[PR]

日別キーワード

第8位  海上保安庁 - 2018年11月01日


関連するイメージは見つかりませんでした



海上保安庁
海上保安庁(かいじょうほあんちょう、英語:Japan Coast Guard、略称:JCG)は、現在の日本政府が国土交通省の外局として設置・運営している海上警察組織。第二次世界大戦後の1948年、創設時の旧組織はアメリカ沿岸警備隊をモデルに設立された。略称は海保(かいほ)、海保庁(かいほちょう)、または保安庁(ほあんちょう)。モットーは「正義仁愛」。 海上保安庁は国土交通省の外局に属し、基本的に密漁や密輸、密入国といった海の犯罪を取り締まる海上の警察であり、海難事故に対応する海上の消防でもある。定員は2014年(平成26年)現在、13,208人である。主に、海難救助・交通安全・防災及び環境保全・治安維持、海洋権益の保全(領海警備・海洋調査)を任務としている。諸外国の軍艦への対応は海上自衛隊が担当し、非軍事の公船や民間船舶への対応は海上保安庁が担当する。 法律上、明確に軍隊ではないとされている。だが、「Japan Coast Guard」の標記などから、海上保安庁を諸外国の沿岸警備隊(コーストガード)、国境警備隊と呼ばれる準軍事組織と同様とする見解から、これらの組織が有事の際には軍隊の一部として参戦することが戦時国際法では認められていることや、自衛隊法でも特別の必要を認めるときは組織の全部や一部を防衛大臣の統制・指揮下に組み込めるなど、準軍事組織との比定が試みられる場合がある。 (Wikipedia:海上保安庁)

海上保安庁音楽隊
海上保安庁音楽隊(かいじょうほあんちょうおんがくたい)とは、海上保安庁に置かれている音楽隊である。
1951年(昭和26年)1月に一度「海上保安庁音楽隊」(旧)が発足したが、これは海上警備隊発足に伴い、1952年(昭和27年)7月に海上警備隊に移管されて「海上警備隊音楽隊」となり、その後、海上自衛隊の各音楽隊となった(詳細は音楽隊 (海上自衛隊) 海上自衛隊の音楽隊を参照。)。
旧海上保安庁音楽隊廃止から36年後の1988年(昭和63年)、海上保安庁創設40周年を機に、「海上保安庁音楽隊」(新)が新たに編成された。発足以来、稲垣征夫が技術指導等を行っている。東京築地の海洋情報部の庁舎内に音楽隊訓練場が設けられている。
演奏時に着用する演奏服としては、第1種演奏服、第2種演奏服(甲)及び第2種演奏服(乙)の3種が設けられている。
(Wikipedia:海上保安庁音楽隊)

海上保安庁法
海上保安庁法(かいじょうほあんちょうほう、昭和23年4月27日法律第28号)は、海上保安庁の設置、組織、海上保安官の権限などを定めた、日本の法律。 構成 第1章 組織(第1条-第25条) 第2章 削除(第26条) 第3章 共助等(第27条-第28条の2) 第4章 補則(第29条-第33条の2) 附則抄 (第34条-第43条) 船体射撃に対する免責 能登半島沖不審船事件を受けて、海上保安官が武器を使用して人に危害を加えた場合の違法性阻却事由(免責要件)が「警察官職務執行法第7条」に定められた要件のみという状況では、不審船事案に有効に対応できないことが露呈したので、2001年に海上保安庁法の改正が行われた。 (Wikipedia:海上保安庁法)

海上保安庁の装備品一覧
海上保安庁の装備品一覧(かいじょうほあんちょうのそうびひんいちらん、List of JCG Patrol Vessel and Equipment)は、海上保安庁が保有する装備品の一覧である。 過去・現在の詳細な船艇の一覧は、海上保安庁船艇一覧を参照。 現有勢力の概況 船艇 2016年1月1日現在、海上保安庁は合計454隻の船艇を保有している。 巡視船 - 127隻PLH型 - 14隻 PL型 - 47隻 PM型 - 38隻 PS型 - 27隻 FL型 - 1隻巡視艇 - 238隻PC型 - 69隻 CL型 - 169隻特殊警備救難艇 - 63隻放射能調査艇 - 3隻 警備艇 - 2隻 監視取締艇 - 58隻測量船 - 13隻HL型 - 5隻 HS型 - 8隻灯台見回り船 - 10隻LM型 - 6隻 LS型 - 4隻教育業務用船 - 3隻 航空機 2016年1月1日現在、海上保安庁は合計74機の航空機を保有している。 (Wikipedia:海上保安庁の装備品一覧)


海上保安庁 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

海上保安庁 - アマゾン検索


「海上保安庁」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す