[PR]

日別キーワード

第89位  朱子学 - 2018年11月01日


関連するイメージは見つかりませんでした



朱子学
朱子学(しゅしがく)とは、南宋の朱熹によって再構築された儒教の新しい学問体系。日本で使われる用語であり、中国では、朱熹がみずからの先駆者と位置づけた北宋の程頤と合わせて程朱学(程朱理学)・程朱学派と呼ばれ、宋明理学に属す。当時は、程頤ら聖人の道を標榜する学派から派生した学の一つとして道学(Daoism)と呼ばれた。 陸王心学と合わせて人間や物に先天的に存在するという理に依拠して学説が作られているため理学(宋明理学)と呼ばれ、また、清代、漢唐訓詁学に依拠する漢学からは宋学と呼ばれた。 朱熹は、それまでばらばらで矛盾を含んでいた北宋の学説を、程頤による性即理説(性(人間の持って生まれた本性)がすなわち理であるとする)や程顥の天理(天が理である)をもとに、仏教思想の論理体系性、道教の生成論および静坐という行法を取り込みつつも、それを代替する儒教独自の理論にもとづく壮大な学問体系に仕立て上げた。 (Wikipedia:朱子学)

朱子学大系
朱子学大系(しゅしがくたいけい)は、明徳出版社から刊行された朱子学に関する古典文献を翻訳(書き下し)して収録した叢書である。全15巻、既刊14巻。本大系は『陽明学大系』(全11巻別巻1)の後を承け、陽明学の前提であり、また日本・朝鮮にも影響を与えた朱子学の全貌を、一般読者に提供すべく編纂されたものである。編修・翻訳(書き下し)には荒木見悟・岡田武彦・山下龍二などの当時を代表する学者が加わった。ただ『陽明学大系』が比較的充実した内容を保持したのに対し、朱子学は対象範囲が大きく、必ずしも本大系によって網羅的解説ができたわけではない。また、実際の翻訳に際しては、助手などが加わっているため、翻訳内容に精粗の差がある。
(Wikipedia:朱子学大系)


朱子学 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

朱子学 - アマゾン検索


「朱子学」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す