[PR]

日別キーワード

第93位  海上自衛隊 - 2018年10月31日


関連するイメージは見つかりませんでした



海上自衛隊
海上自衛隊(かいじょうじえいたい、略称:海自(かいじ)、英語:Japan Maritime Self-Defense Force、略称:JMSDF)は、日本の官公庁の一つであり、防衛省の特別の機関 の集合体である。自衛隊のうちの海上部門にあたる。 海上幕僚監部並びに統合幕僚長および海上幕僚長の監督を受ける部隊および機関からなる。各部隊および各機関は防衛省の特別の機関である。他国からは海軍とみなされている。 主として海において活動し、日本の平和と独立を守り、国の安全を保つため、直接侵略及び間接侵略に対し日本を防衛することを主たる任務とし、必要に応じ、公共の秩序の維持に当る。その最上級者は海上幕僚監部を統括する海上幕僚長。 英語の呼称はJapan Maritime Self-Defense Forceである。日本国外の艦艇雑誌ではJMSDFという略称が定着しているが、Japanese Navy(日本海軍)と呼ばれることも多い。 規模と能力 2015年3月31日現在、主たる戦力として通常動力型潜水艦16隻(約4万5,000トン)、護衛艦47隻(約22万2,000トン)、機雷艦艇27隻(約2万6,000トン)、哨戒艦艇6隻(約1,000トン)、輸送艦艇11隻(約2万8,000トン)、補助艦艇30隻(約12万6,000トン)、航空機は、哨戒ヘリコプター86機(SH-60J 42機、SH-60K 44機)、固定翼哨戒機78機(P-1 9機、P-3C 69機)、電子戦機(EP-3 5機)、救難機等を保有する。 (Wikipedia:海上自衛隊)

海上自衛隊の礼式
海上自衛隊の礼式(かいじょうじえいたいのれいしき)とは、海上自衛隊において実施されている礼式である。 「自衛隊の礼式に関する訓令」(昭和39年5月8日防衛庁訓令第14号)及び「海上自衛隊礼式規則」(昭和40年5月24日海上自衛隊達第33号)等によって規定されている。概ね一般的な海軍の礼式に同じである。なお、以下の記述は、平成16年4月8日庁訓第49号及び平成16年4月6日海上自衛隊達第11号による改正時のものを原則として基準としている。 本記事は、原則として、自衛隊の中で海上自衛隊に特有の礼式を記述しているので、自衛隊の礼式一般及び警衛隊及び警衛の敬礼については自衛隊の礼式を参照。 各個の敬礼 営門等の出入又は短艇の乗降の場合の各個の敬礼 海上自衛官は、営門又は舷門を出入し、若しくは短艇に乗降するときは、当直士官、警衛又は短艇指揮(短艇指揮不在のときは短艇長。以下同じ。)との間に敬礼を行う。海上自衛官は、外国の艦船の舷門を出入する場合は、当該艦船に掲揚された軍艦旗に対し敬礼を行う。 (Wikipedia:海上自衛隊の礼式)

海上自衛隊の装備品一覧
海上自衛隊の装備品一覧(かいじょうじえいたいのそうびひんいちらん、List of JMSDF Equipment)は、海上自衛隊が現在保有している装備品(兵器)の一覧である。 また、過去に導入していた、あるいは将来導入予定の装備品も含めて記述する。 艦艇 航空機 回転翼機 = 哨戒機・対潜哨戒機 = 退役 = 救難機 = 退役 = 掃海機・輸送機 = 退役 = 練習機・連絡機 = 退役 固定翼機 = 哨戒機・対潜哨戒機 = 退役 = 救難機 = 退役 = 多用機 = 退役 = 練習機・輸送機・連絡機 = 退役 無人機 退役 艦砲・誘導弾・魚雷・爆弾・機雷 艦砲 退役 対空誘導弾 退役 対艦誘導弾 対潜ロケット・誘導弾 退役 魚雷 = 長魚雷 = Mk14Mod5魚雷(退役済) 54式魚雷(退役済) 72式魚雷(退役済) 89式魚雷 = 中魚雷 = Mk37Mod0-N魚雷(退役済) 80式魚雷 = 短魚雷 = Mk32魚雷(退役済) Mk34魚雷(退役済) Mk44魚雷(退役済) Mk46魚雷 73式短魚雷(退役済) 97式短魚雷 12式短魚雷 爆雷・対潜爆弾 Mk6爆雷(退役済) Mk9爆雷(退役済) 固定式対潜弾投射機Mk10/68式対潜弾投射機(退役済) 旋回式対潜弾投射機Mk15(退役済) マウストラップ4連装発射機Mk20(退役済) 67式150kg対潜爆弾 機雷 機雷はその性能が知られると容易に対抗手段が採られるので、最も機密の壁が厚いとされる。 (Wikipedia:海上自衛隊の装備品一覧)

