[PR]

日別キーワード

第1位  プリキュア - 2018年10月15日


関連するイメージは見つかりませんでした



プリキュア
プリキュアシリーズは、朝日放送(ABCテレビ)、アサツー ディ・ケイ(ADK)、東映アニメーションが制作、テレビ朝日系列で放送されている日本の女児向けアニメシリーズである。 プリキュアシリーズはABCの日曜朝8時30分のアニメとして制作され、テレビ朝日系列で『明日のナージャ』の後続作品として2004年に放映された『ふたりはプリキュア』の大ヒットから端を発し、以降10年以上にわたってシリーズを重ねている(13年目の2016年は『魔法つかいプリキュア!』を放映中)。東映アニメーションの女児向け作品としては、『美少女戦士セーラームーン』シリーズ以来の新風を巻き起こしている。1シリーズの放送話数は原則、番組単位として1年ごとにリセットされており、各シリーズ間には『映画 プリキュアオールスターズ』などのクロスオーバー作品を除いて『スーパー戦隊シリーズ』と同じく登場人物や世界観などの連続性はない。 (Wikipedia:プリキュア)

プリキュアSS
『ふたりはプリキュア Splash Star』より : 『ふたりはプリキュア Splash Star』(ふたりはプリキュア スプラッシュ スター)は、東映アニメーション制作のアニメ作品。『プリキュアシリーズ』の第3作である。全49話。タイトルロゴにもあるとおり『ふたりはプリキュア Splash☆Star』と☆つきで表記されることもある。 2006年(平成18年)に新たな『ふたりはプリキュア』シリーズとして放送を開始した2代目プリキュア。『Splash Star』とは本作品の世界観をイメージして付けられたものである。2004年(平成16年)の開始の際からスタッフ間で今までのキャラクターのまま続行するか検討した際、「キャラクターを変えてシリーズを続ければどうか」といった提案から企画された番組である。女児向けアニメシリーズがメインキャラクターを一新することは前例になく、当時スタッフ間ではかなりの議論が行われた。そこに至るまでに前作のキャラクターのままシリーズを続投するという選択肢も存在していたが、「従来通りの継続方法では、数年後先細りするかもしれない」という危惧や、オリジナル作品を2年間監督し続けたシリーズディレクターの西尾大介の消耗を感じていたことから新たな方針を提案し、そのまま決定した。 (Wikipedia:プリキュアSS)

プリキュアスプラッシュスター
『ふたりはプリキュア Splash Star』より : 『ふたりはプリキュア Splash Star』(ふたりはプリキュア スプラッシュ スター)は、東映アニメーション制作のアニメ作品。『プリキュアシリーズ』の第3作である。全49話。タイトルロゴにもあるとおり『ふたりはプリキュア Splash☆Star』と☆つきで表記されることもある。 2006年(平成18年)に新たな『ふたりはプリキュア』シリーズとして放送を開始した2代目プリキュア。『Splash Star』とは本作品の世界観をイメージして付けられたものである。2004年(平成16年)の開始の際からスタッフ間で今までのキャラクターのまま続行するか検討した際、「キャラクターを変えてシリーズを続ければどうか」といった提案から企画された番組である。女児向けアニメシリーズがメインキャラクターを一新することは前例になく、当時スタッフ間ではかなりの議論が行われた。そこに至るまでに前作のキャラクターのままシリーズを続投するという選択肢も存在していたが、「従来通りの継続方法では、数年後先細りするかもしれない」という危惧や、オリジナル作品を2年間監督し続けたシリーズディレクターの西尾大介の消耗を感じていたことから新たな方針を提案し、そのまま決定した。 (Wikipedia:プリキュアスプラッシュスター)

プリキュアKids
プリキュアKids (プリキュアキッズ)は、アニメ『ふたりはプリキュア』、およびそのシリーズ作品の主人公たちに扮してステージショーなどのイベントに出演するユニットであった。
テレビアニメ『ふたりはプリキュア』のタイアップ企画として2004年にスタート。番組本編での主人公メンバー追加・変更に合わせて、ユニットの構成も同様に変更される。『おジャ魔女どれみ』の「おジャ魔女Kids」、『明日のナージャ』の「ナージャKids」の後継企画である。
バンダイミュージアムでのショーをメインに活動している他、全国ツアーにも出発している。ショーの内容はアニメのオープニング・エンディングテーマに合わせたダンスを主として、他にトークなどが行われていた。
(Wikipedia:プリキュアKids)

