[PR]

日別キーワード

第45位  インサイド - 2018年10月31日


関連するイメージは見つかりませんでした



インサイド
『』より : インサイド (Inside) 内側、内部。 INSIDE (曲) - 藤井フミヤのシングル。 INSIDE (CHAGE and ASKAのアルバム) - CHAGE and ASKAのアルバム。 Nintendo iNSIDE - ゲーム情報サイト「iNSIDE」の旧名称。 インサイドプロテクター - 野球の審判の防具。 (Wikipedia:インサイド)

インサイドプロテクター
チェストプロテクター (英:chest protector) は、様々なスポーツ種目において選手や審判員が身に付ける胸当て状の防具である。 捕手用 野球・ソフトボールの捕手は守備時にキャッチャーマスク・レガース・捕手用ヘルメットと共にチェストプロテクターを身に付け、ボールの直撃などの衝撃から体を守る。プロテクターは肩から胸、腹を覆うもので、素材は合成皮革などである。ユニフォームの上から着用する。左肩の部分に更に丸形のパッドが付いたものもある(オプションで右肩にもパッドを取り付けることができるものもある。投手への返球の際に腕の動きを妨げないよう、一般に肩パッドは容易に動く作り)。硬式野球用・軟式野球用・ソフトボール用など様々ある。 野球審判員用 野球の審判員(球審)が使うチェストプロテクターには、大きな長方形の板状のものを肩から吊るし体の正面にぶら下げるアウトサイドプロテクターと服の中に着込むインサイドプロテクターの2種類がある。 (Wikipedia:インサイドプロテクター)

インサイド・ワールド
『インサイド・ワールド』は2005年10月10日に発売された周防ツカサ/著、森倉円/イラストレーター イラストのライトノベル。電撃文庫刊。第5回電撃hp短編小説賞受賞作。
文庫本発売と同日に発売の電撃hp VOL.38には短編、『インサイド・ワールド 揺れる、消える、触れる―Shifting frame of mind.』が掲載された。
一話ごとに主人公の違う短編形式で描かれている。短編同士はリンクしており、最終的に一つの物語として完結している。
プロローグ、第一話~第三話、エピローグからなる全五話から構成されている。
初出は2005年の『月間コミック電撃大王』4月号増刊『電撃hpSPECLAL 2005 SPRING』での最終結果発表&受賞作一挙掲載である。受賞時のタイトルは『インサイド・ワールド ~冬のロケット~』。これは文庫本収録の第一話 エスケープ×エスケープの原文だが両者では構成・結末が微妙に異なっている。
(Wikipedia:インサイド・ワールド)

インサイド・マン
『インサイド・マン』(原題: Inside Man)は、2006年のアメリカ映画。 ストーリー ダルトン・ラッセル率いる4人の銀行強盗グループが、白昼のマンハッタン信託銀行を急襲、従業員と客を人質に取り立てこもる。事件発生の連絡を受け、ニューヨーク市警のキース・フレイジャーとビル・ミッチェルが現場へ急行。しかし、周到な計画のもと俊敏に行動する犯人グループを前に、フレイジャーたちも容易には動きが取れず膠着した状態が続く。一方、事件の発生を知り激しく狼狽するマンハッタン信託銀行会長のアーサー・ケイスは、やり手の女性弁護士マデリーン・ホワイトを呼び出すと、ある密命を託し、現場へと送り出すのだった。 キャスト ※括弧内は日本語吹き替え キース・フレイジャー - デンゼル・ワシントン(山路和弘) ダルトン・ラッセル - クライヴ・オーウェン(大塚明夫) マデリーン・ホワイト - ジョディ・フォスター(勝生真沙子) アーサー・ケイス - クリストファー・プラマー(阪脩) ジョン・ダリウス - ウィレム・デフォー(中村秀利) ビル・ミッチェル - キウェテル・イジョフォー(東地宏樹) 脚注 外部リンク 公式ウェブサイト(日本語) 公式ウェブサイト(英語) インサイド・マン - allcinema インサイド・マン - KINENOTE Inside Man - AllMovie(英語) Inside Man - インターネット・ムービー・データベース(英語)。 (Wikipedia:インサイド・マン)

インサイド・ヘッド
『インサイド・ヘッド』(原題:Inside Out)は、2015年公開のアメリカ合衆国のコンピュータアニメーション3D映画。アメリカ合衆国では2015年6月19日、日本では2015年7月18日に公開された。人間の感情を題材としたアニメ映画。同時上映は「南の島のラブソング」。 キャッチコピーは「これは、あなたの物語―」。原題の"Inside Out"は「裏返し」という意味である。 あらすじ 11歳の少女ライリーの頭の中に存在する5つの感情たち…ヨロコビ、イカリ、ムカムカ、ビビリ、そしてカナシミ。ライリーの誕生や成長と共に生まれた彼らは、彼女を守り幸せにするために日々奮闘。だが、ライリーを悲しませることしかできない「カナシミ」の役割だけは、大きな謎に包まれていた。 ある日、ライリーは父親の仕事の都合で生まれ育ったミネソタの田舎町を離れ、慣れない大都会サンフランシスコへ引っ越す。不安定なライリーの心は感情たちにも大事件を巻き起こし、ライリーの思い出が詰まった"思い出ボール"に触れようとしたカナシミと、それを止めようとしたヨロコビがボールを吸い込むチューブへ吸い込まれて、頭の中の司令部から消えてしまう。 (Wikipedia:インサイド・ヘッド)

インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌
『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』(Inside Llewyn Davis)は、コーエン兄弟監督・脚本・編集による2013年のアメリカ合衆国のコメディ・ドラマ映画である。 出演はオスカー・アイザック、キャリー・マリガン、ジョン・グッドマン、製作はコーエン兄弟とスコット・ルーディンである。またT・ボーン・バーネットがエグゼクティブ音楽プロデューサーを務めた。 1961年のニューヨーク・フォーク・シーンで活動していた歌手の生涯の1週間を扱う。フォーク歌手デイヴ・ヴァン・ロンクの自伝をヒントにしている。劇中歌は撮影中に生で録音された。 2013年5月19日に第66回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門で上映され、審査員特別グランプリを獲得した。第86回アカデミー賞には撮影賞と録音賞にノミネートされた。また第71回ゴールデングローブ賞には作品賞(ミュージカル・コメディ部門)を含む3部門にノミネートされた。 プロット 1961年、ルーウィン・デイヴィス(オスカー・アイザック)はニューヨークのグリニッジ・ヴィレッジ で苦しい生活をしているフォーク歌手。 (Wikipedia:インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌)


インサイド - 関連ブログ

データが取得できませんでした

インサイド - アマゾン検索


「インサイド」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す