[PR]

日別キーワード

第42位  オプジーボ - 2018年11月01日


関連するイメージは見つかりませんでした



オプジーボ
ニボルマブ(英: nivolumab、商品名:オプジーボ)は、悪性黒色腫治療を目的とし、後に非小細胞肺癌・腎細胞癌に適用拡大された分子標的治療薬の一つで、ヒト型抗ヒトPD-1モノクローナル抗体医薬品で、当時の京都大学医学部の本庶佑博士の研究チームが開発に貢献。日本においては2014年7月4日製造販売が承認され、2014年9月小野薬品工業から発売が開始された。 薬理 悪性腫瘍には、免疫システムから逃れるための仕組みを持つものがある。悪性黒色腫と肺癌には、まれに自然治癒例がみられることがあり、免疫により癌が攻撃され、治癒することが示唆されていた。 癌細胞は細胞表面にPD-L1を発現しており、免疫細胞であるT細胞のPD-1と結合して免疫細胞の攻撃を免れている。 ニボルマブは、癌が免疫から逃れるためのチェックポイント・シグナルPD-1を抑制することにより、リンパ球による癌への攻撃を促進する。 抗癌剤の多くは、核酸代謝や蛋白合成、細胞シグナルを阻害することにより作用する。ところが、ニボルマブは、がん免疫を活性化するという独特な作用を持つ。 (Wikipedia:オプジーボ)


オプジーボ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

オプジーボ - アマゾン検索


「オプジーボ」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す