[PR]

日別キーワード

第96位  吉本興業 - 2018年10月31日


関連するイメージは見つかりませんでした



吉本興業
吉本興業株式会社(よしもとこうぎょう、英: Yoshimoto Kogyo Co., Ltd.)は、大阪府大阪市中央区(登記上の本店)と東京都新宿区に本社を置く、マネジメント、プロモーター、テレビ・ラジオ番組製作、演芸の興行等をグループで行う吉本興業グループの持株会社。通称「吉本」、「よしもと」。 1912年(明治45年)4月1日の創業以来、2007年(平成19年)9月30日までは日本の芸能プロダクションで、95年半の最も古い歴史を持っていたが、2007年(平成19年)10月1日から持株会社制へ移行し、同社の事業部門は、よしもとクリエイティブ・エージェンシー、よしもとデベロップメンツ、よしもとアドミニストレーションにそれぞれ分社化され、「吉本(よしもと)」を名乗る芸能プロの歴史は、よしもとクリエイティブ・エージェンシーに引き継がれた。 (Wikipedia:吉本興業)

吉本興業名古屋事務所
『吉本興業』より : 座標: 北緯35度9分55.3秒 東経136度54分35.1秒 よしもとクリエイティブ・エージェンシー東海支社(よしもとクリエイティブ・エージェンシーとうかいししゃ)とは、よしもとクリエイティブ・エージェンシーが名古屋市中区に構える事務所。1993年に吉本広小路小劇場を開館したのが始まりとされ、同時に吉本総合芸能学院(NSC)の名古屋校も開校されたが(これは東京校開校の2年前である)、NSC名古屋校の方は2005年に閉校となっている。2007年9月30日まで吉本興業東海支社であったが、同年10月1日に吉本興業の持株会社化に伴い、新設子会社の同社に移行した。略称は、かつては名古屋吉本(なごやよしもと)だったが、2005年夏頃からは吉本東海(よしもととうかい)となっている。 事務所は中区栄5-1-32にある「久屋ワイエスビル」の6階に所在。過去に直営の専用劇場(広小路小劇場→栄3丁目劇場と変遷)があったが、2005年7月に閉館した。 また、吉本の地方事務所の中ではタカアンドトシを輩出した札幌吉本、博多華丸・大吉やパンクブーブーを輩出した福岡吉本と比べると地味な存在であり、「広島吉本と友達でありライバル」などと揶揄されることがある。 (Wikipedia:吉本興業名古屋事務所)