海上自衛隊の航空母艦建造構想
海上自衛隊の航空母艦建造構想(かいじょうじえいたいのこうくうぼかんけんぞうこうそう)では、海上自衛隊の航空母艦等の類似艦艇建造構想について述べる。 護衛空母取得の試み (警備隊時代) 保安庁警備隊は、その創設期より、航空母艦の取得(旧帝国海軍との連続性を重視するなら再取得)を志向していた。海上保安庁海上警備隊から改編された直後の1952年(昭和27年)、Y委員会においてまとめられた新日本海軍再建案では、アメリカ海軍からの供与により護衛空母4隻の整備が盛り込まれていた。このときには、要求過大であったことから新日本海軍再建案そのものがアメリカ側に受け入れられなかったものの、1953年(昭和28年)3月ごろには、対潜掃討群(HUKグループ)の編成という具体的な運用構想のもと、その中核艦として護衛空母(CVE)ないし対潜空母(CVS)の貸与を受けることが構想された。 (Wikipedia:海上自衛隊の航空母艦建造構想)

海上自衛隊の空母建造問題
『海上自衛隊の航空母艦建造構想』より : 海上自衛隊の航空母艦建造構想(かいじょうじえいたいのこうくうぼかんけんぞうこうそう)では、海上自衛隊の航空母艦等の類似艦艇建造構想について述べる。 護衛空母取得の試み (警備隊時代) 保安庁警備隊は、その創設期より、航空母艦の取得(旧帝国海軍との連続性を重視するなら再取得)を志向していた。海上保安庁海上警備隊から改編された直後の1952年(昭和27年)、Y委員会においてまとめられた新日本海軍再建案では、アメリカ海軍からの供与により護衛空母4隻の整備が盛り込まれていた。このときには、要求過大であったことから新日本海軍再建案そのものがアメリカ側に受け入れられなかったものの、1953年(昭和28年)3月ごろには、対潜掃討群(HUKグループ)の編成という具体的な運用構想のもと、その中核艦として護衛空母(CVE)ないし対潜空母(CVS)の貸与を受けることが構想された。 (Wikipedia:海上自衛隊の空母建造問題)

海上自衛隊カレー
『海軍カレー』より : 海軍カレー(かいぐんカレー)とは、大日本帝国海軍の糧食に由来する、カレーおよびカレーライスのことである。特徴はカレーに小麦粉を炒めて作ったルーを使うことであり、一般的に日本のカレーライスと言う場合、この海軍カレーに類するものを指す場合が多い。 帝国海軍の流れを汲む海上自衛隊のカレーライスは、副食として、サラダ、牛乳、ゆで卵等が付けられ、艦内での乗組員の栄養に配慮している。 江戸時代後期から明治に西洋の食文化が日本へ入ると、カレーライスが紹介された。 当時、大日本帝国海軍軍人の病死の最大の原因となっていた脚気の原因が、軍内の栄養が偏った白米中心の食事であることを突き止めた海軍軍医の高木兼寛は、同盟関係にあったイギリス海軍を参考に、糧食の改善を行うことを試みた。 イギリスにおいても、元来カレーは米(ライス)と併せるものであり、パンを併せるのはあくまで軍隊食である。 日露戦争当時、主に農家出身の兵士たちに白米を食べさせることとなった海軍の横須賀鎮守府が、調理が手軽で肉と野菜の両方がとれるバランスのよい食事としてカレーライスを採用し、海軍当局が1908年発行の海軍割烹術参考書に掲載して(後述)普及させ、海軍内の脚気の解消に成功した。 (Wikipedia:海上自衛隊カレー)

