[PR]

日別キーワード

第84位  ワルシャワ - 2018年10月31日


関連するイメージは見つかりませんでした



ワルシャワ
ワルシャワ(WarszawaPl-Warszawa.ogg [varˈʂava];ヴァルシャヴァ、英: Warsaw、ワルソー[ˈwɔːrsɔː])は、ポーランドの首都でかつポーランド最大の都市。マゾフシェ県の県都。ポーランドの政治、経済、交通の要衝でもある。ヴィスワ川の中流、マゾフシェ地方に位置し、市内をヴィスワ川が貫通する。第2次世界大戦後、戦火で荒廃した旧市街を「煉瓦のヒビに至るまで」復元して往時の町並みを回復した。1980年、ユネスコに「ワルシャワ歴史地区」として世界遺産に登録された。 製造業、鉄鋼業、電機産業、自動車産業などの工業都市であり、ワルシャワ大学を初めとするポーランド有数の高等教育機関が集中し、歌劇場やワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団を擁する首都。 毎年8月1日の午後5時、サイレンの音を合図にワルシャワ市内では人によりその場で直立不動となり1分間の黙祷を捧げるとされる。この1分間は全ワルシャワ市の部分的な機能が停止するとも云われる。これは1944年8月1日午後5時に開始されたワルシャワ蜂起での犠牲者を追悼する行事。 (Wikipedia:ワルシャワ)

ワルシャワ大公国
『ワルシャワ公国』より : ワルシャワ公国 Księstwo Warszawskie (波)Herzogtum Warschau (独)Duché de Varsovie (仏) ワルシャワ公国の位置1809年以降のワルシャワ公国の地図 ワルシャワ公国(ワルシャワこうこく)は、ナポレオン・ボナパルトによって作られた公国である。1807年のティルジット条約に基づき、プロイセン王国からの領土割譲によって作られた。ナポレオンが1812年にロシア遠征に失敗した後、公国はプロイセンとロシアに占領され、1815年のウィーン会議の結果2つの国に分割された。 建国 1806年に徴兵に反対する暴動が起こった。これが大衆の支持を集めて拡大し、後にワルシャワ公国となる地域がプロイセンの支配から脱却した。そこで生まれた新政府は最初の仕事として、東プロイセンでロシア軍と戦っているフランス軍への食料供給を行った。 公式にはワルシャワ公国は、1807年にナポレオン・ボナパルトがプロイセンと結んだティルジット条約の一部の実施事項として建国された。 (Wikipedia:ワルシャワ大公国)

ワルシャワ公国
ワルシャワ公国 Księstwo Warszawskie (波)Herzogtum Warschau (独)Duché de Varsovie (仏) ワルシャワ公国の位置1809年以降のワルシャワ公国の地図 ワルシャワ公国(ワルシャワこうこく)は、ナポレオン・ボナパルトによって作られた公国である。1807年のティルジット条約に基づき、プロイセン王国からの領土割譲によって作られた。ナポレオンが1812年にロシア遠征に失敗した後、公国はプロイセンとロシアに占領され、1815年のウィーン会議の結果2つの国に分割された。 建国 1806年に徴兵に反対する暴動が起こった。これが大衆の支持を集めて拡大し、後にワルシャワ公国となる地域がプロイセンの支配から脱却した。そこで生まれた新政府は最初の仕事として、東プロイセンでロシア軍と戦っているフランス軍への食料供給を行った。 公式にはワルシャワ公国は、1807年にナポレオン・ボナパルトがプロイセンと結んだティルジット条約の一部の実施事項として建国された。 (Wikipedia:ワルシャワ公国)

ワルシャワ大学
1816年、ロシア皇帝アレクサンドル1世がポーランド立憲王国に大学を開設する権限を与えたことにより法学行政学、医学、哲学、神学、芸術学の5学部体制で設立された。開設されてから間もなく学生500名、教授陣50名を擁するまでになった。しかし、学生や教授の大部分は1830年の十一月蜂起に加わり大学は閉鎖された。1826年から1829年の間、ポーランドを代表する作曲家フレデリック・ショパンがこの大学で学んでいた。
1857年、クリミア戦争が終わりロシアにつかの間の平静が訪れるとワルシャワに医学の単科大学"Akademia Medyko-Chirurgiczna"を設立する許可が下りた。1862年になり法学行政学、文学歴史学、物理学数学の学部が新たに開設された。この新設大学はすぐに重要な研究機関となりSzkoła Główna(中心的な大学)と改称されたものの、1863年の一月蜂起によりポーランド語による教育機関は全て閉鎖された為この大学もそれに伴い閉鎖された。数年間しか存在しなかった大学であったが、3000人を超える学生を輩出しその多くはポーランドの知識人としてポーランドのその後を担う人材となった。
(Wikipedia:ワルシャワ大学)

