[PR]

日別キーワード

第75位  九州大学 - 2018年11月01日


関連するイメージは見つかりませんでした



九州大学
九州大学(きゅうしゅうだいがく、英語: Kyushu University)は、福岡県福岡市西区元岡744番地に本部を置く日本の国立大学である。1911年に設置された。大学の略称は九大(きゅうだい)。 大学全体 九州大学は、1949年(昭和24年)に旧制九州大学等を包括して設置された国立大学である。1867年(慶応3年)に設立された賛生館を起源とする九州帝国大学を直接の母体としている。九州帝国大学の初代総長は東京帝国大学の総長と明治専門学校の初代総裁を務めた山川健次郎である。2003年(平成15年)に九州芸術工科大学を吸収、2004年(平成16年)に国立大学法人による設置へと移行した。 憲章 九州大学には特に建学の精神は定められていないが、「九州大学教育憲章」、「九州大学学術憲章」が存在する。 教育および研究 九州大学では1970年代、大学院への要請が多様化してきたことに対応するため、「学際大学院」構想を進め、1979年(昭和54年)4月に総合理工学研究科(現:総合理工学研究院)を設置している。 (Wikipedia:九州大学)

九州大学生体解剖事件
九州大学生体解剖事件(きゅうしゅうだいがくせいたいかいぼうじけん)は、1945年に福岡県福岡市の九州帝国大学(現九州大学)医学部の敷地内においてアメリカ軍捕虜に対する生体解剖実験が行われた事件。ただし九州帝国大学が組織として関わったものではない(#九州帝国大学の組織的関与についてを参照)。相川事件ともいわれる。 経緯 太平洋戦争末期の1945年5月、福岡市を始めとする九州方面を爆撃するために飛来したアメリカ陸軍航空軍のB-29が、熊本県・大分県境で第三四三海軍航空隊所属の19歳の学徒兵、粕谷欣三一等飛行兵曹が操縦する戦闘機紫電改の体当たりによって撃墜された。機長のマーヴィン・S・ワトキンス(Marvin S. Watkins)中尉以下、搭乗員12名が阿蘇山中に落下傘降下した。3名は現地で死亡。生き残ったのは9名であったが、東京からの暗号命令で「東京の捕虜収容所は満員で、情報価値のある機長だけ東京に送れ。後は各軍司令部で処理しろ」とする命令により、機長のみが東京へ移送された。残り8名の捕虜の処遇に困った西部軍司令部は裁判をせずに8名を死刑とすることにした。 (Wikipedia:九州大学生体解剖事件)