海上自衛隊第1術科学校
海上自衛隊第1術科学校(かいじょうじえいたい だいいちじゅっかがっこう、JMSDF 1st Service School)は、江田島基地(広島県江田島市)に所在している術科学校 (海上自衛隊) 術科学校の一つ。機関及び潜水艦に関係する術科を除く艦艇術科教育を担当している。砲術、水雷、掃海、航海、通信、応急、陸上警備等に必要な知識及び技能を修得させるための教育訓練を行うとともに、これらの術科に関する部隊の運用等に関する調査研究を実施している。また、生徒部にて自衛隊生徒の教育も行っている。
総務部
教務部
教育第1部…砲術・水雷・船務の訓練及び、統率・防衛・航空及び陸上警備に関する教育
教育第2部…航海・気象・通信・電子・体育に関する教育
教育第3部…掃海・港湾防備・運用・潜水の訓練及び、教育技術・陸上警備に関する教育
(Wikipedia:海上自衛隊第1術科学校)

海上自衛隊の基地一覧
海上自衛隊の基地一覧(かいじょうじえいたいのきちいちらん)は日本各地に置かれている海上自衛隊の基地の一覧である。
稚内基地(北海道稚内市)
余市基地(北海道余市郡余市町)
松前基地(北海道松前郡松前町 (北海道) 松前町字建石):松前警備所
白神地区(北海道松前郡松前町 (北海道) 松前町字白神):松前警備所白神支所
函館基地(北海道函館市)
大湊基地(青森県むつ市)
大湊地方総監部(青森県むつ市大湊町4-1)
基地業務隊 大湊基地業務隊(青森県むつ市大湊町2-50)
大湊造修補給所(青森県むつ市大湊町1-20)
大湊弾薬整備補給所(青森県むつ市大字大湊)
自衛隊病院 自衛隊大湊病院(青森県むつ市大湊町14-47)
大湊航空基地(青森県むつ市大字城ヶ沢)
(Wikipedia:海上自衛隊の基地一覧)

海上自衛隊の掃海船 (編入船)
本項では、警備隊発足時に海上保安庁航路啓開本部から移管された掃海艇について扱う。 大日本帝国海軍では、磁気機雷に対抗して、まず通電式の二式掃海具(対艇式)を開発するとともに、開戦直後にシンガポール等で鹵獲したイギリス海軍制式品をもとに開発した磁桿式の三式掃海具(単艇式)による磁気掃海を行なっていた。しかしこれらは、磁針式磁気機雷には有効であったが、1944年(昭和19年)2月よりアメリカ海軍が投入した新式のMk25機雷等の誘導磁気機雷には対抗できなかったことから、同年12月より通電式の五式掃海具(三艇式)が開発された。またこれらの磁気機雷に対しては、従来の鋼鉄製掃海艇では触雷のリスクが非常に高く危険であったことから、1945年春以降、当時大量に建造されていた木造の駆潜特務艇や哨戒特務艇が掃海任務に投入されることとなった。これらの掃海部隊は、終戦後の海軍解体の渦中で組織体制が変遷するさなかも任務を継続することになった。 旧駆潜特務艇 太平洋戦争中に建造された駆潜特務艇。転用に際して、待機室の設置、兵装の撤去、掃海具の装備が行われた。 (Wikipedia:海上自衛隊の掃海船 (編入船))

海上自衛隊生徒及び航空自衛隊生徒
海上自衛隊生徒(かいじょうじえいたいせいと)及び航空自衛隊生徒(こうくうじえいたいせいと)とは、海上自衛隊、航空自衛隊において、専ら教育訓練のみを受ける下士官 曹予定者のことである(自衛隊法施行規則(昭和29年総理府令第40号)第24条第2項ただし書き参照)。若年時から教育を施して、技術部門における中堅となる曹を養成するための制度である。従来の自衛隊生徒は3等海士及び3等空士の階級に指定され、学年とともに昇任していった。なお、海上自衛隊及び航空自衛隊は平成18年度をもって生徒募集を終了した。
1955年(昭和30年):生徒教育開始
2006年(平成18年):第53期生の採用をもって事後の募集を打ち切る。
海上自衛隊生徒及び航空自衛隊生徒は、中学校卒業者から採用される非任期制隊員で、3等海・空士に採用された。
(Wikipedia:海上自衛隊生徒及び航空自衛隊生徒)

