[PR]

日別キーワード

第1位  ポケモン - 2018年10月17日


関連するイメージは見つかりませんでした



ポケモン
『ポケットモンスター』より : ポケットモンスター(POCKET MONSTERS)は、株式会社ポケモン(発売当初は任天堂)から発売されているゲームソフトシリーズの名称であると同時に同作品に登場する架空の生物の総称であり、それらを題材にしたアニメを始めとするメディアミックス作品群を指す。略称はポケモン(Pokémon)。「モンスターボールに入るとポケットに入るから、ポケモン」という愛称が付けられている。 1996年2月27日にゲームボーイ用ソフト『ポケットモンスター 赤・緑』が発売された。開発元はゲームフリーク。コンセプトメーカーにしてディレクターを務めたのは、同社代表取締役でもある田尻智。この作品が小学生を中心に、口コミから火が点き大ヒットとなり、以降も多くの続編が発売されている(詳しくは「ポケットモンスター(ゲーム)」を参照)。ゲーム本編作品だけでなく、派生作品や関連作品が数多く発売されている(『ポケモン不思議のダンジョン』、『ポケットピカチュウ』など)。 ポケモンはゲームのみならず、アニメ化、キャラクター商品化、カードゲーム化 、アーケードゲーム化され、日本国外でも人気を得ている。 (Wikipedia:ポケモン)

ポケモンスタジアム
『ポケモンスタジアムシリーズ』は、NINTENDO64用のゲームソフトのシリーズ。全3作が任天堂から発売された。64GBパックを用いて、ゲームボーイ版の『ポケットモンスター』シリーズと連動したプレイを楽しむことができる。 本項目では、一作目の『ポケモンスタジアム』および、続編(拡張版、完全版という言葉の方がより的確)の『ポケモンスタジアム2』『ポケモンスタジアム金銀』を取り扱う。後継作品といえる『ポケモンコロシアム』『ポケモンXD 闇の旋風ダーク・ルギア』『ポケモンバトルレボリューション』は別項目を参照。 シリーズ概要と共通システム ポケットモンスターのシステムのひとつである「通信対戦」をクローズアップした作品。1998年に開催された2回目のポケモンリーグ(ポケモンの公式大会。通信対戦による全国大会)に先駆ける形で1作目が発売され、後のシリーズも公式大会の前に発売された。前年のおよび当年の対戦ルールに則った対戦方式が必ず存在している。これら公式大会や『64マリオスタジアム』で行われていたポケモンの大会は、ポケモンスタジアムシリーズを用いて行われていた(本シリーズ発売以前はモニターとスーパーファミコン・スーパーゲームボーイを2台ずつ用意して対戦していた)。 (Wikipedia:ポケモンスタジアム)

ポケモンスタジアム2
『ポケモンスタジアム』より : 『ポケモンスタジアムシリーズ』は、NINTENDO64用のゲームソフトのシリーズ。全3作が任天堂から発売された。64GBパックを用いて、ゲームボーイ版の『ポケットモンスター』シリーズと連動したプレイを楽しむことができる。 本項目では、一作目の『ポケモンスタジアム』および、続編(拡張版、完全版という言葉の方がより的確)の『ポケモンスタジアム2』『ポケモンスタジアム金銀』を取り扱う。後継作品といえる『ポケモンコロシアム』『ポケモンXD 闇の旋風ダーク・ルギア』『ポケモンバトルレボリューション』は別項目を参照。 シリーズ概要と共通システム ポケットモンスターのシステムのひとつである「通信対戦」をクローズアップした作品。1998年に開催された2回目のポケモンリーグ(ポケモンの公式大会。通信対戦による全国大会)に先駆ける形で1作目が発売され、後のシリーズも公式大会の前に発売された。前年のおよび当年の対戦ルールに則った対戦方式が必ず存在している。これら公式大会や『64マリオスタジアム』で行われていたポケモンの大会は、ポケモンスタジアムシリーズを用いて行われていた(本シリーズ発売以前はモニターとスーパーファミコン・スーパーゲームボーイを2台ずつ用意して対戦していた)。 (Wikipedia:ポケモンスタジアム2)

ポケモンスタジアム金銀
『ポケモンスタジアム』より : 『ポケモンスタジアムシリーズ』は、NINTENDO64用のゲームソフトのシリーズ。全3作が任天堂から発売された。64GBパックを用いて、ゲームボーイ版の『ポケットモンスター』シリーズと連動したプレイを楽しむことができる。 本項目では、一作目の『ポケモンスタジアム』および、続編(拡張版、完全版という言葉の方がより的確)の『ポケモンスタジアム2』『ポケモンスタジアム金銀』を取り扱う。後継作品といえる『ポケモンコロシアム』『ポケモンXD 闇の旋風ダーク・ルギア』『ポケモンバトルレボリューション』は別項目を参照。 シリーズ概要と共通システム ポケットモンスターのシステムのひとつである「通信対戦」をクローズアップした作品。1998年に開催された2回目のポケモンリーグ(ポケモンの公式大会。通信対戦による全国大会)に先駆ける形で1作目が発売され、後のシリーズも公式大会の前に発売された。前年のおよび当年の対戦ルールに則った対戦方式が必ず存在している。これら公式大会や『64マリオスタジアム』で行われていたポケモンの大会は、ポケモンスタジアムシリーズを用いて行われていた(本シリーズ発売以前はモニターとスーパーファミコン・スーパーゲームボーイを2台ずつ用意して対戦していた)。 (Wikipedia:ポケモンスタジアム金銀)

ポケモン不思議のダンジョン 青の救助隊・赤の救助隊
Title ポケモン不思議のダンジョン青の救助隊・赤の救助隊
Genre ダンジョンRPG
Plat 青の救助隊:ニンテンドーDS赤の救助隊:ゲームボーイアドバンス
Dev チュンソフト
Pub 株式会社ポケモン任天堂(販売元)
Play 1人
Media 青の救助隊:256MbitDSカード赤の救助隊:ロムカセット
Rating コンピュータエンターテインメントレーティング機構 CERO:全年齢対象
『ポケモン不思議のダンジョン 青の救助隊・赤の救助隊』(ポケモンふしぎのダンジョン あおのきゅうじょたい・あかのきゅうじょたい)は、チュンソフトが開発し、2005年11月17日にポケモン (企業) ポケモンから発売されたコンピュータゲーム。
ニンテンドーDS版『ポケモン不思議のダンジョン 青の救助隊』とゲームボーイアドバンス版『ポケモン不思議のダンジョン 赤の救助隊』の2つのバージョンからなる。『不思議のダンジョン』シリーズのポケモン版として製作されたRPGである。
(Wikipedia:ポケモン不思議のダンジョン 青の救助隊・赤の救助隊)

