[PR]

日別キーワード

第66位  バイオハザード - 2018年10月31日


関連するイメージは見つかりませんでした



バイオハザード
バイオハザード(英: biohazard, biological hazard、生物学的危害)とは、有害な生物による危険性をいう。古典的には病院や研究所の試料や廃棄物など、病原体を含有する危険物(病毒をうつしやすい物質)を指してきたが、20世紀末からは雑草や害虫を強化しかねない農薬耐性遺伝子や農薬内生遺伝子を有する遺伝子組み換え作物等もこの概念に含まれてきている(遺伝子組換え生物等)。 病毒をうつしやすい物質 肝炎ウイルスや結核菌、エキノコックス、プリオンタンパク質といった病原体の培養物やその廃棄物、注射針等の医療廃棄物、生物兵器といった、病原体等を含有する物質を総称して病毒をうつしやすい物質(英: infectious substances)という。病原体とは感染症の原因物質のことであり、ウイルスや細菌、リケッチア、寄生虫、真菌、プリオンタンパク質等のうち、人畜に感染性を有し、その伝播により市民の生命や健康、畜産業に影響を与えるおそれがあるものを指す。 (Wikipedia:バイオハザード)

バイオハザードシリーズ
バイオハザードシリーズ(BIOHAZARD、欧米では: Resident Evil)は、カプコンから発売されているテレビゲームの一シリーズ。主なジャンルは「サバイバルホラー」で、派生作品によっては、「サバイバルガンシューティング」「サバイバルアクション」「サバイバルシューター」などと銘打たれたものも含まれている。 1996年にPlayStationで発売されて以来シリーズ化され、携帯アプリも含めて様々なハードで商品展開されている人気タイトル。移植作品を含めた、2015年9月30日時点のタイトル数は101作品にも及び、全世界でシリーズ累計6,600万本以上を売り上げている。この実績は、本作と並ぶ同社の代表作である『ストリートファイター』シリーズ、『モンスターハンター』シリーズ、『ロックマン』シリーズ、『デビルメイクライ』シリーズを上回る。 本作以前にも「ホラーゲーム」と呼ばれる作品は発売されていたが、本作のヒットにより一ジャンルとして確立され、一般へ広く浸透した。 (Wikipedia:バイオハザードシリーズ)

バイオハザード アンブレラ・クロニクルズ
Title バイオハザード アンブレラ・クロニクルズ”Resident Evil: The Umbrella Chronicles”
Genre ガンシューティング
Plat Wii
Dev カプコンキャビア (企業) キャビア
Pub カプコン
Play 1~2人
Media 光ディスク Wii用12cm光ディスク
Rating コンピュータエンターテインメントレーティング機構 CERO: C(15歳以上対象)Entertainment Software Rating Board ESRB: M(Mature)Pan European Game Information PEGI: 18+Office_of_Film_and_Literature_Classification OFLC: MA15+(Mature Audiences)
Device Wiiリモコン#ヌンチャク ヌンチャク対応Wiiザッパー対応
Engine
『バイオハザード アンブレラ・クロニクルズ』(”Resident Evil: The Umbrella Chronicles”)は、カプコン・キャビア (企業) キャビア開発、カプコン発売のWii専用ゲームソフト。
2006年のElectronic Entertainment Expo E3で開発を発表、名称は同年9月14日に発表された。日本では2007年11月15日発売。
(Wikipedia:バイオハザード アンブレラ・クロニクルズ)

バイオハザード (ゲーム)
『バイオハザード』(BIO HAZARD, 日本国外ではResident Evil)は1996年にカプコンより発売されたPlayStation用ホラーアクションアドベンチャーゲーム。その後様々なプラットフォームに移植される。 本項では同作品の移植作、リメイク作品も合わせて解説する。 タイトルの「BIO HAZARD」には「生物災害」という意味があり(バイオハザード項も参照)、それを筋としストーリーが展開されている。日本国外のタイトルである「Resident Evil」は、「邪悪なる居住者」という意味をもつ。 舞台としては、1998年7月23日のアメリカの中西部に位置するアークレイ山の洋館が舞台となっており、そこで起こったバイオハザードに見舞われながらも、殺人事件の捜査のために洋館に潜入したラクーン市警の特殊作戦部隊S.T.A.R.S.の隊員達の戦いを描いている。 (Wikipedia:バイオハザード (ゲーム))

