[PR]

日別キーワード

第83位  ワイルドカード - 2018年10月31日


関連するイメージは見つかりませんでした



ワイルドカード
ワイルドカード ワイルドカード (トランプ) - カードゲームにおいて特殊な役割をはたす札。 ワイルドカード (情報処理) - 情報処理において、検索する際にどんなパターンにもマッチする特殊文字。 ワイルドカード (スポーツ) - スポーツ競技における追加の特別参加枠(制度)、もしくはその対象。 ワイルドカード (ゲーム) - スクウェアが発売したワンダースワン用ゲームソフト。 ワイルドカード (映画) - ウィリアム・ゴールドマン原作・脚本、サイモン・ウェスト監督、ジェイソン・ステイサム主演のクライム映画。 ワイルドカードシリーズ - G・R・R・マーティンらによるシェアード・ワールドSF小説。 Wild Card - ザ・リッピントンズが2005年に発売したアルバム。 (Wikipedia:ワイルドカード)

ワイルドカード (スポーツ)
ワイルドカード(wild card)は、スポーツ競技における追加の特別参加枠(制度)、もしくはその対象のこと。主にプレーオフで地区優勝チーム以外に与えられる追加枠を指す。 人気のあるプレーオフの試合数を増やして収入を上げる 各組の1チームが独走した後半にも興味を持続できるようにする 組別のレベル差による順位の逆転(ある地区の2位が他地区の1位より勝率が高い時など)を補うことを目的に導入される。 メジャーリーグベースボール 通常、レギュラーシーズンでアメリカンリーグ、ナショナルリーグの各々リーグは東地区、中地区、西地区の3地区制で地区1位3チームが自動的にプレーオフに進むが、それに加えて各々リーグの3地区の2位以下になったチームの中で、勝率の高い順に2チームをワイルドカードゲーム(後述。 (Wikipedia:ワイルドカード (スポーツ))

ワイルドカード (野球)
『ワイルドカード (スポーツ)』より : ワイルドカード(Wild Card)は、スポーツ競技において特別に競技への参加を認める制度のこと。
メジャーリーグ・NFL・などにおいてはグループリーグから次のラウンドに進むための制度のことを指し、各組の1位が次回戦に進み、2位チームの一部が次回戦に進出する。
試合数を増やして収入を上げる
各組の1チームが独走した後半にも興味を持続できるようにする
組別のレベル差による順位の逆転(ある地区の2位が他地区の1位より勝率が高い時など)を補う
ことを目的に導入されるが、2チームが併走して下位を引き離した場合には逆に後半の盛り上がりが欠けることもある。
通常、レギュラーシーズンでアメリカンリーグ、ナショナルリーグの両リーグの東地区、中地区、西地区の1位6チームが自動的にプレーオフに進むが、それに加えて両リーグの3地区の2位になったチームの中で、最も勝率が高いチームがプレーオフに進出する。その2チーム、もしくはそれによるプレーオフ出場権利をワイルドカードと呼ぶ。なお、同勝率で並んだ場合には一発勝負のプレーオフ進出決定戦で出場チームを決める。
(Wikipedia:ワイルドカード (野球))

ワイルドカード (ゲーム)
Title ワイルドカード”Wild Card”
Genre ロールプレイングカードゲーム
Plat ワンダースワンカラー
Dev スクウェア
Pub スクウェア
Play 1人用
Media 16Mb+256ksRAM
Date 2001年3月29日
Price 4,300円(税込)
『ワイルドカード』 (”Wild Card”) はスクウェア (ゲーム会社) スクウェア(現スクウェア・エニックス)から2001年3月29日に発売されたワンダースワンカラー用コンピュータRPG RPG。
ゲームデザインはサガシリーズを手がける河津秋敏が担当。『はたらくチョコボ』『ブルーウィングブリッツ』とともにスクウェアのワンダースワンカラー専用のオリジナルタイトルである。出荷本数は約4万本。
本作はシナリオ、フィールド、武器、バトル、魔法、スキル、行動といったコンピュータRPG RPGを構成する様々な要素が全てカードで表現されているのが特徴。
(Wikipedia:ワイルドカード (ゲーム))

ワイルドカードゲーム
ワイルドカードゲーム(英語: Wild Card Game)は、野球のメジャーリーグベースボール(MLB)におけるポストシーズン試合のひとつ。地区優勝を逃したなかで勝率上位の2球団(ワイルドカード)が、ディビジョンシリーズ進出をかけて1試合で勝敗を決する。2012年のシーズンから導入された。 仕組み メジャーリーグベースボールの30球団は、15球団ずつがアメリカンリーグとナショナルリーグに分かれ、さらに両リーグとも5球団ずつ東・中・西の3地区に分かれている(右表参照)。各球団は同リーグ同地区との対戦を中心に、レギュラーシーズン162試合を戦う。この結果、各地区で最も勝率が高い球団(計6球団)が地区優勝となる。地区優勝を果たした球団は、無条件で "ディビジョンシリーズ" (地区シリーズ)へ進出する。 地区優勝を逃した各リーグ12球団ずつのうち、地区に関係なく勝率上位2球団ずつがワイルドカードとなる。この2球団が地区シリーズ進出をかけて対戦する1試合が "ワイルドカードゲーム" である。試合の開催地は、レギュラーシーズンの勝率が高いほうの球団(第1ワイルドカード)の本拠地球場となる。 (Wikipedia:ワイルドカードゲーム)

ワイルドカード (トランプ)
ワイルドカードとは、トランプなどのカードゲームにおいて、他のカードの代用が可能な特殊なカードのこと、万能カード、またはその代用できる能力を表す。トランプを用いるカードゲームではジョーカー (トランプ) ジョーカーがワイルドカードであることが多い。
正式なルールにはなくローカルルールとして採り入れられることもある。
具体例としてポーカーで、手札がハートの3,4,5,6とジョーカーであった場合、ジョーカーをハートの7とみなしてポーカー#ポーカー・ハンド ストレートフラッシュという役を作ることができる。また、ワイルドカードを用いて作られた役は、ワイルドカードを用いないで作った役より弱いとされる。
そのほか、デューズ・ワイルズ(これもポーカーの1種)などにもでてくる。
(Wikipedia:ワイルドカード (トランプ))


ワイルドカード - 関連ブログ

データが取得できませんでした

ワイルドカード - アマゾン検索


「ワイルドカード」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す