[PR]

日別キーワード

第8位  KDDI - 2018年11月02日


関連するイメージは見つかりませんでした



KDDI
KDDI株式会社(ケイディーディーアイ、英:KDDI CORPORATION)は、日本の大手電気通信事業者である。 2000年に第二電電 (DDI) 、ケイディディ (KDD) 、日本移動通信 (IDO) が合併し、「株式会社ディーディーアイ」(通称及びロゴマークはKDDI)として発足する。2001年4月に合併時より通称として使用していた「KDDI」を社名とし「ケイディーディーアイ株式会社」に社名変更し、2002年11月に現社名の「KDDI株式会社」に変更。 NTTの最大のライバル企業、いわゆる新電電 (NCC) の最大手として認知されているが、前身企業のひとつに、合併時に多くのインフラや資産が継承された旧・国際電信電話(国際電電、KDD)があり、1953年に国際通信網整備のために旧・電電公社から分離・設立された特殊会社であったため、事実上はNTTと同根の企業ともいえる。 (Wikipedia:KDDI)

KDDIビル
『KDDI』より : KDDIビル(ケイディーディーアイビル)は、新宿高層ビル街の一群を担う超高層ビルの一つ。旧ケイディディ・国際電信電話の本社ビルであり、現在もKDDIの登記上の本店である。旧称は国際通信センタービル(KDD本社ビル)。 新宿高層ビル街の一群を担う超高層ビルの一つとしても広く認知されている。全体がメタリックシルバーの色調で覆われたビル。幅と奥行きがほぼ同じ、直方体のような形状が特徴。 新宿高層ビルの中でも古くからある存在で、中には重要なライフラインである通信機器設備があるため(国際電話回線の手動接続オペレーション室もここにあった)、関東大震災クラスの10倍の地震でも十分耐えられるような頑強な造りをしたビルとして、当時は話題となった。後の日本の高層ビル建築にも影響をあたえたビルとして知られている。 1974年 - 国際電信電話(KDD)のオフィスビルとして建設される。 1976年 - 第17回BCS賞を受賞。 2000年10月1日 - KDDとDDI・IDOの合併により発足したKDDIの本社機能所在地となり(登記上本店は東京都千代田区一番町8番地)、名称も「KDDIビル」となる。 (Wikipedia:KDDIビル)

KDDI山口衛星通信センター
KDDI山口衛星通信センター(ケイディディアイ やまぐちえいせいつうしんセンター)は山口県山口市仁保村 (山口県) 仁保中郷にある、大手通信会社KDDI唯一の衛星通信施設。日本最大の衛星通信施設である。
ファイル:KDDI_Yamaguchi.jpg thumb 240px KDDI山口衛星通信センター(2009年2月)
敷地には、国際通信用の衛星インテルサット・インマルサットとの交信用のパラボラアンテナが多数並ぶ。最大のものは直径34mで、これは衛星通信用パラボラアンテナとしては日本一の大きさであるパラボラアンテナ全般では、宇宙航空研究開発機構臼田宇宙空間観測所の深宇宙探査用大型アンテナ(直径64m)、国立天文台野辺山宇宙電波観測所のミリ波電波望遠鏡(直径45m)に次いで日本第3位。なお、衛星通信用途以外では、JAXA内之浦宇宙空間観測所(人工衛星追跡管制用)および情報通信研究機構鹿島宇宙技術センター(超長基線電波干渉法 電波干渉計用)にも直径34mのパラボラアンテナが存在する。。また、KDDIから国立天文台に譲渡された、直径32mの電波望遠鏡が存在し、中国地方唯一の電波望遠鏡として、地元の山口大学と共同で宇宙電波観測に用いられている。
(Wikipedia:KDDI山口衛星通信センター)

KDDIスーパーワールドカード
KDDIスーパーワールドカード(ケイディーディーアイスーパーワールドカード)とは、KDDIが発売する国内・国際電話のプリペイドカードである。後述する@ca(エーカ)は、電子マネーのプリペイドカードとしての側面もある。 本カード使用による日本国内の固定電話発着(公衆電話も含む)の通話料金は「全国一律に6秒ごとに2.05円」である。プリペイドカードでは小数第2位(銭)まで課金が認められている、円単位の課金では6秒2円となってしまい(課金単位ごとに円未満切り捨て)、消費税を1円も徴収できずに会社負担になってしまうため、小数第2位までの課金を認めた。長距離通話ではNTT東日本・NTT西日本の公衆電話料金よりも格段に安く、また市内通話でも短時間(24秒以内)なら同様である。しかしダイヤルする総桁数が膨大になることや、携帯電話等の普及によりあまり知られていない。また最近のピンク電話では本カードを利用できないものも増えつつある(最初の「00」をダイヤルした時点で「この番号にはかけられません」などと表示され拒否される)。 (Wikipedia:KDDIスーパーワールドカード)

