[PR]

日別キーワード

第1位  クライマックスシリーズ - 2018年10月18日


関連するイメージは見つかりませんでした



クライマックスシリーズ
クライマックスシリーズとは、日本野球機構が2007年シーズンから導入したポストシーズンゲームの名称である。「CS」という略記も用いられる。 導入の経緯 2004年から2006年の3シーズンの間、パシフィック・リーグでは、リーグ優勝・日本選手権シリーズ進出決定後の消化試合を出来る限り減らすことを目的に、シーズン上位3球団によるトーナメント方式のプレーオフ制度が実施されていた。これが興行的に成功を収め、さらに2004年・2005年の2シーズンはいずれもレギュラーシーズンを1位で通過しなかったチームがプレーオフを勝ち上がり、日本選手権シリーズを制した(2006年はレギュラーシーズン1位通過の北海道日本ハムファイターズがプレーオフを制し、そのまま日本シリーズも制した。)ことなどから、2006年にセントラル・リーグでも導入に対する待望論が浮上し、議論が進められた。そして同年9月4日のプロ野球実行委員会で、翌2007年シーズンからセ・リーグでも導入されることが決定され(当時は「ポストシーズンゲーム」という仮称が付けられていた)、これに伴って両リーグで実施方式や名称を統一することになった。 (Wikipedia:クライマックスシリーズ)


クライマックスシリーズ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第2位  Flex - 2018年10月20日


関連するイメージは見つかりませんでした



Flex
フレックス、flex FLEX (番組制作会社、日本) Flex(Vern Paxsonの開発したLex互換のソフトウェア) Apache Flex(ソフトウェア) FLEX(TSCが開発した MC6800/6809 用のDOS (OS)) フレックスタイム制(労働) 関連項目 定期乗車券#新幹線定期乗車券。 (Wikipedia:Flex)

FlexComixブラッド
FlexComixブラッド(フレックスコミックス - )は、2007年1月16日にYahoo!JAPANの「Yahoo!コミック」でオープンしたウェブコミック配信サイト。
2006年4月から10月にソフトバンククリエイティブより刊行されていた「月刊少年ブラッド」及び同誌の公式サイト「Web★ブラッド」で連載されていた作品の大半が移行し、引き続き連載されている。
単行本は発行:フレックスコミックス、発売:ソフトバンククリエイティブでフレックスコミックスレーベルから刊行されている。
無料・会員登録不要。閲覧はInternet Explorerのみ対応で初回起動時に自動でインストールされる専用ビューワを使用サービス開始当初はMozilla系ブラウザの拡張機能 (Mozilla) 拡張機能・IE Tabに対応していたが、2008年4月のビューワ更新で非対応になった。
(Wikipedia:FlexComixブラッド)

FlexProcess
FlexProcess(フレックスプロセス)はNECが開発・販売している化学・素材・食品業向けに特化したERPパッケージ製品である。 化学・素材・食品業に特有の、連産品、副産物、リサイクルなどの複雑な生産工程を実態に即して情報システムで管理することが可能となる。 特長 きめ細かな在庫管理 保管場所別/状態別/荷姿別管理、ロット・サブロット管理や生産計画と調達計画の連動、発注ロットサイズの適性化など、正確な在庫情報を把握することで、在庫水準低減へとつなげることができる。 品目別・工程別の製造原価の見える化 実態に即した生産基準情報を設定し、生産実績をとらえられることで、製造原価を的確に把握することができる。 詳細な品質情報管理 生産工程の各段階で品質検査情報の蓄積・管理や入力者と承認者の権限分離など、品質を源流から作りこみ、品質保証体制を強化することができる。 (Wikipedia:FlexProcess)

FlexComix ブラッド
『』より : (Wikipedia:FlexComix ブラッド)


Flex - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第3位  Instagram - 2018年10月20日


関連するイメージは見つかりませんでした



Instagram
Instagram(インスタグラム)は、無料の画像共有アプリケーションソフトウェアである。デジタル画像を撮影し、画像編集(フィルター)をし、同サービスあるいは、Facebook、Twitter、foursquare、Tumblr、Flickr、ポスタラスといった他のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)で共有する。 iPhone・iPod touch・iPadのうちiOS 3.1.2以降のシステムを搭載したデバイスには当初から適応していた。また、2012年4月にはAndroid 2.2以降とカメラを搭載したデバイスに対応した。 コダックのインスタマチック、ポラロイドのインスタントカメラの両方に敬意を払い、インスタグラムの投稿画像は正方形が基本となっている。 ケヴィン・シストロムとマイク・クリーガーが、ベースライン・ヴェンチャーズとアンドリーセン・ホロウィッツの2社から財政的支援を受けて、インスタグラムのグループは始動した。 (Wikipedia:Instagram)


