[PR]

日別キーワード

第35位  アインシュタイン - 2018年11月01日


関連するイメージは見つかりませんでした



アインシュタイン
アルベルト・アインシュタイン(独: Albert Einstein、1879年3月14日 - 1955年4月18日)は、ドイツ生まれのユダヤ人の理論物理学者。 特殊相対性理論および一般相対性理論、相対性宇宙論、ブラウン運動の起源を説明する揺動散逸定理、光量子仮説による光の粒子と波動の二重性、アインシュタインの固体比熱理論、零点エネルギー、半古典型のシュレディンガー方程式、ボーズ=アインシュタイン凝縮などを提唱した業績により、20世紀最大の物理学者とも、現代物理学の父とも呼ばれる。特に彼の特殊相対性理論と一般相対性理論が有名だが、光量子仮説に基づく光電効果の理論的解明によって1921年のノーベル物理学賞を受賞した。 音楽学者でモーツァルト研究者のアルフレート・アインシュタインは従弟と見なされる場合があるが、無関係説もある(後述の通りアインシュタイン自身も音楽好きでヴァイオリンの演奏が趣味であった)。 数多くの業績のほか、世界中に広くその存在が認知されており、しばしば天才の代名詞としても引き合いに出される。 (Wikipedia:アインシュタイン)

アインシュタイン方程式
一般相対性理論におけるアインシュタイン方程式(アインシュタインほうていしき、英: Einstein's equations)は、万有引力・重力場を記述する場の方程式である。アルベルト・アインシュタインによって導入された。 アイザック・ニュートンが導いた万有引力の法則を、強い重力場に対して適用できるように拡張した方程式であり、中性子星やブラックホールなどの高密度・大質量天体や、宇宙全体の幾何学などを扱える。 一般相対性理論によれば、大質量の物体は周囲の時空を歪ませる。すなわち、重力とは時空の歪みであるとして説明される。その理論的な帰結・骨子となるのが、次のように表されるアインシュタイン方程式である。 G_{\mu\nu}+\Lambda g_{\mu\nu}=\kappa T_{\mu\nu}左辺は時空がどのように曲がっているのか(時空の曲率)を表す幾何学量であり、右辺は物質場の分布を表す量である。 (Wikipedia:アインシュタイン方程式)

アインシュタインの予言
アインシュタインの予言(アインシュタインのよげん)は、アルベルト・アインシュタインの発言として流布されている約300文字程度の言葉である。「近代日本の驚くべき発展」を賞賛し、「来たるべき世界政府の盟主は日本が担うことになるであろう」と予言している。さらに、「そのような尊い国を作っておいてくれたことを神に感謝する」と続く。 ドイツ文学研究者の中澤英雄は、2005年(平成17年)に「アインシュタインがこのような趣旨の発言をした例は一例も存在しない」とする論証を提出した。 この文章の初出は明確ではないが、1950年代に遡ることができる。以降書籍・雑誌で引用・再引用が繰り返され、インターネットの普及後はウェブ上の記事においても多数引用されている。度重なる引用と孫引きによって、文章が一部抜け落ちていたり、一部の語句が書き換えられていたりと、現在様々なバージョンが流布しているが、大筋では大同小異である。以下に典型例の一つを挙げる。 この言葉は「日本人の愛国心をくすぐる内容」と宣伝され、再三に渡って引用されており、古いものでは今村均の1956年(昭和31年)の著書『祖国愛』に、また、名越二荒之助の1977年(昭和52年)の著書『新世紀の宝庫・日本』においても存在が確認できる。 (Wikipedia:アインシュタインの予言)

アインシュタインリング
『重力レンズ』より : 重力レンズ(じゅうりょくレンズ、英語: gravitational lens)とは、恒星や銀河などが発する光が、途中にある天体などの重力によって曲げられたり、その結果として複数の経路を通過する光が集まるために明るく見えたりする現象。光源と重力源との位置関係によっては、複数の像が見えたり、弓状に変形した像が見えたりする。重力レンズ効果とも言われる。また、リング状の像のものはアインシュタインリングと言われる。 原理 光が曲がることは一般相対性理論から導かれる現象で、一般相対性理論の正当性を証明した現象のひとつである。光は重力にひきつけられて曲がるわけではなく、重い物体によってゆがめられた時空を進むために曲がる。対象物と観測者の間に大きい重力源があると、この現象により光が曲がり、観測者に複数の経路を通った光が到達することがある。これにより、同一の対象物が複数の像となって見える。光が曲がる状態が光学レンズによる光の屈折と似ているため重力レンズと言われる。 右はその効果を示したCGである。1つの銀河から発せられた光(白い矢印)が、中央にある重い天体の影響によって曲げられ、それぞれ別の経路で地球へと届く。 (Wikipedia:アインシュタインリング)