ポケモンの特性
『ポケットモンスターの特性一覧』より : ポケットモンスターの特性一覧(ポケットモンスターのとくせいいちらん)は、ゲーム『ポケットモンスター』のポケモンのステータスの1つ、「とくせい」の一覧。『エメラルド』以降で追加されているフィールド上での効果は、記述がない限り、その特性を持つポケモンが手持ちの先頭にいる場合のみ(「ひんし」状態でも)効果を発揮する。 #印は、『ハイリンク』(ブラック・ホワイト)、『隠し穴』(ブラック2・ホワイト2)、『群れバトル』(X・Y)、『図鑑ナビのサーチモード』(オメガルビー・アルファサファイア)などで捕まえたポケモンが持つ「隠れ特性」。 あ行 アイスボディ 天気が「あられ」の時、ターン終了時に「HP」を最大の1/8だけ回復する。 この特性を持つポケモン:ユキワラシ、タマザラシ、バニプッチ、カチコール、パウワウ#、グレイシア# あくしゅう 野生のポケモンが出にくくなる。 『第五世代』からは、ダメージを与えた相手を1割の確率でひるませる効果が追加。 この特性を持つポケモン:ベトベター、スカンプー、ヤブクロン、クサイハナ# あついしぼう ほのお・こおりタイプの技を受けた時のダメージが半減する。 (Wikipedia:ポケモンの特性)

ポケモンカードゲーム
ポケモンカードゲーム (Pokémon Card Game) は、コンピュータゲームシリーズ『ポケットモンスター』を題材としたトレーディングカードゲーム(TCG)。通称および略称はポケカ、PCGまたはPTCG(Pokémon TCG の略)。製造元は任天堂、発売元は株式会社ポケモンである。 『ポケットモンスター』シリーズ(以下、ゲーム版という)内でのポケモンバトルを再現したカードゲーム(以下、TCG版という)。ただし、ゲーム版を原作としているわけではなく、ゲームボーイソフト『ポケットモンスター 赤・緑』と同時開発されていた。それゆえ、設定の相違が度々発生している。「任天堂ブランド(当時)のゲームを題材として任天堂が製造しているのに、発売元が任天堂でない」という矛盾点もあるが、これはゲーム版発売前の段階で打診されたときに、まだポケットモンスターの評価があまり高くない時期であったゆえに「製造は請け負うが、発売元としてのリスクは負わない」という見解が任天堂から出たためである。 (Wikipedia:ポケモンカードゲーム)

ポケモンカード
『ポケモンカードゲーム』より : ポケモンカードと呼ばれる、『ポケットモンスター(ポケモン)』を題材にしたカードは複数存在する。 ポケモンカードゲームシリーズ -- 株式会社ポケモン(以前はメディアファクトリーより発売)のトレーディングカードゲーム ポケモンずかんカードシリーズ -- バンダイのトレーディングカード(カードダス) ポケモンバトルカードe+シリーズ -- 任天堂のカードe+。ポケモンカードゲームのシリーズの一つであるポケモンカードeとは異なる。このほか、バンプレストといった玩具メーカーや、トップ製菓や明治製菓(現・株式会社明治)といった製菓会社から、各社オリジナルのカードが発売された。 また、ポケモンをデザインしたSuicaなどの乗車カードや、電子マネーのEdy(現・楽天Edy)カードが限定発売されたこともある。 (Wikipedia:ポケモンカード)

ポケモンジャングル
ポケモンカードゲームの発売タイトル一覧(ポケモンカードゲームのはつばいタイトルいちらん)では、発売されたポケモンカードゲームの商品についてシリーズごとに述べる。 ポケットモンスターカードゲーム ゲーム版『赤・緑』をテーマとした最初のシリーズ。 拡張パック 拡張パック第1弾 スターターパックと同時に発売された。フシギバナ、リザードン、カメックスをはじめ、人気の高いポケモンが多く収録されている。また、山札からカードを引ける「オーキドはかせ」「マサキ」、ポケモンのHPを回復する「ポケモンセンター」「きずぐすり」、相手を妨害する「突風」「エネルギーリムーブ」など、基本的なトレーナーのカードが多く含まれる。 拡張パック第2弾 ポケモンジャングル テーマは「サファリゾーン」。サファリゾーンに出現するポケモンが多く収録されており、草ポケモンが多く含まれている。また、このパック唯一のトレーナーカードとして「モンスターボール」が登場している。 拡張パック第3弾 化石の秘密 化石から復活した古代のポケモン、オムナイト、カブト、プテラが登場する。 (Wikipedia:ポケモンジャングル)

ポケモンレンジャーと蒼海の王子マナフィ
『劇場版ポケットモンスター アドバンスジェネレーション ポケモンレンジャーと蒼海の王子 マナフィ』より : 『劇場版ポケットモンスターアドバンスジェネレーション ポケモンレンジャーと蒼海の王子 マナフィ』(げきじょうばんポケットモンスターアドバンスジェネレーション ポケモンレンジャーとうみのおうじ マナフィ)は、2006年7月15日から公開されたテレビアニメ『ポケットモンスター』の劇場版第9作である。 アドバンスジェネレーションとしては最後の作品となる。興行収入34億円。 前売り券には『ポケモンレンジャー』で遊べる極秘ミッション(Wミッション)の引換券がついており、それをクリアするとマナフィのタマゴがもらえ、『ダイヤモンド・パール』にマナフィのタマゴを送ることができた(マナフィのタマゴが孵化するのは9月28日で、『ダイヤモンド・パール』の発売日と同じである)。DVDにも初回限定でマナフィの引換券がついている。 映画の舞台となった海のモデルは、イタリアのナポリとカプリ島の海である。また、海底神殿「アクーシャ」のモデルは、ナポリやローマの遺跡群である。 ポケモン映画初の韓国との同時期公開(韓国では2006年7月20日公開)。 (Wikipedia:ポケモンレンジャーと蒼海の王子マナフィ)

ポケモン金銀
『ポケットモンスター 金・銀』より : 『ポケットモンスター 金・銀』(ポケットモンスター きん・ぎん)は、1999年11月21日に任天堂から発売されたゲームボーイ用ロールプレイングゲーム『ポケットモンスター 金』と『ポケットモンスター 銀』の総称である。この項目では、『ポケットモンスター 金』と『ポケットモンスター 銀』および、2000年12月14日に発売されたこれらの別バージョンである『ポケットモンスター クリスタルバージョン』を扱う。 本作のリメイクについては、『ポケットモンスター ハートゴールド・ソウルシルバー』を参照すること。 『ポケットモンスター 金』と『ポケットモンスター 銀』は、『ポケットモンスター 赤・緑・青・ピカチュウ』の続編であり、『ポケットモンスター』シリーズの2作目にあたる。初代である前作『赤・緑』以降初の、『青』などのバージョン違いと異なる完全な新作である。パッケージのポケモンは、『金』がホウオウ、『銀』がルギア(今作以降、『ポケットモンスター』シリーズは全てパッケージを飾るポケモンが伝説のポケモンとなる)。 (Wikipedia:ポケモン金銀)