プリキュアオールスターズ
『映画 プリキュアオールスターズDX みんなともだちっ☆奇跡の全員大集合! 』(えいが プリキュアオールスターズデラックス みんなともだちっ きせきのぜんいんだいしゅうごう)は、2009年3月20日公開のアニメ映画。プリキュアシリーズの歴代作品のクロスオーバー作品である。シリーズにおいて過去最高の興収である10億円を達成した。 キャッチコピーは「プリキュアたち14人が夢のコラボ!!」、「力を合わせて、みんなの未来を救え!」。 前年の『映画 Yes!プリキュア5GoGo! お菓子の国のハッピーバースディ♪』で同時上映された短編映画『ちょ〜短編 プリキュアオールスターズ GoGoドリームライブ』の内容を再編集・再構成した、長編作品としては初のオールスターズ映画である。『ふたりはプリキュア』シリーズ、『ふたりはプリキュア Splash Star』、『Yes!プリキュア5』シリーズのプリキュア9人およびシャイニールミナスとミルキィローズ、そして『フレッシュプリキュア!』のキュアピーチ、キュアベリー、キュアパインの3人を加えた延べ14人のプリキュアが世界観を超えて(統一させて)結集し、一つの敵に立ち向かうというストーリーである。 (Wikipedia:プリキュアオールスターズ)

プリキュアシリーズ
プリキュアシリーズは、朝日放送(ABCテレビ)、アサツー ディ・ケイ(ADK)、東映アニメーションが制作、テレビ朝日系列で放送されている日本の女児向けアニメシリーズである。 プリキュアシリーズはABCの日曜朝8時30分のアニメとして制作され、テレビ朝日系列で『明日のナージャ』の後続作品として2004年に放映された『ふたりはプリキュア』の大ヒットから端を発し、以降10年以上にわたってシリーズを重ねている(13年目の2016年は『魔法つかいプリキュア!』を放映中)。東映アニメーションの女児向け作品としては、『美少女戦士セーラームーン』シリーズ以来の新風を巻き起こしている。1シリーズの放送話数は原則、番組単位として1年ごとにリセットされており、各シリーズ間には『映画 プリキュアオールスターズ』などのクロスオーバー作品を除いて『スーパー戦隊シリーズ』と同じく登場人物や世界観などの連続性はない。 (Wikipedia:プリキュアシリーズ)

プリキュア5
『』より : 『Yes!プリキュア5』(イエス・プリキュア・ファイブ)は、東映アニメーション制作のTVアニメ作品。『プリキュアシリーズ』第4作にして3代目のプリキュアである。本項目では第5作にあたる『Yes!プリキュア5GoGo!』(イエス・プリキュア・ファイブ・ゴーゴー)についても解説する。 以下、本項目では『Yes!プリキュア5』を『プリキュア5』または『5』、『Yes!プリキュア5GoGo!』を『GoGo!』と略記する。 当初、2007年は前作『ふたりはプリキュア Splash Star』をもう1年継続する予定だったが、ビジネス的な都合で急遽新しい作品を制作することが決まり、本作品が制作されることとなった。字幕の色は全員赤。 シリーズのコンセプトだった「ふたり」がタイトルから外れ、プリキュアが5人になった。それまでも追加キャラクターを加えた多人数での戦闘はあったが、プリキュアが5人になったことで従来シリーズと一線を画す大きな変更となる。スタッフ達は前作までの思い入れからその変更に対する抵抗感があったという。 (Wikipedia:プリキュア5)

プリキュアキッズ
『』より : (Wikipedia:プリキュアキッズ)


プリキュア - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第2位  ポケモン - 2018年10月17日


関連するイメージは見つかりませんでした



ポケモン
『ポケットモンスター』より : ポケットモンスター(POCKET MONSTERS)は、株式会社ポケモン(発売当初は任天堂)から発売されているゲームソフトシリーズの名称であると同時に同作品に登場する架空の生物の総称であり、それらを題材にしたアニメを始めとするメディアミックス作品群を指す。略称はポケモン(Pokémon)。「モンスターボールに入るとポケットに入るから、ポケモン」という愛称が付けられている。 1996年2月27日にゲームボーイ用ソフト『ポケットモンスター 赤・緑』が発売された。開発元はゲームフリーク。コンセプトメーカーにしてディレクターを務めたのは、同社代表取締役でもある田尻智。この作品が小学生を中心に、口コミから火が点き大ヒットとなり、以降も多くの続編が発売されている(詳しくは「ポケットモンスター(ゲーム)」を参照)。ゲーム本編作品だけでなく、派生作品や関連作品が数多く発売されている(『ポケモン不思議のダンジョン』、『ポケットピカチュウ』など)。 ポケモンはゲームのみならず、アニメ化、キャラクター商品化、カードゲーム化 、アーケードゲーム化され、日本国外でも人気を得ている。 (Wikipedia:ポケモン)

