[PR]

日別キーワード

第62位  スイフト - 2018年10月11日


関連するイメージは見つかりませんでした



スイフト
スイフト、スウィフト(英語 swift, SWIFT)の原義は、「速い」。転じて英語圏の姓など。頭文字語では国際銀行間通信協会(The Society for Worldwide Interbank Financial Telecommunication)。 人名 グレアム・スウィフト - イギリスの作家。 ジョナサン・スウィフト - アイルランドの作家。『ガリヴァー旅行記』の作者として著名。 テイラー・スウィフト - アメリカの歌手。 ビル・スウィフト - アメリカの野球選手。1992年に最優秀防御率受賞。 マイケル・スウィフト - カナダのアイスホッケー選手。 ルイス・スウィフト - アメリカの天文学者。スイフト・タットル彗星の第1発見者。 ロバート・スウィフト - アメリカのバスケットボール選手。 人名以外 アマツバメ。特にヨーロッパアマツバメ。 ザ・スウィフト(The Swift) - ピアノを主体としたアメリカのロックバンド。 Swift (ウェブブラウザ) - MS-Windows上で動作するKHTMLエンジン搭載のウェブブラウザ。 (Wikipedia:スイフト)

スイフト (列車)
『宇都宮線』より : 宇都宮線(うつのみやせん)は、東日本旅客鉄道(JR東日本)東北本線のうち、東京都千代田区の東京駅から栃木県那須塩原市の黒磯駅までの区間の愛称である。 2015年3月13日以前は、上野東京ラインが未開業であったため、東京都台東区の上野駅から栃木県那須塩原市の黒磯駅までの区間を宇都宮線と称した。 宇都宮線は、首都東京と埼玉県北東部、茨城県古河周辺、栃木県小山・宇都宮・那須周辺の北関東地域を縦貫する、首都圏地域間輸送を担う路線の一つである。大宮駅から新宿駅経由で横須賀線に直通する湘南新宿ラインの列車が宇都宮駅以南で運行されており、池袋・新宿・渋谷・横浜・鎌倉の周辺各地とも直結している。 また、2015年3月14日の上野東京ラインの開業により、丸の内および、東京駅から東海道線に直通して新橋・品川・川崎・横浜のほか、藤沢・茅ヶ崎・平塚などの湘南地域や、小田原、そして熱海などの伊豆方面へも直結した。 (Wikipedia:スイフト (列車))

スイフトスワロー
名 スイフトスワロー
性 牡馬 牡
色 馬の毛色#鹿毛 鹿毛
種 サラブレッド
生 1977年
死 1996年
父 ノーザンダンサー Northern Dancer
母 Homeward Bound
母父 アリシドン Alycidon
績 0戦0勝
父が歴代でも屈指の実績を残したノーザンダンサー Northern Dancer、母が1964年のオークス 英・オークスとヨークシャーオークスの勝ち馬Homeward Boundという、良血馬であった。当時のアメリカ3歳セールで史上最高額であった510万アメリカ合衆国ドル ドルで落札されたものの、デビュー前の調教で故障し、未出走のまま引退した。
その良血が買われて、日本で種牡馬として供用される。自身はノーザンダンサー産駒の中でも珍しい重厚な中長距離向きの血統であったが、中央競馬では東京優駿 東京優駿(日本ダービー)2着のサニースワロー、そのサニースワローを破って京都新聞杯を制したレオテンザンを輩出。また地方競馬では帝王賞2勝のチャンピオンスターの他、岩手勢で初めてダービーグランプリを制覇し他地区への遠征を続けたスイフトセイダイなどが活躍。芝ダートを問わず様々なタイプの産駒を送り出し、地方競馬のリーディングサイアーにも輝いている。
(Wikipedia:スイフトスワロー)

スイフト・タットル彗星
スイフト・タットル彗星(‐すいせい、スウィフト・タットル彗星、109P/Swift-Tuttle)は、1862年7月にルイス・スウィフトとホレース・タットルが独立発見した、周期133年の周期彗星である。ペルセウス座流星群の母天体でもある。 発見 スイフト・タットル彗星は、1862年7月16日にルイス・スウィフトが、1862年7月19日にホレース・タットルが、互いに独立に発見した。次の回帰予想は1981年~1982年ごろだったが、その年の前後には現れず、行方不明と考えられた。 しかし、イギリスの天文学者・ブライアン・マースデンは、1737年に北京で発見された彗星が同じ彗星だという説をもとに、非重力効果を含めて軌道計算した結果、回帰を1992年11月下旬と予想した。事実、1991年と1992年のペルセウス座流星群は例年より大規模で、回帰が近いと期待された。 そして1992年9月26日UT(9月27日JST)、日本のコメットハンター木内鶴彦が11.5等のスイフト・タットル彗星を再発見した。 (Wikipedia:スイフト・タットル彗星)

スイフトセイダイ
スイフトセイダイ(1986年4月29日 - )とは日本の元競走馬・種牡馬である。岩手勢初のダービーグランプリ制覇、岩手でのグレートホープとのSG対決や南関東でのロジータ、ダイコウガルダンらとの死闘など岩手競馬の黄金期を支えた競走馬である。 競走成績 馬齢は当時の表記にあわせて旧年齢表記とする。 3歳 7月16日に新馬勝ちを収めると、その後は連勝を続け南部駒賞、東北サラブレッド3歳チャンピオンを制するなど9戦9勝の成績を収めた。 4歳 4月16日に始動。スプリングカップでアンダースワローに、続く条件戦ではハイデルスパークに敗れるものの、やまびこ賞、ダイヤモンドカップ、条件戦2戦を連勝し、不来方賞ではのちにライバルとなるグレートホープを抑えて勝利した。そして、第4回ダービーグランプリでは佐賀のギオンアトラスの追い込みを凌いで岩手勢初のダービーグランプリ制覇を達成した。 陣営は次の目標を東京大賞典に定めた。当時の東京大賞典は交流戦ではなかったため、南関東に移籍し、的場文男を鞍上にして出走することになった。 (Wikipedia:スイフトセイダイ)


スイフト - 関連ブログ

データが取得できませんでした

スイフト - アマゾン検索


「スイフト」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す