ポケモンXD 闇の旋風ダーク・ルギア
『ポケモンXD 闇の旋風ダーク・ルギア』(ポケモンエックスディー やみのかぜダーク・ルギア)は、2005年8月4日に任天堂から発売されたニンテンドーゲームキューブ用ゲームソフト。ポケットモンスターシリーズの一つで、『ポケモンスタジアムシリーズ』からの派生作品の一つであり、『ポケモンコロシアム』の直接の続編である。 ポケモンの本格RPGという触れ込みで登場した。前作『ポケモンコロシアム』と同様に、謎の組織との戦いを繰り広げながら、彼らによってココロを閉ざされ戦闘マシーンと化したポケモン「ダークポケモン」を「スナッチ」(奪い取ること)し、「リライブ」という手段でココロを開き、元のポケモンに戻していくことが冒険の目的であるが、前作と異なり、わずかながら野生のポケモンも出現する。 (Wikipedia:ポケモンXD 闇の旋風ダーク・ルギア)

ポケモンXD
『ポケモンXD 闇の旋風ダーク・ルギア』より : 『ポケモンXD 闇の旋風ダーク・ルギア』(ポケモンエックスディー やみのかぜダーク・ルギア)は、2005年8月4日に任天堂から発売されたニンテンドーゲームキューブ用ゲームソフト。ポケットモンスターシリーズの一つで、『ポケモンスタジアムシリーズ』からの派生作品の一つであり、『ポケモンコロシアム』の直接の続編である。 ポケモンの本格RPGという触れ込みで登場した。前作『ポケモンコロシアム』と同様に、謎の組織との戦いを繰り広げながら、彼らによってココロを閉ざされ戦闘マシーンと化したポケモン「ダークポケモン」を「スナッチ」(奪い取ること)し、「リライブ」という手段でココロを開き、元のポケモンに戻していくことが冒険の目的であるが、前作と異なり、わずかながら野生のポケモンも出現する。 (Wikipedia:ポケモンXD)

ポケモン不思議のダンジョン
「不思議のダンジョン」(ふしぎのダンジョン)または「不思議なダンジョン」(ふしぎなダンジョン)は、スパイク・チュンソフトおよび同社の前身であるチュンソフトが開発、もしくはタイトル使用許諾をしたローグライクゲームのタイトルに使われるフレーズ。 1993年にドラゴンクエストシリーズの世界観を用いた『トルネコの大冒険 不思議のダンジョン』が発売され、これが「不思議のダンジョン」を冠した最初のゲーム作品となった。2年後の1995年には第2作として、新たな世界設定の『不思議のダンジョン2 風来のシレン』が登場。その後もさまざまな作品が発売されている。 『ポケモン不思議のダンジョン』以降におけるチュンソフト製作品の日本国外リリースの際は“Mystery Dungeon”という英訳が使われている。 作品一覧 SFC=スーパーファミコン、N64=NINTENDO64、Wii=Wii、PS=PlayStation、PS2=PlayStation 2、DC=ドリームキャスト、GB=ゲームボーイ、GBC=ゲームボーイカラー、GBA=ゲームボーイアドバンス、DS=ニンテンドーDS、3DS=ニンテンドー3DS、WS=ワンダースワン、PSP=PlayStation Portable、PSV=PlayStation Vita、Win=Microsoft Windows ドラゴンクエスト関連作品 『ドラゴンクエスト』シリーズのキャラクターを用いた作品。 (Wikipedia:ポケモン不思議のダンジョン)

ポケモン不思議のダンジョン 赤の救助隊
『ポケモン不思議のダンジョン』より : 『ポケモン不思議のダンジョン 青の救助隊・赤の救助隊』(ポケモンふしぎのダンジョン あおのきゅうじょたい・あかのきゅうじょたい)は、チュンソフトが開発し、2005年11月17日にポケモンから発売されたコンピュータゲーム。 ニンテンドーDS版『ポケモン不思議のダンジョン 青の救助隊』(ポケモンふしぎのダンジョン あおのきゅうじょたい)とゲームボーイアドバンス版『ポケモン不思議のダンジョン 赤の救助隊』(ポケモンふしぎのダンジョン あかのきゅうじょたい)の2つのバージョンからなる。『不思議のダンジョン』シリーズのポケモン版として製作されたRPGである。 本項では、このゲームを元にして作られた漫画作品『ポケモン不思議のダンジョン ギンジの救助隊』および短編アニメ『ポケモン不思議のダンジョン 出動ポケモン救助隊ガンバルズ!』についても記述する。 ある日突然、ポケモンになってしまった主人公はポケモンだけが暮らす世界で友達(パートナー)になったポケモンと救助隊を結成し、ポケモン達からの依頼をクリアしながらポケモンになった謎を探す事になる。 (Wikipedia:ポケモン不思議のダンジョン 赤の救助隊)

ポケモン不思議のダンジョン 青の救助隊
『ポケモン不思議のダンジョン』より : 『ポケモン不思議のダンジョン 青の救助隊・赤の救助隊』(ポケモンふしぎのダンジョン あおのきゅうじょたい・あかのきゅうじょたい)は、チュンソフトが開発し、2005年11月17日にポケモンから発売されたコンピュータゲーム。 ニンテンドーDS版『ポケモン不思議のダンジョン 青の救助隊』(ポケモンふしぎのダンジョン あおのきゅうじょたい)とゲームボーイアドバンス版『ポケモン不思議のダンジョン 赤の救助隊』(ポケモンふしぎのダンジョン あかのきゅうじょたい)の2つのバージョンからなる。『不思議のダンジョン』シリーズのポケモン版として製作されたRPGである。 本項では、このゲームを元にして作られた漫画作品『ポケモン不思議のダンジョン ギンジの救助隊』および短編アニメ『ポケモン不思議のダンジョン 出動ポケモン救助隊ガンバルズ!』についても記述する。 ある日突然、ポケモンになってしまった主人公はポケモンだけが暮らす世界で友達(パートナー)になったポケモンと救助隊を結成し、ポケモン達からの依頼をクリアしながらポケモンになった謎を探す事になる。 (Wikipedia:ポケモン不思議のダンジョン 青の救助隊)

ポケモンカードGB
『ポケモンカードGB』(ポケモンカード ジービー)とはゲームボーイカラー・ゲームボーイ用のゲームソフトで、トレーディングカードゲームである『ポケモンカードゲーム』を再現したものである。1作目の『ポケモンカードGB』は任天堂より1998年12月18日に発売され、『ポケモンカードGB2 GR団参上!』(ポケモンカード ジービーツー グレートロケットだんさんじょう)はポケモンより2001年3月28日に発売された。本項目では2作をともに扱う。 ゲームシステム 本編の『ポケットモンスター』風のマップ画面で主人公を操作し、ノンプレイヤーキャラクターとの会話やカード対戦を通じてストーリーが進む。ゲームボーイ向けに若干変更されているが、基本的なルールは当時のポケモンカードゲームと同一である。敵との対戦や様々なイベントでカードを集め、プレイヤーのデッキを自由に組むことができる。 通信ケーブルを利用した通信対戦や、赤外線通信を用いたカードの交換も可能である。しかしごく一部の特殊なカード(後述)を除いて、通信プレイを行わなくてもコンプリートすることが可能である。 (Wikipedia:ポケモンカードGB)