ポケモンスタジアム
『ポケモンスタジアムシリーズ』は、NINTENDO64用のゲームソフトのシリーズ。全3作が任天堂から発売された。64GBパックを用いて、ゲームボーイ版の『ポケットモンスター』シリーズと連動したプレイを楽しむことができる。 本項目では、一作目の『ポケモンスタジアム』および、続編(拡張版、完全版という言葉の方がより的確)の『ポケモンスタジアム2』『ポケモンスタジアム金銀』を取り扱う。後継作品といえる『ポケモンコロシアム』『ポケモンXD 闇の旋風ダーク・ルギア』『ポケモンバトルレボリューション』は別項目を参照。 シリーズ概要と共通システム ポケットモンスターのシステムのひとつである「通信対戦」をクローズアップした作品。1998年に開催された2回目のポケモンリーグ(ポケモンの公式大会。通信対戦による全国大会)に先駆ける形で1作目が発売され、後のシリーズも公式大会の前に発売された。前年のおよび当年の対戦ルールに則った対戦方式が必ず存在している。これら公式大会や『64マリオスタジアム』で行われていたポケモンの大会は、ポケモンスタジアムシリーズを用いて行われていた(本シリーズ発売以前はモニターとスーパーファミコン・スーパーゲームボーイを2台ずつ用意して対戦していた)。 (Wikipedia:ポケモンスタジアム)

ポケモンスタジアム2
『ポケモンスタジアム』より : 『ポケモンスタジアムシリーズ』は、NINTENDO64用のゲームソフトのシリーズ。全3作が任天堂から発売された。64GBパックを用いて、ゲームボーイ版の『ポケットモンスター』シリーズと連動したプレイを楽しむことができる。 本項目では、一作目の『ポケモンスタジアム』および、続編(拡張版、完全版という言葉の方がより的確)の『ポケモンスタジアム2』『ポケモンスタジアム金銀』を取り扱う。後継作品といえる『ポケモンコロシアム』『ポケモンXD 闇の旋風ダーク・ルギア』『ポケモンバトルレボリューション』は別項目を参照。 シリーズ概要と共通システム ポケットモンスターのシステムのひとつである「通信対戦」をクローズアップした作品。1998年に開催された2回目のポケモンリーグ(ポケモンの公式大会。通信対戦による全国大会)に先駆ける形で1作目が発売され、後のシリーズも公式大会の前に発売された。前年のおよび当年の対戦ルールに則った対戦方式が必ず存在している。これら公式大会や『64マリオスタジアム』で行われていたポケモンの大会は、ポケモンスタジアムシリーズを用いて行われていた(本シリーズ発売以前はモニターとスーパーファミコン・スーパーゲームボーイを2台ずつ用意して対戦していた)。 (Wikipedia:ポケモンスタジアム2)

ポケモンスタジアム金銀
『ポケモンスタジアム』より : 『ポケモンスタジアムシリーズ』は、NINTENDO64用のゲームソフトのシリーズ。全3作が任天堂から発売された。64GBパックを用いて、ゲームボーイ版の『ポケットモンスター』シリーズと連動したプレイを楽しむことができる。 本項目では、一作目の『ポケモンスタジアム』および、続編(拡張版、完全版という言葉の方がより的確)の『ポケモンスタジアム2』『ポケモンスタジアム金銀』を取り扱う。後継作品といえる『ポケモンコロシアム』『ポケモンXD 闇の旋風ダーク・ルギア』『ポケモンバトルレボリューション』は別項目を参照。 シリーズ概要と共通システム ポケットモンスターのシステムのひとつである「通信対戦」をクローズアップした作品。1998年に開催された2回目のポケモンリーグ(ポケモンの公式大会。通信対戦による全国大会)に先駆ける形で1作目が発売され、後のシリーズも公式大会の前に発売された。前年のおよび当年の対戦ルールに則った対戦方式が必ず存在している。これら公式大会や『64マリオスタジアム』で行われていたポケモンの大会は、ポケモンスタジアムシリーズを用いて行われていた(本シリーズ発売以前はモニターとスーパーファミコン・スーパーゲームボーイを2台ずつ用意して対戦していた)。 (Wikipedia:ポケモンスタジアム金銀)