KDDIカード
『KDDIスーパーワールドカード』より : KDDIスーパーワールドカード(ケイディーディーアイスーパーワールドカード)とは、KDDIが発売する国内・国際電話のプリペイドカードである。後述する@ca(エーカ)は、電子マネーのプリペイドカードとしての側面もある。 本カード使用による日本国内の固定電話発着(公衆電話も含む)の通話料金は「全国一律に6秒ごとに2.05円」である。プリペイドカードでは小数第2位(銭)まで課金が認められている、円単位の課金では6秒2円となってしまい(課金単位ごとに円未満切り捨て)、消費税を1円も徴収できずに会社負担になってしまうため、小数第2位までの課金を認めた。長距離通話ではNTT東日本・NTT西日本の公衆電話料金よりも格段に安く、また市内通話でも短時間(24秒以内)なら同様である。しかしダイヤルする総桁数が膨大になることや、携帯電話等の普及によりあまり知られていない。また最近のピンク電話では本カードを利用できないものも増えつつある(最初の「00」をダイヤルした時点で「この番号にはかけられません」などと表示され拒否される)。 (Wikipedia:KDDIカード)

KDDI国際電話カード
『KDDIスーパーワールドカード』より : KDDIスーパーワールドカード(ケイディーディーアイスーパーワールドカード)とは、KDDIが発売する国内・国際電話のプリペイドカードである。後述する@ca(エーカ)は、電子マネーのプリペイドカードとしての側面もある。 本カード使用による日本国内の固定電話発着(公衆電話も含む)の通話料金は「全国一律に6秒ごとに2.05円」である。プリペイドカードでは小数第2位(銭)まで課金が認められている、円単位の課金では6秒2円となってしまい(課金単位ごとに円未満切り捨て)、消費税を1円も徴収できずに会社負担になってしまうため、小数第2位までの課金を認めた。長距離通話ではNTT東日本・NTT西日本の公衆電話料金よりも格段に安く、また市内通話でも短時間(24秒以内)なら同様である。しかしダイヤルする総桁数が膨大になることや、携帯電話等の普及によりあまり知られていない。また最近のピンク電話では本カードを利用できないものも増えつつある(最初の「00」をダイヤルした時点で「この番号にはかけられません」などと表示され拒否される)。 (Wikipedia:KDDI国際電話カード)

KDDI PRIME TIME RADIO
KDDI PRIME TIME RADIO(ケーディーディーアイ・プライム・タイム・レディオ)は、2003年10月~2005年3月に放送された番組。エフエム東京 TOKYO FMをキーステーションに三重エフエム放送 FM三重を除くJAPAN FM NETWORK JFN37局で放送された。DJはジョージ・ウィリアムズ (タレント) ジョージ・ウィリアムズ。スポンサーはKDDI。
もともと放送された、SUNDAY POWER OF JAPANの枠のうち「HEART BEAT SELECTION」と「World Moves」だった枠で放送されたため、放送時間は12:00~13:20(エフエム群馬 FMぐんまでは12:59頃に飛び降り (放送) 飛び降りた)。この後5分間はローカルセールス扱いとなった。
なお、「ライブメモリアル」はタイトルそのままに独立番組として(ナビ変更:ケイ・グラント ケイ→手島里華 手島)、「Artist On Line」の枠はCharがDJを務める、「ENEOS Rock on the way」に変更となった。
(Wikipedia:KDDI PRIME TIME RADIO)

KDDI&BTソリューションズ
(Wikipedia:KDDI&BTソリューションズ)

KDDI&BTソリューションズ
株式会社KDDI&BTグローバルソリューションズは、KDDIとBTが東京都江東区に設立した電気通信事業者。 外部リンク KDDI&BTグローバルソリューションズ KDDI BTジャパン。 (Wikipedia:KDDI&BTソリューションズ)

KDDI山口衛星通信所
『』より : (Wikipedia:KDDI山口衛星通信所)


KDDI - 関連ブログ

データが取得できませんでした

KDDI - アマゾン検索


「KDDI」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す