ワルシャワ飛行隊
『第303コシチュシコ戦闘機中隊 (イギリス空軍)』より : 第303コシチュシコ戦闘機中隊 (だい303コシチュシコせんとうきちゅうたい、英:No. 303 "Kościuszko" Polish Fighter Squadron) とは、第二次世界大戦開戦後まもなくしてポーランド政府崩壊に伴い母国から脱出したポーランド人航空兵から編制された英国空軍の戦闘機中隊 (en)の一つを指す。ロンドンのポーランド亡命政府とイギリス政府との協定により1940年8月2日に編制され、第二次世界大戦後の1946年12月に解散された。以下、第303戦闘機中隊と略称する。 バトル・オブ・ブリテンに参加した連合軍の66個の戦闘機中隊のうちで最高の撃墜記録を挙げたことで名を馳せ、第二次大戦の伝説的存在となった。 部隊名のコシチュシコはアメリカ独立戦争当時、植民地軍総司令官ジョージ・ワシントンの副官を務めたポーランド人のタデウシ・コシチュシコ将軍に由来する。ポーランド語では Warszawski Dywizjon im. Tadeusza Kościuszki と呼ばれる。 (Wikipedia:ワルシャワ飛行隊)

ワルシャワ・ゲットー
ワルシャワ・ゲットー (Getto Warszawskie) は、第二次世界大戦中にナチス・ドイツがポーランドのワルシャワ市内に設置したゲットー(ユダヤ人隔離地域)である。ナチスが創設したゲットーの中では最大規模のものである。 ゲットーの歴史 前史 ユダヤ人は15世紀にはすでにワルシャワで暮らしていたが、1527年にポーランド王国国王ジグムント1世はユダヤ人がワルシャワ(現在のワルシャワ旧市街の城壁の内側)に住む事を禁止した。ただしユダヤ人たちは王室の許可のもと、旧市街の南東側、ワルシャワ王宮とヴィスワ川の間の一帯に自分たちの街(のち18世紀に再開発され、マリエンシュタット地区となる)を建設して商売や自治をおこなう権利を認められた。このような自由居住区は「シュテットル」と呼ばれ、強制居住区である「ゲットー」と区別される。ヨーロッパの他国と異なり民族的に寛容な政策を国家の根幹となす伝統としていたポーランドでは、ユダヤ人はごく一部の大都市の旧市街を除いて、基本的にどこでも自由に住むことができた。 (Wikipedia:ワルシャワ・ゲットー)

ワルシャワ日本人学校
ワルシャワ日本人学校 (ポーランド語 Szkoła Japońska w Warszawie przy Ambasadzie Japonii, 英語 Japanese School in Warsaw) は在ポーランド日本国大使館付属のワルシャワにある日本人学校(全日制)であり、日本語で日本の義務教育と同等の授業を行っている。教科書も日本国内と同一のものを使用し、教員は文部科学省より派遣されている。
ポーランドには日本から多数の企業(商社、各種メーカー、銀行など)が進出しており、日本人の赴任者が増えている。随行している日本人子弟の教育は、当地でも重要な問題である。学校は小学校 小学部と中学校 中学部(幼稚園 幼稚部や高等学校 高等部はなし)からなる。
中学部から上級学校への進学は、生徒を抱える家庭にとっては大きな問題である。言葉の壁があり、ポーランド現地の高等学校 高校への進学は非常に難しい。ワルシャワのインターナショナル・スクールか、ポーランド以外の国にある日本の私立学校(在外教育施設#私立在外教育施設 私立在外教育施設)、または帰国して日本の高校を受験することになる。日本では帰国生徒枠を設けている学校が増えてきたが、学校により条件(滞在期間など)が異なるため、確認が必要である。
(Wikipedia:ワルシャワ日本人学校)

ワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団
ワルシャワ歌劇場の管弦楽団を母体として1901年にポーランドの貴族や財界人の主導のもとに設立された。初代音楽監督はエミール・ムウィナルスキで、第1回公演には有名なピアニストのイグナツィ・パデレフスキも出演した。1939年に第二次世界大戦が勃発するまで、パブロ・デ・サラサーテ サラサーテやパデレフスキ、パブロ・カザルス カザルス、ヤッシャ・ハイフェッツ ハイフェッツら数々のヴィルトゥオーソや、カミーユ・サン=サーンス サン=サーンス、エドヴァルド・グリーグ グリーグ、レオンカヴァッロ、リヒャルト・シュトラウス、セルゲイ・ラフマニノフ ラフマニノフ、モーリス・ラヴェル ラヴェル、イーゴリ・ストラヴィンスキー ストラヴィンスキー、アルテュール・オネゲル オネゲル、セルゲイ・プロコフィエフ プロコフィエフ、ヴィルヘルム・フルトヴェングラー フルトヴェングラーらの作曲家や指揮者が招聘され、共演した。ショパン国際ピアノコンクールにおいて1927年の開催以来、主催者を務めており、ヴィエニアフスキ国際ヴァイオリン・コンクール(1935年)とポーランド芸術国際フェスティバル(1937年)のこけら落としにも出演した。
(Wikipedia:ワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団)