Instagram - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第4位  サウンド - 2018年10月20日


関連するイメージは見つかりませんでした



サウンド
サウンド (sound) 音 音楽。 パーソナルコンピュータにおいて、スピーカから音を出力するためのデータ(サウンドファイル)、およびその音。 コンピュータゲームで使用されるBGMおよび効果音の総称。 海峡 エーレスンド海峡 (The Sound、サウンド海峡) サウンドロゴ 健全性 (soundness) - 数理論理学の用語。 (Wikipedia:サウンド)

サウンドギラー
『ウルトラマンAの登場怪獣』より : ウルトラマンAの登場怪獣(ウルトラマンエースのとうじょうかいじゅう)は、特撮テレビ番組『ウルトラマンA』に登場する超獣、異次元人、怪獣、宇宙人、ロボット、その他の生物の一覧である。 異次元人 ヤプール 第1話「輝け! ウルトラ五兄弟」他に登場。 異次元超人 巨大ヤプール 第23話「逆転! ゾフィ只今参上」に登場。 異次元人 女ヤプール 第48話「ベロクロンの復讐」に登場。 遊牧星人 サイモン星人 第52話「明日のエースは君だ!」に登場。 ミサイル超獣 ベロクロン 第1話「輝け! ウルトラ五兄弟」に登場。 ミサイル超獣 ベロクロン二世 第48話「ベロクロンの復讐」に登場。 古代超獣 カメレキング 第2話「大超獣を越えてゆけ!」に登場。 身長:60メートル 体重:4万5千トンヤプールが古代カメレオンの卵と宇宙翼竜の卵を融合させて作った超獣。劇中では古代アトランティスを滅ぼしたと語られる。卵の時は人間を食べ、ミサイルでは撃墜不能。 (Wikipedia:サウンドギラー)

サウンドバカチョン
『ドラえもんの道具 (さ)』より : ドラえもんのひみつ道具 (さ) では、藤子・F・不二雄の漫画『ドラえもん』、『大長編ドラえもん』(VOL.1〜17)、藤子・F・不二雄のその他の著作に登場するひみつ道具のうち、読みが「さ」で始まるものを列挙する。 サーカスぐつ サーカスぐつは、「サーカスぐつ」(てんとう虫コミックススペシャル『ドラえもん カラー作品集』6巻に収録)に登場する。 この靴を履くと、サーカスの綱渡りのように、高い塀の上、空中に張られたロープの上、さらには電柱に張られた電線の上でも、絶対に落ちずに歩くことができる。 サイオー馬 サイオー馬(サイオーば)は、「サイオー馬」(てんとう虫コミックス44巻に収録)に登場する。 ウマを模した、目測30センチメートル程度の道具。ロボットか生物かは不明。『塞翁が馬』をモチーフにしている。良い事や悪い事が起きたときにこのウマに蹴飛ばされると、良い事の後には悪い事、悪い事の後には良い事が起きるようになる。悪い事の後に蹴飛ばしてもらって良い事が起きた時も再び蹴飛ばそうとする為、悪い事が起きないようにすかさず捕まえる必要があるが、馬は素早く動き回る為、捕まえにくい。 (Wikipedia:サウンドバカチョン)

サウンドノベル 街
『街 ~運命の交差点~』より : 『街 〜運命の交差点〜』(まち うんめいのこうさてん)はチュンソフトが制作したコンピュータゲーム。また、『弟切草』・『かまいたちの夜』に続く同社のサウンドノベルシリーズ第3弾である。 原作・監修は長坂秀佳。 渋谷の街を舞台に、8人の主人公とそれを取り巻く登場人物が物語を繰り広げる。基本的にそれぞれの主人公に面識はないが、あるシナリオで何気なく行った主人公の行為が、別の主人公の未来に重大な影響を与えることがある。時にはそれがバッドエンドなど悪影響を及ぼす場合があり、それを回避するために、ザッピング(zapping)を行ってシナリオを切り替えながら読み進めていく。 本作は実写を使用した作品であり、膨大な数の俳優が出演している。発売当時は無名だった伊藤さおり(北陽)・窪塚洋介(当時の芸名・ヨースケ)なども出演。使用した静止画の枚数は6000枚、登場人物の数は400人にもおよぶ。 初めてのリリースは1998年1月22日にセガサターンで発売された『サウンドノベル 街 -machi-』。 (Wikipedia:サウンドノベル 街)

