[PR]

日別キーワード

第47位  ひよこ豆 - 2018年10月11日


関連するイメージは見つかりませんでした



ひよこ豆
『ヒヨコマメ』より : ヒヨコマメ(雛豆、学名:Cicer arietinum)はマメ亜科の自殖作物である。 ガルバンソ(スペイン語: Garbanzo)、エジプト豆、チャナ豆などの名でも知られる。 属名 Cicer は「ひよこ豆」を指すローマ時代からのラテン語。種小名 arietinum は「雄羊のような」の意で、豆の形をヒツジの顔面に見立てたもの。 英名 Chickpea は「ひよこみたいな豆の形」による命名であると一般に認識されており、和名の由来ともなっているが、本来は古いフランス語から来た言葉であり、さらにさかのぼれば、この語の前半は属名と同じラテン語: cicer に由来している。「ひよこ豆」の名は一種の民間語源の産物であると言えよう。 中東の「肥沃な三日月地帯」を中心に栽培された。歴史上、最古の記録としてヒヨコマメが登場するのは7500年前、トルコのハジュラルにおいてである。紀元前4000年には地中海一帯に、紀元前2000年にはインドにまで伝播した。特に古代エジプトで栽培が盛んであった。古代ローマにおいてもあらゆる階級に食されるポピュラーな食物であったが、貧困層や農民の食べ物とみなされることもあった。 (Wikipedia:ひよこ豆)


ひよこ豆 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

ひよこ豆 - アマゾン検索


「ひよこ豆」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す