アインシュタイン=ポドルスキー=ローゼンのパラドックス
アインシュタイン=ポドルスキー=ローゼンのパラドックス(頭文字をとってEPRパラドックスと呼ばれる)は、量子力学の量子もつれ状態が局所性を(ある意味)破るので、相対性理論と両立しないのではないかというパラドックスである。アルベルト・アインシュタイン、ボリス・ポドルスキー、ネイサン・ローゼンらの思考実験にちなむ。 EPRパラドックスが発表された当時は、アインシュタインらは局所実在論の立場を取っていたため、量子論が実在論的に完全でない結果を与えることを「パラドックス」であるとした。しかし、ベルの不等式の検証(1982年)などにより、量子論では局所実在論が破綻することが明らかになっており、非局所的な量子もつれ状態はEPR相関と呼ばれている。 文献に頻出するのはニールス・ボーアによる議論であるので、そちらのほうを用いて説明する。 最初に、「ある観測を行ったとき、必ずある値が得られるような状態があるとする。その場合、その値に対応する何かが実在している」ということを仮定する。例えば、運動量の固有状態を測定すると、必ずその固有値を返す。 (Wikipedia:アインシュタイン=ポドルスキー=ローゼンのパラドックス)

アインシュタイン・ボース統計
『ボース粒子』より : ボース分布関数(英語: Bose distribution function)は、相互作用のないボース粒子の系において、一つのエネルギー準位に入る粒子の数(占有数)を与える理論式である。ボース=アインシュタイン分布関数(Bose–Einstein distribution function)とも呼ばれる。 エネルギーが ε に等しい準位の占有数を与えるボース分布関数は で表される。パラメータ β は系の温度と解釈され、熱力学温度 T と β=1/kT で関係付けられる逆温度である。μ は系の化学ポテンシャルである。 μ≤0 である。μ=0 となるのは生成および消滅が起こる光子やフォノンなどの粒子系か、ボース=アインシュタイン凝縮を起こしている粒子系である。 量子数 ν で指定される準位のエネルギーを εν とすれば、このエネルギー準位の占有数 nν の統計的期待値は で与えられる。 関連記事 粒子統計 ボルツマン統計 フェルミ統計 ボース=アインシュタイン凝縮。 (Wikipedia:アインシュタイン・ボース統計)

アインシュタイン・ボーズ統計
『ボース粒子』より : ボース分布関数(英語: Bose distribution function)は、相互作用のないボース粒子の系において、一つのエネルギー準位に入る粒子の数(占有数)を与える理論式である。ボース=アインシュタイン分布関数(Bose–Einstein distribution function)とも呼ばれる。 エネルギーが ε に等しい準位の占有数を与えるボース分布関数は で表される。パラメータ β は系の温度と解釈され、熱力学温度 T と β=1/kT で関係付けられる逆温度である。μ は系の化学ポテンシャルである。 μ≤0 である。μ=0 となるのは生成および消滅が起こる光子やフォノンなどの粒子系か、ボース=アインシュタイン凝縮を起こしている粒子系である。 量子数 ν で指定される準位のエネルギーを εν とすれば、このエネルギー準位の占有数 nν の統計的期待値は で与えられる。 関連記事 粒子統計 ボルツマン統計 フェルミ統計 ボース=アインシュタイン凝縮。 (Wikipedia:アインシュタイン・ボーズ統計)

アインシュタイン (単位)
アインシュタイン(ドイツ語: Einstein, 記号:E)は、光化学で用いられる、光子の物質量(モル数)に関係した単位である。アインシュタインという単位名称は、1905年の論文において光電効果の原因を解明し、光量子(現在は光子と呼ばれる)という考えを示したアルベルト・アインシュタインにちなむ。 定義と意味 1 アインシュタインは、1 モル(アボガドロ数個)の光子が持つエネルギーと定義されている。ただし、光の光子あたりエネルギーはその周波数(あるいは波長)によって変わる。同じアインシュタインでもエネルギーは数倍(理論上は数千倍でも数百万倍でも)変わるので、アインシュタインはエネルギーそのものを表す単位ではない。 実際はアインシュタインは、エネルギーではなく光子の物質量を表すのに使われる。つまり、「光子の物質量は 10 モルである」と言いたいときに「光のエネルギーは 10 アインシュタインである」のように言う。この際、そのエネルギーが具体的にどれだけか(何ジュールか)は問題としない。 換算 アインシュタインをジュール(あるいは他のエネルギーの単位)に換算するには、光の周波数か波長を特定する必要がある。 (Wikipedia:アインシュタイン (単位))