ポケモンカードGB2 GR団参上!
『ポケモンカードGB』より : 『ポケモンカードGB』(ポケモンカード ジービー)とはゲームボーイカラー・ゲームボーイ用のゲームソフトで、トレーディングカードゲームである『ポケモンカードゲーム』を再現したものである。1作目の『ポケモンカードGB』は任天堂より1998年12月18日に発売され、『ポケモンカードGB2 GR団参上!』(ポケモンカード ジービーツー グレートロケットだんさんじょう)はポケモンより2001年3月28日に発売された。本項目では2作をともに扱う。 ゲームシステム 本編の『ポケットモンスター』風のマップ画面で主人公を操作し、ノンプレイヤーキャラクターとの会話やカード対戦を通じてストーリーが進む。ゲームボーイ向けに若干変更されているが、基本的なルールは当時のポケモンカードゲームと同一である。敵との対戦や様々なイベントでカードを集め、プレイヤーのデッキを自由に組むことができる。 通信ケーブルを利用した通信対戦や、赤外線通信を用いたカードの交換も可能である。しかしごく一部の特殊なカード(後述)を除いて、通信プレイを行わなくてもコンプリートすることが可能である。 (Wikipedia:ポケモンカードGB2 GR団参上!)

ポケモンコロシアム
『ポケモンコロシアム』は、2003年11月21日に任天堂から発売されたニンテンドーゲームキューブ用ゲームソフト。 「対戦モード」でゲームボーイアドバンス(以下「GBA」)版のポケモンシリーズとGBAケーブルを用いた連携により3D画面でポケモン対戦を楽しんだり、「シナリオモード」でシリーズ初の本格派3DRPGを楽しむことができる。2つのモードの世界観は共通であるが、それぞれが独立したゲームである。 キャラクターデザイン・アートディレクションにヒロモト森一を起用し、西部劇風のサイバーパンクとでも言うべき、従来のポケモンとは一線を画す雰囲気も特徴的。ただし本編と異なる世界や時間軸というわけではなく、あくまでも「遠く離れた地方」という位置付けである。 本作は株式会社ジニアス・ソノリティの処女作でもある。また、直接の続編として『ポケモンXD 闇の旋風ダーク・ルギア』がある。 対戦モード GBA用ソフト『ポケットモンスター ルビー・サファイア』(後に発売された『ポケットモンスター ファイアレッド・リーフグリーン』『ポケットモンスター エメラルド』にも対応。 (Wikipedia:ポケモンコロシアム)

ポケモンレンジャー
『ポケモンレンジャー』は、ポケモンから発売された、任天堂の携帯型ゲーム機向けコンピュータゲームのシリーズと、それに登場する職業。 ポケモンレンジャー 『ポケモンレンジャー』(Pokémon Ranger)は2006年3月23日にポケモンから発売されたニンテンドーDS用のゲームソフト。ジャンルはアクションアドベンチャー(アクションRPG)。シリーズ1作目である。ポケモンだいすきクラブにて、シナリオ・日下秀憲、漫画・山本サトシによって「ポケモンレンジャーthe Comic」の題名でWEBコミックが連載されていた。 システム = キャプチャ = レンジャーがスタイラーを使って野生ポケモンと気持ちを通わせる行為をキャプチャという。キャプチャしたポケモンは仲間のポケモンとなって、一度だけ力を借りることができる。 キャプチャはタッチペンで操作し、ポケモンを規定回数以上囲んでタッチペンを離すことでキャプチャすることができる。ただし、ポケモンがキャプチャ・ラインに接触したり、攻撃に当たるとラインが切られてしまい失敗したことになり、もう一度最初から囲みなおすことになる。 (Wikipedia:ポケモンレンジャー)


ポケモン - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第2位  仙谷由人 - 2018年10月19日


関連するイメージは見つかりませんでした



仙谷由人
仙谷 由人(せんごく よしと、1946年(昭和21年)1月15日 - )は、日本の政治家、弁護士。 衆議院議員(6期)、旧民主党政策調査会会長、民主党政策調査会会長(第7代)、内閣府特命担当大臣(行政刷新担当)、内閣府特命担当大臣(「新しい公共」担当)、内閣官房長官(第78代)、法務大臣(第86代)、拉致問題担当大臣、民主党代表代行などを歴任。 生い立ち 徳島県徳島市出身。父は裁判所の職員、母は徳島高等女学校の教師。なお母は熱心な組合活動家でもあったという。 学生時代 学生運動 徳島県立城南高等学校卒業。1964年に東大文Ⅰに合格し、上京する。大学の同期(入学者)には前・自由民主党総裁の谷垣禎一などがいた。東大時代は全共闘の新左翼系学生運動家であり、日本共産党を脱党した安東仁兵衛らが指導した構造改革派のフロントというセクトのシンパだった。 東大安田講堂事件の際は講堂の中にはおらず、救援対策や弁当の差し入れなどを行い、学生活動家仲間からは「弁当運び」と呼ばれていた。 (Wikipedia:仙谷由人)


仙谷由人 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第3位  2ch - 2018年10月19日


関連するイメージは見つかりませんでした



2ch
2チャンネル(英語:2/two channel(s)/2ch、にチャンネル/ツー チャンネル) 一般的な定義では、2つのチャンネルや2番目のチャンネルを表す。そこから派生して、次のような意味がある。 テレビチャンネルのひとつ。 2ちゃんねる 2ちゃんねる (2ch.net) - 1999年に西村博之によって開設されたインターネット上の電子掲示板。 2ちゃんねる (2ch.sc) - 2014年4月に西村博之によって開設されたインターネット上の電子掲示板。 音声再生時に別音声を別途のスピーカーで再生するのをチャンネルと数えることより、ステレオのこと。 このことによりドルビーデジタルなどは5.1chとなる。 (Wikipedia:2ch)

2chan
『2ちゃんねらー』より : 2chan (にちゃん、ツーチャン) インターネット掲示板群『2ちゃんねる』の略。 2つのチャンネル、2番目のチャンネル。 →『2チャンネル』参照。 2chan.net → インターネット掲示板群『ふたば☆ちゃんねる』。 ほか。 (Wikipedia:2chan)

2ch用語
『2ちゃんねる用語』より : 2ちゃんねる用語(にちゃんねるようご)とは、インターネットスラングの一種。 インターネットスラングのうち、巨大掲示板群である2ちゃんねる内などで発祥し、同掲示板内において頻繁に使用されるに至ったものの一群である。略して「2ちゃん語」と呼ばれることもある。 2ちゃんねる外のインターネットでは通用するものの、ネット外の日常生活ではほとんど使用されず、もっぱら2ちゃんねらー同士の“業界用語”的な隠語として使用されていた。 2ちゃんねる用語は2ちゃんねる内において、一般の流行語よりも遙かに偶発的な発生の仕方をしている事が多く、すぐに死語と化している言葉も多い。これらの中で、共通理解語としての認定を多くの2ちゃんねらーからなされ、2ちゃんねる内で広く流布するに至った用語が、たまたま2ちゃんねる用語として確立されるとされるが、実際には世間や他所のウェブサイトで流行している用語をそのまま借用する事例も少なくない。 (Wikipedia:2ch用語)