海上自衛隊の隊一覧
海上自衛隊の隊一覧(かいじょうじえいたいのたいいちらん、List of JMSDF Troop)は、現在編成されている海上自衛隊の隊等の一覧である。
第1護衛隊
第2護衛隊
第3護衛隊
第4護衛隊
第5護衛隊
第6護衛隊
第7護衛隊
第8護衛隊
第11護衛隊
第12護衛隊
第13護衛隊
第14護衛隊
第15護衛隊
第16護衛隊
第1練習隊
第1潜水隊
第2潜水隊
(Wikipedia:海上自衛隊の隊一覧)

海上自衛隊第2術科学校
海上自衛隊第2術科学校(かいじょうじえいたい だいにじゅつかがっこう、JMSDF 2nd Service School)は、横須賀基地 (海上自衛隊) 横須賀基地田浦地区(神奈川県横須賀市)に所在している術科学校 (海上自衛隊) 術科学校のひとつ。主として機関科関係、情報、外国語等の教育訓練を担当している。
具体的には、機関、電機、工作、情報、外国語等に必要な知識及び技能を修得させるための教育訓練を行うとともに、これらの術科に関する部隊の運用等に関する調査研究を行う。
総務部
教務部
教育第1部
教育第2部
研究部
学生隊
主任教官(2人)
学校教官
研究部員
職名 氏名 階級 就任日 出身校・期 前職
学校長 金久保和司 海将補 2008年12月1日 防大22期 自衛艦隊司令部作戦主任幕僚
(Wikipedia:海上自衛隊第2術科学校)

海上自衛隊第4術科学校
海上自衛隊第4術科学校(かいじょうじえいたい だいよんじゅつかがっこう、JMSDF 4th Service School)は、舞鶴基地(京都府舞鶴市)に所在している術科学校 (海上自衛隊) 術科学校のひとつ。主として経理・補給関係術科の教育訓練を担当している。1975年(昭和50年)10月に設立された。
具体的には、経理、調達、保管、補給、給養及び業務管理に必要な知識及び技能を修得させるための教育訓練を行うとともに、これらの術科に関する部隊の運用等に関する調査研究を行っている。
総務課
教務課
教育第1部
教育第2部
研究部
学生隊
主任教官(2人)
学校教官
研究部員
職名 氏名 階級 就任日 出身校・期 前職
学校長 槻木新二 海将補 2008年3月26日 防大24期 海上幕僚監部総務部副部長
(Wikipedia:海上自衛隊第4術科学校)

海上自衛隊幹部候補生学校
『幹部候補生学校』より : 海上自衛隊幹部候補生学校(かいじょうじえいたいかんぶこうほせいがっこう、JMSDF Officer Candidate School)は、海上自衛隊幹部を養成するための教育機関であり、初級幹部としての職務を遂行するに必要な知識及び技能を修得させるための教育訓練を行う。所在地は江田島地区(広島県江田島市江田島町国有無番地)。海上自衛隊第1術科学校とともに海軍兵学校の主要施設を継承使用している。 約150名の一般幹部候補生(防衛大学校卒業者が半数と一般大学等卒業者が半数)、航空学生出身の飛行幹部候補生、海上自衛隊部内から選抜された一般幹部候補生(部内)、海曹長・准海尉で昇任試験に合格した幹部予定者、防衛医科大学校及び一般の医科歯科大学の出身者からなる医科歯科幹部候補生等の教育を行っている。 (Wikipedia:海上自衛隊幹部候補生学校)

