[PR]

日別キーワード

第39位  ウルトラマンタロウ - 2018年11月01日


関連するイメージは見つかりませんでした



ウルトラマンタロウ
『ウルトラマンタロウ』は、1973年4月6日から1974年4月5日までTBS系で毎週金曜19:00 - 19:30に全53話が放送された、TBSと円谷プロダクションが製作した特撮テレビ番組とその劇中に登場するヒーローの名前である。 タイトルロゴは「ウルトラマンT」、「T」に「タロウ」のルビがある。 物語 裸一貫で世界中を旅していた青年・東光太郎(ひがし こうたろう)が、ボクサーを目指して巨大タンカーで日本に帰ってきた。 港を襲った超獣オイルドリンカーを追い払うことに成功した光太郎だったが、彼の持ち帰ったチグリスフラワーの球根から怪獣アストロモンスが誕生する。亡き母と瓜二つの緑のおばさん(ウルトラの母の変身体)の激励を受けた光太郎は、宇宙科学警備隊ZATに入隊。小型戦闘機・スーパースワローに搭乗してアストロモンスに立ち向かうが、アストロモンスの攻撃を受けて爆発の炎に包まれてしまった。 死線をさまよう光太郎の前にウルトラ5兄弟が現れ、彼をウルトラの国へと運んだ。そして、そこでウルトラの母が光太郎にウルトラの命を授けたことで、ウルトラ6番目の弟・ウルトラマンタロウが誕生した。 (Wikipedia:ウルトラマンタロウ)

ウルトラマンタロウの登場怪獣
ウルトラマンタロウの登場怪獣(ウルトラマンタロウのとうじょうかいじゅう)は、特撮テレビ番組『ウルトラマンタロウ』に登場する怪獣、宇宙人、超獣、異次元人、その他の生物の一覧である。 宇宙大怪獣 アストロモンス 第1話「ウルトラの母は太陽のように」に登場。 身長:60メートル 体重:5万8000トン 出身地:宇宙ウルトラマンタロウが地球で最初に戦う怪獣。100年に1度咲くというチグリスフラワーが、焼却処分されて埋められた後に怪獣化したもの。武器は右手の鞭、左手の鎌、腹部の花から出す白い霧状の強酸性溶解液で、この溶解液は建物も一瞬で朽ち果てさせる。また、劇中では披露しないが、口から1万度の火炎を吐く。腹部の花は口になっており、これでオイルドリンカーを食べる。翼はないが、マッハ3の速度で空も飛べる(デザイン画では脇の下から脇腹にかけて飛膜が存在する)。最期はタロウのジャイアントスイングで投げ飛ばされ、ストリウム光線を受けて爆死した。 デザイン:熊谷健。 ネーミングの由来は「宇宙怪獣」を英訳した「アストロモンスター」。 (Wikipedia:ウルトラマンタロウの登場怪獣)


ウルトラマンタロウ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

ウルトラマンタロウ - アマゾン検索


「ウルトラマンタロウ」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す