サウンド・オブ・ミュージック (映画)
作品名 サウンド・オブ・ミュージックw:The Sound of Music (film) The Sound of Music
監督 ロバート・ワイズ
製作総指揮
製作 ロバート・ワイズソウル・チャップリン
脚本 アーネスト・レーマン
出演者 ジュリー・アンドリュースクリストファー・プラマーエリノア・パーカーリチャード・ヘイドンペギー・ウッド
音楽 リチャード・ロジャースオスカー・ハマースタイン2世 オスカー・ハマースタイン二世アーウィン・コスタル
撮影 テッド・マッコード
編集 ウィリアム・レイノルズ
配給 20世紀フォックス
上映時間 174分
製作国 アメリカ
言語 英語
制作費 $8,200,000
興行収入
前作
次作
allcinema_id 8508
(Wikipedia:サウンド・オブ・ミュージック (映画))

サウンド・オブ・ミュージック
『サウンド・オブ・ミュージック』(英語:The Sound of Music )は、リチャード・ロジャース作曲、オスカー・ハマースタイン2世作詞、ハワード・リンゼイ、ラッセル・クラウス脚本による1959年のミュージカル作品である。 オーストリア出身のマリア・フォン・トラップによる自叙伝『トラップ・ファミリー合唱団物語』(The Story of the Trapp Family Singers)を基にしている。「エーデルワイス」や「私のお気に入り」、「すべての山に登れ」、「ドレミの歌」、表題曲「サウンド・オブ・ミュージック」といったミュージカルの多くの曲がスタンダードとなっている。 メアリー・マーティンとセオドア・ビケル主演のオリジナルブロードウェイ公演は1959年11月16日に開幕した。以後、数多くの上演やリバイバル公演が行われている。1965年にジュリー・アンドリュースとクリストファー・プラマーでミュージカル映画化され、アカデミー賞5部門を受賞した。『サウンド・オブ・ミュージック』はロジャース&ハマースタインによって書かれた最後のミュージカルであった。 (Wikipedia:サウンド・オブ・ミュージック)

サウンドオブミュージック
『サウンド・オブ・ミュージック』より : 『サウンド・オブ・ミュージック』(英語:The Sound of Music )は、リチャード・ロジャース作曲、オスカー・ハマースタイン2世作詞、ハワード・リンゼイ、ラッセル・クラウス脚本による1959年のミュージカル作品である。 オーストリア出身のマリア・フォン・トラップによる自叙伝『トラップ・ファミリー合唱団物語』(The Story of the Trapp Family Singers)を基にしている。「エーデルワイス」や「私のお気に入り」、「すべての山に登れ」、「ドレミの歌」、表題曲「サウンド・オブ・ミュージック」といったミュージカルの多くの曲がスタンダードとなっている。 メアリー・マーティンとセオドア・ビケル主演のオリジナルブロードウェイ公演は1959年11月16日に開幕した。以後、数多くの上演やリバイバル公演が行われている。1965年にジュリー・アンドリュースとクリストファー・プラマーでミュージカル映画化され、アカデミー賞5部門を受賞した。『サウンド・オブ・ミュージック』はロジャース&ハマースタインによって書かれた最後のミュージカルであった。 (Wikipedia:サウンドオブミュージック)