吉本興業所属タレント一覧
吉本興業所属タレント一覧(よしもとこうぎょうしょぞくタレントいちらん)では、日本の芸能事務所である吉本興業(1912年 - 2007年9月)→よしもとクリエイティブ・エージェンシー(2007年10月 -。吉本興業の持株会社化により、新設された会社)に所属経験のあるタレントを列記する。吉本興業グループの系列事務所所属タレントについても併せて記載する。 お笑いタレント あ行 = あ = R藤本 相席スタート (山崎恵、山添寛) アイロンヘッド(辻井亮平、毛利雅俊) アインシュタイン(河井ゆずる、稲田直樹) 青空(岡友美、須藤理恵) 青野敏行 赤い自転車(河中美二、宮田庸平) 明石家さんま 明石家のんき あかぼし☆こぼし(赤星亨、小法師秀暁) 秋田久美子 あきと アキナ(秋山賢太、山名文和) 浅香あき恵 アジアン(馬場園梓、隅田美保) アジアントール(菅野祐樹、伊集院純正) あっぱれコイズミ アップダウン(竹森巧、阿部浩貴) アフロtheゴールドwithシスターズ(アフロtheゴールド、アフロtheピンキー、アフロtheエミリー) あべこうじ アホマイルド(坂本雅仁、高橋邦彦) 尼神インター(誠子、渚) 雨上がり決死隊(宮迫博之、蛍原徹) ありがとう(ぁみ、細野哲平) あわよくば(小川祐生、西木ファビアン勇貫) アンカンミンカン(川島大輔、富所哲平) 暗黒天使 アンダーポイント アンチエイジ徳泉 アンナ = い = 伊賀健二 五十嵐サキ いがわゆり蚊 池乃めだか 囲碁将棋(文田大介、根建太一) 石田靖 イシバシハザマ(石橋尊久、硲陽平) 出雲阿国 犬の心(池谷賢二、押見泰憲) 井下好井(井下昌城、好井まさお) 井上竜夫 井上マー 井上虫歯二本 今くるよ 今田耕司 今別府直之 インディアンス インパルス(堤下敦、板倉俊之) インポッシブル(蛭川慎太郎、井元英志) = う = ウーマンラッシュアワー(村本大輔、中川パラダイス) 烏龍パーク(橋本武志、加藤康雄) 上原チョー 烏川耕一 ウ・キリュウ 内場勝則 宇都宮まき 海原さおり 海原やすよ・ともこ(海原やすよ、海原ともこ) 馬と魚 ウメボシエンジン(岡慎太郎、小澤憲) うをとも = え = ABCDE湯かげん(海船、東野すべろ) エッグ矢沢 エド・はるみ エハラマサヒロ エリートヤンキー(西島永悟、橘実) LLR(福田恵悟、伊藤智博) エレファンツ(野崎竜海、舛方一真、大江すぐる、兵庫祐樹、福山宗佐士) えんにち(アイパー滝沢、望月リョーマ) = お = おいでやす小田 オオカミ少年(浜口裕章、片岡正憲) 大木こだま・ひびき(大木こだま、大木ひびき) 大島和久 太田芳伸 大西初愛 大西ライオン オープンスペース(高橋亮介、砂金秀明) 大山英雄 大山姉妹(大山ルミ、大山恵理乃) オール阪神・巨人(オール阪神、オール巨人) おかけんた・ゆうた(おかけんた、おかゆうた) おかずクラブ(オカリナ、ゆいP) オクヨコ 小笠原まさや オコチャ おしどり(けん、マコ) 御茶ノ水男子(おもしろ佐藤、しいはしジャスタウェイ) おにぎり オバアチャン(赤枝卓、畔柳康司、水牛) オモロー山下 オリエンタルラジオ(中田敦彦、藤森慎吾) 女と男(和田美枝、市川義一) か行 = か = カートヤング 回転ハッスル(しのはらちっく、石村一也) 怪力デストロイヤーズ COWCOW(山田與志、多田健二) 顔色よろしわろし(小前徹、都築明知) 学天即(奥田修二、四条和也) カクニ カズ&アイ(カズ、アイ) かたつむり(林大介、中澤章吾) かつみ♥さゆり(かつみ、さゆり) 文枝一門(吉本興業所属) 三代目桂あやめ(五代目文枝弟子) 桂かい枝(五代目文枝弟子) 桂きん枝(五代目文枝弟子) 桂きん太郎(きん枝弟子) 桂小枝(五代目文枝弟子) 桂小軽(五代目文枝弟子) 桂こけ枝(五代目文枝弟子) 桂三金(六代文枝弟子) 桂三象(六代文枝弟子) 桂三度(六代文枝弟子、元世界のナベアツ) 桂三発(六代文枝弟子) 桂三風(六代文枝弟子) 桂三歩(六代文枝弟子) 桂三扇(六代文枝弟子) 桂三幸(六代文枝弟子) 六代桂文枝(五代目文枝弟子) 桂三若(六代文枝弟子) 桂三ノ助(六代文枝弟子) 桂三弥(六代文枝弟子) 桂枝曾丸(五代目文枝弟子) 三代目桂枝三郎(六代文枝弟子) 桂枝女太(五代目文枝弟子) 桂ちきん(きん枝弟子) 桂茶がま(文福弟子) 桂珍念(文珍弟子) 桂つく枝(五代目文枝弟子) 桂文華(五代目文枝弟子) 桂文喬(五代目文枝弟子) 五代目桂文三(五代目文枝弟子) 桂文昇(五代目文枝弟子) 桂文太(五代目文枝弟子) 桂文珍(五代目文枝弟子) 桂文福(五代目文枝弟子、文福らくごプロモーション併属) 桂坊枝(五代目文枝弟子) 桂ぽんぽ娘(文福弟子) 桂まめだ(文福弟子) 桂楽珍(文珍弟子) 桂和歌ぽん(文福弟子) 米朝一門 桂あおば(二代目ざこば弟子) 加藤浩次 カナリア(安達健太郎、ボン溝黒) カバと爆ノ介(カバ、爆ノ介) かまいたち(山内健司、濱家隆一) 亀子のぶお カメレオン(シャーク藤田、清水亮) カラテカ(入江慎也、矢部太郎) ガリガリガリクソン ガリットチュウ(福島善成、熊谷岳大) ガリバートンネル(三須友博、川島佐助) かりんとう(川畑雅秀、宮本昌彦) ガレッジセール(川田広樹、ゴリ) 川上じゅん 川畑泰史 = き = 祇園(木崎太郎、櫻井健一朗) 木村祐一 キャベツ確認中(キャプテン★ザコ、しまぞう) ギャロップ(林健、毛利大亮) キャンパスボーイ(清水啓史、西浦直之) キューティーブロンズ(先川栄蔵、野崎小三郎) 麒麟(川島明、田村裕) キングコング(西野亮廣、梶原雄太) 銀シャリ(鰻和弘、橋本直) キンチャク(浅本美加、安田由紀奈) ギンナナ(金成公信、キクチケンイチ) = く = グイグイ大脇 国崎恵美 くまだまさし グランジ(五明拓弥、遠山大輔、佐藤大) 黒蟻(VEGA、修人) クロスバー直撃(渡邊孝平、前野悠介) 黒ラブ教授 桑原和男 = け = ケツカッチン(和泉修、高山トモヒロ) げんきーず(宇野堅太郎、元気☆たつや) ケンドーコバヤシ = こ = GO!