九州大学の人物一覧
九州大学の人物一覧(きゅうしゅうだいがくのじんぶついちらん)は、九州大学および2003年に合併統合した九州芸術工科大学に関係する人物の一覧記事。前身の旧制福岡高等学校出身者については、福岡高等学校 (旧制)#著名な出身者参照。 ※多くの卒業生・関係者が存在するためウィキペディア内に既に記事が存在する人物のみを記載する。 創立者 山川健次郎 - 九州帝国大学初代総長、東京帝国大学総長、京都帝国大学総長、明治専門学校初代総裁 教官 有馬学 - 歴史学、比較社会文化研究院教授 石川邦夫 - 生体材料学、歯学研究院教授 伊藤早苗 - プラズマ物理学、応用力学研究所教授 伊藤鉄英 - 医学研究院 臨床医学部門 内科学 准教授 今西祐一郎 - 国文学、人文科学研究院教授 大賀祥治 - きのこ学、農学研究院教授 大賀哲 - 政治学、法学研究院准教授 大田治彦 - 宇宙システム工学、工学研究院教授 岡崎晴輝 - 政治学、法学研究院教授 小田垣孝 - 物理学、理学研究院教授 柿本浩一 - 電子材料工学、応用力学研究所教授 角秀秋 - 医学、心臓血管外科臨床教授 木島孝之 - 建築学、人間環境学研究院助教 北山修 - 精神医学、人間環境学研究院教授(ザ・フォーク・クルセダーズの元メンバー) 君島八郎 - 土木工学、九州帝国大学工学部長 君塚信夫 - 化学、工学研究院教授、工卒 桑野良一 - 化学、理学研究院准教授 古谷野潔 - 歯学、歯学研究院教授 坂上康俊 - 歴史学、人文科学研究院教授 阪本昌成 - 法学、法学研究院教授 関口正司 - 政治学、法学部教授 高瀬正仁 - 数学、数理学研究院教授 高原淳 - 高分子化学、先導物質化学研究所教授、工卒 高山倫明 - 言語学、人文科学研究院教授 田嶌誠一 - 臨床心理学、人間環境学研究院教授 田淵浩二 - 法学、法科大学院教授 鶴野玲治 - コンピュータグラフィックス、芸術工学研究院准教授 出口敦 - 工学、九州大学大学院人間環境学研究院教授 中村滋延 - 作曲家、芸術工学研究院教授 中村美亜 - 音楽学者、性科学者、芸術工学研究院准教授 野島一彦 - 臨床心理学、人間環境学研究院教授、教卒 野田進 - 法学、法学研究院教授、法科大学院院長(平成18-19年度) 服部英雄 - 比較社会文化研究院長 原田明 - 分析化学、総合理工学研究院教授 浜本満 - 文化人類学、人間環境学研究院教授 針塚進 - 臨床心理学、人間環境学研究院教授 福留留美 - 臨床心理学、高等教育開発推進センター准教授、文卒 藤枝守 - 作曲、芸術工学研究院教授 藤原惠洋 - 建築学、芸術工学研究院教授、建築学科卒 前田幸嗣 - 経済学、農学研究院准教授 南野森 - 憲法学、法学研究院教授 ヴォルフガング・ミヒェル -文化科学、言語文化研究院教授 村上裕章 - 法学、法学研究院教授、法卒 森正洋 - 陶磁器デザイン、旧九州芸術工科大学芸術工学科講師 矢向正人 - 音楽学、芸術工学研究院教授 薮野祐三 - 政治学、法学研究院教授(スーパーJチャンネル 九州・沖縄コメンテーター) 山口輝臣 - 歴史学・宗教学、人文科学研究院准教授 山岡均 - 天文学、理学研究院助教 吉岡斉 - 科学社会学、比較社会文化研究院教授 出身著名人 政治 = 国会議員 = == 現職 鬼木誠 - 衆議院議員(自由民主党)、法卒 岩田和親 - 衆議院議員(自由民主党)、法卒 河野正美 - 衆議院議員(維新の党)、医学部大学院卒 吉田忠智 - 参議院議員(社会民主党)、農卒 古田圭一 - 衆議院議員(自由民主党)、工学部大学院(総合理工学研究科)卒 吉田宣弘 - 衆議院議員(公明党)、法卒 薬師寺道代 - 参議院議員(無所属)、医学部大学院卒 吉村洋文 - 衆議院議員(維新の党)、法卒、弁護士 == 前職・元職 太田典礼 - 元衆議院議員(日本社会党)、医卒 古賀雷四郎 - 元参議院議員(自由民主党)、元北海道・沖縄開発庁長官、工卒 重富吉之助 - 元参議院議員(自由民主党)、経卒 嶋崎譲 - 元衆議院議員(日本社会党・民主党)、元日本社会党政策審議会長 高木健太郎 - 元参議院議員(公明党)、元名古屋市立大学学長、医卒 竹内潔 - 元参議院議員(自由民主党)、法文卒 田原隆 - 