サウンド・オブ・ミュージック/映画版あらすじ
『サウンド・オブ・ミュージック』より : 『サウンド・オブ・ミュージック』(英語:The Sound of Music )は、リチャード・ロジャース作曲、オスカー・ハマースタイン2世作詞、ハワード・リンゼイ、ラッセル・クラウス脚本による1959年のミュージカル作品である。 オーストリア出身のマリア・フォン・トラップによる自叙伝『トラップ・ファミリー合唱団物語』(The Story of the Trapp Family Singers)を基にしている。「エーデルワイス」や「私のお気に入り」、「すべての山に登れ」、「ドレミの歌」、表題曲「サウンド・オブ・ミュージック」といったミュージカルの多くの曲がスタンダードとなっている。 メアリー・マーティンとセオドア・ビケル主演のオリジナルブロードウェイ公演は1959年11月16日に開幕した。以後、数多くの上演やリバイバル公演が行われている。1965年にジュリー・アンドリュースとクリストファー・プラマーでミュージカル映画化され、アカデミー賞5部門を受賞した。『サウンド・オブ・ミュージック』はロジャース&ハマースタインによって書かれた最後のミュージカルであった。 (Wikipedia:サウンド・オブ・ミュージック/映画版あらすじ)

サウンドガーデン
サウンドガーデン (Soundgarden) は、1984年にアメリカ合衆国ワシントン州シアトルで結成されたロックバンドである。1997年に解散するが、2010年に解散時のメンバーで復活する。 90年代初頭にブームとなるグランジの先駆けとされ、レッド・ツェッペリンのようであると言われる攻撃的かつうねりの激しいギター・サウンド、ブラック・サバス的のようであると言われる重低音の利いたベース・ドラムのリズム隊、そして高音、低音とを使い分けるソウルフルなヴォーカルが特徴。ニルヴァーナのカート・コバーンにも「こんな奴等にかなうわけがない」と絶賛されていた。 1984年に、シアトル出身のクリス・コーネル (Chris Cornell) が、シカゴ出身ギタリストであるキム・セイル (Kim Thayil) と日系人ベーシストのヒロ・ヤマモト (Hiro Yamamoto) とともに結成。 (Wikipedia:サウンドガーデン)

サウンド・システム
サウンド・システム (sound system) は、野外ダンスパーティを提供する移動式の音響設備、および提供する集団を指す。略して単にサウンドとも言う。ジャマイカの音楽史、とりわけダンスホールレゲエにおいては欠かすことのできない要素である。 また、ジャマイカのサウンド・システムという形式および言葉から派生して、現在ではテクノやレイヴ、ヒップホップ、カリプソなど、レゲエ以外の音楽ジャンルでも使用されている。 この項では主にレゲエにおいての事柄について示す。 構成 一般的にサウンド・システムは、移動式の巨大なスピーカー・セットとアンプ・セット、ターンテーブル、レコード(その多くはダブ・プレート)を保有している。集団を指しては特にサウンド・クルーまたはサウンド・マンとも呼び、一般的には、曲を掛けるセレクター、かけた曲の説明をするなどして場を盛り上げるMC、スピーカー・セットの状態を良好に保つエンジニアで構成される。 (Wikipedia:サウンド・システム)

サウンドシステム
『サウンド・システム』より : サウンド・システム (sound system) は、野外ダンスパーティを提供する移動式の音響設備、および提供する集団を指す。略して単にサウンドとも言う。ジャマイカの音楽史、とりわけダンスホールレゲエにおいては欠かすことのできない要素である。 また、ジャマイカのサウンド・システムという形式および言葉から派生して、現在ではテクノやレイヴ、ヒップホップ、カリプソなど、レゲエ以外の音楽ジャンルでも使用されている。 この項では主にレゲエにおいての事柄について示す。 構成 一般的にサウンド・システムは、移動式の巨大なスピーカー・セットとアンプ・セット、ターンテーブル、レコード(その多くはダブ・プレート)を保有している。集団を指しては特にサウンド・クルーまたはサウンド・マンとも呼び、一般的には、曲を掛けるセレクター、かけた曲の説明をするなどして場を盛り上げるMC、スピーカー・セットの状態を良好に保つエンジニアで構成される。 (Wikipedia:サウンドシステム)

