボールクラブ、Mashiki Renaissance Kumamoto Football Club)は、熊本県上益城郡益城町をホームタウンとする女子サッカークラブ。 本拠地は熊本県熊本市に隣接した上益城郡益城町。益城町総合運動公園陸上競技場などでホームゲームを開催する。 2011年シーズンより益城町へホームタウンを移転し、現在のチーム名へ改称。日本女子サッカーのトップリーグ昇格を目指し活動を続けている。 概要・歴史 前史(1983年-1997年) 1983年、飽託郡飽田町(当時、現:熊本市南区)の飽田南小学校サッカー部の母親たちを中心とするママさんサッカークラブとして発足。1985年には中学生も加入し始めたため、1987年にママさんチームの「飽田ママ」と、のちに中高生を中心にしたチームになる「熊本レディース飽田」に分離した。 1989年には中高生チームが「飽田FCレディース」と改称。九州女子選手権大会で6連覇、皇后杯全日本女子サッカー選手権大会には出場12回の実績を残し、日本女子サッカーリーグ(L・リーグ)の日興證券ドリームレディース、松下電器パナソニック バンビーナなどに選手を送り出した。 (Wikipedia:ルネサンス熊本フットボールクラブ)

ルネサンス高等学校
ルネサンス高等学校(ルネサンスこうとうがっこう)は、茨城県久慈郡大子町にある私立(株式会社立)の通信制高等学校。 設置者はルネサンス・アカデミー株式会社。 2001年3月に廃校となった旧大子町立浅川小学校の木造校舎を活用している。 大子町が申請し構造改革特区に認定された「大子町教育特区構想」に基づき設立された学校で、2006年4月に開校した。男女共学だがもちろんスクーリングは男女別に行われる。卒業すれば正式な高校卒業の資格を取得できる。 設置者であるルネサンス・アカデミー株式会社は、ソフトバンクグループのブロードメディア株式会社(旧・クラビット株式会社)が主な出資者である。 設置学科 通信制の課程(広域通信制) 普通科 大学受験コース 海外留学コース(留学ジャーナルと提携) 芸能コース(大手芸能事務所サンミュージックプロダクションの養成機関、サンミュージックアカデミーと提携。 (Wikipedia:ルネサンス高等学校)

ルネサンス美術
ルネサンス美術(-びじゅつ)は、美術の分野におけるルネサンスの現れであり、イタリアに興り、やがて各国に普及していった。文化運動であるルネサンスのうち、最も目に付きやすく、日本人にも親しまれている分野である。なお、建築についてはルネサンス建築を参照。 イタリア・ルネサンス イタリア・ルネサンスの始まりはチマブーエあるいはその弟子ジオット(1276年? - 1337年)の絵画とされる場合も多い。しかし「人間性」を尊重した彫刻家ドナテッロと「線遠近法」を完成させた建築家フィリッポ・ブルネレスキの二人の特徴を絵画において融合させたマサッチオ(1401年 - 1428年)が始まりだとする見解もある。このことからドナテロ、ブルネレスキ、マサッチオは初期ルネッサンスの三大巨匠と呼ばれる。マサッチオは輪郭線を使わずに描くスフマートや空気遠近法など画期的な技法を始めている。 フラ・アンジェリコ、フィリッポ・リッピは聖母像の傑作を描き、サンドロ・ボッティチェッリ(1440年?-1510年)は異教的、官能的な題材の「ヴィーナスの誕生」「プリマヴェーラ」などフィレンツェ・ルネサンスを彩る作品を残す。 (Wikipedia:ルネサンス美術)

ルネサンス教皇
ルネサンス教皇とは、ルネサンス期のローマ教皇で、15世紀後半から16世紀前半に人文主義を受け入れ、ローマにルネサンス文化を花開かせた世俗的な教皇を指してしばしば使われる言葉である。特に王侯貴族のような贅沢な生活にふけった教皇を指す。その堕落したローマ教皇とカトリックはデジデリウス・エラスムスに批判され、マルティン・ルターによる贖宥状批判をきっかけとする、宗教改革の動きの中で批判される対象ともなった。反面、すぐれた芸術家のパトロンとなり、多くの芸術的遺産を後世に残すことに貢献したという側面もある。自身も教養豊かで、アヴィニョン捕囚後のローマ復興に尽くしたニコラウス5世が、ルネサンス教皇の走りであろう。聖職売買と親族登用で教皇庁を腐敗させたと批判されるボルジア家のアレクサンデル6世や、戦争好きのユリウス2世、余りの浪費に教皇庁の財政破綻を招いたメディチ家のレオ10世の3人がルネサンス教皇の代表格である。 (Wikipedia:ルネサンス教皇)

ルネサンス級
ルネサンス級(Renaissance class)は『スタートレック』シリーズに登場する架空の宇宙船。惑星連邦所属、宇宙艦隊のスターシップである。 ルネサンス級はアンバサダー級と同時代(24世紀前半)に就航していた宇宙艦である。U.S.S.ルネサンスはネームシップとして就航した艦で、当初は惑星間の人員移動を主な任務と設定された。 後続艦のU.S.S.アリエスは巡回任務の他に、ディープスペース探査任務も行なったとされている。艦の大きさはアンバサダー級より一回り小さいが、フェイザーバンク、魚雷発射管を装備しており戦闘も可能な艦となっている。 当初ルネサンス級3機には脱出ポッドが設計されておらず、後付けで取り付けられている。後続の最終艦で改良型でもあるU.S.S.ホッカイドウには脱出ポッドが設計段階から取り付けられた。 性能 【デッキ数】 19デッキ 【大巡航速度】 ワープ 8.3(2364年に改良されワープ9.2に強化) 【武装】フェイザーアレイ6門     魚雷発射管3門(光子魚雷弾数200) 2372年に量子魚雷に交換。 (Wikipedia:ルネサンス級)

ルネサンス (曖昧さ回避)
ルネサンス (Renaissance)
ルネサンス - 古典回帰の文化的運動
カロリング朝ルネサンス
マケドニア朝ルネサンス
パレオロゴス朝ルネサンス
12世紀ルネサンス
ルネッサンス (バンド) - イギリスのロックバンド。
THE RENAISSANCE - 日本のバンドTHE ALFEEのアルバム。
ルネサンス (スポーツクラブ) - スポーツクラブ運営企業。
cs:Renesance (rozcestník)
Renaissance (disambiguation)
fi:Renesanssi
Renaissance
he:רנסאנס (פירושונים)
it:Renaissance
nl:Renaissance (doorverwijspagina)
oc:Renaissença (omonimia)
pt:Renaissance (desambiguação)
(Wikipedia:ルネサンス (曖昧さ回避))


ルネサンス - 関連ブログ

データが取得できませんでした

ルネサンス - アマゾン検索


「ルネサンス」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す