ポケモン不思議のダンジョン 青の救助隊・赤の救助隊
Title ポケモン不思議のダンジョン青の救助隊・赤の救助隊
Genre ダンジョンRPG
Plat 青の救助隊:ニンテンドーDS赤の救助隊:ゲームボーイアドバンス
Dev チュンソフト
Pub 株式会社ポケモン任天堂(販売元)
Play 1人
Media 青の救助隊:256MbitDSカード赤の救助隊:ロムカセット
Rating コンピュータエンターテインメントレーティング機構 CERO:全年齢対象
『ポケモン不思議のダンジョン 青の救助隊・赤の救助隊』(ポケモンふしぎのダンジョン あおのきゅうじょたい・あかのきゅうじょたい)は、チュンソフトが開発し、2005年11月17日にポケモン (企業) ポケモンから発売されたコンピュータゲーム。
ニンテンドーDS版『ポケモン不思議のダンジョン 青の救助隊』とゲームボーイアドバンス版『ポケモン不思議のダンジョン 赤の救助隊』の2つのバージョンからなる。『不思議のダンジョン』シリーズのポケモン版として製作されたRPGである。
(Wikipedia:ポケモン不思議のダンジョン 青の救助隊・赤の救助隊)

ポケモンの特性
『ポケットモンスターの特性一覧』より : ポケットモンスターの特性一覧(ポケットモンスターのとくせいいちらん)は、ゲーム『ポケットモンスター』のポケモンのステータスの1つ、「とくせい」の一覧。『エメラルド』以降で追加されているフィールド上での効果は、記述がない限り、その特性を持つポケモンが手持ちの先頭にいる場合のみ(「ひんし」状態でも)効果を発揮する。 #印は、『ハイリンク』(ブラック・ホワイト)、『隠し穴』(ブラック2・ホワイト2)、『群れバトル』(X・Y)、『図鑑ナビのサーチモード』(オメガルビー・アルファサファイア)などで捕まえたポケモンが持つ「隠れ特性」。 あ行 アイスボディ 天気が「あられ」の時、ターン終了時に「HP」を最大の1/8だけ回復する。 この特性を持つポケモン:ユキワラシ、タマザラシ、バニプッチ、カチコール、パウワウ#、グレイシア# あくしゅう 野生のポケモンが出にくくなる。 『第五世代』からは、ダメージを与えた相手を1割の確率でひるませる効果が追加。 この特性を持つポケモン:ベトベター、スカンプー、ヤブクロン、クサイハナ# あついしぼう ほのお・こおりタイプの技を受けた時のダメージが半減する。 (Wikipedia:ポケモンの特性)

ポケモンカードゲーム
ポケモンカードゲーム (Pokémon Card Game) は、コンピュータゲームシリーズ『ポケットモンスター』を題材としたトレーディングカードゲーム(TCG)。通称および略称はポケカ、PCGまたはPTCG(Pokémon TCG の略)。製造元は任天堂、発売元は株式会社ポケモンである。 『ポケットモンスター』シリーズ(以下、ゲーム版という)内でのポケモンバトルを再現したカードゲーム(以下、TCG版という)。ただし、ゲーム版を原作としているわけではなく、ゲームボーイソフト『ポケットモンスター 赤・緑』と同時開発されていた。それゆえ、設定の相違が度々発生している。「任天堂ブランド(当時)のゲームを題材として任天堂が製造しているのに、発売元が任天堂でない」という矛盾点もあるが、これはゲーム版発売前の段階で打診されたときに、まだポケットモンスターの評価があまり高くない時期であったゆえに「製造は請け負うが、発売元としてのリスクは負わない」という見解が任天堂から出たためである。 (Wikipedia:ポケモンカードゲーム)

ポケモンカード
『ポケモンカードゲーム』より : ポケモンカードと呼ばれる、『ポケットモンスター(ポケモン)』を題材にしたカードは複数存在する。 ポケモンカードゲームシリーズ -- 株式会社ポケモン(以前はメディアファクトリーより発売)のトレーディングカードゲーム ポケモンずかんカードシリーズ -- バンダイのトレーディングカード(カードダス) ポケモンバトルカードe+シリーズ -- 任天堂のカードe+。ポケモンカードゲームのシリーズの一つであるポケモンカードeとは異なる。このほか、バンプレストといった玩具メーカーや、トップ製菓や明治製菓(現・株式会社明治)といった製菓会社から、各社オリジナルのカードが発売された。 また、ポケモンをデザインしたSuicaなどの乗車カードや、電子マネーのEdy(現・楽天Edy)カードが限定発売されたこともある。 (Wikipedia:ポケモンカード)