皆川 ゴールデンボーイズ(うっほ、米田裕勝) コーンスターチ(岡下雅典、松本匡平) 小泉エリ ココリコ(遠藤章造、田中直樹) こっこ こてつ(北村智、河合武俊) コマンダンテ(安田邦祐、石井輝明) ゴメス★河田 小米良啓太 小森園ひろし 小籔千豊 こやまきみこ こりゃめでてーな(大江健次、伊藤広大) コロコロチキチキペッパーズ(西野創人、ナダル) コンマニセンチ(竹永善隆、堀内貴司) さ行 = さ = サーフィンズ(甲斐隼人、木澤健太) 斉藤紳士 サカイスト(デンペー、まさよし) 坂田利夫 さかなDVD(花岡翔、中西洋一) サカモト's 佐久間一行 桜 稲垣早希 ZAZY 佐藤太一郎 ザ☆忍者(大久保たもつ、山脇充) ザ・パンチ(パンチ浜崎、ノーパンチ松尾) サバンナ(高橋茂雄、八木真澄) ザ・プラン9(お〜い!久馬、浅越ゴエ、ヤナギブソン) ザ・ぼんち(ぼんちおさむ、里見まさと) サムタイムズ さゆみ・ひかり(宮川さゆみ、木村ひかり) ザ・ワールド(田中邦彦、中立豊) サンシャイン(信清淳、坂田光) 三瓶 三本スゲユウタ 三代目姐 = し = しあつ野郎 GAG少年楽団(坂本純一、宮戸洋行、福井俊太郎) ジェラードン(西本武徳、海野裕二、かみちぃ) しずる(池田一真、村上純) シソンヌ(じろう、長谷川忍) 次長課長(河本準一、井上聡) 品川庄司(品川祐、庄司智春) シナジー シベリア文太 島木譲二 しましまんず(藤井輝雄、池山心) 島田一の介 島田珠代 島田洋八 ジミー大西 霜降り明星(石川せいや、粗品) じゃぴょん(桑折貴之、植村朋弘) ジャルジャル(後藤淳平、福徳秀介) ジャングルポケット(おたけ、斉藤慎二、太田博久) シャンプーハット(こいで、てつじ) シューレスジョー ジュリエッタ(井尻貫太郎、藤本聖) ジョイマン(高木晋哉、池谷和志) ショウショウ(羽田昇平、羽田昇司) 松鶴一門(吉本興業所属) 笑福亭鶴笑(六代目松鶴弟子) 笑福亭嬌太(仁嬌弟子) 笑福亭笑子(鶴笑弟子) 笑福亭笑助(笑瓶弟子、六代目松鶴曾孫弟子) 笑福亭仁昇(三代目仁鶴弟子) 笑福亭仁智(三代目仁鶴弟子) 笑福亭仁福(三代目仁鶴弟子) 笑福亭仁扇(三代目仁鶴弟子) 笑福亭扇平(仁扇弟子) 笑福亭智之介(仁智弟子) 笑福亭智六(仁智弟子) 笑福亭仁嬌(三代目仁鶴弟子) 三代目笑福亭仁鶴(六代目松鶴弟子) 笑福亭仁勇(三代目仁鶴弟子) 二代目笑福亭松之助(五代目松鶴弟子) 少年少女(阿部磨有香、坂口真弓) シルク シンクタンク(シンク、タンク) シンクロック(木尾陽平、吉田結衣) しんじ 陣内智則 = す = スーパーマラドーナ(田中一彦、武智正剛) 末成由美 杉岡みどり 杉本美樹 鈴木つかさ すずらん(山本貴之、しげ) すっちー ステーキハウス(田中利幸、もったに) SNOB(つね、ゆか) スパイク(小川暖奈、松浦志穂) span!(水本健一、マコト) スプモーニ(森川真夕子、山口理恵) スマイル(瀬戸洋祐、ウーイェイよしたか) スリムクラブ(真栄田賢、内間政成) = せ = セーラーズ(あかね、てるこ) セカンドホープ(町田勇貴、水出秀司) 関暁夫 セブンbyセブン(玉城泰拙、宮平享奈緒) セルライトスパ(肥後裕之、大須賀健剛) ぜんじろう 仙極(柏倉祥之、福岡里陽) 仙堂花歩 = そ = ソドム ソラシド(本坊元児、水口靖一郎) それいけ斉藤くん た行 = た = ダイアン(西澤裕介、津田篤宏) 大好物(なんしぃ、須藤謙太朗) 大蛇が村にやってきた(富山泰庸、安井章二) ダイス たいぞう ダイタク(吉本大、吉本拓) だいたひかる ダイノジ(大地洋輔、大谷ノブ彦) 大平サブロー 太平まさひこ ダウンタウン(松本人志、浜田雅功) タカアンドトシ(タカ、トシ) たかおみゆき タカタ先生 タカダ・コーポレーション(大貫幹枝、おやきtheつな) タナからイケダ(田邊孟徳、池田周平) 楽しんご♥ 田畑藤本(田畑祐一、藤本淳史) ダブルアート(田口誠、池田真一) Wヤング(平川幸男、佐藤武志) ダブルリーチ(川口潤、佐伯晋平) たむらけんじ タモンズ(大波康平、安部浩章) Dandelion(小谷真理、沖智哉) = ち = TEAM BANANA(山田愛実、藤本友美) チーモンチョーチュウ(白井鉄也、菊地浩輔) 千鳥(大悟、ノブ小池) 千原兄弟(千原せいじ、千原ジュニア) チャーリー浜 ぢゃいこ チャド・マレーン(加藤貴博、チャド・マレーン) チャンバラJr.(駿河幸太郎、岡田和幸、松崎将人、細川博一) チャンバラトリオ(志茂山高也、山根伸介) 中條健一 チュートリアル(徳井義実、福田充徳) チョコレートプラネット(長田庄平、松尾駿) ちんぺい = つ = ツーナッカン(中本幸一、中山逸紀) 月亭一門(吉本興業所属) 月亭太遊(遊方弟子、元はだか電球) 月亭天使(七代目文都弟子) 月亭八光(八方弟子) 七代目月亭文都(八方弟子) 月亭八方(可朝弟子) 月亭方正(八方弟子) 月亭遊方(八方弟子) 辻イト子・まがる(辻イト子、辻まがる) ツジカオルコ 辻本茂雄 椿鬼奴 つばさ・きよし(大木つばさ、ぼんちきよし) = て = ティーアップ(前田勝、長谷川宏) dボタン(三中元克、臼杵寛) テゴネハンバーグ(松村惇史、弓場雄二郎) デスペラード(武井志門、エマミ・シュン・サラミ) ですよ。 (Wikipedia:吉本興業所属タレント一覧)