元衆議院議員(自由民主党)、元法務大臣、元建設省九州地方建設局長、工卒 山崎平八郎 - 元衆議院議員(自由民主党)、元国土庁長官、元農林省九州農政局長、農卒 中川一郎 - 元衆議院議員(自由民主党)、元農林水産大臣、農卒 鍋島直紹 - 元参議院議員(自由民主党)、元科学技術庁長官、元佐賀県知事、農卒 楢崎弥之助 - 元衆議院議員(社会党・社会民主連合)、元社会民主連合書記長、法文卒 広瀬正雄 - 元衆議院議員(自由民主党)、元郵政大臣、法文卒 三池信 - 元衆議院議員(自由民主党)、元郵政大臣、工卒 山本政弘 - 元衆議院議員(日本社会党)、元日本社会党副委員長、法文卒 渡辺武 - 元参議院議員(日本共産党)、法文卒 渡辺具能 - 前衆議院議員(自由民主党)、元運輸省港湾技術研究所長、工卒 泉信也 - 前参議院議員(自由民主党)、国家公安委員会委員長、元運輸省大臣官房審議官、工卒 打越明司 - 前衆議院議員(民主党)、元鹿児島県議会議員、経済卒 中屋大介 - 前衆議院議員(民主党)、教育卒 自見庄三郎 - 前参議院議員(国民新党)、元郵政大臣、医学部卒、医学系大学院修了 = 地方自治体首長 = == 現職 白井博文 - 山口県山陽小野田市長(2005年 -)、法卒 田上富久 - 長崎県長崎市長(2007年 -)、法卒 大西一史 - 熊本市長(2014年 - )、大学院法学府博士後期課程中退(修士課程修了) 西平良将 - 鹿児島県阿久根市長(2011年 -)、農卒 崎田恭平 - 宮崎県日南市長(2013年 -)、工卒 池田宜永 - 宮崎県都城市長(2012年 -)、元大蔵省官僚、経卒 渕上隆信 - 敦賀市長(2015年-)、化学科卒 == 前職・元職 田中敏文 - 初代公選北海道知事(1947年 - 1959年)、林学科卒 西尾愛治 - 元鳥取県知事(1947年 - 1954年)、法文卒 荒巻禎一 - 元京都府知事(1986年 - 2002年)元自治省官僚、弁護士、法卒 三木行治 - 元岡山県知事(1951年 - 1964年)、法文卒 奥田八二 - 元福岡県知事(1983年 - 1995年)、経卒 松形祐堯 - 元宮崎県知事(1979年 - 2003年)、農卒 宮崎善吾 - 元佐賀県副知事、弟は元第一勧業銀行頭取の宮崎邦次 川上義幸 - 元佐賀県副知事、工卒 三宅徳三郎 - 元高松市長(1967年 - 1971年)、医卒 山崎広太郎 - 元福岡市長(1998年 - 2006年)、元衆議院議員、法卒 幸山政史 - 前熊本市長(2002年 - 2014年)、経卒 櫻井哲雄 - 前宮崎県延岡市長(1994年 - 2006年)、経卒 官界 小野吉郎 - 元郵政事務次官、元日本放送協会会長、法文卒 松尾静麿 - 元運輸省航空庁長官、工卒 高橋浩之 - 元農林省官僚、コシヒカリ生みの親、農卒 鈴木雅次 - 元内務技監、土木界初の文化勲章受章、工卒 高石邦男 - 元文部事務次官、法卒 広瀬研吉 - 元原子力安全・保安院院長、工卒 古川貞二郎 - 元内閣官房副長官、元厚生事務次官、法卒 荒巻禎一 - 元京都府知事(1986年 - 2002年)元自治省官僚、弁護士、法卒 池田宜永 - 宮崎県都城市長(2012年 -)、元大蔵省官僚、経卒 法曹界 桜井龍子 - 最高裁判所判事、元労働省、法卒 門上千恵子 - 日本初の女性検事 熊本典道 - 日本の元裁判官、袴田事件で有名 谷口正孝 - 最高裁判所判事、東京地方裁判所所長 高木俊夫 - 元裁判官 宮本康昭 - 判事、弁護士、法学者、元東京経済大学教授 山下弘綱 - 米国弁護士、工学部造船学科卒 吉戒修一 - 元東京高等裁判所長官 財界 麻生太賀吉 - 元麻生グループ代表・麻生セメント会長、九大理学部設立のために多額の寄付、元法文学部聴講生 伊東信一郎 - 全日本空輸社長、全日本航空事業連合会副会長、経卒 衛藤博啓 - みずほ信託銀行初代社長、現顧問 榎本隆一郎 - 元三菱ガス化学社長、工卒 江本寛治 - JFEホールディングス初代会長、工卒 岡庭博 - 元三光汽船代表取締役、法文卒 岡部正彦 - 前日本通運会長、日通学園理事長、法卒 荻田伍 - アサヒビール代表取締役社長・COO、経卒 門垣逸夫 - 熊本朝日放送社長、法学卒 苅田知英 - 中国電力社長、法卒 木川理二郎 - 