[PR]

日別キーワード

第50位  クラフトビール - 2018年10月31日


関連するイメージは見つかりませんでした



クラフトビール
地ビール(じビール)は、小規模ビール会社によるビール。日本では緊急経済対策の一環として、1994年(平成6年)4月の酒税法改正により、ビールの最低製造数量基準が2000klから60klに緩和されたことを受けて全国各地に誕生した地域密着・小規模醸造のビール会社による、地方ローカルブランドのビールを指す。英語圏ではクラフトビールとも呼ばれ、また地ビールを醸造するビール会社や醸造所をマイクロ・ブリュワリーと呼ぶ。日本国内でも、2000年代に入ってからのブームでは、クラフトビールと呼ぶことが多い。 日本では、多くの醸造所が、エール、ダークエール、ピルスナー、ヴァイツェン、ケルシュなど数種類のスタイルのビールを醸造している。日本の地ビールメーカーは、2015年時点で200カ所前後あるとされる。 1994年の規制緩和によって、一時は地ビールブームとなり、最盛期には300社以上のメーカーが存在したが、次第に沈静化。価格の安い発泡酒の攻勢を受けたことで、高価格の地ビールは一気に窮地に立たされることとなり、廃業する業者も出るようになった。 (Wikipedia:クラフトビール)


クラフトビール - 関連ブログ

データが取得できませんでした

クラフトビール - アマゾン検索


「クラフトビール」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す