[PR]

日別キーワード

第19位  靖国神社 - 2018年10月11日


関連するイメージは見つかりませんでした



靖国神社
靖國神社(靖国神社、やすくにじんじゃ)は、東京都千代田区九段北にある神社。 九段坂の坂上に東面して鎮座し、日本の軍人、軍属等を主な祭神として祀る。勅祭社で旧別格官幣社。 境内は、桜の名所として知られる他、大鳥居が東に向いている、数少ない神社の一つでもある。 単立宗教法人(単立神社)であるために、神社本庁との包括関係には属していない。 元来は東京招魂社(とうきょうしょうこんしゃ)という名称であったが、後に現社名靖國神社に改称された。 招魂社であるので、氏子地域は存在しない(当社所在地は築土神社の氏子地域にあたる。)。 創建当初は軍務官(直後に兵部省に改組)が、後に内務省が人事を所管し、大日本帝国陸軍(陸軍省)と同海軍(海軍省)が祭事を統括した(陸海両軍を以下「旧陸海軍」等と略記する)。 1946年(昭和21年)に、日本国政府の管理を離れて東京都知事の認証により、宗教法人法の単立宗教法人となった。 国家神道の代表的施設であり、日本の内閣総理大臣や国務大臣の公式参拝が、しばしば中華人民共和国や大韓民国から国際問題化する(靖国神社問題を参照)。 (Wikipedia:靖国神社)

靖国神社問題
靖国神社問題(やすくにじんじゃもんだい)は、靖國神社(靖国神社)をめぐって議論の対象となる各種の問題を指す。日本のマスメディアでは「靖国問題」と略称することが多い。 靖国神社の前身である東京招魂社は、大村益次郎の発案のもと明治天皇の命により、戊辰戦争の戦死者を祀るために1869年(明治2年)に創建された。後に、1853年(嘉永6年)のアメリカ東インド艦隊の司令官ペリー来航以降の、国内の戦乱に殉じた人達を合わせ祀るようになる。1877年(明治10年)の西南戦争後は、日本を守護するために亡くなった戦没者を慰霊追悼・顕彰するための、施設及びシンボルとなっている。 「国に殉じた先人に、国民の代表者が感謝し、平和を誓うのは当然のこと」という意見の一方、政教分離や、(日清戦争や第一次世界大戦などの戦死者も祀られているにもかかわらず)第二次世界大戦のみにおいて、当時の日本について「侵略だったか自衛だったか」といった歴史認識、また同戦争において日本の支配及び日本軍が送られ犠牲者も出た近隣諸国への配慮からも政治家・行政官の参拝を問題視する意見がある。 (Wikipedia:靖国神社問題)

靖国神社参拝問題
『靖国神社問題』より : 靖国神社問題(やすくにじんじゃもんだい)は、靖國神社(靖国神社)をめぐって議論の対象となる各種の問題を指す。日本のマスメディアでは「靖国問題」と略称することが多い。 靖国神社の前身である東京招魂社は、大村益次郎の発案のもと明治天皇の命により、戊辰戦争の戦死者を祀るために1869年(明治2年)に創建された。後に、1853年(嘉永6年)のアメリカ東インド艦隊の司令官ペリー来航以降の、国内の戦乱に殉じた人達を合わせ祀るようになる。1877年(明治10年)の西南戦争後は、日本を守護するために亡くなった戦没者を慰霊追悼・顕彰するための、施設及びシンボルとなっている。 「国に殉じた先人に、国民の代表者が感謝し、平和を誓うのは当然のこと」という意見の一方、政教分離や、(日清戦争や第一次世界大戦などの戦死者も祀られているにもかかわらず)第二次世界大戦のみにおいて、当時の日本について「侵略だったか自衛だったか」といった歴史認識、また同戦争において日本の支配及び日本軍が送られ犠牲者も出た近隣諸国への配慮からも政治家・行政官の参拝を問題視する意見がある。 (Wikipedia:靖国神社参拝問題)

