[PR]

日別キーワード

第2位  新日鐵住金 - 2018年10月31日


関連するイメージは見つかりませんでした



新日鐵住金
新日鐡住金株式会社(しんにってつすみきん、NIPPON STEEL & SUMITOMO METAL CORPORATION)は、日本の大手鉄鋼メーカー(高炉メーカー)である。 粗鋼生産量において日本国内最大手、世界ではアルセロール・ミッタル(ルクセンブルク)に次ぐ第2位の規模を持つ。 2012年10月1日に、国内鉄鋼最大手の新日本製鐵が同第3位の住友金属工業を吸収合併して発足。国内の鉄鋼業界では、2002年の川崎製鉄と日本鋼管(NKK)の経営統合によるJFEホールディングスが発足して以来、約10年ぶりの大型再編となった。それまでの再編では生産調整等が目的であったが、新日鉄住金では韓国・中国をはじめ新興国の製鋼メーカー台頭を意識した戦略的合併が主な目的となっている。グローバル競争での存続を巡る大型取引であり、合併発表当時はこれを許容した公正取引委員会の態度の変化が話題となった。 合併の背景には、日本国内での重複部門の統廃合によるコスト削減や、経営資源を集中させて莫大な費用を要する高炉建設を迅速に進める体制整備、また、鉄鋼需要が急拡大する新興国などを視野に、海外展開における課題(輸送コストや円高による価格競争力の低下)があり、規模拡大による競争力の強化が不可避と判断されたものと見られる。 (Wikipedia:新日鐵住金)

新日鐵住金ステンレス
新日鐵住金ステンレス株式会社(しんにってつすみきんステンレス、英文社名 Nippon Steel & Sumikin Stainless Steel Corporation)は、日本のステンレス鋼メーカーである。旧新日本製鐵・旧住友金属工業両社のステンレス鋼部門が統合し2003年(平成15年)に設立された。略称は「NSSC」。 大手高炉メーカーである新日鐵住金が出資するステンレス鋼メーカーである。2003年に旧新日本製鐵・旧住友金属工業両社のステンレス鋼部門を会社分割(共同新設分割)により統合して発足した。事業領域は、ステンレス鋼の厚板・薄板・棒鋼・線材の製造および販売である。ステンレス鋼管については事業統合されず、両親会社が引き続き製造を行っている。 本社は東京都千代田区大手町二丁目にある「朝日生命大手町ビル」に入居する。支店は大阪市・名古屋市・福岡市・広島市・新潟市の5か所に配置され、タイのバンコクと中国広州市にも事務所を構える。 製造拠点は、旧新日本製鐵光製鐵所より分離され電気炉をもつ新日鐵住金光鋼管部(山口県光市)、新日鐵住金八幡製鐵所構内にある八幡製造所(北九州市八幡東区)、新日鐵住金鹿島製鐵所に隣接する鹿島製造所(茨城県鹿嶋市)の3か所。 (Wikipedia:新日鐵住金ステンレス)


新日鐵住金 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

新日鐵住金 - アマゾン検索


「新日鐵住金」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す