2ch批判要望板
『批判要望板』より : 雑談系2(ざつだんけいに)とは、匿名掲示板2ちゃんねるの中において、複数の掲示板を方針や趣旨ごとにまとめたカテゴリの中の1つである。 主に他の掲示板からの隔離板として扱われる掲示板がこのカテゴリに分類される。過疎板や悪意ある利用者の多い掲示板もこのカテゴリに分類されることがある。 現在、このカテゴリに分類されているニュース速報(VIP)板は、2ちゃんねる内で最も1日の書き込み数が多い。 1999年5月30日 メイン板、学生、学校板設立。 1999年7月22日 メイン板を案内所板に板名変更 1999年7月24日 案内所板をロビー板に板名変更 1999年8月4日 批判要望板設立。 1999年8月14日 厨房板設立。 1999年11月15日 学生、学校板を学歴ランキング板に板名変更 1999年12月18日 モーニング娘。板設立。 2000年1月15日 案内カテゴリ・雑談カテゴリから分離され新カテゴリ「雑談系2」として誕生した。 2000年5月2日 なんでもあり板設立。 2000年6月9日 人権問題板設立。 (Wikipedia:2ch批判要望板)

2ch (テレビ)
『』より : (Wikipedia:2ch (テレビ))

2ch語
『』より : (Wikipedia:2ch語)


2ch - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第4位  テレビ東京 - 2018年10月19日


関連するイメージは見つかりませんでした



テレビ東京
株式会社テレビ東京(テレビとうきょう、TV TOKYO Corporation)は、関東広域圏を放送対象地域とするテレビジョン放送事業を行っている特定地上基幹放送事業者である。 略称は、テレ東、コールサイン「JOTX-DTV」(東京 23ch)からのTX、旧局名・かつて使われたアナログ放送のチャンネルからの12チャンネル、てれと、など様々。 アナログ放送で親局の周波数がVHFであった放送局は、テレビ東京が日本国内で最後であり、これ以後に開局した民放局の親局は全てUHFであった。 リモコンキーIDは「7」。 会社概要 本社・支社所在地 本社:東京都港区虎ノ門4丁目3番12号 〒105-8012 - 社屋の正式名称は「日経電波会館」。1985年(昭和60年)12月12日に東京都港区芝公園にあった旧本社(現在の東京タワーメディアセンター)から移転し、運用開始。 関西支社:大阪市北区堂島浜1丁目4番16号 アクア堂島NBFタワー西館 名古屋支社:名古屋市中区栄3丁目7番9号 新鏡栄ビル 海外支局:ニューヨーク・ワシントン・ロンドン・モスクワ・ソウル・北京・上海 略史 開局から商号変更まで(東京12チャンネル) 財団法人日本科学技術振興財団(以下、「財団」と略す。 (Wikipedia:テレビ東京)

テレビ東京番組一覧
テレビ東京番組一覧(テレビとうきょうばんぐみいちらん)は、テレビ東京の放送番組一覧である。 なお、一部番組ではBSデジタル放送のBSジャパンやCS放送日経CNBCでも放送(遅れネットも含む)が行われている。 記号 この項目では下記のような記号を使用する。 なお、基本的に15分未満の番組はテレビ東京ミニ番組一覧を参照。 ●印:BSジャパンでも放送 ☆印:関東ローカル ニュース・情報・広報 現在 ☆ものスタ(月 5:10 - 5:45、火 - 金 4:23 - 5:45) ものスタ サタデー(土 4:50 - 5:45) ものスタ サンデー(日 5:15 - 5:50) TXNニュース(かつてはBSジャパンでも土日夕方と祝日朝のみ放送されていた) ●ニュースモーニングサテライト(月 - 金 5:45 - 6:40) モーニングチャージ!(月 - 金 6:40 - 7:05) チャージ730! ●☆なないろ日和!(月 - 木 9:28 - 11:13) ☆7スタライブ(金 9:28 - 11:13) Mプラス 11(月 - 金 11:13 - 11:35) ☆Mプラス 9 Mプラス Express 昼めし旅 〜あなたのご飯見せてください!〜(月 - 金 11:50 - 12:55) L4 YOU!(月 - 金 15:55 - 16:54) L4 YOU!プラス(終了) レディス4(終了) NEWSアンサー(月 - 金 16:54 - 17:20) ●なるほどストリート(月 - 金 17:20 - 17:50) ●ワールドビジネスサテライト(月 - 金 23:00 - 23:58) ワールドビジネスサテライト土曜版(終了) アニメマシテ(月 27:20 - 27:50) A応Pのあにむす!(木 26:35-27:05) ☆ニュースブレイク(日 21:48 - 21:54) 過去 ドキュメンタリー・教養 現在 朝ダネ! (火・水 4:18 - 4:23) 合格モーニング! (月 - 金 7:30 - 7:35) ●日経スペシャル 未来世紀ジパング〜沸騰現場の経済学〜(月 22:00 - 22:54) ●日経スペシャル ガイアの夜明け(火 22:00 - 22:54) 日経スペシャル カンブリア宮殿(木 22:00 - 22:54) ●美の巨人たち(土 22:00 - 22:30) Crossroad(土 22:30 - 23:00) 話題の医学(日 5:00 - 5:15) サンデースペシャル 過去 くらしの健康 カラー秘録 太平洋戦史 われらの主役 決死の戦場 第2次世界大戦全史 金曜自然大特集 トコトンハテナ テクノ探偵団 とことんニホン語 ニッポン探検隊 データに挑戦! ナビゲーター 世の中ガブッと! タイムアイ 極上の休日 ソロモンの王宮 ソロモン流 住まいの極意 パソコンサンデー - テレビ大阪制作、シャープ提供 コンピュートないと なんでもコンピュート 町おこし・村おこし - テレビ大阪制作 通信制工業高校講座 私の昭和史 美の美 極める ミステリースペシャル 千昌夫の評判家族探訪 草野仁のTVアゲイン 追跡!テレビの主役 辰巳琢郎のリフォーム夢家族 辰巳琢郎の夢リフォーム 医食同源 - 明治製菓提供 ニュースを見に行く! クリエイターズエレメンツ この人この街 データで勝負 あかたのげん - エクセルヒューマン提供 北島ウインクハート - エクセルヒューマン提供 今週のクロストーク ハロー!ビジネスマン 進化のプリズム ジパング Design Channel 畑のうた ザ・ドキュメンタリー テレビ・私の履歴書→新・テレビ・私の履歴書 BB-WAVE.tv 〜勝利の方程式〜 〜空色グラフィティ〜君に会いたくて 経済ドキュメンタリードラマ ルビコンの決断 女神のキセキ 特集・なんでも追跡 科学スペシャル 動物ふしぎ世界 愛川欽也のロマン探訪 実録世界のミステリー 完全犯罪ミステリー 137億年の物語 ●池上彰の経済教室 EXO CHANNEL 旅行・紀行 現在 歴史の道 歩き旅(月 - 金 7:35 - 8:00) 厳選!いい宿(月 - 金 11:35 - 11:50) ●厳選!いい宿ナビ - BSジャパンは月2回の日曜日 15:00 - 17:20の間の時間帯で2〜3週分をまとめて連続放送。 (Wikipedia:テレビ東京番組一覧)

