[PR]

日別キーワード

第97位  新日本製鐵 - 2018年11月01日


関連するイメージは見つかりませんでした



新日本製鐵
新日本製鐵株式會社(しんにっぽんせいてつ、英: NIPPON STEEL CORPORATION)は、日本の大手鉄鋼メーカー(高炉メーカー)である新日鐵住金株式会社の旧商号。2012年(平成24年)10月1日、同じく日本の鉄鋼メーカーである住友金属工業(住金)と合併し、「新日鐵住金」に社名変更した。 統合前、2010年の粗鋼生産量において日本国内では首位、世界では第5位の規模を持っていた。1970年(昭和45年)に、日本製鐵(日鉄)を前身とする八幡製鐵・富士製鐵が合併して発足した。この時点で、日立製作所を抜いて売上日本最大のメーカーとなり、1980年代にトヨタ自動車に抜かれるまで、長年その位置を占め続けた。 略称は、「新日鉄」(あるいは旧字体の「新日鐵」)や英文社名に由来する「NSC」など。 官営八幡製鐵所を中心に複数の製鉄業者が合同して1934年(昭和9年)に発足した日本製鐵株式會社(日鉄)が前身である。日鉄は太平洋戦争後の過度経済力集中排除法により4社に分割される(財閥解体)が、このうち八幡製鐵株式會社と富士製鐵株式會社という鉄鋼メーカー2社が同法廃止後の1970年(昭和45年)に合併し、新日本製鐵(新日鉄)は発足した。 (Wikipedia:新日本製鐵)

新日本製鐵株式會社
『新日本製鐵』より : 新日本製鐵株式會社(しんにっぽんせいてつ、英: NIPPON STEEL CORPORATION)は、日本の大手鉄鋼メーカー(高炉メーカー)である新日鐵住金株式会社の旧商号。2012年(平成24年)10月1日、同じく日本の鉄鋼メーカーである住友金属工業(住金)と合併し、「新日鐵住金」に社名変更した。 統合前、2010年の粗鋼生産量において日本国内では首位、世界では第5位の規模を持っていた。1970年(昭和45年)に、日本製鐵(日鉄)を前身とする八幡製鐵・富士製鐵が合併して発足した。この時点で、日立製作所を抜いて売上日本最大のメーカーとなり、1980年代にトヨタ自動車に抜かれるまで、長年その位置を占め続けた。 略称は、「新日鉄」(あるいは旧字体の「新日鐵」)や英文社名に由来する「NSC」など。 官営八幡製鐵所を中心に複数の製鉄業者が合同して1934年(昭和9年)に発足した日本製鐵株式會社(日鉄)が前身である。日鉄は太平洋戦争後の過度経済力集中排除法により4社に分割される(財閥解体)が、このうち八幡製鐵株式會社と富士製鐵株式會社という鉄鋼メーカー2社が同法廃止後の1970年(昭和45年)に合併し、新日本製鐵(新日鉄)は発足した。 (Wikipedia:新日本製鐵株式會社)

新日本製鐵八幡製鐵所
『八幡製鐵所』より : 八幡製鐵所(やはたせいてつしょ)は、福岡県北九州市にある製鉄所(銑鋼一貫製鉄所)である。 2012年(平成24年)10月に新日本製鐵と住友金属工業が合併して新日鐵住金となり、2014年(平成26年)4月1日に旧・住友金属工業小倉製鐵所と統合した。 これに伴い、「小倉製鐵所」は「小倉地区」として当製鐵所の一部となった。 八幡製鐵所のうち、旧本事務所、修繕工場、旧鍛冶工場(福岡県北九州市)、遠賀川水源地ポンプ室(福岡県中間市)の4資産が「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」(全23資産)の構成資産として世界遺産に登録されている。 1901年(明治34年)に操業を開始した官営製鉄所を前身とする。1887年(明治20年)から操業を続ける釜石鉱山田中製鉄所に続き、日本国内で2番目の製鉄所であった。第二次世界大戦前には日本の鉄鋼生産量の過半を製造する国内随一の製鉄所。1934年(昭和9年)には官営製鉄所が中心となって民間業者と合同して日本製鐵(日鉄)が発足。戦後の1950年(昭和25年)に日鉄は解体され八幡製鐵所は八幡製鐵に属すが、1970年(昭和45年)の八幡製鐵・富士製鐵合併による新日本製鐵(新日鉄)に伴い新日鉄の製鉄所となる。 (Wikipedia:新日本製鐵八幡製鐵所)

