[PR]

日別キーワード

第60位  ベネズエラ - 2018年11月01日


関連するイメージは見つかりませんでした



ベネズエラ
ベネズエラ・ボリバル共和国 República Bolivariana de Venezuela 国の標語:Dios y Federación (スペイン語:神と連邦) 国歌:勇敢なる人民に栄光を ベネズエラの位置 ベネズエラ・ボリバル共和国(ベネズエラ・ボリバルきょうわこく、スペイン語: República Bolivariana de Venezuela)、通称ベネズエラは、南アメリカ北部に位置する連邦共和制社会主義国家である。東にガイアナ、西にコロンビア、南にブラジルと国境を接し、北はカリブ海、大西洋に面する。首都はカラカス。南米大陸でも指折りの自然の宝庫として知られている。また原油埋蔵量は2977億バレルと世界一であるが、多くの国民が貧困にあえいでおり、犯罪率も高いレベルにある。 コロンビアと共に北アンデスの国家であるが、自らをカリブ海世界の一員であると捉えることも多い。ベネズエラ海岸の向こうには、アルバ、オランダ領アンティル(クラサオなど)、トリニダード・トバゴといったカリブ海諸国が存在する。 (Wikipedia:ベネズエラ)

ベネズエラ共和国
『ベネズエラ』より : ベネズエラ・ボリバル共和国 República Bolivariana de Venezuela 国の標語:Dios y Federación (スペイン語:神と連邦) 国歌:勇敢なる人民に栄光を ベネズエラの位置 ベネズエラ・ボリバル共和国(ベネズエラ・ボリバルきょうわこく、スペイン語: República Bolivariana de Venezuela)、通称ベネズエラは、南アメリカ北部に位置する連邦共和制社会主義国家である。東にガイアナ、西にコロンビア、南にブラジルと国境を接し、北はカリブ海、大西洋に面する。首都はカラカス。南米大陸でも指折りの自然の宝庫として知られている。また原油埋蔵量は2977億バレルと世界一であるが、多くの国民が貧困にあえいでおり、犯罪率も高いレベルにある。 コロンビアと共に北アンデスの国家であるが、自らをカリブ海世界の一員であると捉えることも多い。ベネズエラ海岸の向こうには、アルバ、オランダ領アンティル(クラサオなど)、トリニダード・トバゴといったカリブ海諸国が存在する。 (Wikipedia:ベネズエラ共和国)

ベネズエラ・ボリバル共和国
『ベネズエラ』より : ベネズエラ・ボリバル共和国 República Bolivariana de Venezuela 国の標語:Dios y Federación (スペイン語:神と連邦) 国歌:勇敢なる人民に栄光を ベネズエラの位置 ベネズエラ・ボリバル共和国(ベネズエラ・ボリバルきょうわこく、スペイン語: República Bolivariana de Venezuela)、通称ベネズエラは、南アメリカ北部に位置する連邦共和制社会主義国家である。東にガイアナ、西にコロンビア、南にブラジルと国境を接し、北はカリブ海、大西洋に面する。首都はカラカス。南米大陸でも指折りの自然の宝庫として知られている。また原油埋蔵量は2977億バレルと世界一であるが、多くの国民が貧困にあえいでおり、犯罪率も高いレベルにある。 コロンビアと共に北アンデスの国家であるが、自らをカリブ海世界の一員であると捉えることも多い。ベネズエラ海岸の向こうには、アルバ、オランダ領アンティル(クラサオなど)、トリニダード・トバゴといったカリブ海諸国が存在する。 (Wikipedia:ベネズエラ・ボリバル共和国)