サウンドトラック
サウンドトラック(英語:soundtrack)は、映画および映画音楽の用語で、映画のフィルム上における音声が収録されている部分を指す。映画用語から派生した言葉であり、映画、テレビドラマ、テレビゲーム、アニメ、コマーシャルソングなどの「劇伴音楽」や「付随音楽」を収録したアルバムを指す場合もある。略称はサントラが多いが、OSTと略されることもある。 フィルム動画および映画におけるサウンドトラック サウンドトラックは、元来はトーキーが実用化された際、フィルムの長手方向に画像コマとは独立に設けた音声用トラックを指した技術用語である。台詞・効果音・BGMなどが含まれ、上映に際して再生される。右画像の赤い矢印がついている帯の部分がサウンドトラックである。この方式を使って公開された最初の映画は、ディズニー映画の『蒸気船ウィリー』である。 サウンドトラックには、「光学式・磁気式」があり、光学式の中にさらに「面積式・濃淡式」がある。また両方式を通じて「モノラル・ステレオ」の種別がある。 歴史的には、光学式の中では濃淡式が古く、面積式が新しい。 (Wikipedia:サウンドトラック)

サウンドジャンプ
サウンドジャンプ(SOUND JUMP)は、千葉テレビ放送 千葉テレビで放送されていたフィラー音楽番組。当項では前身のフィラー音楽番組でもあるお茶の間BGM(おちゃのまビージーエム)、兄弟番組ともいえるサウンドホップ(SOUND HOP)、サウンドステップ(SOUND STEP)も扱う。
千葉テレビは開局からやや経過した頃、昼(午後のテレポート)の生ワイドを放送するなど番組制作に意欲的であったが、南関東初の、しかも独立UHF局とあってハンデも大きく、数年で経営危機が訪れる。そのため、関東の独立UHFでは唯一1990年代前半頃までは日中に(事実上の)中断時間が存在し、その時間帯はフィラー音楽番組を放送していた時期があった。一時期は単にカラーバーをバックにバックグラウンドミュージック BGMを流していたスタイル、1980年前後-1980年代中期までは「お茶の間BGM」という静止画に曲目リストのテロップにBGMいうスタイルのフィラー番組、のちに音楽ビデオクリップ番組「サウンドホップ」「―ステップ」「―ジャンプ」へ変更となった。このため一部の視聴者からは「ラジオ顔負けな事をやる局だ」と言われていた。
(Wikipedia:サウンドジャンプ)

サウンドドラマ
『ラジオドラマ』より : ラジオドラマ(英語: radio drama、ドイツ語: Hörspiel)は、ラジオで放送され、主に俳優または声優が演じるドラマのことである。放送劇・オーディオドラマ・サウンドドラマ・声劇とも言われる。 世界最初のラジオドラマは、リチャード・ヒューズの作品であるとされている。 ラジオドラマの脚本は、既に発表されている小説などを原作としているものと、最初からラジオドラマ用に書き下ろされるものとある。 映像がなく、音声のみでリスナー(聴取者)に対して情景イメージを起こさせるかが問われるため、声優の能力もさることながら、各種効果音の作り方・出し方(いわゆる音作り)などの表現が重要になる。臨場感を出すためにバイノーラル録音が利用されることもある。 テレビが普及していない時代(1960年代まで)には、ラジオドラマがよく放送されていたが、その後は減少傾向にある。 日本において 日本では、1925年のラジオ放送の開始と同時にその歴史が始まった。この当時は、映画台詞劇、放送舞台劇、ラジオ劇とも言われたという。 (Wikipedia:サウンドドラマ)

サウンドロップ
サウンドロップ(SOUNDROP)とは、株式会社バンダイが発売しているカプセルトイ(バンダイではガシャポンという登録商標で販売)である。販売価格は200円。形状などから名称を「サウンドドロップ」と間違える人が多い。
サウンドロップは、卵形の形状をしたプラスチック製の外観の中心に円形のボタンがあり、これを押すと内蔵された音声が流れる仕組みになっている。これまでも同様の仕組みを利用した玩具は数多くあったが、サウンドロップは従来の幼児向け(所謂「はたらくじどうしゃ」の音声など)に加え、後述する有名ゲームやアニメを題材とし、2006年9月末にはシリーズ累計約200万個、2008年6月に2000万個突破を出荷するヒット商品となった。サウンドロップの前には、「サウンドギア」「ワタナベプロ ネタボイス」といった、いわばプロトタイプサウンドロップもあった。
(Wikipedia:サウンドロップ)