テレビ東京アニメ
『テレビ東京番組一覧』より : テレビ東京 > テレビ東京番組一覧
テレビ東京番組一覧(テレビとうきょうばんぐみいちらん)は、現在テレビ東京で放送している、または過去に放送されたテレビ番組の一覧である。
具体的な番組については次の通り。※HDはハイビジョン制作の番組である(終了の分も含む)。放送時間は日本標準時 JST。
TXNニュース●
モーニングサテライト(月曜~金曜5:45~6:40 ※HD)●
速ホゥ!(月曜~金曜16:55~17:25 ※HD)●
ワールドビジネスサテライト(月曜~金曜23:00~23:58 ※HD)●
レディス4(月曜~金曜16:00~16:55 ※HD)
朝は楽しく!スマイルサプリメント(月曜~金曜8:00~11:00 ※HD)
NEWS MARKET 11(月曜~金曜11:00~11:30 ※HD)●
(Wikipedia:テレビ東京アニメ)

テレビ東京系列
『TXN』より : TXNネットワーク(TXN Network、TXネットワーク、TX Network)は、テレビ東京をキー局とする日本の民間放送テレビのネットワークである。テレビ東京ネットワーク(TV Tokyo Network)、テレビ東京系列、TXN系列と呼ばれることもある。 テレビ東京のコールサインがJOTX-DTVであるため、「TXN」と命名している。 他のネットワークとは異なり、旧称(後述)時代からニュースネットワークと番組供給ネットワークとの区別がないネットワークである。ANNやJNNと同様、NNNとNNS、FNNとFNSのように、ニュースネットワークと番組供給ネットワークの区別がなされていない。また、TXN成立以前は他系列とのクロスネット局も存在したが、TXNが正式に成立した1989年4月1日以降、他系列とのクロスネット局は存在しない。 民放テレビの系列局が20局以上存在する他系列とは異なり、テレビ東京を含む地上波では6局しかなく、また大阪・名古屋の系列局は広域放送ではないため、カバーする範囲は狭い(視聴できるエリアについては後述)。 (Wikipedia:テレビ東京系列)

テレビ東京系
『TXN』より : TXNネットワーク(TXN Network、TXネットワーク、TX Network)は、テレビ東京をキー局とする日本の民間放送テレビのネットワークである。テレビ東京ネットワーク(TV Tokyo Network)、テレビ東京系列、TXN系列と呼ばれることもある。 テレビ東京のコールサインがJOTX-DTVであるため、「TXN」と命名している。 他のネットワークとは異なり、旧称(後述)時代からニュースネットワークと番組供給ネットワークとの区別がないネットワークである。ANNやJNNと同様、NNNとNNS、FNNとFNSのように、ニュースネットワークと番組供給ネットワークの区別がなされていない。また、TXN成立以前は他系列とのクロスネット局も存在したが、TXNが正式に成立した1989年4月1日以降、他系列とのクロスネット局は存在しない。 民放テレビの系列局が20局以上存在する他系列とは異なり、テレビ東京を含む地上波では6局しかなく、また大阪・名古屋の系列局は広域放送ではないため、カバーする範囲は狭い(視聴できるエリアについては後述)。 (Wikipedia:テレビ東京系)

テレビ東京金曜夜8時枠時代劇
テレビ東京金曜夜8時枠時代劇は、2006年10月20日から2008年9月26日まで、テレビ東京系列で毎週金曜20時から20時54分に設けられた連続時代劇の放送枠である。
同放送枠の後継として2008年10月20日から2009年3月16日まで月曜19時台に設けられていた「月曜時代劇」についても本稿で扱う。
テレビ東京以外の他局がバラエティや音楽番組などを放送している金曜20時からの枠に、「セガサミーシアター」と銘打ってセガサミーホールディングス セガサミーグループ単独提供により時代劇枠を設置したのが始まり。セガサミーグループは「逃亡者 おりん」1作品のみでスポンサーから撤退しており、以降は複数社提供で時代劇枠が維持されていた。
第1作目「逃亡者 おりん」は1クール(3ヶ月)ではなく、2クール(6ヶ月)の放送を実施したが、それ以降は1クールの放送に戻っていた。但し1クールと言いながらも、実際は1作品につき8週の放送を基本としていたため各作品の放送期間は正味2ヶ月のみで、その前後の期間は「ペット大集合!ポチたま」拡大版などの特番で対応していた。その代わり、各作品の初回は2時間枠で放送され、作品によっては最終回も同様の措置が取られていた(一部の時差ネット局では2時間枠の回を2週に分けて放送するため、1作品につき9~10週分の放送となる)。
(Wikipedia:テレビ東京金曜夜8時枠時代劇)

テレビ東京ミュージック
株式会社テレビ東京ミュージック(テレビとうきょうミュージック)は、テレビ東京の関連会社で、主に音楽関連の出版物制作および提供を行っている音楽出版会社兼制作プロダクションである。1969年8月25日に設立。旧社名は東京十二音楽出版。 モーニング娘。を中心としたハロー!プロジェクトの楽曲の著作権の管理も行なっている。 所在地 〒105-8012 東京都港区虎ノ門4丁目3番地13号 ヒューリック神谷町ビル2F 役員 現在 代表取締役社長 - 橋山厚志 常務取締役 - 多田暁 取締役 - 中澤嗣夫 非常勤取締役 - 大島信彦 非常勤監査役 - 近藤正人 過去 代表取締役社長 - 太田修平、金子明雄 常務取締役 - 丸山明慶 取締役 - 荒井充興、竹村斉 取締役相談役 - 沼部俊夫 非常勤取締役 - 島川哲雄、井澤昌平 非常勤監査役 - 箕輪新一、石井智 主な音楽協力番組 いずれもテレビ東京系の番組で五十音順に記載。 (Wikipedia:テレビ東京ミュージック)

テレビ東京制作スタッフ一覧
テレビ東京制作スタッフ一覧
テレビ東京のスタッフは編成局、制作局、コンテンツ事業局、報道局、スポーツ局の五箇所で活動している。 現在はプロデューサーが所属部署を越えて番組を制作および製作委員に参加するケースが多い。
(「」内は主な担当番組)
穴見礼(元番組宣伝部)
五十嵐智之
井澤昌平
石川博
大島信彦(「田舎に泊まろう!」、音楽番組担当)
太田哲夫(ドラマ担当、かつてはバラエティ番組担当)
小川治
川原愼
近藤正人(バラエティ番組担当)
武石英三
多田暁
戸張涼
(Wikipedia:テレビ東京制作スタッフ一覧)