バイオハザード アウトブレイク
『バイオハザード アウトブレイク』は、2003年12月11日にカプコンよりPlayStation 2用として発売されたホラーアクションアドベンチャーゲーム。『バイオハザードシリーズ』の本編とつながりがある番外編である。2004年にはマイナーチェンジした続編『バイオハザード アウトブレイク FILE2』が発売された。 PlayStation 2をインターネット接続することでオンラインゲームとしてもプレイ可能。オンラインモードをプレイするには別途KDDIのオンラインゲーム用ネットワークサービス「マルチマッチングBB」の契約が必要となるが、同サービスは2011年6月30日で終了したため、オンラインモードはプレイできない。 全世界累計売上本数は145万本。 ラクーンシティで巨大製薬企業アンブレラとレオン、クレア、S.T.A.R.S.隊員が戦っている中、生き延びようとあがく一般市民たちの苦悩や葛藤を描いた作品。最終的には戦術ミサイルによりラクーンシティは消滅するが、その当日の数日前から数時間前までが描かれている。 (Wikipedia:バイオハザード アウトブレイク)

バイオハザード アウトブレイク FILE2
『バイオハザード アウトブレイク』より : 『バイオハザード アウトブレイク FILE2』は、2004年9月9日にカプコンよりPlayStation 2用として発売されたホラーアクションアドベンチャーゲーム。『バイオハザード アウトブレイク』の続編である。 前作からの変更点はエクストラアイテムの追加、新しいアクションの追加、新しいクリーチャーの追加、新しい武器の追加等がある。前作のアナザーストーリーという位置づけである。前作をクリアしたことを前提としているためか、最初のシナリオから難度は高い。また、前作のデータが同メモリーカード内にある状態で「コンバート」という機能を使うことで前作のコレクションがすべて出現するようになった。これによりオフラインユーザーでも前作の隠し要素をすべて楽しめるようになっている。この措置は前作での批判点を解消するために取られたものと思われる。 ゲーム概要 ※ 前作のシステムに加えて、新たなシステムが追加されている。 新たなアクションの追加 武器を構えたまま移動できる「構え歩き」アクションが追加された。 (Wikipedia:バイオハザード アウトブレイク FILE2)

バイオハザード4
『バイオハザード4』(バイオハザードフォー、biohazard 4、欧題:Resident Evil4)は2005年にカプコンよりニンテンドーゲームキューブ用ソフトとして発売されたホラーアクションアドベンチャーゲーム。『バイオハザードシリーズ』の第6作であり、後にPlayStation 2、Microsoft Windows、Wii、PlayStation 3、Xbox 360に移植された。2016年秋にはPlayStation 4,Xbox One版が発売される予定。 本作はCESA GAME AWARDS 2004-2005において優秀賞、ファミ通アワード2005において大賞を受賞した。 開発の経緯 本編シリーズとしては、2002年発売の前作『バイオハザード0』より約3年ぶりとなる。 シリーズの生みの親である三上真司がディレクターとして加わっているが、発売までに何度も作り直されており、初期に神谷英樹がディレクターを務めたものは『バイオハザード4』として開発されたもののその後路線を変更、『デビルメイクライ』として発売された。 (Wikipedia:バイオハザード4)