アインシュタイン (テレビ番組)
『アインシュタイン』は、1990年10月10日から1991年9月10日までフジテレビで毎週水曜 25:10 - 25:40 (JST) に放送されていた30分枠の科学情報番組(教養番組)。 司会はフジテレビアナウンサーの城ヶ崎祐子(当時。現在フリー)と松尾紀子の2人。番組は2部構成で、前半では『nature』や『New Scientist』などの欧米の科学雑誌に掲載された論文の中から興味深いものを4本程度ピックアップしてその内容を紹介する「クリッククラッシュ」、後半では宇宙物理学や分子生物学など当時の最新科学の概念を毎回特集して解説していた「アルベルトガーデン」という構成であった。最終回のテーマは「神」であった。 番組の特徴として、スタジオ中央のテーブルと司会の二人が座る椅子以外は全てCGによる表現が使われており、スタジオ全体がヴァーチャルスタジオとなっていたことが挙げられる。当時ヴァーチャルスタジオを全面的に使用したレギュラー番組は日本ではほとんど放送されておらず、非常に珍しい存在だった。 (Wikipedia:アインシュタイン (テレビ番組))

アインシュタイン塔
アインシュタイン塔(-とう)はドイツ・ポツダムにある歴史建造物。1920年から1924年にかけて建てられた、ドイツの建築家エーリッヒ・メンデルゾーンの処女作。その名の通り、物理学者アインシュタインが提唱した「相対性理論」を実測検証する為に建設された施設であった。 元々は研究施設として建設されたが、その彫塑的なデザインが話題となり、注目を浴びた。当初はまだ建築素材として珍しい部類に入るコンクリートを使用して建てられることが予定されていたが、第一次世界大戦後の資材不足により、実際は煉瓦造の上にコンクリートが被さっている。ドイツ表現主義の代表的建築物としても知られている。 日本のアインシュタイン塔 東京都三鷹市の国立天文台にポツダムのアインシュタイン塔と同じく太陽スペクトルの波長を観測し、一般相対性理論の検証を行う事を目的として1930年、太陽分光写真儀室という建物が作られた。 (Wikipedia:アインシュタイン塔)

アインシュタイン・タワー
『アインシュタイン塔』より : アインシュタイン塔(-とう)はドイツ・ポツダムにある歴史建造物。1920年から1924年にかけて建てられた、ドイツの建築家エーリッヒ・メンデルゾーンの処女作。その名の通り、物理学者アインシュタインが提唱した「相対性理論」を実測検証する為に建設された施設であった。 元々は研究施設として建設されたが、その彫塑的なデザインが話題となり、注目を浴びた。当初はまだ建築素材として珍しい部類に入るコンクリートを使用して建てられることが予定されていたが、第一次世界大戦後の資材不足により、実際は煉瓦造の上にコンクリートが被さっている。ドイツ表現主義の代表的建築物としても知られている。 日本のアインシュタイン塔 東京都三鷹市の国立天文台にポツダムのアインシュタイン塔と同じく太陽スペクトルの波長を観測し、一般相対性理論の検証を行う事を目的として1930年、太陽分光写真儀室という建物が作られた。 (Wikipedia:アインシュタイン・タワー)

アインシュタインの眼
アインシュタインの眼(-め)は、NHKデジタル衛星ハイビジョンで2007年1月9日から放送している教養ドキュメンタリー番組。
スポーツ選手や職人などの肉眼では捉えられない高速の世界をハイスピードカメラなどを駆使して映像化している。かつてNHK総合テレビジョン 総合テレビジョンで放送されていた「四つの目」を現代にアレンジしたものと考えられる。
2008年度からはNHK衛星第2テレビジョン BS2でも『アインシュタインの眼セレクション』として放送されるほか、不定期に総合テレビジョンでも放送されることがある。
恵俊彰(ホンジャマカ)
塚原愛アナウンサー
毎週火曜 22:00 - 22:45
毎週火曜 19:00 - 19:44
毎週日曜 18:45 - 19:29
毎週水曜 9:00 - 9:45
毎週土曜 1:15 - 2:00(金曜深夜)
(Wikipedia:アインシュタインの眼)

アインシュタインガール
『アインシュタインガール』は、及川中監督の青春ジュブナイルファンタジー映画。岩佐真悠子初主演作。2005年7月16日公開。 解説 相対性理論100年メモリアル・イヤーに生まれたSF青春ストーリー。全編、千葉県佐倉市のニュータウンユーカリが丘でロケーション撮影が行なわれ、ニュータウンを走るユーカリが丘線「こあら号」が、時空を越えるタイムマシンとなって登場する。 ストーリー 1年前に母親を交通事故で亡くした女子高校生・薫(岩佐真悠子)が、ある朝突然、時空の歪みに巻き込まれ1年と2日前にタイムスリップ。60年前の戦場からタイムスリップした水兵・康二郎(福士誠治)の「過去を変えてはいけない」と言う忠告にも構わず、母親を交通事故から救おうと決心する。 出演者 岩佐真悠子 小松愛 福士誠治 秋山莉奈 キムラ緑子 田口トモロヲ スタッフ 監督 及川中 製作 榊俊人、星邦博 企画 檜山忠史、平田樹彦 プロデューサー 成田直哉 撮影監督 瀬川龍 編集 滝沢雄作 製作 ソフトバンクBB 制作 パノラマ・コミュニケーションズ DVD アインシュタインガール(2005年12月22日、ジェネオン エンタテインメント) 外部リンク 「映画」を生む街のスタイル アインシュタインガール - allcinema アインシュタインガール - KINENOTE。 (Wikipedia:アインシュタインガール)

