[PR]

日別キーワード

第73位  吉田茂 - 2018年11月01日


関連するイメージは見つかりませんでした



吉田茂
吉田 茂(よしだ しげる、1878年(明治11年)9月22日 - 1967年(昭和42年)10月20日)は、日本の外交官、政治家。位階は従一位。勲等は大勲位。 外務大臣(第73・74・75・78・79代)、貴族院議員(勅選)、内閣総理大臣(第45・48・49・50・51代)、 第一復員大臣(第2代)、 第二復員大臣(第2代)、農林水産大臣(第5代)、衆議院議員(当選7回)、皇學館大学総長(初代)、学校法人二松学舎舎長(第5代)などを歴任した。 東久邇宮内閣や幣原内閣で外務大臣を務めたのち、内閣総理大臣に就任し、1946年5月22日〜1947年5月24日、および、1948年10月15日〜1954年12月10日まで在任した。 優れた政治感覚と強いリーダーシップで戦後の混乱期にあった日本を盛り立て、戦後日本の礎を築いた。ふくよかな風貌と、葉巻をこよなく愛したことから「和製チャーチル」とも呼ばれた。 政治活動以外の公的活動としては、廃止された神宮皇學館大學の復興運動に取り組み、新制大学として新たに設置された皇學館大学にて総長に就任した。 (Wikipedia:吉田茂)

吉田茂 (内務省出身)
吉田 茂(よしだ しげる、1885年9月2日 - 1954年12月9日)は、昭和時代の内務省 内務官僚、貴族院議員。
岡田内閣の書記官長、米内内閣と小磯内閣で閣僚を務めた。
”戦後、総理大臣を務めた外交官・政治家の吉田茂とは同姓同名の別人であるが、しばしば書籍・サイトなどでは混同されて紹介されていることがあるので注意を要する。”
(実際の同時代人でさえ、勘違いする事があったようである)
大分県臼杵町(現在の臼杵市)で日本銀行行員で士族の長男として生まれる。旧制東京府立第四中学校(現東京都立戸山高等学校)、第一高等学校 (旧制) 第一高等学校を経て、1911年東京帝国大学法科大学独法科卒業、高等文官試験合格。
(Wikipedia:吉田茂 (内務省出身))

吉田茂八
吉田 茂八(よしだ もはち)は、江戸時代の豊平川左岸の渡守であり、札幌の開拓初期の人物である。 1825年(文政8年)、北海道福山の荒物屋の三男として生まれる。 吉田は、1857年(安政4年)に箱館奉行によって銭函と千歳を結ぶ札幌越新道(千歳新道)が開削されると、幕命により豊平川渡守となる。 『荒井金助事蹟材料』によれば、1858年(安政4年)から1861年(文久元年)の間に、発寒番所の足軽・亀谷丑太郎が荒井金助に上申して吉田を取り立てたとされる。 1870年(明治3年)には後の創成川の上流部にあたる南3条から南6条の間の掘削工事を請け負い、その区間は「吉田掘」と呼ばれるようになった。 1871年(明治4年)、戸籍を福山町から東創成町5番地(後の札幌市中央区南1条東1丁目2番地)に移す。建設請負業はいたって好調であり、1873年(明治6年)1月から6月15日までの経済動向を収録した『総高取調』の請負渡世部門9万円のうち、吉田1人で1割を占めていた。 (Wikipedia:吉田茂八)


吉田茂 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

吉田茂 - アマゾン検索


「吉田茂」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す