ベネズエラの歴史
ベネズエラの歴史(ベネズエラのれきし)では、ベネズエラ・ボリバル共和国の歴史について述べる。 先コロンブス期 クリストーバル・コロンの来航以前の現在のベネズエラに相当する地域には、カリブ人系のカラカス人、テケス人や、アラワク人といったインディヘナの諸民族が生活していた。ベネズエラのインディヘナ達は南米西部のインカ文明、中央アメリカのマヤ文明、メキシコのアステカ文明、現コロンビアのチブチャ系諸文明のような高度な文明は築かなかったが、マラカイボ湖に水上村落が確認されたように航海技術が発展し、この地やギアナから西インド諸島へ航海していった人々も多かった。また、西部のアンデス山脈地域のインディヘナは村落共同体を築いて道路を建設するなどの動きもあり、現コロンビアのムイスカ人とも交流があったと推測されている。 スペイン植民地時代 1492年にクリストーバル・コロンがアメリカ大陸を「発見」し、1498年にコロンはヨーロッパ人として初めて今日ベネズエラとなっている地域を訪れた。 (Wikipedia:ベネズエラの歴史)

ベネズエラの国旗
ベネズエラの国旗は、黄・青・赤の三色旗で、中央に星がデザインされている。 元々のデザインは1811年の独立運動時に決められた。現在は左上に国章が配置されている。 黄色は国の豊かさを表し、赤は国民の血と勇気を表し、青はスペインとベネズエラを隔たらせている水を表す。1806年3月12日に初めて使用されたもので、現在でも3月12日を「国旗の日」としている。デザインはその後何度か一部改変され現在に至る。 19世紀前半には独立戦争時代に立ち上がった 7植民地州(バルセロナ、バリナス、カラカス、クマナ、マルガリータ、メリダ、トルヒージョ)を表す 7 つの星が、国旗の中央に追加された。その後1817年、アンゴストゥーラ宣言の中で、シモン・ボリーバルがガイアナの解放を受け8つめの星を追加した。但し2006年まで正式には認められなかった。 1954年2月17日、政府用の国旗には国章を擁すると制定された。商船旗、国際スポーツ大会など民間用途では国章は使用されない。ただし、2006年8月2日の WBA ライトフライ級タイトルマッチ、亀田興毅対ファン・ランダエタの試合では国章が入っていた。 (Wikipedia:ベネズエラの国旗)

ベネズエラ・ボリバル
iso_code VEF
unofficial_users
inflation_rate 18.7%
pegged_by
subunit_ratio_1 1/100
subunit_name_1 céntimo(通貨の補助単位 センティモ)
subunit_inline_note_1
subunit_ratio_2
subunit_name_2
subunit_inline_note_1
subunit_ratio_3
subunit_name_3
subunit_inline_note_1
symbol Bs. F
symbol_subunit_1
symbol_subunit_2
symbol_subunit_3
frequently_used_coins 5, 10, 25, 50 céntimos, 1, 2, 5 Bs.F
(Wikipedia:ベネズエラ・ボリバル)

ベネズエラ関係記事の一覧
これはベネズエラ関係記事の一覧である。 地域区分 南アメリカ ベネズエラ 大コロンビア: 1819年から1830年まで南アメリカ北部にあったコロンビア共和国 州 カラボボ州 首都地区 (ベネズエラ) デルタアマクロ州 ミランダ州 バルガス州 ボリバル州 市 カラカス:ベネズエラ・ボリバル共和国の首都 シウダ・ボリバル: ボリバル州の州都 リベルタドル市 バルタ市 スクレ市 チャカオ市 エルアティジョ市 自然地理 海 大西洋 カリブ海 山 ギアナ高地アウヤンテプイ:世界遺産のテーブルマウンテン ロライマ山 カナイマ国立公園 川 オリノコ川 トゥイ川 グアイレ川 サンペドロ川 セブカン沢 カトゥチェ川 マカラオ川 メリダ山脈 サンペドロ川 タカグア沢 その他 エンジェルフォール:世界遺産登録の滝。 (Wikipedia:ベネズエラ関係記事の一覧)

