[PR]

日別キーワード

第6位  フェルメール - 2018年11月01日


関連するイメージは見つかりませんでした



フェルメール
『ヨハネス・フェルメール』より : ヨハネス・フェルメール(Johannes Vermeer オランダ語: [joːˈɦɑnəs vərˈmeːr], 1632年10月31日? - 1675年12月15日?)は、ネーデルラント連邦共和国(オランダ)の画家で、バロック期を代表する画家の1人である。映像のような写実的な手法と綿密な空間構成そして光による巧みな質感表現を特徴とする。フェルメール(Vermeer)の通称で広く知られる。本名ヤン・ファン・デル・メール・ファン・デルフト (Jan van der Meer van Delft)。 フェルメールは、同じオランダのレンブラント、イタリアのカラヴァッジョ、フランドルのルーベンス、スペインのベラスケスなどと共に、バロック絵画を代表する画家の1人である。また、レンブラントと並ぶ17世紀オランダ黄金時代の代表画家である。 生涯のほとんどを故郷デルフトで過ごした。最も初期の作品の一つ『マリアとマルタの家のキリスト』(1654年-55年頃)に見られるように、彼は初め物語画家として出発したが、やがて1656年の年記のある『取り持ち女』の頃から風俗画家へと転向していく。 (Wikipedia:フェルメール)

フェルメールの作品
フェルメールの作品(フェルメールのさくひん)では、17世紀のオランダの画家、ヨハネス・フェルメールの作品について記述する。 フェルメールの作品は、疑問作も含め30数点しか現存しない。現存作品はすべて油彩画で、版画、下絵、素描などは残っていない。以下には若干の疑問作も含め、37点の基本情報を記載し、各作品について略説する。 収録順序、推定制作年代は『「フェルメールとその時代展」図録』(大阪市立美術館、2000年)による。 日本語の作品タイトルについては、上掲図録のほか、『「フェルメール展」図録』(東京都美術館、2008年)、『フェルメール 生涯と作品』(小林頼子、東京美術、2007年)による。 便宜上「1650年代の作品」「1660年代の作品」「1670年代の作品」の3つの節を設けたが、フェルメールの作品には制作年代不明のものが多く、推定制作年代については研究者や文献によって若干の差がある。 (Wikipedia:フェルメールの作品)


フェルメール - 関連ブログ

データが取得できませんでした

フェルメール - アマゾン検索


「フェルメール」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す