サウンドノベル
サウンドノベル(sound novel)はアドベンチャーゲームの一種で、スパイク・チュンソフトの登録商標である。それまでのアドベンチャーゲームとは異なり小説をモチーフとしているため、区切られたメッセージウィンドウにではなく画面全体にテキストが表示されるのが特徴。コンピュータゲームである特性を活かし、効果音、BGM、映像効果が盛り込まれている。 第一作はスパイク・チュンソフトの前身であるチュンソフトから1992年3月7日に発売されたスーパーファミコン用ソフト『弟切草』である。 「サウンドノベル」は、テレビ画面に背景映像とサウンド(BGMや効果音)をともなって表示される文章を追って、読み進めていくことで進行するものである。以前から存在するものでいえば「ゲームブック」に近く「サウンドノベル」もその影響を受けたものであった。紙の本ではありえない音や、絵の動きといった演出が加わることで、プレイヤーに臨場感・緊張感を与えている。文章を追っていく途中で選択肢が提示され、物語の展開にプレイヤーが働きかけることが可能で、クリア回数やストーリーの進行具合によっては、出現する選択肢が増えたり、変わったりするなど、従来のアドベンチャーゲームでは見られなかった特徴を持っている。 (Wikipedia:サウンドノベル)

サウンドストームDJANGO
『サウンドストームDJANGO』(サウンドストームジャンゴ)は、かつてTBSラジオ&コミュニケーションズ TBSラジオをキー局 キーステーションにJapan Radio Network JRN系の深夜の時間帯で放送されていたラジオ番組。1982年8月から1983年3月まで放送されていた。
15年間にわたり放送され、深夜放送ブームの一翼を担った『パックインミュージック』の後継番組。本格的ディスクジョッキーが日替わりで登場し、音楽を前面に出したラジオ#超短波放送(FM放送・BSデジタルラジオ) FMに近いような番組のカラーとなった。大瀧詠一は、それまで土曜日深夜に放送されていた『GO! GO! NIAGARA (ラジオ番組) GO! GO! NIAGARA』をこの番組の枠に移動させてまでの起用だった。
しかし、安定した人気を誇った『オールナイトニッポン』(ニッポン放送)、女子大生ブームと共に盛り上がりを見せていた『ミスDJリクエストパレード』(文化放送)の各裏番組に圧され、わずか8か月で終了した。
(Wikipedia:サウンドストームDJANGO)

サウンドエフェクト
株式会社サウンドエフェクト (Sound Effect) は、テレビの音響効果・音楽制作・MAの制作プロダクションである。1979年(昭和54年)6月19日に設立された。株主は、讀賣テレビ放送株式会社他各社である。 2011年2月1日、同じ讀賣テレビ放送の関連子会社であるよみうりテレビ映像・映像企画と統合し、ytv Nextryを設立した。 会社概要 所在地 本社 : 大阪市城東区新喜多1-5-26 アカツキ京橋ビル 東京支社 : 東京都渋谷区南平台町1-9 南平台宝来ビル8F 役員構成 取締役会長 : 青地瑛久 代表取締役社長 : 喜多村健二 常務取締役 : 松元敦 取締役 : 中村康治 主な取引先会社 讀賣テレビ放送株式会社 日本テレビ放送網株式会社 吉本興業株式会社 朝日放送株式会社 関西テレビ放送株式会社 ワイズビジョン株式会社 所属スタッフ 音効担当 = 大阪本社 = 船富潤司 中谷誠 平戸健史 松井久美子 村木綾 鈴木宗寿 中谷奈穂子 神田彩 河本崇文 荒畑暢宏 生本竜典 圓谷真穂 住田知香 笹 優子 = 東京 = 磯川浩己 山倉恭一 遠藤治朗 MA担当 中澤哲矢 山本晋 川口純一 堀内孝太郎 松田勝也 六車誠 品川泰宏 西山英晃 古庄陽 音声担当 山﨑泰和 高田哲也 川本賢太郎 今堀晃行 久川智敬 南谷良美 山﨑多佳彦 元所属スタッフ 久保秀夫(現:株式会社戯音工房・代表取締役社長) 主な担当番組 印は★=東京支社担当番組である。 (Wikipedia:サウンドエフェクト)