吉本興業福岡事務所
よしもとクリエイティブ・エージェンシー福岡支社(よしもとクリエイティブ・エージェンシーふくおかししゃ)は、持株会社である吉本興業傘下の芸能プロダクション・プロモーター・テレビ番組制作プロダクションであるよしもとクリエイティブ・エージェンシーの福岡支社。福岡市天神のビブレホールとイムズホールの両劇場をはじめとした各所でのライブ、福岡ローカルのTV・ラジオ放送出演その他の芸能事業を展開する。他にも大阪・東京や他の事務所のタレントの企画で九州地区で行われるものにも関わる。 漫才・コント・漫談その他のいわゆる“ネタ”ものを演じる芸人活動を中心とする者、レポーター・司会などのパーソナリティー活動を中心とする者、音楽活動を中心とするミュージシャンが所属する。年に1回のペースでオーディションが行われ所属タレントが選抜される。ほとんどの者が福岡県を中心とした九州各県出身者である。大阪・東京のNSC出身者もいる 概歴 1989年に発足。初代の所長は当時明石家さんまのマネージャーだった吉田武司。事務所開き直後は福岡県博多区築港に当時存在した「博多温泉劇場」を借り、大阪吉本から未知やすえ、大木こだま・ひびき、今いくよ・くるよ、チャーリー浜らが度々出演していた。 (Wikipedia:吉本興業福岡事務所)