ベネズエラの国歌
勇敢なる人民に栄光を(ゆうかんなるじんみんにえいこうを、スペイン語: Gloria al Bravo Pueblo)はベネズエラの国歌。下記に歌詞と曲を掲載する。 歌詞 CORO: Gloria al bravo pueblo Que el yugo lanzó, La Ley respetando La virtud y honor.¡Abajo Cadenas! Gritaba el Señor. Y el pobre en su choza, Libertad pidió. A este santo nombre Tembló de pavor, El vil egoismo Que otra vez triunfó;CORO:Gritemos con brío: Muera la opresión! Compatriotas fieles, La fuerza es la unión. Y desde el Empíreo, El supremo Autor, Un sublime aliento Al pueblo infundió.CORO:Unida con lazos Que el cielo formó, La América toda Existe en Nación. Y si el despotismo Levanta la voz, Seguid el ejemplo Que Caracas dio.CORO: 備考 なお、有名なホローポの曲、「平原児の魂」はベネズエラの第二国歌と呼ばれている。 (Wikipedia:ベネズエラの国歌)

ベネズエラ人の一覧
ベネズエラ人の一覧 この項目では、ベネズエラ・ボリバル共和国の特筆されるべき出身者を列挙する。 政治家 アントニオ・グスマン・ブランコ アントニオ・ホセ・デ・スクレ - エクアドルの解放者。ボリビアの実質的な初代大統領 ウーゴ・チャベス - 大統領(1999-2013)。ボリーバル革命の推進者。 シプリアーノ・カストロ - 独裁者(1899-1908) シモン・ボリーバル - エル・リベルタドール(解放者) フアン・クリソストモ・ファルコン フアン・ビセンテ・ゴメス - 独裁者(1908-1935) フアン・ホセ・フローレス - エクアドルの初代大統領 フランシスコ・デ・ミランダ - ベネズエラ最初の独立指導者。インカ帝国の復興を計画した。 マルコス・ペレス・ヒメネス ラファエル・ウルダネータ ロムロ・ガジェーゴス ロムロ・ベタンクール 学者 シモン・ロドリゲス - シモン・ボリーバルの師。 (Wikipedia:ベネズエラ人の一覧)

ベネズエラ広場
『ベネスエラ広場』より : ベネスエラ広場(ベネスエラひろば、スペイン語 Plaza Venezuela)は、ベネズエラの首都カラカスにある広場で、1943年に作られた。首都地区のリベルタドル市エルレクレオ区にある。 ベネスエラ広場は西の旧市街と東の新市街の中間点にあり、市内の自動車交通の要点である。東西に長い広場の地下を車道が潜り、公園の東で地上に出てリンコルン通りとなる。東部には太陽の形をした大噴水があり、東と北を車道が、西と南を歩道か巡る。主要部分は舗装された歩道で、クリストファー・コロンブスとアンドレス・ベジョの像が置かれている。 この広場の名をとったカラカス地下鉄一号線のプラサ・ベネスエラ駅が、広場の東にやや離れてある。 (Wikipedia:ベネズエラ広場)

ベネズエラの世界遺産
ベネズエラの世界遺産 (ベネズエラのせかいいさん)はユネスコの世界遺産に登録されているベネズエラ国内の文化・自然遺産。 文化遺産 コロとその港 - (1993年) カラカスの大学都市 - (2000年) 自然遺産 カナイマ国立公園 - (1994年) 複合遺産 なし 地域別 関連項目 世界遺産の一覧。 (Wikipedia:ベネズエラの世界遺産)

ベネズエラ湾
座標: 北緯11度30分 西経71度0分 / 北緯11.500度 西経71.000度 / 11.500; -71.000 ベネズエラ湾(Golfo de Venezuela)は、ベネズエラ北西部、コロンビアの一部にも接する湾である。湾の北にはカリブ海が広がり、南には海峡部を越えてマラカイボ湖へと続いている。西にはグアヒラ半島(Península de la Guajira)、東にはパラグアーナ半島(Península de Paraguaná)に挟まれている。この辺りの中心都市は、海峡部附近のマラカイボ市(Maracaibo)で、ベネズエラ第二の都市である。 外部リンク Ciénaga de Los Olivitos | Ramsar。 (Wikipedia:ベネズエラ湾)


ベネズエラ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

ベネズエラ - アマゾン検索


「ベネズエラ」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す