バイオハザードII アポカリプス
作品名 バイオハザードII アポカリプス
原題 Resident Evil:Apocalypse
監督 アレクサンダー・ウィット
製作総指揮 ベルント・アイヒンガーサミュエル・ハディダヴィクター・ハディダロバート・クルツァー
製作 ポール・W・S・アンダーソンジェレミー・ボルトドン・カーモディ
脚本 ポール・W・S・アンダーソン
出演者 ミラ・ジョヴォヴィッチ
音楽 ジェフ・ダナ
撮影 クリスチャン・セバルトデレク・ロジャース
編集 エディ・ハミルトン
配給 ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント
上映時間 94分
言語 英語
制作費 $43,000,000
興行収入
前作 バイオハザード (映画) バイオハザード
次作 バイオハザードIII
allcinema_id 320447
(Wikipedia:バイオハザードII アポカリプス)

バイオハザード3 LAST ESCAPE
『バイオハザード3 LAST ESCAPE』(バイオハザードスリー ラストエスケープ)は1999年にカプコンよりPlayStation用として発売されたアクションアドベンチャーゲーム。『バイオハザードシリーズ』の第3作である。 欧米では『Resident Evil 3: Nemesis』として発売された。旧年齢区分18歳以上対象から新区分D(17歳以上対象)となった。 本編シリーズとしては、1998年発売の前作『バイオハザード2』(以降『2』)から約1年振りであり、シリーズで初めて現実の時間帯よりも過去を描いたこととなる。 『2』と同じラクーンシティが舞台で、ほぼ同一時間帯に起きた出来事(前作は9月29日-9月30日、本作は9月28日-10月1日)が描かれている。また、PlayStation 2で発売された『バイオハザード アウトブレイク』シリーズともつながりが深い。 プレイヤーはジル・バレンタインとカルロス・オリヴェイラを操作して、クリーチャー達と謎の追跡者(ネメシス)から逃れつつ、困難を乗り越えながらラクーンシティからの脱出を目的とする。 (Wikipedia:バイオハザード3 LAST ESCAPE)

バイオハザード3
『バイオハザード3 LAST ESCAPE』より : 『バイオハザード3 LAST ESCAPE』(バイオハザードスリー ラストエスケープ)は1999年にカプコンよりPlayStation用として発売されたアクションアドベンチャーゲーム。『バイオハザードシリーズ』の第3作である。 欧米では『Resident Evil 3: Nemesis』として発売された。旧年齢区分18歳以上対象から新区分D(17歳以上対象)となった。 本編シリーズとしては、1998年発売の前作『バイオハザード2』(以降『2』)から約1年振りであり、シリーズで初めて現実の時間帯よりも過去を描いたこととなる。 『2』と同じラクーンシティが舞台で、ほぼ同一時間帯に起きた出来事(前作は9月29日-9月30日、本作は9月28日-10月1日)が描かれている。また、PlayStation 2で発売された『バイオハザード アウトブレイク』シリーズともつながりが深い。 プレイヤーはジル・バレンタインとカルロス・オリヴェイラを操作して、クリーチャー達と謎の追跡者(ネメシス)から逃れつつ、困難を乗り越えながらラクーンシティからの脱出を目的とする。 (Wikipedia:バイオハザード3)

バイオハザード CODE:Veronica
『バイオハザード CODE:Veronica』(バイオハザード コード:ベロニカ)は、2000年にカプコンよりドリームキャスト用として発売された『バイオハザードシリーズ』第4作目のホラーアクションアドベンチャーゲーム。本作以降はタイトルナンバーと発売順が一致しなくなった。開発はネクステック。 CEROの年齢区分によりCERO:D(17才以上対象)とされている。旧年齢区分CERO:Z(18才以上のみ対象)から新区分D(17歳以上対象)となった。 本編シリーズとしては、1999年発売の前作『バイオハザード3 LAST ESCAPE』(以降、『3』)より、約1年ぶりとなる。 時系列としては、『バイオハザード』の5か月後、『バイオハザード2』と『3』の3か月後の1998年12月に位置する。プレイヤーはゲーム前半はクレアを、後半はクリスを操作してバイオハザードが発生した施設からの脱出を目的とする。また、クレアが捕まって孤島に連れて行かれ、そこでバイオハザードに巻き込まれ、それをクリスが助けに向かうと言う形等のいくつかの要素は2015年発売の『バイオハザード リベレーションズ2』にもオマージュとして取り入れられている。 (Wikipedia:バイオハザード CODE:Veronica)