ワルシャワ蜂起
ワルシャワ蜂起(ワルシャワほうき、ポーランド語:Powstanie Warszawskie)は、第二次世界大戦末期、ナチス・ドイツ占領下のポーランドの首都ワルシャワで起こった武装蜂起である。 経過 蜂起 1944年6月22日から開始された赤軍によるバグラチオン作戦の成功によりドイツ軍の中央軍集団は壊滅、敗走を重ねた。ドイツ軍は東部占領地域に再編成・治安維持のために駐屯する部隊をかき集めて戦線の穴を埋めて防戦に努めた。 赤軍占領地域がポーランド東部一帯にまで及ぶと、ソ連はポーランドのレジスタンスに蜂起を呼びかけた。7月30日には赤軍はワルシャワから10kmの地点まで進出。占領も時間の問題と思われた。ポーランド国内軍はそれに呼応するような形で、8月1日、ドイツ軍兵力が希薄になったワルシャワで武装蜂起することを赤軍と打ち合わせた[1]。 7月31日、ドイツ軍が猛反撃を行い赤軍は甚大な損害を被る。さらに赤軍は補給に行き詰まり、進軍を停止した。 国内軍には赤軍の進撃停止の情報は伝えられなかったうえに、その直前の7月29日にはモスクワからは蜂起開始を呼びかけるラジオ放送が流れ続けており、赤軍の位置からそのワルシャワ到着は大きくは遅れないと判断された。 (Wikipedia:ワルシャワ蜂起)

ワルシャワ条約機構
ワルシャワ条約機構(ワルシャワじょうやくきこう、露: Организации Варшавского договора/Варшавский договор, 波: Układ o Przyjaźni, Współpracy i Pomocy Wzajemnej/Układ Warszawski, 英: Warsaw Treaty Organization/Warsaw Pact Organization)は、冷戦期の1955年、ワルシャワ条約に基づきソビエト社会主義共和国連邦を盟主とした東ヨーロッパ諸国が結成した軍事同盟。 (Wikipedia:ワルシャワ条約機構)

ワルシャワ条約
『ワルシャワ条約機構』より : ワルシャワ条約(わるしゃわじょうやく)は、ポーランドのワルシャワで締結された条約。以下のものが存在する。 ワルシャワ条約 (1920年) - 1920年にポーランド第二共和国とウクライナ人民共和国の間で結ばれた条約。 ワルソー条約 - 1929年に国際航空運送の事故時の補償を定めた条約。 ワルシャワ条約 (1955年) - 1955年にワルシャワ条約機構を成立させた条約。 ワルシャワ条約 (1970年) - 1970年に西ドイツ(ドイツ連邦共和国)とポーランドの間で結ばれた条約。オーデル・ナイセ線の確認などを含む。 ドイツ・ポーランド国境条約 - 1990年に統一ドイツがオーデル・ナイセ線を国境として認めたもの。ワルシャワにて署名された。 (Wikipedia:ワルシャワ条約)

ワルシャワ・フレデリック・ショパン空港
ワルシャワ・ショパン空港(-くうこう ポーランド語:Lotnisko Chopina w Warszawie 英語:Warsaw Chopin Airport)とは、ポーランドの首都ワルシャワにあるポーランド最大の空港。かつてはオケンチェ空港(Port lotniczy Warszawa-Okęcie)が正式名称であった。ポーランドの空の玄関口であり、LOTポーランド航空の本拠地空港である。ワルシャワの南10キロに位置している。因みに、空港名は、ポーランド出身の作曲家フレデリック・ショパンの名を冠している。 ポーランドの航空旅客のおよそ55%がこの空港を利用するとされる。ヨーロッパ各地、アフリカ、北アメリカやアジアへの定期便がある。 2007年の空港利用者数は約930万人。一時間に平均34の離着陸がある。 2012年6月1日に、空港連絡鉄道が開業しワルシャワ・ショパン空港駅が設置された。 1924年に空港建設が決定し、1934年に開業した。第二次世界大戦中はナチス・ドイツに占領されていたが、1940年代、ポーランド国内の主要都市の国内線を再開した。 (Wikipedia:ワルシャワ・フレデリック・ショパン空港)