新日本製鐵広畑硬式野球部
ページ名 新日本製鐵広畑硬式野球部
チーム名(通称) 広畑、新日鐵広畑
加盟区分 企業チーム
創部 1939年
チーム名の遍歴 日本製鐵広畑(1939年 - 1949年)→
富士製鐵広畑(1950年 - 1970年)→
新日本製鐵広畑(1970年 - )
本拠地自治体 兵庫県姫路市
練習グラウンド 広畑球場
チームカラー 赤色
監督 杉本拓也
都市対抗出場回数 29回
都市対抗最近の出場 2008年
都市対抗最高成績 優勝
日本選手権出場回数 9回
日本選手権最近の出場 2009年
日本選手権最高成績 4強
クラブ選手権出場回数 ※出場資格なし
(Wikipedia:新日本製鐵広畑硬式野球部)

新日本製鐵室蘭製鐵所
新日鐵住金室蘭製鐵所(しんにってつすみきんむろらんせいてつじょ)は、北海道室蘭市仲町にある新日鐵住金の製鉄所。同社棒線事業部の管轄である。 大手高炉メーカーの新日鐵住金が持つ製造拠点の一つであり、高炉や転炉、鋼材の圧延設備などを保有し、鉄鉱石を原料に最終製品鋼材までの製造を同一敷地内で行う「銑鋼一貫製鉄所」である。日本国内には2010年時点で13か所の銑鋼一貫製鉄所があるが、北海道にある銑鋼一貫製鉄所は歴史的に見てもこの室蘭製鐵所が唯一である。釜石製鐵所と同様に「棒線事業部」という事業部の下部組織として位置づけられている。 製鉄所は室蘭港に面しており、敷地面積は約820万平方メートル。従業員数は579人(2010年7月時点)。半製品の粗鋼の生産量は年間約137万トン(2009年度実績)で、棒鋼と線材(略称は棒線)と呼ばれる鋼材の生産拠点である。 操業開始は1909年(明治42年)で、釜石製鐵所・八幡製鐵所に続く日本で3番目に歴史の長い製鉄所である。三井財閥により設置され、当初は高炉のみがある銑鉄生産専門の製鉄所であり(北海道炭礦汽船輪西製鐡場→北海道製鐡→日本製鋼所輪西工場→輪西製鐡組合→輪西製鐡)、製鋼部門は隣接する日本製鋼所室蘭工場(現在の日本製鋼所室蘭製作所)が担当する形であったが、1934年(昭和9年)の製鉄合同により三井財閥を離れ日本製鐵(日鐡)となった1941年(昭和16年)以降高炉以下の工程が追加され、銑鋼一貫製鉄所として整備された。 (Wikipedia:新日本製鐵室蘭製鐵所)

新日本製鐵室蘭製鉄所
『新日本製鐵室蘭製鐵所』より : 新日鐵住金室蘭製鐵所(しんにってつすみきんむろらんせいてつじょ)は、北海道室蘭市仲町にある新日鐵住金の製鉄所。同社棒線事業部の管轄である。 大手高炉メーカーの新日鐵住金が持つ製造拠点の一つであり、高炉や転炉、鋼材の圧延設備などを保有し、鉄鉱石を原料に最終製品鋼材までの製造を同一敷地内で行う「銑鋼一貫製鉄所」である。日本国内には2010年時点で13か所の銑鋼一貫製鉄所があるが、北海道にある銑鋼一貫製鉄所は歴史的に見てもこの室蘭製鐵所が唯一である。釜石製鐵所と同様に「棒線事業部」という事業部の下部組織として位置づけられている。 製鉄所は室蘭港に面しており、敷地面積は約820万平方メートル。従業員数は579人(2010年7月時点)。半製品の粗鋼の生産量は年間約137万トン(2009年度実績)で、棒鋼と線材(略称は棒線)と呼ばれる鋼材の生産拠点である。 操業開始は1909年(明治42年)で、釜石製鐵所・八幡製鐵所に続く日本で3番目に歴史の長い製鉄所である。三井財閥により設置され、当初は高炉のみがある銑鉄生産専門の製鉄所であり(北海道炭礦汽船輪西製鐡場→北海道製鐡→日本製鋼所輪西工場→輪西製鐡組合→輪西製鐡)、製鋼部門は隣接する日本製鋼所室蘭工場(現在の日本製鋼所室蘭製作所)が担当する形であったが、1934年(昭和9年)の製鉄合同により三井財閥を離れ日本製鐵(日鐡)となった1941年(昭和16年)以降高炉以下の工程が追加され、銑鋼一貫製鉄所として整備された。 (Wikipedia:新日本製鐵室蘭製鉄所)

