[PR]

日別キーワード

第27位  野木亜紀子 - 2018年11月02日


関連するイメージは見つかりませんでした



野木亜紀子
野木 亜紀子(のぎ あきこ)は、日本の脚本家。日本映画学校卒業。2009年、『さよならロビンソンクルーソー』で第22回フジテレビヤングシナリオ大賞を受賞し、2010年の同作のテレビドラマ化で脚本家デビューした。 略歴・人物 学生時代より演劇を始めるが、仲間の演技の才能に圧倒されその道を諦め、映画監督を目指して映画学校に進学する。その後ドキュメンタリー制作会社に就職し、取材やインタビューを手がけていた。しかし現場に向かないことを自覚し、映像関連業界に関わる最後の目標として脚本家を目指し、フジテレビヤングシナリオ大賞に6年にわたって応募を続ける。2009年、『さよならロビンソンクルーソー』で第22回同賞の大賞を受賞し、そのドラマ化作品でデビューを果たす。その後、『ラッキーセブン』などのフジテレビドラマのほか、実写版映画『図書館戦争』シリーズなどを手がける。 『図書館戦争』映画第1作、テレビドラマ『空飛ぶ広報室』と有川浩原作の映像化脚本を続けて手がけたが、有川には原作を正しく読み解いた上でエピソードを取捨選択する手腕の確かさを高く評価された。 (Wikipedia:野木亜紀子)


野木亜紀子 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

野木亜紀子 - アマゾン検索


「野木亜紀子」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す