靖国神社公式参拝
『靖国神社問題』より : 靖国神社問題(やすくにじんじゃもんだい)は、靖國神社(靖国神社)をめぐって議論の対象となる各種の問題を指す。日本のマスメディアでは「靖国問題」と略称することが多い。 靖国神社の前身である東京招魂社は、大村益次郎の発案のもと明治天皇の命により、戊辰戦争の戦死者を祀るために1869年(明治2年)に創建された。後に、1853年(嘉永6年)のアメリカ東インド艦隊の司令官ペリー来航以降の、国内の戦乱に殉じた人達を合わせ祀るようになる。1877年(明治10年)の西南戦争後は、日本を守護するために亡くなった戦没者を慰霊追悼・顕彰するための、施設及びシンボルとなっている。 「国に殉じた先人に、国民の代表者が感謝し、平和を誓うのは当然のこと」という意見の一方、政教分離や、(日清戦争や第一次世界大戦などの戦死者も祀られているにもかかわらず)第二次世界大戦のみにおいて、当時の日本について「侵略だったか自衛だったか」といった歴史認識、また同戦争において日本の支配及び日本軍が送られ犠牲者も出た近隣諸国への配慮からも政治家・行政官の参拝を問題視する意見がある。 (Wikipedia:靖国神社公式参拝)

靖国神社法案
靖国神社法案(やすくにじんじゃほうあん)は、靖国神社を国家管理することを規定した日本の法律案である。
この法案は、靖国神社を日本政府の管理に移し、政府が英霊を慰める儀式・行事を行うこととし、その役員の人事は国が関与し、経費の一部を国が負担及び補助する事を規定している。
政教分離規定への抵触を防ぐため、靖国神社を宗教法人から特殊法人にする、神道祭祀の形式において宗教色を薄める、としている。このため、『この法律において「靖国神社」という名称を用いたのは、靖国神社の創建の由来にかんがみその名称を踏襲したのであつて、靖国神社を宗教団体とする趣旨のものと解釈してはならない。』(第2条)、また『靖国神社は、特定の教義をもち、信者の教化育成をする等宗教的活動をしてはならない。』(第5条)と規定している。
(Wikipedia:靖国神社法案)

靖国神社崇敬奉賛会
靖國神社崇敬奉賛会(靖国神社崇敬奉賛会、やすくにじんじゃすうけいほうさんかい)は、靖国神社の崇敬奉賛を目的とする団体。会長は扇千景。靖国神社の社務所内に事務局を置いている。 「靖国神社御創立百三十周年」の記念事業として、1998年(平成10年)12月17日に旧靖国神社奉賛会と靖国講を統合し、設立された。靖国神社とは別個の組織だが、神社の事業を一体となって支えている。やすくに活世塾も運営している。 主な活動 靖国神社に合祀されている英霊を奉慰顕彰すると共に、その英霊の御心(みこころ)を受け継ぎ、健全なる国民道徳の作興と国家社会の安泰に寄与する事を目的としている。 春季例大祭・秋季例大祭への参加や、シンポジウムや講演会、公開講座などから「靖国神社」について学んだり、ひなまつりやこどもの日、七夕に親子が参加できるイベントや、元日本軍将校の小野田寛郎が理事長を務めた財団法人小野田自然塾でのキャンプなどの活動を行っている。 (Wikipedia:靖国神社崇敬奉賛会)

靖国神社清掃奉仕有志の会
靖国神社清掃奉仕有志の会(やすくにじんじゃせいそうほうしのかい)は、1995年1月7日に設立された奉仕活動団体(人格なき社団)。 皇居の勤労奉仕活動はあるのに靖国神社の勤労奉仕活動がないことに疑問を感じた高柳陽一、松崎一樹、五十嵐博臣、大竹伸右らによって設立された。現在の代表は鈴木信行。代表と事務局長、 清水誠一を除いて特定の会員をもたず、奉仕活動ごとに広く一般から参加者を募っている。 年4回(2月、5月、8月、11月)、靖国神社で清掃奉仕を行っている。また、定期的ではないものの、近県の護国神社で同様の奉仕活動をすることもある。 同会の活動には、鈴木が党代表たる維新政党・新風から多数の参加があり、維新政党・新風本部も公式ホームページにおいて参加を呼びかけている。 関係団体 維新政党・新風 防共新聞 同血社 山河死守青年同盟 野村秋介事務所 國民新聞 (1972年-) 正心塾 全国戦友会連合会 ブルーリボン運動 (北朝鮮拉致問題) 青き旅団 外部リンク 靖国神社清掃奉仕有志の会(公式サイト)。 (Wikipedia:靖国神社清掃奉仕有志の会)


靖国神社 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

靖国神社 - アマゾン検索


「靖国神社」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す