[PR]

日別キーワード

第72位  フランキー堺 - 2018年10月31日


関連するイメージは見つかりませんでした



フランキー堺
フランキー堺(フランキー さかい、1929年(昭和4年)2月13日 - 1996年(平成8年)6月10日)とは、鹿児島県鹿児島市出身のコメディアン、俳優、ジャズ奏者(ドラム)、司会者。本名は堺 正俊。 来歴・人物 父親は鹿児島の士族の家系の出身。また、明治・大正時代に活躍し、映画『ノンキナトウサン』の主役としても知られる曾我廼家五九郎は親戚にあたる。 鹿児島県師範学校附属小学校(鹿児島大学教育学部附属小学校)在学中、ボーイソプラノの歌い手として注目され、合唱団としてNHK鹿児島放送局のラジオ番組に出演。一家で東京大田区池上へ引越し、池上第二小学校、私立麻布中学校を経て慶應義塾大学法学部卒業。中学時代の同級に、小沢昭一、加藤武がいた。 1946年8月のバレエ「白鳥の湖」日本初演(第一次東京バレエ団)では男性ダンサーが足りず、立ち役は早稲田、慶應、上智の各大学の演劇部の学生が演じ、慶応大学法学部の学生だったフランキー堺も出演している。 (Wikipedia:フランキー堺)

フランキー堺とシティ・スリッカーズ
フランキー堺とシティ・スリッカーズ(フランキーさかいとシティ・スリッカーズ)は、フランキー堺が1954年に結成し、1959年ごろに解散したジャズバンド/コミックバンド。冗談音楽の王様と呼ばれたスパイク・ジョーンズ&ザ・シティ・スリッカーズのコピーバンドとして始まり、その音楽性はハナ肇とクレイジーキャッツに引き継がれた。メンバーの岩井直溥は「要するにシティ・スリッカーズは、のちの「ハナ肇とクレージー・キャッツ」の原型のようなものだったんです」と述べている。 のちフランキー堺が日活の専属となって俳優に転じ、バンドを脱退。その後も3年ほどフランキー堺不在のまま演奏活動を続けた。ハナ肇は「フランキー(堺)は日活に行って映画をやるようになったらバンドのことなんか放ったらかして自分のことばかり考えるようになった」と批判的に語っている。 メンバー フランキー堺(ドラム) 桜井センリ(ピアノ) 谷啓(トロンボーン) 鈴木康允(ギター) 植木等(ギター、ボーカル) - 鈴木の後釜として参加。 (Wikipedia:フランキー堺とシティ・スリッカーズ)

フランキー堺とシティスリッカーズ
『フランキー堺とシティ・スリッカーズ』より : フランキー堺とシティ・スリッカーズ(フランキーさかいとシティ・スリッカーズ)は、フランキー堺が1954年に結成し、1959年ごろに解散したジャズバンド/コミックバンド。冗談音楽の王様と呼ばれたスパイク・ジョーンズ&ザ・シティ・スリッカーズのコピーバンドとして始まり、その音楽性はハナ肇とクレイジーキャッツに引き継がれた。メンバーの岩井直溥は「要するにシティ・スリッカーズは、のちの「ハナ肇とクレージー・キャッツ」の原型のようなものだったんです」と述べている。 のちフランキー堺が日活の専属となって俳優に転じ、バンドを脱退。その後も3年ほどフランキー堺不在のまま演奏活動を続けた。ハナ肇は「フランキー(堺)は日活に行って映画をやるようになったらバンドのことなんか放ったらかして自分のことばかり考えるようになった」と批判的に語っている。 メンバー フランキー堺(ドラム) 桜井センリ(ピアノ) 谷啓(トロンボーン) 鈴木康允(ギター) 植木等(ギター、ボーカル) - 鈴木の後釜として参加。 (Wikipedia:フランキー堺とシティスリッカーズ)


フランキー堺 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

フランキー堺 - アマゾン検索


「フランキー堺」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す