テレビ東京メディアネット
社名=株式会社 テレビ東京メディアネット
英文社名=TV TOKYO MEDIANET, INC.
種類=株式会社
郵便番号=105-8012
本社所在地=東京都港区 (東京都) 港区虎ノ門4-3-12
住友新虎ノ門ビル2F
電話番号=03-3432-1288(代表)
設立=1978年4月1日
業種=情報・通信業
事業内容=テレビ番組の供給・調達・販売、アニメ番組の制作、マーチャンダイジング、宣伝・広告業務、オリジナルビデオの制作・販売
代表者=代表取締役社長:三澤啓二
資本金=2000万円
従業員数=65人(2008年6月18日現在)
主要株主=テレビ東京 100%
主要子会社=アニメシアターX 株式会社エー・ティー・エックス
特記事項=}}
テレビ東京メディアネット(テレビとうきょうメディアネット、略称:MEDIANET)は、テレビ東京の関連会社で、自社制作番組の外部販売を行っている会社である。
(Wikipedia:テレビ東京メディアネット)

テレビ東京アート
株式会社テレビ東京アート(英称:TV TOKYO Art & Lighting, Inc.、略称:ALTX)は、テレビ東京出資の直系子会社でテレビの舞台美術・照明技術を制作する会社である。旧「テレビ東京美術センター」・旧「テレビ東京照明(LiTX、前:照明技術)」の合併により発足。 所在地 本社 - 東京都港区虎ノ門4丁目3番12号(〒105-8012) 天王洲スタジオ分室 - 東京都品川区東品川1丁目3番3号(〒140-0012) 所属スタッフ 美術部 小越敏彦 薬王寺哲朗 宇野純一 本橋智子 金森明日香 岡野真由子 小野清菜 三重野基 小谷恵 岩本朝美 篠田幸実 野本和広 小堺健司 高橋昭三 齋藤宗志 仙田拓也 田汲喜義 照明部 瀬戸五郎 三浦弘 加藤昭比古 水野二夫 大郷智広 高柴圭一 栗林智之 長治憲明 塚生崇 宮田和 翁美希子 小林瑞雪 山崎康紀 井町成宏 宮尾淳一 古川雅士 和氣義幸 曽我秀樹 新谷初 藤谷直之 庄司鉄平 新井香澄 土谷彩加 池田龍司 高橋有貴 田中光雄 紅林寛二 吉本紀英 主な実績 美術 = テレビ番組 = == ニュース・報道・経済番組 == 情報・ワイドショー番組 == スポーツ番組 == ドキュメンタリー・トーク・教養番組 == バラエティ番組 == クイズ・ゲーム番組 == 音楽番組 == テレビドラマ 照明 = テレビ番組 = == ニュース・報道・経済番組 == 情報・ワイドショー番組 == スポーツ番組 == ドキュメンタリー・トーク・教養番組 == バラエティ番組 == クイズ・ゲーム番組 == 音楽番組 == テレビドラマ 関連項目 テクノマックス テレビ東京天王洲スタジオ 東京タワースタジオ(旧・東京タワー芝公園スタジオ) 横銭秀一(常務取締役) 外部リンク 公式HP。 (Wikipedia:テレビ東京アート)

テレビ東京美術センター
『テレビ東京アート』より : 株式会社テレビ東京アート(英称:TV TOKYO Art & Lighting, Inc.、略称:ALTX)は、テレビ東京出資の直系子会社でテレビの舞台美術・照明技術を制作する会社である。旧「テレビ東京美術センター」・旧「テレビ東京照明(LiTX、前:照明技術)」の合併により発足。 所在地 本社 - 東京都港区虎ノ門4丁目3番12号(〒105-8012) 天王洲スタジオ分室 - 東京都品川区東品川1丁目3番3号(〒140-0012) 所属スタッフ 美術部 小越敏彦 薬王寺哲朗 宇野純一 本橋智子 金森明日香 岡野真由子 小野清菜 三重野基 小谷恵 岩本朝美 篠田幸実 野本和広 小堺健司 高橋昭三 齋藤宗志 仙田拓也 田汲喜義 照明部 瀬戸五郎 三浦弘 加藤昭比古 水野二夫 大郷智広 高柴圭一 栗林智之 長治憲明 塚生崇 宮田和 翁美希子 小林瑞雪 山崎康紀 井町成宏 宮尾淳一 古川雅士 和氣義幸 曽我秀樹 新谷初 藤谷直之 庄司鉄平 新井香澄 土谷彩加 池田龍司 高橋有貴 田中光雄 紅林寛二 吉本紀英 主な実績 美術 = テレビ番組 = == ニュース・報道・経済番組 == 情報・ワイドショー番組 == スポーツ番組 == ドキュメンタリー・トーク・教養番組 == バラエティ番組 == クイズ・ゲーム番組 == 音楽番組 == テレビドラマ 照明 = テレビ番組 = == ニュース・報道・経済番組 == 情報・ワイドショー番組 == スポーツ番組 == ドキュメンタリー・トーク・教養番組 == バラエティ番組 == クイズ・ゲーム番組 == 音楽番組 == テレビドラマ 関連項目 テクノマックス テレビ東京天王洲スタジオ 東京タワースタジオ(旧・東京タワー芝公園スタジオ) 横銭秀一(常務取締役) 外部リンク 公式HP。 (Wikipedia:テレビ東京美術センター)

テレビ東京天王洲スタジオ
テレビ東京天王洲スタジオ(テレビとうきょうてんのうずスタジオ)は、東京都品川区東品川1-3-3にあるハイビジョン対応のテレビスタジオ。通称「天王洲スタジオ」。 概略 1999年(平成11年)12月12日に竣工した。 テレビ東京は、老朽化が進み、(ハイビジョン化への対応も含め)手狭となった旧本社(東京タワースタジオ、2012年9月30日閉鎖)に代わる新しいスタジオを求めて、この土地にスタジオ建設を計画した。 元々、同社としては現本社から至近地にある芝公園スタジオの建て替えを要望していたが、土地・建物の管理主体であった日本電波塔がなかなか計画を実行しなかったため、それならばと新スタジオ建設計画が始動したという説もある。天王洲スタジオ稼働後も芝公園スタジオ(東京タワースタジオ)は内部の改装や機材のハイビジョン対応改修などを施した上で業務を続けてきたが、建物の老朽化という問題から先述の通り2012年9月をもって閉鎖されている。 (Wikipedia:テレビ東京天王洲スタジオ)