新日本製鐵君津製鐵所
新日鐵住金君津製鐵所(しんにってつすみきんきみつせいてつしょ)は、千葉県君津市と東京都板橋区にある新日鐵住金の銑鋼一貫製鉄所である。君津地区と東京地区に分かれている。 木更津港に面する千葉県君津市君津1番地に君津地区、東京都板橋区舟渡4丁目3番1号に東京地区がある。君津地区の敷地面積は約1173万m²(東京ドーム約220個分)で、工場の大半は君津市内にあるが、一部が隣の木更津市に及んでいる。従業員数は約2600人。 高炉を3基有し、2006年度の年間粗鋼生産量は1,002万6,000トンで日本国内第2位であった。 生産品 新日鐵住金の主力製品5種のすべてを製造している。 薄板 熱間圧延鋼板・冷間圧延鋼板・電気亜鉛めっき鋼板・溶融亜鉛めっき鋼板・電気製品用塗装鋼板など 厚板 高張力鋼板・耐火鋼板・耐熱鋼板・耐候性鋼板・耐サワー性鋼板など 線材 形鋼 H形鋼・I形鋼・鋼矢板など 鋼管 UOE鋼管・スパイラル鋼管・鍛接鋼管・電縫鋼管など 石炭コークス・硫安 設立までの背景 当時の八幡製鐵では、当初三重県四日市市に製鉄所を建設する方向で調整を進め、既に臨海部の埋め立て工事も進められていた。 (Wikipedia:新日本製鐵君津製鐵所)

新日本製鐵名古屋製鐵所
新日鐵住金名古屋製鐵所(しんにってつすみきんなごやせいてつじょ)は、愛知県東海市にある新日鐵住金の製鉄所である。 名古屋港に面する愛知県東海市東海町5-3に名古屋製鐵所がある。敷地面積は約623万m²(約189万坪、東京ドーム130個分)、従業員数は約2600人。高炉は2基あり、年間の粗鋼生産量は約600万トン(日本で第7位)。 中部地方唯一の銑鋼一貫製鉄所であり、トヨタ自動車など工業の街・中部を支えている。 2003年9月3日の爆発事故によって一時的に生産量が衰えた際には、自動車メーカーや機械類を製造する工場は生産ラインの一時停止や関西などからの緊急的な鉄鋼調達に追われた。 生産品 薄板 熱延鋼板・冷延鋼板・亜鉛めっき鋼板・塗装鋼板など 厚板 耐候性鋼板・高張力鋼板など 鋼管 小径・中径電縫鋼管 沿革 1958年(昭和33年)9月1日 - 富士製鐵や愛知県などの周辺自治体、トヨタ自動車を中心とする中部地方の財界が共同出資で東海製鐵株式會社を設立。 (Wikipedia:新日本製鐵名古屋製鐵所)

新日本製鐵釜石製鐵所
新日鐵住金釜石製鐵所(しんにってつすみきんかまいしせいてつじょ)は、岩手県釜石市鈴子町にある、新日鐵住金の工場である。同社棒線事業部の管轄である。 日本の近代製鉄業発祥の地・釜石に立地する工場で、八幡製鐵所よりも早くに操業を開始した日本最古の製鉄所である。官営の製鉄所として1880年(明治13年)に操業を開始するが、満足な成果を出せず3年後に閉鎖。軌道に乗ったのは民間人である田中長兵衛に払い下げられた後の1886年(明治19年)以降のことである。戦前までは比較的大規模な製鉄所であったが、戦時中に釜石艦砲射撃で壊滅。戦後復活し、1950年(昭和25年)の日本製鐵解体後は富士製鐵の主力製鉄所の一つとなるものの、1960年代から縮小が始まり、新日鉄発足後の1989年(平成元年)に高炉を休止したため現在は銑鋼一貫製鉄所ではない。 現在は線材の生産拠点で、新日鐵住金の棒線事業部という事業部の下に置かれる。かつては製銑・製鋼用の設備、鋼板や形鋼・棒鋼用の圧延設備があったが、現在は線材圧延設備以外存在しない。 (Wikipedia:新日本製鐵釜石製鐵所)

新日本製鐵広畑製鐵所
新日鐵住金広畑製鐵所(しんにってつすみきんひろはたせいてつじょ)は、兵庫県姫路市広畑区富士町にある新日鐵住金の工場である。 姫路市南部、夢前川の河口に隣接し姫路港(広畑港)に面する場所に立地する工場である。播磨臨海工業地帯を形成する工場の一つ。 1939年(昭和14年)に日本製鐵(日鉄)によって銑鋼一貫製鉄所として建設された、比較的古い製鉄所である。戦後賠償に充てられる予定となったため1946年(昭和21年)に休止するが、解体はなされず4年後の1950年(昭和25年)に再開した。再開直後に日鉄が解体され広畑製鐵所は富士製鐵が継承、その後は同社の主力製鉄所として発展する。1970年(昭和45年)には八幡製鐵・富士製鐵の合併により新日鉄が発足すると、同社の広畑製鐵所となった。新日鉄は1970年代後半以降、各製鉄所の縮小・合理化を進めるが、その一環として広畑製鐵所は1993年(平成5年)に高炉を休止し、銑鋼一貫体制を廃止した。 (Wikipedia:新日本製鐵広畑製鐵所)