吉本興業グループ
吉本興業グループ (よしもとこうぎょうグループ)は、吉本興業を中心とした企業グループ。 吉本家によって設立された吉本興業(但し現在は創業者・吉本せいの実家・林家が吉本興業のオーナーとなっている)や、吉本興業が再度子会社化したが、一時は所属アーティスト・小室哲哉がオーナーを務めていたR&CJapan(現よしもとアール・アンド・シー)を中心に、幅広い範囲でグループ活動を行っている。また、 女優・池脇千鶴の所属事務所「エス・エス・エム」も「よしもとクリエイティブエージェンシー」に合併される前から吉本興業の子会社であり、吉本興業グループの一員である。従って小室や池脇は吉本系のタレントでは珍しくお笑い芸人ではないといえる。 2000年代に入ってから、新たなメディアに対応し、株式会社ファンダンゴ、株式会社キャスティ、株式会社ベルロックメディアを設立し、精鋭を送り込んでいる。また2007年10月1日に持株会社制に移行、グループを統括する吉本興業の直下に、吉本興業から分社した3事業会社と完全子会社化したよしもとファンダンゴ、よしもとアール・アンド・シーなどを置く体制になっている。 (Wikipedia:吉本興業グループ)

吉本興業広島事務所
よしもとクリエイティブ・エージェンシー広島事務所(よしもとクリエイティブ・エージェンシーひろしまじむしょ)は、日本の芸能プロダクションよしもとクリエイティブ・エージェンシーの広島市に置く事務所。2007年9月30日まで吉本興業広島事務所であったが、同年10月1日に吉本興業の持株会社化に伴い新設子会社の同社に移行した。 略称は広島吉本(ひろしまよしもと)。よしもと広島とも呼ばれる。同市中区紙屋町2丁目にあるエディオン広島本店8F内よしもと紙屋町劇場を活動の拠点にしている。 開設は2003年で、同時に吉本総合芸能学院(NSC)広島校も開校されたがわずか2年で閉校になっている。 所属タレント ボールボーイ(横山貴規、佐竹佑一) フリータイム(松浜心、塩谷正蔵) フロントライン(石原誠、古島拓大) やまか あらきあきゆき WANTED(山本憲吾、﨑中翔太) メンバー(山口提樹、潮圭太) 中岡将司 松崎 藩飛礼(竜児、松本貴明) 森田の大冒険 クレメンス(りょーま、福山遼平) 榊原たく恵 ハンガリアン 過去に在籍していた芸人 ハラジン 大田正輝 東京へ移籍 ランス39号 あかぼし☆こぼし ユウト 解散 ジェンカ 優駿 軍鶏 インド象 桜梅桃李 メインディッシュ かなん チャージスロー(松崎有李、田邊麗奈) 所属タレントが出演する番組 テレビ ひろしま満点ママ!!(TSS) コントで安心お役に立ちま~す(RCC・毎週月曜日) 広島よしもと基町劇場(RCC・月1回) 放送終了 デジ生!バなな調査団(TSS) ぶらぴ(RCC) Local★STAR ひらめっ娘学園(TSS、2007年3月16日終了) 夜型人間(TSS、2010年3月19日終了) アォーン!(RCC・毎週金曜日) ラジオ はっぴーのラッキーサタデー(FMちゅーピー) 週末おでかけステーション2(FMちゅーピー) 広島すまいるパフェ(FMちゅーピー) 放送終了 フロントラインのお笑いカンムリわし(RCC) 前頭のぶちかましRADIO(RCC) Morning Beat(エフエムななみ) フロントラインのVoice Jack(エフエムななみ) SWEETSルーム(RCCラジオ) 広島よしもと60秒劇場(RCCラジオ) 広島よしもと フリータイムの自由なラジオ(RCCラジオ) その他 Monday Bookmark(BSSラジオ、2012年9月3日 - 12月31日) - ユウトの東京への移籍に伴い降板。 (Wikipedia:吉本興業広島事務所)