ポケモンジャングル
ポケモンカードゲームの発売タイトル一覧(ポケモンカードゲームのはつばいタイトルいちらん)では、発売されたポケモンカードゲームの商品についてシリーズごとに述べる。 ポケットモンスターカードゲーム ゲーム版『赤・緑』をテーマとした最初のシリーズ。 拡張パック 拡張パック第1弾 スターターパックと同時に発売された。フシギバナ、リザードン、カメックスをはじめ、人気の高いポケモンが多く収録されている。また、山札からカードを引ける「オーキドはかせ」「マサキ」、ポケモンのHPを回復する「ポケモンセンター」「きずぐすり」、相手を妨害する「突風」「エネルギーリムーブ」など、基本的なトレーナーのカードが多く含まれる。 拡張パック第2弾 ポケモンジャングル テーマは「サファリゾーン」。サファリゾーンに出現するポケモンが多く収録されており、草ポケモンが多く含まれている。また、このパック唯一のトレーナーカードとして「モンスターボール」が登場している。 拡張パック第3弾 化石の秘密 化石から復活した古代のポケモン、オムナイト、カブト、プテラが登場する。 (Wikipedia:ポケモンジャングル)

ポケモンレンジャーと蒼海の王子マナフィ
『劇場版ポケットモンスター アドバンスジェネレーション ポケモンレンジャーと蒼海の王子 マナフィ』より : 『劇場版ポケットモンスターアドバンスジェネレーション ポケモンレンジャーと蒼海の王子 マナフィ』(げきじょうばんポケットモンスターアドバンスジェネレーション ポケモンレンジャーとうみのおうじ マナフィ)は、2006年7月15日から公開されたテレビアニメ『ポケットモンスター』の劇場版第9作である。 アドバンスジェネレーションとしては最後の作品となる。興行収入34億円。 前売り券には『ポケモンレンジャー』で遊べる極秘ミッション(Wミッション)の引換券がついており、それをクリアするとマナフィのタマゴがもらえ、『ダイヤモンド・パール』にマナフィのタマゴを送ることができた(マナフィのタマゴが孵化するのは9月28日で、『ダイヤモンド・パール』の発売日と同じである)。DVDにも初回限定でマナフィの引換券がついている。 映画の舞台となった海のモデルは、イタリアのナポリとカプリ島の海である。また、海底神殿「アクーシャ」のモデルは、ナポリやローマの遺跡群である。 ポケモン映画初の韓国との同時期公開(韓国では2006年7月20日公開)。 (Wikipedia:ポケモンレンジャーと蒼海の王子マナフィ)

ポケモン金銀
『ポケットモンスター 金・銀』より : 『ポケットモンスター 金・銀』(ポケットモンスター きん・ぎん)は、1999年11月21日に任天堂から発売されたゲームボーイ用ロールプレイングゲーム『ポケットモンスター 金』と『ポケットモンスター 銀』の総称である。この項目では、『ポケットモンスター 金』と『ポケットモンスター 銀』および、2000年12月14日に発売されたこれらの別バージョンである『ポケットモンスター クリスタルバージョン』を扱う。 本作のリメイクについては、『ポケットモンスター ハートゴールド・ソウルシルバー』を参照すること。 『ポケットモンスター 金』と『ポケットモンスター 銀』は、『ポケットモンスター 赤・緑・青・ピカチュウ』の続編であり、『ポケットモンスター』シリーズの2作目にあたる。初代である前作『赤・緑』以降初の、『青』などのバージョン違いと異なる完全な新作である。パッケージのポケモンは、『金』がホウオウ、『銀』がルギア(今作以降、『ポケットモンスター』シリーズは全てパッケージを飾るポケモンが伝説のポケモンとなる)。 (Wikipedia:ポケモン金銀)

ポケモンXD 闇の旋風ダーク・ルギア
『ポケモンXD 闇の旋風ダーク・ルギア』(ポケモンエックスディー やみのかぜダーク・ルギア)は、2005年8月4日に任天堂から発売されたニンテンドーゲームキューブ用ゲームソフト。ポケットモンスターシリーズの一つで、『ポケモンスタジアムシリーズ』からの派生作品の一つであり、『ポケモンコロシアム』の直接の続編である。 ポケモンの本格RPGという触れ込みで登場した。前作『ポケモンコロシアム』と同様に、謎の組織との戦いを繰り広げながら、彼らによってココロを閉ざされ戦闘マシーンと化したポケモン「ダークポケモン」を「スナッチ」(奪い取ること)し、「リライブ」という手段でココロを開き、元のポケモンに戻していくことが冒険の目的であるが、前作と異なり、わずかながら野生のポケモンも出現する。 (Wikipedia:ポケモンXD 闇の旋風ダーク・ルギア)