海上自衛隊呉史料館
名称=海上自衛隊呉史料館JMSDF Kure Museum
正式名称=
愛称=てつのくじら館
前身=
専門分野=海上自衛隊の広報
事業主体=海上自衛隊
管理運営=
開館=2007年4月5日
所在地郵便番号=
所在地=広島県呉市宝町5-32
海上自衛隊呉史料館(かいじょうじえいたいくれしりょうかん JMSDF Kure Museum)は、広島県呉市にある海上自衛隊の広報を目的とした施設で、愛称は「てつのくじら館」。2007年4月5日より一般公開された。
展示は海上自衛隊の歴史や装備品の紹介などで、1階部分では海上自衛隊の歴史について、2階では機雷の脅威と掃海艇の活躍、3階では潜水艦の活躍について、実物・模型・絵図や映像などの資料を駆使してわかりやすく紹介している。
そして、展示の目玉は国内では初めてとなる実物の潜水艦の屋外展示で、この潜水艦は実際に海上自衛隊で就役していたゆうしお型潜水艦の「あきしお (潜水艦) あきしお」 (SS-579) で、「あきしお」は2004年3月に除籍となった後、展示用に内部機器の交換や汚れを落とすなどし、2006年9月24日から26日に建設中の呉史料館への搬入が実施された。この様子はマスコミでも報じられ、巨大な船体などは関心をよんだ。この「あきしお」は展示の一環として艦内にも入ることができる。
(Wikipedia:海上自衛隊呉史料館)

海上自衛隊第3術科学校
海上自衛隊第3術科学校(かいじょうじいえたい だいさんじゅつかがっこう、JMSDF 3rd Service School)は、下総航空基地(千葉県柏市)に所在している術科学校 (海上自衛隊) 術科学校のひとつ。主として航空機関係、航空基地関係等の教育訓練を担当している。
航空機及び航空機用機器並びに航空機又は航空機の航行に関する通信器材、電波器材その他の器材の整備並びに施設の工事に必要な知識及び技能を修得させるための教育訓練を行うとともに、これらの術科に関する部隊の運用等に関する調査研究を行う。航空整備及び航空基地業務に関する要員の養成に当たっている。
総務課
教務部
教育第1部
教育第2部
教育第3部
研究部
学生隊
主任教官(5人)
学校教官
研究部員
(Wikipedia:海上自衛隊第3術科学校)

海上自衛隊佐世保史料館
海上自衛隊佐世保史料館(かいじょうじえいたいさせぼしりょうかん)は長崎県佐世保市にある海上自衛隊及び大日本帝国海軍に関する史料館。愛称は「セイルタワー」。1997年(平成9年)3月10日に現在地に開館した。 1968年(昭和43年)、佐世保市平瀬町の佐世保補給所内(現・平瀬庁舎)に設けられた海自防衛資料館が前身。旧日本海軍・佐世保鎮守府時代から海上自衛隊にいたる現在までの資料約4,400点を収蔵、そのうち約1,300点を常設展示している。映像や写真、模型、当時の資料などを通じ、旧海軍、自衛隊の変遷を知ることができる。 建物は7階建て。1・2階部分は、旧海軍時代に将校の宿泊、福利厚生施設として利用していた「佐世保水交社」の建物の一部を再利用している。国際通り側に突き出た石張りの八角屋根がかつての雰囲気を感じさせる。3階以上はガラス張りの現代的な建物となっている。屋上部の構造物が船の帆にも見えることから「セイルタワー」の愛称で親しまれている。 施設 7階 展望所、映像ホール 展望所からは佐世保港や米海軍佐世保基地などが一望できる。 (Wikipedia:海上自衛隊佐世保史料館)

海上自衛隊佐世保資料館
『海上自衛隊佐世保史料館』より : 海上自衛隊佐世保史料館(かいじょうじえいたいさせぼしりょうかん)は長崎県佐世保市にある海上自衛隊及び大日本帝国海軍に関する史料館。愛称は「セイルタワー」。1997年(平成9年)3月10日に現在地に開館した。 1968年(昭和43年)、佐世保市平瀬町の佐世保補給所内(現・平瀬庁舎)に設けられた海自防衛資料館が前身。旧日本海軍・佐世保鎮守府時代から海上自衛隊にいたる現在までの資料約4,400点を収蔵、そのうち約1,300点を常設展示している。映像や写真、模型、当時の資料などを通じ、旧海軍、自衛隊の変遷を知ることができる。 建物は7階建て。1・2階部分は、旧海軍時代に将校の宿泊、福利厚生施設として利用していた「佐世保水交社」の建物の一部を再利用している。国際通り側に突き出た石張りの八角屋根がかつての雰囲気を感じさせる。3階以上はガラス張りの現代的な建物となっている。屋上部の構造物が船の帆にも見えることから「セイルタワー」の愛称で親しまれている。 施設 7階 展望所、映像ホール 展望所からは佐世保港や米海軍佐世保基地などが一望できる。 (Wikipedia:海上自衛隊佐世保資料館)