吉本興業札幌事務所
よしもとクリエイティブ・エージェンシー札幌支社(よしもとクリエイティブ・エージェンシーさっぽろししゃ)は、日本の芸能プロダクションよしもとクリエイティブ・エージェンシーの札幌市中央区にある事務所。サッポロファクトリー一条館3階に所在している。通称は札幌吉本(さっぽろよしもと)。札幌市の劇場などの北海道地区各劇場を中心に活躍している。 吉本の札幌進出となったきっかけは1990年代に家庭の事情により大阪から札幌に拠点を移していた落語家の桂小つぶ(現・2代目桂枝光)であった。 1994年に同じく大阪から笑ハンティングを呼び、事務所を設立。第1期オーディションを開催し、タカアンドトシ・アップダウンらを輩出した。このオーディションは北海道文化放送(UHB)の番組内で行われており、以来UHBとは親密な関係にある。 2007年9月30日までは吉本興業札幌事務所だったが、同年10月1日の吉本興業の持株会社化に伴い、新設子会社の同社に移行した。 かつてマイカル小樽(現・ウイングベイ小樽)にあった「おたる吉本爆笑商店街」を運営していた。 (Wikipedia:吉本興業札幌事務所)


吉本興業 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

吉本興業 - アマゾン検索


「吉本興業」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す