ポケモンXD
『ポケモンXD 闇の旋風ダーク・ルギア』より : 『ポケモンXD 闇の旋風ダーク・ルギア』(ポケモンエックスディー やみのかぜダーク・ルギア)は、2005年8月4日に任天堂から発売されたニンテンドーゲームキューブ用ゲームソフト。ポケットモンスターシリーズの一つで、『ポケモンスタジアムシリーズ』からの派生作品の一つであり、『ポケモンコロシアム』の直接の続編である。 ポケモンの本格RPGという触れ込みで登場した。前作『ポケモンコロシアム』と同様に、謎の組織との戦いを繰り広げながら、彼らによってココロを閉ざされ戦闘マシーンと化したポケモン「ダークポケモン」を「スナッチ」(奪い取ること)し、「リライブ」という手段でココロを開き、元のポケモンに戻していくことが冒険の目的であるが、前作と異なり、わずかながら野生のポケモンも出現する。 (Wikipedia:ポケモンXD)

ポケモン不思議のダンジョン
「不思議のダンジョン」(ふしぎのダンジョン)または「不思議なダンジョン」(ふしぎなダンジョン)は、スパイク・チュンソフトおよび同社の前身であるチュンソフトが開発、もしくはタイトル使用許諾をしたローグライクゲームのタイトルに使われるフレーズ。 1993年にドラゴンクエストシリーズの世界観を用いた『トルネコの大冒険 不思議のダンジョン』が発売され、これが「不思議のダンジョン」を冠した最初のゲーム作品となった。2年後の1995年には第2作として、新たな世界設定の『不思議のダンジョン2 風来のシレン』が登場。その後もさまざまな作品が発売されている。 『ポケモン不思議のダンジョン』以降におけるチュンソフト製作品の日本国外リリースの際は“Mystery Dungeon”という英訳が使われている。 作品一覧 SFC=スーパーファミコン、N64=NINTENDO64、Wii=Wii、PS=PlayStation、PS2=PlayStation 2、DC=ドリームキャスト、GB=ゲームボーイ、GBC=ゲームボーイカラー、GBA=ゲームボーイアドバンス、DS=ニンテンドーDS、3DS=ニンテンドー3DS、WS=ワンダースワン、PSP=PlayStation Portable、PSV=PlayStation Vita、Win=Microsoft Windows ドラゴンクエスト関連作品 『ドラゴンクエスト』シリーズのキャラクターを用いた作品。 (Wikipedia:ポケモン不思議のダンジョン)

ポケモン不思議のダンジョン 赤の救助隊
『ポケモン不思議のダンジョン』より : 『ポケモン不思議のダンジョン 青の救助隊・赤の救助隊』(ポケモンふしぎのダンジョン あおのきゅうじょたい・あかのきゅうじょたい)は、チュンソフトが開発し、2005年11月17日にポケモンから発売されたコンピュータゲーム。 ニンテンドーDS版『ポケモン不思議のダンジョン 青の救助隊』(ポケモンふしぎのダンジョン あおのきゅうじょたい)とゲームボーイアドバンス版『ポケモン不思議のダンジョン 赤の救助隊』(ポケモンふしぎのダンジョン あかのきゅうじょたい)の2つのバージョンからなる。『不思議のダンジョン』シリーズのポケモン版として製作されたRPGである。 本項では、このゲームを元にして作られた漫画作品『ポケモン不思議のダンジョン ギンジの救助隊』および短編アニメ『ポケモン不思議のダンジョン 出動ポケモン救助隊ガンバルズ!』についても記述する。 ある日突然、ポケモンになってしまった主人公はポケモンだけが暮らす世界で友達(パートナー)になったポケモンと救助隊を結成し、ポケモン達からの依頼をクリアしながらポケモンになった謎を探す事になる。 (Wikipedia:ポケモン不思議のダンジョン 赤の救助隊)

ポケモン不思議のダンジョン 青の救助隊
『ポケモン不思議のダンジョン』より : 『ポケモン不思議のダンジョン 青の救助隊・赤の救助隊』(ポケモンふしぎのダンジョン あおのきゅうじょたい・あかのきゅうじょたい)は、チュンソフトが開発し、2005年11月17日にポケモンから発売されたコンピュータゲーム。 ニンテンドーDS版『ポケモン不思議のダンジョン 青の救助隊』(ポケモンふしぎのダンジョン あおのきゅうじょたい)とゲームボーイアドバンス版『ポケモン不思議のダンジョン 赤の救助隊』(ポケモンふしぎのダンジョン あかのきゅうじょたい)の2つのバージョンからなる。『不思議のダンジョン』シリーズのポケモン版として製作されたRPGである。 本項では、このゲームを元にして作られた漫画作品『ポケモン不思議のダンジョン ギンジの救助隊』および短編アニメ『ポケモン不思議のダンジョン 出動ポケモン救助隊ガンバルズ!』についても記述する。 ある日突然、ポケモンになってしまった主人公はポケモンだけが暮らす世界で友達(パートナー)になったポケモンと救助隊を結成し、ポケモン達からの依頼をクリアしながらポケモンになった謎を探す事になる。 (Wikipedia:ポケモン不思議のダンジョン 青の救助隊)