海上自衛隊航空補給処
海上自衛隊航空補給処(かいじょうじえいたいこうくうほきゅうしょ)は海上自衛隊の補給処の一つ。訓練、有事の際の行動を円滑にするための後方支援を担当する。計画部、航空機部など多くの部署がある。本部は木更津市。
主に調達にかかわり、装備の入札の際の受け皿となる。
地方隊の航空機や航空機に用いる装備の調達を担当する。
1962年(昭和37年)10月1日 - 横須賀地方隊隷下の「木更津航空補給所」として新編。
1998年(平成10年)12月8日 - 海上自衛隊補給本部 補給本部隷下の「航空補給処」に改編。
航空補給処本処
下総支処
管理部
計画部
航空機部
保管部
+歴代の航空補給処長
代数 氏名 在任期間 出身校・期 前職 後職
colspan="6" 木更津航空補給所長(横須賀地方隊隷下)
(Wikipedia:海上自衛隊航空補給処)

海上自衛隊艦艇一覧
海上自衛隊艦艇一覧(かいじょうじえいたいかんていいちらん)は、海上自衛隊が過去保有した、または現在保有する、または将来保有する予定の、未完成・計画中止を含めた歴代艦艇一覧である。現役艦型を太字で示す。 海上保安庁の船艇一覧は海上保安庁船艇一覧を参照のこと。 警備艦 護衛艦 = ヘリコプター搭載護衛艦 (DDH) = 退役 = ミサイル護衛艦 (DDG) = 退役 = 護衛艦 (DD) = 退役 = 護衛艦 (DE) = 退役 = 護衛艦 (PF) = 退役 = 警備艇 (LSSL) = 退役 潜水艦 = AIP潜水艦 (SS) = = 通常動力型潜水艦 (SS) = 退役 機雷艦艇 = 掃海母艦 (MST) = 退役 = 掃海艦 (MSO) = = 掃海艇・掃海船 = == 掃海艇 (MSC) 退役 == 掃海艇 (MSB) 退役 == 掃海船 (MS) 退役 = 掃海管制艇 (MCL) = 退役 = 機雷敷設艦 (MMC) = 退役 哨戒艦艇 = ミサイル艇 (PG) = 退役 = 駆潜艇 (PC) = 退役 = 哨戒艇 (PB) = 退役 = 魚雷艇 (PT) = 退役 輸送艦艇 = 輸送艦 (LST) = 退役 = 輸送艦 (LSU) = 退役 = 輸送艇 (LCU) = 退役 = 輸送艇 (LCM) = 退役 = 輸送艇 (LCM) = 退役 = エアクッション艇 (LCAC) = 補助艦艇 練習艦 (TV) 護衛艦に復帰 やまぎり型 ※元・あさぎり型やまぎり (TV-3515) ※元・DD-152→(護衛隊に復帰) あさぎり (TV-3516) ※元・DD-151→(護衛隊に復帰)退役 練習潜水艦 (TSS) 退役 訓練支援艦 (ATS) 退役 多用途支援艦 (AMS) 海洋観測艦 (AGS) 退役 音響測定艦 (AOS) 砕氷艦 (南極観測船・AGB) 退役 敷設艦艇 = 敷設艦 (ARC) = 退役 = 敷設艇 (AMC) = 退役 潜水艦救難艦・潜水艦救難母艦 = 潜水艦救難艦 (ASR) = 退役。 (Wikipedia:海上自衛隊艦艇一覧)


海上自衛隊 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

海上自衛隊 - アマゾン検索


「海上自衛隊」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す