アインシュタイン (お笑い)
アインシュタイン (お笑い)よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属のお笑いコンビ。本項で詳述。 濱村友行(現在コンビ「静」として活動)と大谷隆亮(現在コンビ「さつき荘」として活動)のお笑いコンビ。当時はワタナベエンターテインメントに所属。 河崎健男(元「キリングセンス」)と栗本宗昌のコンビ「2世代ターボ」の旧コンビ名。アインシュタインは、よしもとクリエイティブ・エージェンシー大阪本部(大阪吉本)所属のお笑いコンビ。2010年11月結成。 メンバー 稲田 直樹(いなだ なおき、1984年12月28日 - )ボケ担当 身長175cm、体重60kg。A型。 コンビ「バンパイア」として活動後、ピン芸人として活動していた。 吉本ブサイクランキングで2011年度は6位にランクイン。2012年度は3位に、2013年度は2位に上昇した。 「バンパイア」時代に、99プラスでのコーナー『超ブサイク芸人参戦! 本当にあったハンサムスーツコンテスト』に出演して、加藤歩(ザブングル)・亀子のぶお・国場俊彦(南国姉妹)らを抑えて優勝した。 (Wikipedia:アインシュタイン (お笑い))

アインシュタインの定数
アルベルト・アインシュタインが考え出した定数・係数。次のものがある。
一般相対性理論のアインシュタイン方程式 重力場方程式 G_{mu u} + Lambda g_{mu u} kappa T_{mu u}, における係数。
「カッパ」 kappa(pi は円周率、G は万有引力定数、c は光速度 光速):「アインシュタインの重力定数」(Einstein”s constant of gravitation)と呼ばれる。その値は
:kappa {8 pi G over c^4} 2.07624296 imes 10^{-43} mbox{m}^{-1} cdot mbox{kg}^{-1} cdot mbox{s}^2 となる。
「ラムダ」 Lambda:「宇宙項」に現われる係数「宇宙定数」。
アインシュタインの式
(Wikipedia:アインシュタインの定数)

アインシュタインの縮約記法
アインシュタインの縮約記法(アインシュタインのしゅくやくきほう、Einstein summation convention)またはアインシュタインの記法(アインシュタインのきほう、Einstein notation)は、アインシュタインが 1916 年に用いた添字 (suffix) の和の記法である。アインシュタインの規約(アインシュタインのきやく、Einstein convention)とも呼ばれる。 同じ項で添字が重なる場合は、その添字について和を取る、というルールである。この重なる指標を擬標(またはダミーの添字、dummy index)、重ならない指標を自由標(またはフリーの添字、free index)と呼ぶ。 このルールは一般相対性理論、量子力学、連続体力学、有限要素法などで重宝する。 アインシュタインはこの記法を自分の「数学における最大の発見」と(冗談めかして)言ったという。 例 4 次元空間におけるベクトル aμ と bμ (μ = 1, 2, 3, 4) の内積を記すときには、aμ bμ と記述される。 (Wikipedia:アインシュタインの縮約記法)

アインシュタインの式
ここではアルベルト・アインシュタインが考え出した公式の代表的なものについて列挙する。 アインシュタインの関係式と呼ばれる代表的な例。 E=mc^2 エネルギーと質量の等価性を示すアインシュタインの関係式。詳細は特殊相対性理論及び E = mc² の項目を参照。 E=h\nu,~p=\frac{h\nu}{c} 光量子仮説に関するアインシュタインの関係式。詳細は光子及び光の項目を参照。 \Delta E=h\nu-W 光電効果に関するアインシュタインの関係式。詳細は該当項目を参照。 D=\mu k_\mathrm{B}T ブラウン運動に関するアインシュタインの関係式。詳細は該当項目を参照。 C_V=3R\left(\frac{h\nu}{k_\mathrm{B}T}\right)^2\frac{e^\frac{h\nu}{k_\mathrm{B}T}}{\left(e^\frac{h\nu}{k_\mathrm{B}T}-1\right)^2} 物性論におけるアインシュタインの比熱式。 (Wikipedia:アインシュタインの式)


アインシュタイン - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アインシュタイン - アマゾン検索


「アインシュタイン」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す