ポケモンカードGB
『ポケモンカードGB』(ポケモンカード ジービー)とはゲームボーイカラー・ゲームボーイ用のゲームソフトで、トレーディングカードゲームである『ポケモンカードゲーム』を再現したものである。1作目の『ポケモンカードGB』は任天堂より1998年12月18日に発売され、『ポケモンカードGB2 GR団参上!』(ポケモンカード ジービーツー グレートロケットだんさんじょう)はポケモンより2001年3月28日に発売された。本項目では2作をともに扱う。 ゲームシステム 本編の『ポケットモンスター』風のマップ画面で主人公を操作し、ノンプレイヤーキャラクターとの会話やカード対戦を通じてストーリーが進む。ゲームボーイ向けに若干変更されているが、基本的なルールは当時のポケモンカードゲームと同一である。敵との対戦や様々なイベントでカードを集め、プレイヤーのデッキを自由に組むことができる。 通信ケーブルを利用した通信対戦や、赤外線通信を用いたカードの交換も可能である。しかしごく一部の特殊なカード(後述)を除いて、通信プレイを行わなくてもコンプリートすることが可能である。 (Wikipedia:ポケモンカードGB)

ポケモンカードGB2 GR団参上!
『ポケモンカードGB』より : 『ポケモンカードGB』(ポケモンカード ジービー)とはゲームボーイカラー・ゲームボーイ用のゲームソフトで、トレーディングカードゲームである『ポケモンカードゲーム』を再現したものである。1作目の『ポケモンカードGB』は任天堂より1998年12月18日に発売され、『ポケモンカードGB2 GR団参上!』(ポケモンカード ジービーツー グレートロケットだんさんじょう)はポケモンより2001年3月28日に発売された。本項目では2作をともに扱う。 ゲームシステム 本編の『ポケットモンスター』風のマップ画面で主人公を操作し、ノンプレイヤーキャラクターとの会話やカード対戦を通じてストーリーが進む。ゲームボーイ向けに若干変更されているが、基本的なルールは当時のポケモンカードゲームと同一である。敵との対戦や様々なイベントでカードを集め、プレイヤーのデッキを自由に組むことができる。 通信ケーブルを利用した通信対戦や、赤外線通信を用いたカードの交換も可能である。しかしごく一部の特殊なカード(後述)を除いて、通信プレイを行わなくてもコンプリートすることが可能である。 (Wikipedia:ポケモンカードGB2 GR団参上!)

ポケモンコロシアム
『ポケモンコロシアム』は、2003年11月21日に任天堂から発売されたニンテンドーゲームキューブ用ゲームソフト。 「対戦モード」でゲームボーイアドバンス(以下「GBA」)版のポケモンシリーズとGBAケーブルを用いた連携により3D画面でポケモン対戦を楽しんだり、「シナリオモード」でシリーズ初の本格派3DRPGを楽しむことができる。2つのモードの世界観は共通であるが、それぞれが独立したゲームである。 キャラクターデザイン・アートディレクションにヒロモト森一を起用し、西部劇風のサイバーパンクとでも言うべき、従来のポケモンとは一線を画す雰囲気も特徴的。ただし本編と異なる世界や時間軸というわけではなく、あくまでも「遠く離れた地方」という位置付けである。 本作は株式会社ジニアス・ソノリティの処女作でもある。また、直接の続編として『ポケモンXD 闇の旋風ダーク・ルギア』がある。 対戦モード GBA用ソフト『ポケットモンスター ルビー・サファイア』(後に発売された『ポケットモンスター ファイアレッド・リーフグリーン』『ポケットモンスター エメラルド』にも対応。 (Wikipedia:ポケモンコロシアム)

ポケモンレンジャー
『ポケモンレンジャー』は、ポケモンから発売された、任天堂の携帯型ゲーム機向けコンピュータゲームのシリーズと、それに登場する職業。 ポケモンレンジャー 『ポケモンレンジャー』(Pokémon Ranger)は2006年3月23日にポケモンから発売されたニンテンドーDS用のゲームソフト。ジャンルはアクションアドベンチャー(アクションRPG)。シリーズ1作目である。ポケモンだいすきクラブにて、シナリオ・日下秀憲、漫画・山本サトシによって「ポケモンレンジャーthe Comic」の題名でWEBコミックが連載されていた。 システム = キャプチャ = レンジャーがスタイラーを使って野生ポケモンと気持ちを通わせる行為をキャプチャという。キャプチャしたポケモンは仲間のポケモンとなって、一度だけ力を借りることができる。 キャプチャはタッチペンで操作し、ポケモンを規定回数以上囲んでタッチペンを離すことでキャプチャすることができる。ただし、ポケモンがキャプチャ・ラインに接触したり、攻撃に当たるとラインが切られてしまい失敗したことになり、もう一度最初から囲みなおすことになる。 (Wikipedia:ポケモンレンジャー)