テレビ東京のアナウンサー一覧
テレビ東京のアナウンサー一覧(テレビとうきょうのアナウンサーいちらん)は、テレビ東京編成局アナウンス部に所属するアナウンサーを一覧にしたものである。 日本の民放キー局・準キー局では(開局初期を除き)殆どのアナウンサーが新卒採用であるが、テレビ東京は開局当初から2013年現在まで他局からの移籍者が比較的多い。ただし女性アナウンサーは2000年代までに全員が新卒採用の"生え抜き"に切り替わっている。 また、1980年代からテレビ東京社内の一般職からもアナウンサーを登用していた。1989年に従来の「アナウンス部」が廃止され、新たに「パーソナリティ室」を設置。他局のように枠を分けての採用を行わず、局内・外から多様な人材を募って配属した。この時期に入社したアナウンサーも一般職としての採用である。パーソナリティ室は1995年に「アナウンス室」に改組され、その後もこうした登用は続いたが1999年度から新卒アナウンサーの採用を再開。2004年には「編成局アナウンス部」へ改組された。 現職アナウンサー 入社年順に表記。 (Wikipedia:テレビ東京のアナウンサー一覧)

テレビ東京日曜9時連続ドラマ
テレビ東京系列日曜夜9時連続ドラマ(てれびとうきょうけいれつにちようよるくじれんぞくどらま)は、テレビ東京系列で1989年10月~1992年9月まで毎週日曜日の21:00~21:54に放送されていたテレビドラマおよび時代劇の枠である。 テレビ北海道が開局した1989年10月、それまで放送されていた『日曜ビッグスペシャル』が19時台に繰り上がったことに伴い、このドラマ枠が立ち上げられた。枠設立から1年間は「ウッチャンナンチャンのコンビニエンス物語」に代表されるような若者向けの作品が多かったが、「月影兵庫あばれ旅」以降は時代劇枠となり、「海風をつかまえて」からは再び一般向け作品が続いた。 1992年10月よりバラエティ番組『浅草橋ヤング洋品店』がこの時間帯に移動したことに伴い廃枠。テレビ東京のプライムタイムにおける連続ドラマは1995年10月開始の『クリスマスキス〜イブに逢いましょう』まで3年間のブランクが生じた。 枠の名称 1989年10月~1990年5月の「-コンビニエンス物語」までは「ドラマ青春シリーズ」、さらに1990年4月開始の「-コンビニエンス物語」から1990年9月および1992年4月からは「ドラマ21」という枠称で放送されていた(TVガイド1992年3月27日号87頁参照)。 (Wikipedia:テレビ東京日曜9時連続ドラマ)

テレビ東京水曜8時枠の連続ドラマ
テレビ東京水曜8時枠の連続ドラマ(てれびとうきょうすいようはちじわくのれんぞくどらま)は、テレビ東京系列で1983年4月 - 8月、1985年4月 - 7月、1990年10月 - 1991年3月、1998年1月 - 2000年9月まで毎週水曜日の20:00 - 20:54に放送されていたテレビドラマの枠である。 枠の歴史 5年3ヶ月続いた三波伸介司会の『三波伸介の凸凹大学校』が、三波の急逝で打ち切られた後、1時間単発特別番組枠『水曜大特バン』を3ヶ月放送し、1983年4月10日より天知茂主演の公開ドラマ『AカップCカップ』でスタート。だが半年も持たずに中断、1年7ヶ月後の1985年4月10日より、鳥越マリらが主演の学園コメディ『花の女子校 聖カトレア学園』で再開したが、わずか3ヶ月で水曜19:00し(同時に『花のカトレア学園』に改題)、この枠のドラマも5年3ヶ月中断、この時期はコメディが主流だった。 (Wikipedia:テレビ東京水曜8時枠の連続ドラマ)

テレビ東京日曜朝8時30分枠のアニメ
『』より : (Wikipedia:テレビ東京日曜朝8時30分枠のアニメ)

テレビ東京ソフトウェア
『』より : (Wikipedia:テレビ東京ソフトウェア)


テレビ東京 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第5位  共同通信社 - 2018年10月19日


関連するイメージは見つかりませんでした



共同通信社
共同通信社(きょうどうつうしんしゃ)は、日本の通信社である。 一般社団法人と、その子会社である株式会社の2社が、同じ「共同通信社」という名称で存在している。このため、両者を区別する必要があるときにはそれぞれ、「社団共同」「KK共同」と呼ぶケースが多い。 KK共同には社団共同から出向する。 一般社団法人共同通信社 法人概要 一般社団法人共同通信社(きょうどうつうしんしゃ、Kyodo News)は、東京を拠点とする非営利の通信社である。日本国内外のニュースや写真、記事関連のデータを日本国内の新聞社、NHK、民間放送局などに提供・配信している。 新聞記事の冒頭に(共同)と書いてある記事は共同通信社から配信された記事であるが、それ以外にも加盟紙が(共同)のクレジットをつけずにそのまま掲載している記事もある。契約上、国内ニュースにも(共同)のクレジットを明記することになっているが、沖縄以外の加盟紙で明記する新聞社は少ない。(共同)クレジットを明記すれば、地元記事以外の全ての記事が共同通信配信記事と判断され体裁がつかないためとされている。 (Wikipedia:共同通信社)

共同通信社杯競輪
共同通信社杯競輪(きょうどうつうしんしゃはいけいりん)は、毎年9月に開催される競輪のGII競走である。 共同通信社杯競輪の母体は、日本の競輪発祥40周年を記念して1988年(昭和63年)10月18日に平塚競輪場において、一発勝負の競走として開催された「ルビーカップレース」がスタートとされる。 1989年(平成元年)10月22日に開催された第2回大会から共同通信社提供のトロフィーをかけて開催されるようになり、大会名も「共同通信社杯ルビーカップレース」と改められた。以来第6回大会まで毎年10月中旬に一発勝負の競走として開催された。 第6回大会までは、北海道・東北、北関東、南関東、中部、近畿、中国、四国、九州の8地区でそれぞれ競走得点最上位選手1人が地区代表として出場し、これにいわゆる「ワイルドカード」枠(選手選考委員会で選出。基本的には各地区の競走得点第2位選手8人のうち最も高い選手が選出された)による選手1人を加えた9人で争われた。 ちなみに、第1回大会の出場選手は、小磯伸一(北海道・東北)、山口健治(北関東)、滝澤正光(南関東)、竹内久人(中部)、松本整(近畿)、佐古雅俊(中国)、伊藤豊明(四国)、中野浩一(九州)、井上茂徳(九州)であった。 (Wikipedia:共同通信社杯競輪)

共同通信社杯
共同通信社杯(きょうどうつうしんしゃはい) 共同通信杯(旧共同通信杯4歳ステークス(トキノミノル記念)、中央競馬の重賞競走の一つ) 共同通信社杯競輪 共同通信社杯・ヤングダービー競走(競艇。下記・新鋭王座決定戦からの流れによる) 共同通信社杯新鋭王座決定戦競走(競艇。新鋭リーグ戦競走の最終戦) 共同通信社杯GIプレミアムカップオートレース 天皇杯全日本サッカー選手権大会の優勝チームに贈呈。 (Wikipedia:共同通信社杯)


共同通信社 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す