新日本製鐵堺製鐵所
新日鐵住金堺製鐵所(しんにってつすみきんさかいせいてつじょ)は、大阪府堺市堺区築港八幡町にある新日鐵住金の工場である。 2014年4月1日に同社和歌山製鐵所と統合したため、現在は「新日鐵住金和歌山製鐵所・堺地区」となっている。 堺製鐵所は1961年(昭和36年)、八幡製鐵の製鉄所として発足した。同年操業を開始したのが形鋼を圧延する大形工場で、現在残る唯一の工場でもある。1965年(昭和40年)には高炉が完成し、銑鋼一貫体制が確立した。1970年(昭和45年)の新日鉄発足に伴い、同社堺製鐵所となる。1980年代に入ると設備の縮小が相次ぎ、1984年(昭和59年)には2基あった高炉が1基のみとなり、翌1985年(昭和60年)には熱延鋼板の生産も終了した。1990年(平成2年)には高炉と製鋼部門が休止し、銑鋼一貫製鉄所から形鋼の圧延工場へと縮小した。 現在の堺製鐵所は、面積149万平方メートル、従業員数354人(2010年7月1日時点)。大形形鋼の生産拠点であり、H形鋼や造船用山形鋼、鋼矢板などを生産している。 (Wikipedia:新日本製鐵堺製鐵所)

新日本製鐵大分製鐵所
新日鐵住金大分製鐵所(しんにってつすみきんおおいたせいてつじょ)は、大分県大分市大字西ノ洲にある新日鐵住金の銑鋼一貫製鉄所である。 大分臨海工業地帯の3・4号地に位置し、大分港に面する。敷地面積は約718万m²。従業員数は1,987人(大分地区、2013年3月31日時点)。2013年度(平成25年度)の年間粗鋼生産量は1,025万3,900トンとなり、操業開始から初めて1,000万トンを超えた。これは新日鐵住金の製鉄所の中で最大で、日本国内の年間粗鋼生産量の約1割に当たる。 なお、2011年(平成23年)4月1日には、山口県光市にある当時の新日本製鐵鋼管事業部光鋼管部(旧・新日本製鐵光製鐵所の鋼管部門)が大分製鐵所に統合されて、大分製鐵所光鋼管工場となっている。 設備と製品 銑鋼一貫製鉄所の核となる高炉は合計2基ある。いずれも5,775m³の炉内容積を有し、グループ内で最大で、世界でも最大級である。高炉で生産された銑鉄を製鋼する転炉は3基。転炉からの鋼を鋼片に鋳造する連続鋳造設備も3基ある。 鋼板の製造設備は、厚板(厚鋼板)用と熱延鋼板(薄鋼板の一種)用のものが1つずつある。 (Wikipedia:新日本製鐵大分製鐵所)

新日本製鐵光製鐵所
新日鐵住金光鋼管工場(しんにってつすみきんひかりこうかんこうじょう)は、新日鐵住金の工場である。2003年(平成15年)に旧・新日本製鐵(新日鉄)からステンレス部門が新日鐵住金ステンレス (NSSC) として分社化された際に、鋼管部門が新日鉄「鋼管事業部 光鋼管部」、ステンレス部門がNSSC「光製造所」として分離され、組織の名称としての「光製鐵所」は廃止された。この後2011年(平成23年)に光鋼管部は「大分製鐵所光鋼管工場」に改称され、九州にある大分製鐵所の下部組織とされた。 この項目では光製鐵所のほか、後身の「大分製鐵所光鋼管工場」およびNSSC光製造所についても述べる。いずれも所在地は山口県光市大字島田3434番地。 1955年(昭和30年)に八幡製鐵の光製鐵所として発足したのがこの工場の始まりである。当初は線材専門の工場であったが、順次電縫鋼管、熱間押出法による異形形鋼・シームレス鋼管、ステンレス鋼材と生産品種を拡大した。1970年(昭和45年)に八幡製鐵・富士製鐵の合併により新日鉄が発足すると、同社の光製鐵所となった。 (Wikipedia:新日本製鐵光製鐵所)

新日本製鐵サッカー部
『』より : (Wikipedia:新日本製鐵サッカー部)


新日本製鐵 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

新日本製鐵 - アマゾン検索


「新日本製鐵」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す