バイオハザード CODE:Veronica 完全版
『バイオハザード CODE:Veronica』より : 『バイオハザード CODE:Veronica』(バイオハザード コード:ベロニカ)は、2000年にカプコンよりドリームキャスト用として発売された『バイオハザードシリーズ』第4作目のホラーアクションアドベンチャーゲーム。本作以降はタイトルナンバーと発売順が一致しなくなった。開発はネクステック。 CEROの年齢区分によりCERO:D(17才以上対象)とされている。旧年齢区分CERO:Z(18才以上のみ対象)から新区分D(17歳以上対象)となった。 本編シリーズとしては、1999年発売の前作『バイオハザード3 LAST ESCAPE』(以降、『3』)より、約1年ぶりとなる。 時系列としては、『バイオハザード』の5か月後、『バイオハザード2』と『3』の3か月後の1998年12月に位置する。プレイヤーはゲーム前半はクレアを、後半はクリスを操作してバイオハザードが発生した施設からの脱出を目的とする。また、クレアが捕まって孤島に連れて行かれ、そこでバイオハザードに巻き込まれ、それをクリスが助けに向かうと言う形等のいくつかの要素は2015年発売の『バイオハザード リベレーションズ2』にもオマージュとして取り入れられている。 (Wikipedia:バイオハザード CODE:Veronica 完全版)

バイオハザード0
『バイオハザード0』(バイオハザードゼロ)は、カプコンより2002年11月21日に発売されたニンテンドーゲームキューブ用ホラーアクションアドベンチャーゲーム。『バイオハザードシリーズ』の第5作である。開発はトーセとニューロン・エイジ。 本編シリーズとしては、2000年発売の前作『バイオハザード CODE:Veronica』より、約2年振り。ナンバリングシリーズとしては、1999年発売の『バイオハザード3 LAST ESCAPE』以来、約3年振りとなる。 時系列としては、『バイオハザード』にて起きた洋館事件の前日に位置しており、その中で起きていた出来事を描くプレストーリー編。開発当初はNINTENDO64で発売される予定だった。 2008年7月10日にWii版が発売された。対応するコントローラが増えた他は追加要素の無い純粋移植作品であるが、ディスク容量増加によってプレイ中のディスク入替がなくなった。また、パッケージは、GC版がレベッカとビリーの背中合わせだったのに対し、Wii版は2人が向き合っている。 (Wikipedia:バイオハザード0)

バイオハザード2
『バイオハザード2』(バイオハザードツー、BIOHAZARD 2、欧題:Resident Evil 2)は、1998年にカプコンよりPlayStation(PS)用として発売されたホラーアクションアドベンチャーゲーム。『バイオハザードシリーズ』の第2作である。後にNINTENDO64、ドリームキャスト、Windows(PC)、ニンテンドーゲームキューブ向けに移植され、2007年にはゲームアーカイブスでも配信されている。また、2015年8月にはリメイク版の開発が発表されている。 本編シリーズとしては、1996年発売の前作『バイオハザード』(以降『1』)から約2年振りとなり、現実の西暦とゲームの西暦が一致するようになった(日付そのものは、ゲームの方が少しだけ未来である)。時系列としては、『バイオハザード』の2か月後に位置しており、舞台も前作の閉鎖的だった洋館から一転して外へ開放的な、より規模の大きいラクーンシティへ変わっているが、前作と目的は変わっておらず、偶然バイオハザードに見舞われた日にラクーンシティへ来た若い新人警官レオン・S・ケネディ、女子大生のクレア・レッドフィールドを操作して壊滅状態の街を探索し、遭遇する様々なクリーチャーに対処しつつ、様々なアイテムを駆使して街からの脱出が目的となっている。 (Wikipedia:バイオハザード2)

