[PR]

日別キーワード

第81位  ラテンアメリカ - 2018年10月31日


関連するイメージは見つかりませんでした



ラテンアメリカ
ラテンアメリカ(西: Latinoamérica, América Latina, 葡: Latinoamerica, América Latina, 英: Latin America, 仏: Amérique latine)は、アングロアメリカに対する概念で、アメリカ大陸の北半球中緯度から南半球にかけて存在する独立国及び非独立地域を指す総称である。 ここでの「ラテン」という接頭語は「イベリア(系)の」という意味であり、これらの地を支配していた旧宗主国が、ほぼスペインとポルトガルであったことに由来している。 多くの地域がスペイン語、ポルトガル語、フランス語などのラテン系言語を公用語として用いており、社会文化もそれに沿ったものであったことから名付けられた。 また、地理学的名称としてラテンアメリカは中南米と呼称される場合もあるが、北アメリカに属するメキシコが含まれるなど、こちらも正確な表現ではない。 語源 ラテンアメリカの名称は1856年、ヌエバ・グラナダ共和国(現在のコロンビア)の首都ボゴタで生まれた文人ホセ・マリア・トーレス=カイセードによって初めて用いられた。 (Wikipedia:ラテンアメリカ)

ラテンアメリカ文学
ラテンアメリカ文学(ラテンアメリカぶんがく)とは、ラテンアメリカ圏(メキシコ、西インド諸島以南のアメリカ大陸)で書かれた、および出身者の文学。おもにスペイン語またはポルトガル語で書かれている。日本では主にポルトガル語圏であるブラジルを除いたスペイン語圏の文学を指すことが多い。中南米文学、イスパノアメリカ文学とも。トリニダード・トバゴ出身のノーベル賞受賞者V・S・ナイポールやデレック・ウォルコットなど、英語で執筆する作者は、ラテンアメリカ人の作家とは見なされない。おもに20世紀後半、ラテンアメリカ文学の特徴とされるマジックリアリズムの傾向によって世界的に注目され、最も高い境地に達したと評されている。 本稿での範囲 本稿では、「メキシコ、西インド諸島以南のアメリカ大陸の中で、スペイン語もしくはポルトガル語を公用語とする国」出身の作家と文学。つまり「利用言語が英語(アンティグア・バーブーダ、ガイアナ、グレナダ、ジャマイカ、セントビンセントおよびグレナディーン諸島、セントクリストファー・ネイビス、セントルシア、ドミニカ国、トリニダード・トバゴ、バハマ、バルバドス、ベリーズ)、オランダ語(スリナム)、ハイチ語とフランス語(ハイチ)以外の国」出身の作家と文学についてを対象とする。 (Wikipedia:ラテンアメリカ文学)

ラテンアメリカのチャイナタウン
ラテンアメリカの中華街(英: Chinatowns in Latin America、西: barrios chinosまたはbarrio chino)は、19世紀の農業、漁業の契約労働移民により興った。過半数は広東省出身。1970年代、香港、マカオ、台湾移民が始まり、今日ラテンアメリカの中華街は移民子孫、混血、東アジア移民などを含み、広東人、客家人が多い。 アングロアメリカ、ヨーロッパの中華街と異なり、純血の中華民族移民は少ない。中国移民は中国語(北京語、広東語など)とスペイン語などの各国公用語を話す。幾つかの中華街は観光用に成立していて、実際のコミュニティーとしての機能は果たしていないところもある。 ブエノスアイレスの Belgrano 地区の中華街が第1世代の台湾移民、北京語話者の移民を含む一方、ハバナ、キューバの中国移民を何世代にも渡っている。 アルゼンチン共和国 ブエノスアイレスにラテンアメリカ(中南米+メキシコ)最大の中華街がある。近年の多くの本土、台湾、アジア移民に加え、他のラテンアメリカ諸国の中国移民も移住してきた。 (Wikipedia:ラテンアメリカのチャイナタウン)

ラテンアメリカ核兵器禁止条約
『トラテロルコ条約』より : ラテンアメリカ及びカリブ核兵器禁止条約(ラテンアメリカおよびカリブかくへいききんしじょうやく、英語:Treaty for the Prohibition of Nuclear Weapons in Latin America and Caribbean)は、中南米地域の核兵器の実験・使用・製造・生産・取得・貯蔵・配備等を禁止する非核化条約である。1967年2月14日にラテンアメリカ14か国が調印し、1968年4月22日に発効した。当初は、「ラテンアメリカにおける核兵器の禁止に関する条約」 (Treaty for the Prohibition of Nuclear Weapons in Latin America) であったが、1990年にカリブ諸国が加わって改称されている。 最初に条約式が行われたメキシコ外務省の所在地名から、トラテロルコ条約(英語: Treaty of Tlatelalco、スペイン語: Tratado de Tlatelalco)とも呼ばれている。 (Wikipedia:ラテンアメリカ核兵器禁止条約)

ラテンアメリカにおける核兵器の禁止に関する条約
『トラテロルコ条約』より : ラテンアメリカ及びカリブ核兵器禁止条約(ラテンアメリカおよびカリブかくへいききんしじょうやく、英語:Treaty for the Prohibition of Nuclear Weapons in Latin America and Caribbean)は、中南米地域の核兵器の実験・使用・製造・生産・取得・貯蔵・配備等を禁止する非核化条約である。1967年2月14日にラテンアメリカ14か国が調印し、1968年4月22日に発効した。当初は、「ラテンアメリカにおける核兵器の禁止に関する条約」 (Treaty for the Prohibition of Nuclear Weapons in Latin America) であったが、1990年にカリブ諸国が加わって改称されている。 最初に条約式が行われたメキシコ外務省の所在地名から、トラテロルコ条約(英語: Treaty of Tlatelalco、スペイン語: Tratado de Tlatelalco)とも呼ばれている。 (Wikipedia:ラテンアメリカにおける核兵器の禁止に関する条約)

ラテンアメリカ経済機構
ラテンアメリカ経済機構(らてんあめりかけいざいきこう、Latin American Economic System, Sistema Económico Latinoamericano, SELA)は、1975年にラテンアメリカ23か国の代表が調印し1976年に発足した、共通の経済問題を協議し、全世界的な視野で経済戦略を検討し、資源開発を効果的に行う機構である。本部はベネズエラのカラカスにあり27か国が加盟している。 加盟国 経過 2009年3月31日、SELA は、ベネズエラの首都カラカスで加盟国専門家会議を開き、米国にキューバ経済封鎖の解除を求めた。最終文書は、「米国が40年以上キューバに対して続けている封鎖を17年連続の国連総会決議に従って、止める」ことを要求している。また「経済危機は先進国から起きた」として、米政府に「危機克服の努力を続けなければならない」と要請している。 関連項目 ラテンアメリカ・カリブ諸国共同体 ラテンアメリカ議会。 (Wikipedia:ラテンアメリカ経済機構)


ラテンアメリカ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

ラテンアメリカ - アマゾン検索


「ラテンアメリカ」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す