[PR]

日別キーワード

第69位  パラサイト・イヴ - 2018年10月31日


関連するイメージは見つかりませんでした



パラサイト・イヴ
『パラサイト・イヴ』は、瀬名秀明のデビュー作となったホラー小説。第2回日本ホラー小説大賞受賞。 ミトコンドリア遺伝子の反乱を描いたSFホラー作品である。著者が、大学院博士課程(東北大学薬学部)に在籍する研究者だったことでも話題になった。 著者が大学・大学院生活を送っていた仙台市にある東北大学薬学部や医学部、およびその周辺などが情景として描き出されている。ただし、小説の舞台は、明確に仙台市とはなっていない。 受賞直後の1995年には「角川ドラマルネッサンス」(ファンタジーワールド内。TBSラジオ)としてラジオドラマ化された。発表直後でもあり、原作に沿った内容だった。ラジオドラマはその後、CDとして発売された。 1997年には、映画化もされた。映画はホラーというよりも、切ないラブストーリーとして描かれている。また、この小説を土台にしたプレイステーション用RPG『パラサイト・イヴ』、『パラサイト・イヴ2』がスクウェアより発売された。ゲームは当時最先端の美麗なCGと音楽が話題となり、累計100万本のヒットを記録した。 (Wikipedia:パラサイト・イヴ)

パラサイト・イヴ (ゲーム)
『パラサイト・イヴ』(PARASITE EVE)は、瀬名秀明の小説『パラサイト・イヴ』を原作としたスクウェア(現:スクウェア・エニックス)のテレビゲーム、またはシリーズである。PEと略される。 瀬名のホラー小説『パラサイト・イヴ』を元としているが、主人公のアヤ・ブレアをはじめとする登場キャラクターはゲームオリジナルで、原作とは異なるストーリーが展開される。発売時のジャンル表記は「シネマティックRPG」。『ファイナルファンタジー』シリーズを手がけていた坂口博信などが製作した。ゲームの舞台は小説の数年後という設定で、舞台が日本からアメリカ合衆国のN.Y. マンハッタンへと移っている。多くの生命が持つ細胞内小器官ミトコンドリアがネオ・ミトコンドリアとして覚醒、人類に対する反乱を起こし、同様に超人的能力へ目覚めた主人公の女性警官が、それに立ち向かうというもの。 続編として『パラサイト・イヴ2』(1999年発売)、『ザ・サード バースデイ』(2010年発売)がある。 ゲームの要領 基本的には、オーソドックスなアクションRPGである。 (Wikipedia:パラサイト・イヴ (ゲーム))

パラサイト・イヴ2
『パラサイト・イヴ (ゲーム)』より : 『パラサイト・イヴ2』(PARASITE EVE2)は、1999年にスクウェア(後のスクウェア・エニックス)より発売されたコンピュータゲーム。略称はPE2。 瀬名秀明の小説を原作としたゲーム『パラサイト・イヴ』の続編。TVコマーシャルにおける美麗なCG(とくにヒロインのシャワーシーン)が各方面で話題となった。 ゲームシステム面における前作からの共通点が少なく、中でも特筆すべき点は、キャラクターから見て前進・後退・右折・左折である通称「ラジコン操作」に変更された。 モデルチェンジした本作に戸惑いを覚えるユーザーもいたものの、同様のアクションゲームスタイルに慣れた新しい層のファンを開拓したとも言え、この操作方法が一つのジャンル操作として定着してからは概ね好評を得ている。 特徴的なのはR1ボタンで武器を構え□ボタンで射撃という『バイオハザードシリーズ』に対し、本作は□ボタンで武器を構えR1ボタンで射撃をするというものになっている。 (Wikipedia:パラサイト・イヴ2)


パラサイト・イヴ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

パラサイト・イヴ - アマゾン検索


「パラサイト・イヴ」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す