バイオハザード (映画)
『バイオハザード』 (Resident Evil) は、2002年公開のアメリカ映画。カプコンのゲームソフト『バイオハザード』を原案とした、サバイバルアクションホラー映画である。日本では、アミューズピクチャーズ配給で、2002年8月31日に松竹系で公開された。世界興行収入は168億円。 続編として『バイオハザードII アポカリプス』(2004年。以降、『II』)、『バイオハザードIII』(2007年。以降、『III』)、『バイオハザードIV アフターライフ』(2010年。以降、『IV』)が製作されている。『バイオハザードV リトリビューション』は、2012年9月14日に日米公開された。 あらすじ 21世紀初頭。全米No.1の巨大複合企業であり、アメリカでの家庭用医薬品シェア90%を誇るアンブレラ社。だがその裏の姿は、細菌兵器などの研究開発を手掛ける“死の商人”であった。 ある日、アメリカ合衆国ラクーンシティ郊外に位置するアンブレラ社の地下研究所「ハイブ」で、研究中の生物兵器T-ウイルスが何者かの手によって施設内に漏洩するバイオハザードが発生。 (Wikipedia:バイオハザード (映画))

バイオハザード外伝
『BIOHAZARD GAIDEN』より : 『BIOHAZARD GAIDEN』(バイオハザードがいでん)は2002年3月29日にカプコンが販売したゲームボーイカラー専用のホラーアドベンチャーゲーム。開発はM4 Ltd.(イギリス)。 『バイオハザードシリーズ』としては初の任天堂ハードから発売された。同シリーズの外伝作品である。 ゲームボーイカラーというプラットフォームによる制約から、画面は2Dマップ見下ろし型となっており、従来のシリーズ作品とはプレイ感覚は異なる。戦闘システムが独特の形式をとっており、画面の表示に合わせてボタンをタイミングよく押すことにより敵を倒していく。2Dゲームの枠内で一種のリアルタイム性を狙ったものである。 ゲーム開始時、プレイヤーはバリーを操作し、ゲームの展開によってレオンと一時交代しつつ進行していく。 エンディングにて、レオン、バリーと、STARLIGHT号の生き残りであるルシアの3名が船からの脱出に成功するが、無線機で無事を報告するレオンの切り傷から、緑色の血が流れていた(アップで強調されている)。 (Wikipedia:バイオハザード外伝)

バイオハザードシリーズの登場人物
バイオハザードシリーズの登場人物(バイオハザードシリーズのとうじょうじんぶつ)は、カプコンのゲーム『バイオハザード』シリーズの登場人物の一覧である。 映画版の登場人物や映画版のみの設定もここで解説するが、『バイオハザード:ディジェネレーション』および『バイオハザード ダムネーション』以外はゲーム版と直接の関係は無い。 本編の主人公および主要人物 クリス・レッドフィールド (Chris Redfield) 年齢:25歳『1』&『CV』(1998年当時)→30歳『UC』(2003年当時)→31歳『RV』(2005年当時)→32歳『5』(2006年当時)→35歳『5』(2009年当時)→38歳『MD』(2012年当時)→39歳~40歳『6』(2012年~2013年当時) 声:Scott McCulloch(『1』オリジナル版)、井上和彦(『1』DC DS ver.コンプリートディスク日本語吹き替え版)、ジョー・ホワイト(『1』リメイク版)、マイケル・フィリポウィッチ(『CV』)、ロジャー・クレイグ・スミス(『5』『DC』『MVC3』『UMVC3』『RV』『6』) 映画版俳優:ウェントワース・ミラー(『IV』) 『1(HDリマスター版』『RV』『6』『MVC3』『UMVC3』『PXZ』および映画版日本語吹替え:東地宏樹 『1』『CV』『5』『6』『UC』『DC』『RV』『IV』に登場するラクーンシティ警察署(以降、「R.P.D.」)の特殊戦術および救助部隊(以降、「S.T.A.R.S.」)アルファチーム所属のポジションはポイントマン (PM) で、2003年以降は対バイオテロ組織「B.S.A.A.」に所属、国連直轄の機関に成長した2006年以降はの北アメリカ支部に所属し、創設メンバー「オリジナル・イレブン」の1人として活動している。 (Wikipedia:バイオハザードシリーズの登場人物)