ポケモン - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第3位  ノーヒットノーラン - 2018年10月17日


関連するイメージは見つかりませんでした



ノーヒットノーラン
ノーヒットノーラン(英: No-hitter, no-no)とは、野球、ソフトボールの試合における記録のひとつで、投手が相手チームに安打を与えないことを指す。 以下の項では、主として日本などにおけるノーヒットノーラン(無安打無得点試合)、メジャーリーグベースボールにおけるノーヒッター(無安打試合)について記述する。 野球・ソフトボールの試合において、投手が相手チームに安打を(日本では得点も)許さずに勝利することを言う。「ノーヒットノーラン」は和製英語で、「ノー」は「無」、「ヒット」は「安打」、「ラン」は「得点」を意味し、日本語では無安打無得点試合(むあんだむとくてんじあい)または無安打無失点試合(むあんだむしってんじあい)と言う。正式な英語ではno-hitterまたはno-noと呼ばれる。後者の呼び方は日本においても普及してきている。 安打のみならず一人のランナーすらも出させずに完封勝利を挙げた場合は完全試合(パーフェクトゲーム)となる。「ノーヒットノーラン」という場合は四球、死球、失策、野手選択、振り逃げのいずれかによる出塁を許したことを含意する。 (Wikipedia:ノーヒットノーラン)

ノーヒットノーラン達成者一覧
ノーヒットノーラン達成者一覧は日本プロ野球(NPB)におけるノーヒットノーラン(無安打無得点試合)とメジャーリーグベースボール(MLB)におけるノーヒッター(無安打試合)の一覧である。この中には完全試合も含む。 メジャーリーグ メジャーリーグでは計294回ノーヒッター達成。継投によるノーヒッター、失点を含むノーヒッターも公式記録として含まれる。 現存する球団ではサンディエゴ・パドレスのみノーヒッター達成がない。 凡例太字は完全試合を表す。 ()内の表記は達成回数は単位無し、投球回については(-回)と表記する。 所属は達成投手の所属リーグを以下の略記で示す。NL:ナショナルリーグ AL:アメリカンリーグ IL:インターリーグ(交流戦) NLDS:ナショナルリーグディビジョンシリーズ WS:ワールドシリーズ AA:アメリカン・アソシエーション UA:ユニオン・アソシエーション FL:フェデラル・リーグ PL:プレイヤーズ・リーグ = 球団別 = (現存する球団のみ集計、前身球団を含む) 日本プロ野球 日本プロ野球では2015年シーズン現在、延べ78人が計89回(3回達成が2人、2回達成が7人)のノーヒットノーランを記録(2015年は達成者なし)。 (Wikipedia:ノーヒットノーラン達成者一覧)


ノーヒットノーラン - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第4位  安倍晋三 - 2018年10月17日


関連するイメージは見つかりませんでした



安倍晋三
安倍 晋三(あべ しんぞう、1954年(昭和29年)9月21日 - )は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員(8期)、内閣総理大臣(第96・97代)(再登板)、自由民主党総裁(第25代)(同)。内閣官房長官、内閣総理大臣(第90代)、自由民主党幹事長、自由民主党総裁(第21代)を歴任した。 成蹊大学卒業後、神戸製鋼所社員、外務大臣秘書官を経て衆議院議員となる。内閣官房副長官、自由民主党幹事長(第37代)、同幹事長代理、内閣官房長官(第72代)などを歴任。2006年(平成18年)9月26日に戦後最年少の52歳で自由民主党総裁(第21代)、内閣総理大臣(第90代)に就任するも、2007年(平成19年)に第21回参議院議員通常選挙での敗北と、体調の悪化を理由に同職を退任。2012年(平成24年)9月、自由民主党総裁に再就任、同年12月26日に内閣総理大臣に再就任した(内閣総理大臣を辞職して期間を置いて再登板した事例は、1948年(昭和23年)の吉田茂以来64年ぶり)。 (Wikipedia:安倍晋三)


安倍晋三 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第5位  amazon.co.jp - 2018年10月17日


関連するイメージは見つかりませんでした




amazon.co.jp - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す