サウンドアリーナ
『SOUND ARENA』より : 『SOUND ARENA』(サウンド・アリーナ)は、1992年4月15日から同年9月23日までフジテレビ系列局で生放送されたフジテレビ製作の音楽番組。放送時間は毎週水曜 21:00 - 21:54 (JST) 、最終回の2時間スペシャルのみ21:00 - 22:54に放送。 1992年、フジテレビが『夜のヒットスタジオSUPER』以来1年半ぶりにプライム枠に歌謡番組を投入した。司会には、金曜23:00台で放送の音楽番組『G-STAGE』で司会を務めていた徳光和夫、堺正章、田代まさしの3人を引き続き起用した。 1時間の生放送で、毎週6 - 9組の豪華アーティストが出演。TBSの『ザ・ベストテン』と同様に、スタジオ以外にも各地からの中継も結ぶ方式を採用していた。目玉として「THE SPECIAL」のコーナーがあり、大物アーティストによる競演が見物だった。 当番組終了後、後継番組として『MJ -MUSIC JOURNAL-』が放送された。 出演者 司会 徳光和夫 堺正章 田代まさし - ラッツ&スターの一員。 (Wikipedia:サウンドアリーナ)

サウンドカード
サウンドカード (Sound card) 、またはサウンドボード (Sound board) は、コンピュータに音響信号の入出力機能を付加または強化する拡張用の回路基板である。 コンピュータに内蔵する形態を採り、主に、PCIやPCI Expressといった内部バスによって接続する。また、ノートパソコン用にExpressCard型のサウンドカードも存在する。 サウンドカードと同類のものに、ノートパソコンなどに手軽に接続できるようにUSBバス接続やIEEE 1394接続等の製品があるが、これらはオーディオインターフェースと呼ばれることが多い(後述)。 2014年6月現在のパーソナルコンピュータにおいて、音響信号の入出力機能はもはや標準機能となっており、多くの機種にオンボード形式であらかじめ装備されている。かつて普及価格帯にあったサウンドカードは、その価値を標準装備のサウンド機能に譲り、一般ユーザーにおいてはサウンドカードを買い足す必要が薄れた。現在市販されているサウンドカードは、標準装備のサウンド機能を超えた付加価値を持つ製品である。 (Wikipedia:サウンドカード)

サウンドボード
『サウンドカード』より : サウンドカード (Sound card) 、またはサウンドボード (Sound board) は、コンピュータに音響信号の入出力機能を付加または強化する拡張用の回路基板である。 コンピュータに内蔵する形態を採り、主に、PCIやPCI Expressといった内部バスによって接続する。また、ノートパソコン用にExpressCard型のサウンドカードも存在する。 サウンドカードと同類のものに、ノートパソコンなどに手軽に接続できるようにUSBバス接続やIEEE 1394接続等の製品があるが、これらはオーディオインターフェースと呼ばれることが多い(後述)。 2014年6月現在のパーソナルコンピュータにおいて、音響信号の入出力機能はもはや標準機能となっており、多くの機種にオンボード形式であらかじめ装備されている。かつて普及価格帯にあったサウンドカードは、その価値を標準装備のサウンド機能に譲り、一般ユーザーにおいてはサウンドカードを買い足す必要が薄れた。現在市販されているサウンドカードは、標準装備のサウンド機能を超えた付加価値を持つ製品である。 (Wikipedia:サウンドボード)


サウンド - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第5位  消費者庁 - 2018年10月20日


関連するイメージは見つかりませんでした



消費者庁
消費者庁(しょうひしゃちょう、英語: Consumer Affairs Agency, CAA)は、日本の行政機関の一つ。内閣府の外局である。消費者基本法第2条の消費者の権利の尊重及びその自立の支援その他の基本理念にのっとり、消費者が安心して安全で豊かな消費生活を営むことができる社会の実現に向けて、消費者の利益の擁護及び増進、商品及び役務の消費者による自主的かつ合理的な選択の確保並びに消費生活に密接に関連する物資の品質に関する表示に関する事務を行うことを任務とする(消費者庁及び消費者委員会設置法第3条)。 消費者庁は、消費者の視点から政策全般を監視する組織の実現を目指して、2009年(平成21年)5月に関連法が成立し、同年9月1日に発足した。 部局制を採っておらず、審議官の下に直接課が設置されている。発足後すぐは正規職員が200名程度にとどまるため、立ち入り調査や処分を行う消費者安全課は二、三十名程度しか職員が確保できなかった。そのため、捜査や規制の知識や経験が豊富な警察や公正取引委員会のOBを非常勤職員として100人規模で雇用し、立ち入り調査などにこれらの非常勤職員を積極的に投入する方針とされる。 (Wikipedia:消費者庁)


消費者庁 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す