日立建機元社長、相談役、工卒 行徳克己 - 共栄火災海上保険社長・会長、農卒 久留島秀三郎 - 元同和鉱業社長 近藤秋男 - 元全日空社長 真藤恒 - 元石川島播磨重工業社長・会長、NTT初代社長、会長、工卒 進藤貞和 - 元三菱電機社長、工卒 高岩淡 - 東映会長、経卒 竹下道夫 - 宇部興産社長、日本化学工業協会副会長、工卒 田﨑雅元 - 元川崎重工業社長、工卒 段上守 - 九州電力元副社長 筒井豊春 - キャピタル・パートナーズ証券株式会社代表取締役兼CEO、ハーバード・ビジネス・スクール卒、経卒 長尾亜夫 - 西日本鉄道社長、法卒 長野吉彰 - 肥後銀行元頭取、現常任顧問、経卒 中村明 - 九州電力執行役員、工卒 貫正義 - 九州電力会長(2012-)、経卒 梛原憲治 - 豊和銀行代表取締役頭取、経卒 西村英俊 - 双日最高経営責任者、西日本高速道路社長、経卒 箱島信一 - 元朝日新聞社長、「箱島派閥」のドンとして強い影響力、経卒 広瀬貞雄 - 元富士紡績代表取締役社長、広瀬氏第11代当主、経卒 藤野清 - 元宇部興産専務取締役、工卒 藤野宏 - 栗田工業顧問、元会長、元社長、理卒 南園克己 - 日東紡社長、経卒 松尾静麿 - 元日本航空会長、日本航空業界の父、工卒 水戸英則 - 銀行家、肥後銀行常務取締役、学校法人二松学舎理事長、経卒 宮崎邦次 - 元第一勧業銀行頭取、会長、兄は佐賀県副知事の宮崎善吾 三井信雄 - イグナイトジャパン会長、元日本アイ・ビー・エム副社長、元米IBM副社長 籾井勝人 - 第21代日本放送協会会長(2014年-)、元日本ユニシス社長、元三井物産副社長、経卒 吉田清治 - 元九州電力副社長、元日本相撲連盟会長、経卒 山下隆 - 中国電力会長、工卒 山西由之 - 元TBS社長 Robert T. Huang - 米synnex創業者、九州大学アントレプレナーシップ・センター設立のために寄付、工卒 和才博美 - NTTコミュニケーションズ相談役、元取締役社長、工卒 学者 = 元教官 = 有地亨 - 民法、九州大学名誉教授、聖心女子大学名誉教授、法卒 安藤高行 - 憲法学、九州大学名誉教授、九州国際大学法学部教授 池見酉次郎 - 医学(精神科)、九州大学名誉教授、医卒 石田正治 - 政治学、国際政治学、法学研究院教授、工卒、法卒 井上治典 - 民事訴訟法学、立教大学法科大学院教授、弁護士、元九州大学法学部教授、法卒 植木とみ子 - 法学、元長崎大学助教授、法卒 緒方道彦 - 医学、九州大学名誉教授、元九州大学健康科学センター長、元九州大学教養部長、医卒 奥田八二-経済学、元九州大学教養部教授、元福岡県知事、法文卒 太田一也 - 島原地震火山観測所所長。 (Wikipedia:九州大学の人物一覧)

九州大学医療技術短期大学部
九州大学医療技術短期大学部(きゅうしゅうだいがくいりょうぎじゅつたんきだいがくぶ、英語: School of Health Science Kyushu University)は、福岡県福岡市東区馬出3-1-1に本部を置いていた日本の国立大学である。1971年に設置された。大学の略称は九大医短または医短。学生募集は2002年度まで。2003年度より九州大学医学部保健学科の設置により短期大学は学生募集を停止し、2006年3月20日正式廃止。 大学全体 九州大学医療技術短期大学部は1971年、九州大学医学部に併設された日本の国立短期大学。キャンパスは福岡県福岡市東区内に設置され、3学科と専攻科1専攻からなっていた。 教育および研究 九州大学医療技術短期大学部は医療技術者の養成に力をいれており、九州大学病院での臨床実習も行われていた。 学風および特色 九州大学医療技術短期大学部は、医学部学生との結びつきが強かったものとみられる。 (Wikipedia:九州大学医療技術短期大学部)

九州大学生体解剖人肉試食事件
『』より : (Wikipedia:九州大学生体解剖人肉試食事件)


九州大学 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

九州大学 - アマゾン検索


「九州大学」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す