バイオハザードIV アフターライフ
『バイオハザードIV アフターライフ』(原題: Resident Evil: Afterlife)は、2010年のホラーアクション映画。3D上映も行われた。PG12指定。 1からポール・W・S・アンダーソンが久々に監督を務める。前作IIIから1年後を舞台とし、ロサンゼルス、アンブレラの本部がある東京都渋谷、アラスカ(撮影場所はトロント)が登場する。なお、今作ではゾンビのみならず『バイオハザード5』に登場するマジニが敵として登場、アルバート・ウェスカーが同ゲームと同じ動きをする場面がある等、オリジナリティが強かった過去作に比べ原作へのオマージュ要素が多い。アクションシーンでは前作までと比べるとスローモーションを多用している。 IMAX 3Dと3Dは日本語吹き替え版と字幕スーパー版で、2Dは字幕版のみ。 ストーリー 前作より3年前に遡る。 T-ウイルスは世界中に蔓延し、遂に東京でも感染者が出た。そして、世界滅亡のカウントダウンが始まった。 それから4年後(前作から1年後)の12月某日、アンブレラ社は東京・渋谷の地下に巨大要塞を築き、アルバート・ウェスカー議長の指示の下で、T-ウイルスの研究、実験を繰り返していた。 (Wikipedia:バイオハザードIV アフターライフ)

バイオハザードV リトリビューション
『バイオハザードV リトリビューション』(原題: Resident Evil: Retribution)は、2012年9月14日に日米同時公開のホラーアクション映画。3D上映も行われた。PG12指定。 今作は前作『IV』のラスト直後から続く形で始まる展開となっており、主な舞台はアンブレラ社の最高機密オペレーション施設であるが、その中にあるシミュレーション用実験場という形でニューヨーク(タイムズ・スクエア)、東京(渋谷)、モスクワ(赤の広場)の街が登場する。 クリーチャーはリッカーや処刑マジニが再登場する他、『バイオハザード4』『バイオハザード5』に登場した寄生虫プラーガが初登場(前作ではマジニやアジュレは登場したものの、プラーガに関しては語られていなかった)。その他、ゲームでの主要人物である「エイダ・ウォン」「レオン・S・ケネディ」「バリー・バートン」も登場する。 ストーリー アルバート・ウェスカーとの死闘を終え、生存者達を救出してタンカーの甲板へ出てきたアリス・アバーナシーを、上空からアンブレラ社の戦闘部隊が急襲する。 (Wikipedia:バイオハザードV リトリビューション)

バイオハザードVI ザ・ファイナル・チャプター
『バイオハザードVI: ザ・ファイナル』 (Resident Evil VI: The Final Chapter) は、2017年1月公開予定のホラーアクション映画。カプコンのホラーアクションアドベンチャーゲーム『バイオハザードシリーズ』を原作とした、実写映画版のシリーズ第6作かつ最終作である。 登場人物は主人公のアリス・アバーナシーをはじめ、ジル・バレンタイン、クリス・レッドフィールド、クレア・レッドフィールド、Kマート。 日本からは「驚くべき美貌と人を惹きつける強烈な個性、強い意志をもった女性」と映画プロデューサーに評されるタレント・ローラが、女戦士コバルト役で出演する。 2014年9月に全米公開予定だったが、ミラの第2子妊娠により撮影は延期され、2015年4月に第2子は生れた。 撮影は2015年9月から南アフリカのヨハネスブルクとケープタウンで行われる。 日本では2016年12月23日に世界最速公開される。 出典 外部リンク バイオハザードVI ザ・ファイナル・チャプター - インターネット・ムービー・データベース(英語)。 (Wikipedia:バイオハザードVI ザ・ファイナル・チャプター)


バイオハザード - 関連ブログ

データが取得できませんでした

バイオハザード - アマゾン検索


「バイオハザード」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す