ワルシャワの生き残り
ナレーションは、第二次世界大戦中にワルシャワのゲットーを生き延びてきた男を表わしており、筋書きは、強制収容所 死の収容所で処刑されようとした一群のユダヤ人の恐怖体験である。ナレーターの言葉は英語であるが、ドイツ兵が登場する場面において、彼の台詞を引用する際にドイツ語が用いられている。男声合唱は結末に登場し、ユダヤ教の祈祷文「シェマ・イスロエル(聞け、イスラエル)」をヘブライ語で歌う。作曲者の12音技法が遺憾なく発揮されており、無調の音楽がホロコーストの残忍さを強烈に訴えている一種の政治参加の音楽であり多言語テキストの音楽である。短いが彼の代表作の一つである。
実音で記譜されていて、クラリネットやトランペットなどに調性指定はない。
(Wikipedia:ワルシャワの生き残り)

ワルシャワ中央駅
ワルシャワ中央駅(わるしゃわちゅうおうえき、Warszawa Centralna)はポーランドの首都ワルシャワにある鉄道駅である。ドイツ、ウクライナ、ベラルーシ、ロシアなどへと至る国際列車が発着する。 2005年にポーランド国鉄が制定した国内鉄道駅格付では、Aランク駅である。 1975年、アルセニウシュ・ロマノヴィッチの設計で現在の駅舎が完成した。 ワルシャワ中央駅は地下鉄(地下鉄1号線)とは連絡はしていないが、バス、トラム、各近郊鉄道(ワルシャワ都市高速鉄道(SKM)社、マゾフシェ鉄道(KM)社、ワルシャワ通勤鉄道(WKD)社の、旧国営3社)との接続がある。 国際列車によってドイツのベルリン、ロシアのモスクワなどと結ばれている。グダンスク、カトヴィツェ、クラクフなどの主要都市を結ぶICも発着する。ワルシャワからクラクフの間に高速新線が開通したため、両都市間の移動は約3時間と便利になった。 駅構造 共産党政権下の各国でみられる建築様式である。大きな駅舎だが、乗車ホームは地階にあり、駅の1階と2階には切符売り場や店がある。 (Wikipedia:ワルシャワ中央駅)

ワルシャワ・ゲットー蜂起
ワルシャワ・ゲットー蜂起(ワルシャワ・ゲットーほうき、英: Warsaw Ghetto Uprising, 波: Powstanie w getcie warszawskim, イディッシュ語: ווארשעווער געטא אויפשטאנד, 独: Aufstand im Warschauer Ghetto)は、第二次世界大戦中の1943年4月から5月にかけて、ワルシャワ・ゲットーのユダヤ人レジスタンスたちが起こしたナチス・ドイツに対する武装蜂起である。 第二次世界大戦がはじまり、東ヨーロッパの諸都市がドイツ軍に占領されると、それらの都市で暮らすユダヤ人たちはゲットーに隔離されるようになった。しかし1942年から1943年にかけてナチス親衛隊(SS)は「ラインハルト作戦」を開始し、ゲットーのユダヤ人たちを続々と絶滅収容所に移送するようになった。ワルシャワ・ゲットーでも過酷な移送作戦が行われ、数多くのユダヤ人がトレブリンカ絶滅収容所へ移送されて殺害された。 (Wikipedia:ワルシャワ・ゲットー蜂起)

ワルシャワの柔肌
『ワルシャワの柔肌(はだ)』(ワルシャワのはだ、原題:Szamanka)は、1996年にポーランド、フランス、スイスの合作で製作された映画。アンジェイ・ズラウスキー監督作品。 18歳の女子大生と人類学者の官能的で破滅的な愛をスキャンダラスに描く。本国ポーランドで大ヒットとなった。 ストーリー キャスト イオーナ・ペトリ ボグスワフ・リンダ パヴェル・ディラグ アリシア・ヤキエヴィチ アグニェシュカ・ヴァグネル 外部リンク ワルシャワの柔肌(はだ) - allcinema ワルシャワの柔肌 - KINENOTE Szamanka - AllMovie(英語) Szamanka - インターネット・ムービー・データベース(英語)。 (Wikipedia:ワルシャワの柔肌)

ワルシャワ・フィルハーモニー管弦楽団
『』より : (Wikipedia:ワルシャワ・フィルハーモニー管弦楽団)


ワルシャワ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

ワルシャワ - アマゾン検索


「ワルシャワ」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す