[PR]

日別キーワード

第92位  街道をゆく - 2018年10月11日


関連するイメージは見つかりませんでした



街道をゆく
『街道をゆく』(かいどうをゆく)は、司馬遼太郎による、読み切りでの紀行集、単行本・文庫版いずれも、朝日新聞出版で新版刊行。1971年(昭和46年)作者47歳の時に「週刊朝日」で連載開始、1996年(平成8年)2月に急逝したことで、43冊目の『濃尾参州記』で絶筆(未完)となった。 日本国内ばかりでなく、アイルランド・オランダ・アメリカ・モンゴル・中国・韓国・台湾などの海外各地も紀行し、その地の歴史・地理・人物に焦点をあて考察し、読者に著者ならではの歴史・文化に対する視点を投げかけている、表題の通り、街道・みちに見地を傾けることで、交通の視点から歴史・風俗を考察するのが、この思索紀行の特徴である。 晩年となった『台湾紀行』では、司馬にしては珍しく台湾問題という政治問題に対し独自に直截な意見を表明した。当時の総統李登輝(司馬作品の愛読者でもある)とも対談(「場所の悲哀」、巻末に掲載)し、李登輝が総統就任後初めて台湾の本土化政策に言及すれば、司馬は両岸問題に対する中国の姿勢を批判した。 (Wikipedia:街道をゆく)


街道をゆく - 関連ブログ

データが取得できませんでした

街道をゆく - アマゾン検索


「街道をゆく」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す